27歳の転職はもう遅い?成功する人・失敗する人の違いとは!

  • 27歳で転職するって、もう遅いのかな?
  • みんな、どうやって転職を成功させているんだろう…?

こんな悩みはありませんか?

kouno
kouno
30歳を迎える前に転職して、ライフステージの変化に備えておきたいと考えることはあると思います。

この記事では「27歳で転職を考えるときに知っておくべきこと」「27歳の転職で採用される人・失敗する人の特徴」「転職を成功させるポイント」などをまとめました。

転職を成功させてより充実した30代を過ごしたいのであれば、ぜひ読んでくださいね!

27歳で転職って遅いの?リアルな転職事情について調査

出典:doda

27歳での転職は決して遅くありません

dodaエージェントサービスの「転職成功者の年齢調査(2019年上半期)」によると、上記の結果がわかりました。

kouno
kouno
転職成功者のなかで最も多い年齢層は25~29歳なんです!

さらに同調査の「職種ごとの転職成功者の割合」では、下記のようにどの職種でも25~29歳の転職成功者がもっとも多くなっています。

出典:doda

kouno
kouno
20代後半はどの職種でも、企業から採用の需要があると言えそうですね!

dodaの調査では、転職をするなら今がベストタイミングとも言える27歳。転職を成功させるために知っておくべきことには、なにがあるのでしょうか?

27歳で転職を考えるときに知っておくべきこと

27歳で転職を考えるときに知っておくべきこと

ここで、27歳で転職を考えるときに知っておくべきことをお伝えします。

未経験でも採用される?

27歳の転職では、未経験でも採用されるケースはあります。実際に求人情報を検索するとわかりますが、未経験者を歓迎する求人情報はあるからです。

ただ注意したいのは業種や企業の規模によって、給与・待遇が違うこと。とくに給与は、経験値の影響を受けやすい傾向があります。

「未経験歓迎!」の文言に飛びついてしまうと収入が極端に下がる場合があるので、自分の希望が叶う転職先であるか確認してくださいね!

kouno
kouno
「やりがいを求めて転職したら、年収ダウンで生活が厳しくなった!」なんてことになったら悲しいもの。

給料・待遇などの条件をよく確認して、転職先を決めましょう

待遇が良い転職先は見つけられる?

待遇が良い転職先に出会えることはあります。同じ職種であっても、各企業からそれぞれ違う待遇で求人情報が出ているからです。

たとえば転職業界で大手のリクルートエージェントは、2019年に取引した企業は約2.8万社!

企業の数だけ待遇は変わるため、探し方しだいで希望する条件の企業を見つけることはできます。

kouno
kouno
自分の経験やスキルに自信がないと、待遇の良い会社には採用されないと思うかもしれません。

ですが、企業ごとに求めている人材は違います。たくさんの求人情報を見て、じっくり探してくださいね

では27歳の転職で、採用される人・採用されない人にはどんな違いがあるのでしょうか?

27歳の転職で採用される人・採用されない人の特徴とは?

ここで、27歳の転職で採用される人・採用されない人の特徴を解説します。

27歳の転職で採用される人の8つの特徴

27歳の転職で採用される人の8つの特徴

<自己分析ができている人>

  • 転職の目的がはっきりしている人
  • キャリアプランが具体的になっている人
  • 自分のスキル・経験を把握している人
  • 強み・弱みを理解している人

<気配りができる人>

  • 身だしなみに気を配っている人
  • ハキハキとした挨拶ができる
  • 人の話を素直に聞ける
  • どんな仕事へもポジティブに取り組める

27歳の転職で採用されない人の4つの特徴

27歳の転職で採用されない人の4つの特徴
  1. 転職より退職が目的だった人
  2. 今後の目標がはっきりしない人
  3. 前職への不満ばかりを口にする人
  4. 年収アップしか考えていない人

27歳の転職で採用される人・採用されない人の特徴まとめ

27歳の転職で失敗する人は、転職の目的がはっきりしていない人。とりあえず退職することが目的だったため、今後の目標が見えていないパターンです。

採用側としても、自社でどんな仕事をしてくれるのかイメージできず「すぐ辞めてしまいそう…」と採用を見送られてしまいます。

一方で採用される人は、自己理解ができている人

自分の強みだけでなく弱みも把握しているため、企業の特徴を理解したうえで転職を考えていると判断されやすくなります。

では27歳の転職する場合、性別ごとに失敗する理由は違うのでしょうか?

【性別ごとに解説】27歳の転職で失敗する理由

【性別ごとに解説】27歳の転職で失敗する理由

ここで、27歳の転職で失敗する理由をお伝えします。

男性の場合

27歳の男性の場合、5年後のライフプランに合わせて収入を確保できるかがカギになります。

kouno
kouno
たとえば自分はしばらく結婚しないだろうから、とりあえず収入よりやりがいを追求しようって考えていませんか?

もちろん、今の判断が間違っているわけではありません。

ですが目先の計画だけでは、思いがけないライフプランの変更があったとき、収入を理由にあきらめるケースも考えられます。

5年後までに予想できるライフステージの変化に応じて、必要な収入を想定しておくと失敗しにくくなりますよ。

女性の場合

女性の場合、35歳までに仕事かプライベートのどちらを優先したいのか、じっくりイメージしておくことが大切です。

35歳までというのは目安ですが、結婚・出産・育児などで生活や働き方が大きく変わる可能性があるからです。

もちろん27歳の今は、8年後の生活について想像しにくいかもしれません。

kouno
kouno
ただ自分が経験したから言えるんですが、育児をしながらやっぱり正社員で仕事をしたいと望んでも、簡単には叶わないのが現実です。

もし出産後も仕事を続ける選択肢が欲しいと少しでも思うのであれば、育休制度が利用しやすい会社への転職を検討してみると後悔しにくくなりますよ。

では27歳の転職を成功させるためには、どんなポイントが重要なのでしょうか?

27歳の転職を成功させる3つのポイント

ここで、27歳の転職を成功させるコツについて解説します。

転職の目的を明確にする

ひとつ目のコツは、転職の目的を明確にすること。目的が明確になっていると、自分の希望する転職先がはっきりしてくるからです。

希望する転職先が具体的になっていれば、応募する企業に理想の条件がそろっているのか判断がしやすくなります。

応募先を的確に判断できていれば、採用後にミスマッチを感じることが少なくなるため、納得できる結果になりやすいんです。

kouno
kouno
たとえば「年収アップを目指す!」「プライベートを優先させたい!」 など、叶えたい目的を紙に書き出してみましょう

目で確認できる状態にすると、自分の本音に気が付きやすくなりますよ。

計画的に転職活動をすすめる

次にお伝えするのは、計画的に転職活動を進めることの大切さです。転職活動は、時間をかければ成功するというわけではないからです。

期限を決めておけば、限られた時間で効率よく転職活動をすすめるために、転職スケジュールが具体的になります。

スケジュール通りにすすめるには、ムダに迷わないように希望の条件をはっきりさせておく必要があるので、目標がズレにくなるんです。

kouno
kouno
一方で、期限を決めないとだんだんと転職活動が面倒になって、妥協してしまうケースもあるんです。

妥協すると後悔しかねないので「3ヵ月後に転職する」というように、期限を決めることはおすすめですよ!

転職サイト・転職エージェントを活用する

最後は、転職サイト・転職エージェントを活用することです。なにより転職のプロは、多くの成功談・失敗談を知っています。

過去の実体験をもとにサポートを受けられるため、採用率が上がるだけでなくより良い条件での転職が叶うこともあるんです。

転職について詳しいプロのサポートがあれば、 一人でやみくもに転職活動をすすめるより希望が叶いやすくなりますよ!

kouno
kouno
転職サイトを見るだけでも、独自のノウハウやコンテンツが充実しているので転職活動のヒントが得られます。

ハローワークにはない情報が掲載されていることもあるので、思いがけない転職先に出会える場合もありますよ!

では次で、27歳の転職におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します!

27歳におすすめな転職サイト・転職エージェント3選

← 横にスクロールできます →
サービス名求人数求人の質サポートの質
リクルートエージェント
リクルートエージェント

約15万件

大手企業の
求人多数

経験豊富な
アドバイザーが
サポート
doda転職エージェント

約10万件

幅広い職種があり
スキルに合った
求人に出会える

書類添削から
面接サポートまで
手厚いサポート
リクナビNEXT
リクナビNEXT

約4万2,000件

大手企業を含めた
非公開求人多数

強み診断や
スカウト機能
が使える

ここで、27歳の転職におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 特徴①業界トップの求人数で、とことん比較できる!
    約15万件あるから「もっと他にもあるのでは?」という不安がなくなる
  • 特徴②大手企業から中小企業まで豊富なため、選択肢が多い
    2019年度の取引社数は2.8万社!販売・営業・事務系など多彩に扱っている
  • 特徴③業界専門の担当者によるサポートで、採用率がアップしやすい!
    過去最多で約5.2万人の転職成功させている(2019年度実績)

リクルートエージェントをおすすめできる人

リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 幅広い求人から、転職先を検討したい人
  • キャリアアップを狙いたい人
  • 転職で年収アップを狙いたい人

リクルートエージェントは、転職業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

扱っている求人数は約15万件!他の転職エージェントは多くても約10万件のため、業界トップの情報量をもっています。

さらにキャリアアドバイザーが20代の求職者の悩みを理解しているため、専門性の高いサポートにより転職活動がスムーズにすすみます。

転職したいけれど相談できる人がいなくてひとりで悩んでいた、という場合におすすめです!

リクルートエージェントの口コミ

編集部の体験談を見る 公式HPを見る

doda転職エージェント

doda転職エージェントの特徴

  • 特徴①約10万件の求人数があるから、希望の職場を見つけやすい
    業界トップクラスの求人数で、幅広い業界を網羅している
  • 特徴②大手企業の求人も多数あるため、年収アップを狙える!
    未経験者から管理職まで、さまざまなポジションの求人が豊富
  • 特徴③キャリアアドバイザーの面談が丁寧だから、安心して転職活動できる
    業界に合わせた転職のノウハウを持っているため、サポートが的確!

doda転職エージェントをおすすめできる人

doda転職エージェントをおすすめできる人
  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポートを受けたい人
  • 業界トップクラスの求人から転職先を検討したい人
  • スカウトメールも活用して効率的に転職活動を進めたい人
  • 転職イベントなどから積極的に情報収集したい人
  • 大手の転職エージェントを利用したい人

doda転職エージェントは、20代に支持されている転職エージェント。利用者の51.2%は、29歳までの求職者になっています。

リクルートエージェントと同様に、求人数が豊富です。あらゆる業界を網羅し、約10万件の求人情報を扱っています。

さらに多彩な職種やポジョンの求人情報があるため、求職者のスキル・経験にマッチする転職先を見つけやすい特徴があります。

また質の高いキャリアアドバイザーによる、求職者の強みを引き出す面談が好評です。自信が持てず、やりたい仕事をあきらめるべきか迷っている場合に心強いですよ。

doda転職エージェントの口コミ


編集部の体験談を見る 公式HPを見る

リクナビNEXT

リクナビNEXTの特徴

  • 特徴①サービス、不動産、ITなど多彩な求人情報があり、可能性が広がる
    多様な求人情報があるので、自分の経験値に合わせて挑戦しやすい!
  • 特徴②AIを駆使したマッチングサービスが受けられるから、満足度が高い
    多くの情報からピックアップできるので、自分に合う転職先を見つけられる
  • 特徴③簡単に利用できるコンテンツがあるので、効率的にすすめられる
    自己分析ツールや転職ノウハウなど、転職に役立つサービスが豊富

リクナビNEXTをおすすめできる人

リクナビNEXTをおすすめできる人
  • これから転職活動を始める人
  • 知名度の高いサイトを利用したい人
  • たくさんの求人情報から転職先を吟味したい人
  • 自分の強み・弱みを把握して転職活動に活かしたい人

人材紹介で大手の株式会社リクルートキャリアが手掛けるリクナビNEXTは、29歳以下の利用者が51%いる転職サイトです。

今までの会員登録数は、約900万人!また2018年には、新規登録者が毎週平均3.2万人という実績があり、多くの求職者から人気を集めています。

とくに自己分析ツール「グッドポイント診断」が人気。スマホで本格的な分析ができるため、手軽に自分の強み・弱みを把握したい20代から支持を集めています。

転職をしたい気持ちはあるものの、自分の向いている職業がわからず一歩を踏み出せないときにおすすめの転職サイトです。

リクナビNEXTの口コミ


編集部の体験談を見る 公式HPを見る

27歳の転職に関するQ&A

ここで、27歳の転職によくある質問を紹介しますね!

公務員から転職できる?

公務員からでも転職は叶います!27歳までの社会人経験をアピールできるからです。

ただ厳しいようですが、公務員から民間企業に転職する場合、仕事のすすめ方の違いに戸惑うケースもあります。

もちろん工夫次第でうまくすすめられるようになるので、興味があるならチャレンジしてみましょう!

志望動機はどう書いたらいい?

採用担当者が「この人と一緒に仕事をしたい!」と感じられる志望動機を書きましょう!

まずは自分のスキル・経験を棚卸して、企業が求職者に求めるニーズと結びつけてアピールしてくださいね。

こちらの記事では、志望動機の書き方について解説しています。シーン別の例文も記載しているので、よかったら参考にしてください!

関連記事
転職で失敗しない履歴書の志望動機の書き方&パターン別の例文5選!履歴書の志望動機を書こうとしたときに 志望動機ってどうやって書くの? そもそも志望動機が無い! 記載例とか無い...

面接に行くときの服装はどうしたらいい?

基本的にスーツの着用がおすすめ。服装は、第一印象に影響を与えやすいからです。

企業から私服での来社を求められた場合も、オフィスカジュアル程度にしジャケットは持参しておくと失敗しにくいです。

汚れ・シワがないかチェックして、清潔感のある服装を心がけましょう!

すでに何度か転職をしている。転職回数が多くないかな?

転職回数が多くても、アピール方法によってプラスの印象に変えられます!アピール方法の一例として下記があります。

  • 自分に合う仕事を探していた
  • いろいろな職業を経験したかった

さらに面接で「過去の経験から、貴社では自分に合う仕事ができると考えています。」と、前向きな言葉も添えられるとGood!

ポジティブにアピールできれば、転職回数が多くてもマイナスにはならないですよ。

忙しいときはどうやって求人情報を探せばいい?

転職サイト・転職エージェントの使用がおすすめです。より効率的に求職活動ができるような工夫がされているからです。

とくに転職エージェントでは、担当者による個別サポートが充実しています。

面談後にマッチする転職先を紹介してもらえるので、自分で転職先を探す手間が省けますよ!

とくに資格を持っていないけど、勉強したほうがいい?

転職のために必要な資格なら、ぜひ取っておきましょう!ただ覚えておきたいのは、資格を取れば必ず転職が成功するわけではないこと。

資格は、あくまでスキルのひとつです。

まずは自分がどんな仕事をしたいのかじっくり考えて、仕事をするうえで役立つと判断した資格を勉強してみてくださいね!

27歳は遅くない!転職を成功させて理想の職場を見つけよう

27歳で転職を成功させる3つのポイント
  • 自分の強み・弱みを明確にする
  • 期限を決めて転職活動を行う
  • 転職サイト・転職エージェントを利用する

27歳で転職に挑戦しても成功できます!ですが成功のためには、まず自分についてよく知ることが大切です。

自分の強み・弱みをしっかりと把握しておけば、どの求人に応募すれば自分にぴったり合うか判断しやすくなるからです。

kouno
kouno
ただ、ひとりで転職活動をした私の場合、自分に自信がもてず妥協しそうになることがありました。

でもそれでは、勇気を出して転職する意味がなくなってしまうんですよね…!

転職サイト・転職エージェントでは、求職者の悩みに合わせたサポートをしてくれます

とくにリクルートエージェントは、キャリアアドバイザーによる専門性の高いサポートが評判の転職エージェントです。

求職者が気がついていない強みを引き出し、マッチする転職先を紹介してもらえます。

転職したいけれど自分に自信がなくて悩んでいるのであれば、よかったら相談してみてくださいね!

\自分が活躍できる職場を見つける!/リクルートエージェントの公式HPを見る