28歳の転職はもう遅い?成功する人と失敗する人の違いとは

28歳を迎えて「転職をしてキャリアアップしたい!」「新しい分野に転職したい!」と思っていませんか?

結論からいうと、28歳は転職するのに絶好のタイミング!企業からのニーズが高く、理想とする職場や業界へ転職できる可能性が非常に高いです。

しかし、そんな転職に有利な28歳でも成功する人と失敗する人がいます。そのため、より確実に転職したいなら成功率を上げる方法を押さえてから転職活動に踏み切るのが得策です。

そこでこの記事では、以下について紹介します。

  • 28歳が転職に絶好のタイミングである理由
  • 28歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴
  • 28歳の転職成功率を上げる3つのコツ
kudou
kudou
28歳での転職は今後の人生を大きく分けるターニングポイントです。

後悔ない転職を実現させるためにもぜひこの記事を参考にしていってください。

28歳は絶好の転職タイミング!

28歳 転職

上記は、転職エージェントのdodaの調査結果です。25〜29歳が転職成功率約40%と最も転職しやすい年齢ということがわかります。

中でも28歳といえば、

  • 実務経験を積んでいる
  • 社会人としての基本スキルが備わっている
  • 30代に向けてまだまだ伸び代がある

上記のようにみられることが多い年齢。そのため、28歳は特に企業からのニーズが高い年齢なんです。

kudou
kudou
また、伸び代や柔軟性があるとみなされることから、未経験の業界・職種に挑戦できる最後のタイミングとも言えます。

30代になると企業側が育成時間やコストをかけにくくなるため、未経験への転職ハードルが急激に高くなります。「別業種にチャレンジしたい!」なら28歳の今がチャンスです。

kudou
kudou
以上から、28歳は同業種・異業種関係なく転職成功確率が高いため、転職するには絶好のタイミングであるといえます。

28歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴

28歳は転職に成功しやすい年齢ですが、中には転職に失敗してしまう例もあります。

結論からいうと、28歳で転職に失敗する原因に能力やスキルは関係ありません。やるべきことを正しく行えば能力やスキルに自信がなくても転職は可能です。

では、28歳で転職に成功する人と失敗する人は具体的に何が違うのか、みていきましょう。

28歳の転職で成功する人の3つの特徴

28歳の転職で成功する人の3つの特徴
  1. 徹底的に自己分析をし自己PRや志望動機に一貫性がある
  2. 企業研究をし採用ニーズを把握している
  3. キャリアプランを明確にしている

28歳の転職で成功する人には上記の3つの特徴があります。それぞれ詳しく紹介しますね。

徹底的に自己分析をし自己PRや志望動機に一貫性がある

28歳は転職を成功させやすいといっても、企業側としては今後活躍できそうな人材や自分の考えをしっかり持った人材を求めています。

企業側に「今後活躍できそう」「自分の考えをしっかり持っている」と評価されるには面接時の自己PRや志望動機で一貫性のある回答をする必要があります。

しかし自己分析を行い、自分の強みや価値観を自分自身で理解できていないと、面接で一貫性のある回答はできません。

kudou
kudou
自分の強みや実績を書き出すことはもちろんですが、より魅力的で一貫性のある回答をするには以下のような自己分析を行うのがおすすめです。
  • 「目標達成するときに最も重視することは何か」
  • 「人生において仕事とはどのような立ち位置であるか」
  • 「自分の強みが生かせたシーンはいつか?またなぜ強みを生かせたのか」

これらを考えることで、自分だけにしかない仕事への価値観や強みを明確にすることができます。

また、自分の中の転職における軸も形成されるのがメリットです。

業界を絞れたり、どんな面接でも一貫性のある回答が可能になったりとより効率的に転職活動を展開できます。

企業研究をし採用ニーズを把握している

自分のことを理解しているだけでは、転職を成功に導くことはできません。というのも、企業が採用活動を行うのは「戦力を補強」するためだからです。

そのため、いくら自分自身に実績やスキルや素晴らしい強みがあっても、企業のニーズに合わなければ内定をもらうことはできません。

kudou
kudou
ただ逆にいえば、企業が求めている人材であることを選考で証明できれば、自ずと転職成功確率を上げることができます。

28歳で転職に成功している人は、採用活動=戦力の補強ということを理解しているため、企業研究をし、採用ニーズを把握することに時間をかけているんです。

キャリアプランを明確にしている

28歳で転職を成功させたいなら、キャリアプランを明確にすることも重要になります。というのも企業側はキャリアプランを聞くことで、以下のような評価をしているからです。

企業がキャリアプランを聞く理由
  • 志望動機との一貫性があるか確認している
  • 自社の事業計画とマッチするかみている
  • 採用後にすぐに辞めてしまわないか確認している

キャリアプランが明確であると、自ずと志望動機との一貫性が生まれ、企業に評価されやすくなります。

また、企業の現状や業界のトレンドを踏まえてキャリアプランを話すことで「入社後に活躍できそう」と評価されやすい傾向もあります。

kudou
kudou
そのため、自己分析を実施し企業研究を行い、さらにキャリアプランを明確にしておくことが、28歳の転職を成功に導く近道となります!

28歳の転職で失敗する人の2つの特徴

28歳の転職で失敗する人の2つの特徴
  1. 入社後のビジョンやキャリアプランがない
  2. 企業研究をしていない

上記に当てはまる場合には、28歳での転職がうまくいかない可能性があります。

まず入社後のビジョンやキャリアプランがないと「なぜ入社したいのか」「入社後に何がしたいのか」「どんなキャリアを持っているのか」をアピールすることができません。

kudou
kudou
企業としては、志望者が入社後に活躍できるかどうか、その根拠は十分かどうかを選考で判断しています。

その材料として入社後のビジョンやキャリアプランの有無を確かめており、明確なビションやキャリアプランがないと「漠然と転職活動をしている」と悪い評価を受ける可能性があります。

また、企業研究をしていない場合も転職に失敗しやすいです。

なぜなら、企業が今後強化していきたいポイントや求める人材像を把握できないので企業が「この人材が必要だ」と思えるアピールができにくいからです。

先述した通りいくら入社後のビジョンやキャリアプランがあっても、企業が求める人材であるとアピールできなければ転職成功率は下がります。

以上より、入社後のビジョンやキャリアプランがない、あるいは企業研究をしていない場合は、28歳での転職に失敗しやすいといえます。

28歳の転職で成功する人・失敗する人まとめ

28歳は転職に有利な年齢ですが、かといって何も準備せずに転職に挑むとよい結果は得られません。

特に、入社後のビジョンやキャリアプランが明確でないと「入社後に活躍できる」「この会社で働く熱意がある」という評価を受けにくいでしょう。

kudou
kudou
また、企業研究をおろそかにしている場合も転職に失敗しやすい傾向があります。

企業は採用活動を通じて新たな戦力を見出しており、戦力に見合わないと判断されれば内定をもらうことは難しいからです。

以上を考慮すると、以下の方法をとることが28歳の転職を成功させる秘訣といえます。

  • 徹底的に自己分析をする
  • キャリアプランを明確にする
  • 企業の採用ニーズをリサーチする

自分の強みやキャリアについて語ることができつつも、それらが企業のニーズに合っていれば、自ずと内定への道がひらけるはずです!

28歳の転職成功率を上げる3つのコツ

28歳の転職成功率を上げる3つのコツ
  1. 同業種へ転職するなら専門性と実績をアピール
  2. 未経験や異業種に挑戦するなら熱意とポテンシャルをアピール
  3. 転職エージェントを活用する

ここまで28歳で成功する人と失敗する人の特徴を紹介しましたが、ここでは、具体的に転職成功率を上げるコツを紹介します。

同業種へ転職するなら専門性と実績をアピール

同業種への転職を考えている場合には、一般的なビジネススキルや自身の強みを紹介するのはもちろん、専門性や実績をアピールすると評価されやすいです。

というのも、前職が同業種であった場合、企業としては即戦力として働ける人材を採用したいと考えるからです。

kudou
kudou
なお、専門性や実績は業務内容を紹介したり、数字を用いたりしてアピールすると、企業に評価されやすい傾向があります。

ぜひ以下の例文を参考にしてみてください。

財務会計の専門性・実績をアピールする場合(ここをタップ/クリック)

(例)前職では、社員数500名の会社5年間経理を担当しました。

年次決算であれば私ひとりで対応でき、現在では実力を評価いただき、顧客への勉強会にてアドバイザーを務める業務もしております。

Web制作の専門性・実績をアピールする場合(ここをタップ/クリック)

(例)これまで6年間Webサイトの企画・コンテンツ作成・ディレクションをおこなってまいりました。

大手企業様のWeb制作をはじめ年間10社のプロジェクトを担当し、全ての案件にてチームリーダーを担っております。

そのため、社内のメンバーへのケアはもちろん、外部カメラマンやライター・Webデザイナーのモチベーション管理も得意としております。

上記の例文のようにアピールができれば、採用担当者に具体的に自社で活躍するイメージをわかせることができ、評価につながりやすいですよ。

未経験や異業種に挑戦するならポテンシャルと熱意をアピール

28歳という年齢であれば、未経験や異業種への転職も十分可能です。28歳で未経験や異業種に転職するには、まずポータブルスキルをアピールするのがポイントです!

kudou
kudou
ポータブルスキルとは、問題解決能力やマネジメント力・社内調整力などのことをいい、業種や職種が変わっても通用するスキル全般をさします。
ポータブルスキルのアピール例(ここをタップ/クリック)

「私はマネジメント力に自信があります。

10名のチームメンバーを管理するために、一人ひとりと密にコミュニケーションをとりそれぞれの個性や性格を理解した上で接していました。

それぞれ対応の仕方を変えているため時間と手間がかかりましたが、互いを認め合えるチームを作ることができ、毎年昨対比110%超えの実績をあげています。

未経験や異業種においては、企業の評価ポイントの一つとしてポテンシャルが挙げられます。

上記のように、具体例を交えてポータブルスキルがあることをアピールできれば、それだけポテンシャルがあると評価され、内定につながるはずです。

また、その上で熱意を示すのも重要なポイントです。

例えば、

  • 「経験はないものの、現在資格取得に向けて勉強中です」
  • 「転職後のことを考えて、学校に通いスキルを身につけています」

とアピールできれば、企業から熱意がある志望者と評価されやすくなり、転職成功率を上げることができますよ。

転職エージェントを活用する

ここまでで、28歳で転職を成功させるには

  • 自己分析を徹底して自己PRや志望動機に一貫性を持たせる
  • 企業研究をし採用ニーズを把握する
  • キャリアプランを明確にする
  • 同業種への転職なら専門性や実績をアピールする
  • 未経験職種ならポテンシャルと熱意をアピールする

これらが必要と説明してきました。しかし、実際に転職活動においてこれらを実践するとなると、かなりの手間と時間がかかります。

kudou
kudou
28歳で転職するとなると、仕事や家庭と転職活動を両立させなければならないことが多いので、少しでも負担は減らせた方がいいですよね。

そこでおすすめなのが転職エージェントです。

転職エージェントを使うメリット
  • 自己分析のサポートを受けられるから自分の強みが明確にわかる
  • 企業の採用ニーズを教えてもらえるから魅力的な自己PR・志望動機が作れる
  • 強みや特性に合う求人を代わりに探してくれる
  • 面接・書類選考対策を受けられるからより確実に選考に受かる
  • 給与交渉をはじめ企業との連絡を代行してもらえるから効率的

転職エージェントを利用すると上記のようなメリットがあります。

しかも無料で利用でき、自分の好きな時間に利用できるので、転職活動を効率的かつ確実に進めたいなら、利用しない手はありません。

以上から

  • 「より確実に志望企業から内定をもらいたい」
  • 「時間を効率的に使って転職活動を進めたい」
  • 「自己分析や選考対策のサポートを受けてみたい」
  • 「企業ニーズを明確に把握して転職活動に生かしたい」

上記のどれかひとつにでも当てはまれば、転職エージェントを利用するのがおすすめですよ!

28歳におすすめな転職サイト・転職エージェントTOP3

← 横にスクロールできます →
項目名求人数求人の質サポート内容転職先業界
リクルートエージェント
リクルートエージェント

約15万件

大手企業を含めた
非公開求人多数

・添削
・面接対策
・独自の業界情報提供あり

IT・医療・メーカー
など多種多様

リクナビNEXT

約4万2,000件


大手・優良企業多数掲載

グッドポイント診断や
スカウトメール利用可能

IT・医療・メーカー
など多数
マイナビエージェント

約4万件

大〜中小企業の
求人を掲載

20代のサポート
実績が豊富

IT・医療・メーカー
など多数
転職エージェントを選ぶ際の4つのチェックポイント
  • 求人数
  • 求人の質
  • サポート内容
  • 転職先業界

28歳での転職を効率的かつ確実に進めたいのであれば、転職エージェントの利用がおすすめと紹介しました。

しかし、転職エージェントにはさまざまな種類があるため、自分に合うサービスがどれか探すのだけでも時間がかかります。

そこでここでは、実際に転職エージェントを利用したことがある私の経験をもとに、おすすめの転職エージェントを紹介します。

kudou
kudou
なお、今回は上記の4つのポイントを踏まえて、数ある転職エージェントの中からTOP3を厳選しました!ぜひ参考にしてみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

項目詳細
総合評価 5.0
総合力No.1の転職エージェント
求人数 5.0
約15万件
求人の質 5.0
大手企業を含めた非公開求人多数
サポート内容 5.0
添削・面接対策・独自の業界情報提供あり
転職先業界 5.0
IT・医療・メーカーなど多種多様

リクルートエージェントの特徴

  • 業界最大級の求人数!自分に合う求人が見つかる!
    複数の求人を比較することで納得して志望企業を選べる
  • 各業界に精通したアドバイザーが徹底サポート!
    書類選考・面接対策も受けられるので、より確実に内定をもらえる
  • 実績がある分、ノウハウがあり業界からの信頼も厚い!
    大手企業や優良企業への転職も可能
  • 年収をはじめ、企業との交渉も代行してくれる!
    年収アップ・キャリアアップを狙いたい場合に最適

リクルートエージェントをおすすめできる人・できない人

リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 幅広い求人を比較検討して納得できる転職先を探したい人
  • キャリアアップを狙いたい人
  • 転職で年収アップを狙いたい人
リクルートエージェントをおすすめできない人
  • 転職先が特定の業界や分野に決まっている人
  • 転職希望が3ヶ月以上先の予定の人

リクルートエージェントは、これまでの人材派遣実績から各業界からの信頼が厚く、業界トップレベルの求人数を誇ります。

その上、大手企業から優良企業の求人を多く揃えているので、大手・優良企業への転職を考えている場合に最適!

また、アドバイザーの質も高いため、精度の高い自己分析や、質の高い自己PR・志望動機を作成することもできます。

業界を問わず的確に求人を紹介してくれるので、転職する際はまず登録しておきたいエージェントと言えます。

kudou
kudou
多くの求人や転職情報をゲットできるので、他の求職者に遅れを取りたくない!という場合は、まずリクルートエージェントに登録しておきましょう!

リクルートエージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

リクナビNEXT

リクナビネクスト

項目詳細
総合評価 4.5
求人数と会員数が非常に多く、転職サポートサービスも充実!
求人数 4.0
約4万2,000件
求人の質 5.0
大手・優良企業多数掲載
サポート内容 5.0
グッドポイント診断やスカウトメール利用可能
転職先業界 5.0
IT・医療・メーカーなど多種多様

リクナビNEXTの特徴

  • AI技術を駆使した高精度なマッチングを採用!
    自分の経験・スキルに合う求人が見つかる!
  • 「気になる」機能で逆アプローチあり!
    企業から逆オファーがもらえれば、よりスムーズに内定をもらえる
  • アプリでも利用可能!
    忙しい仕事の合間でも気軽に利用できる!

リクネビNEXTをおすすめできる人・できない人

リクナビNEXTをおすすめできる人!
  • 担当者のつかない転職エージェントを使いたい人
  • 効率的に転職活動を進めたい人
  • 自分の強み・弱みを把握して転職活動に活かしたい人
リクナビNEXTをおすすめできない人
  • 担当者にマンツーマンでサポートしてほしい人
  • 転職先業界が絞れている人

リクナビNEXTは、独自のマッチングシステムを使用しているので、数多くの求人から自分に合う求人を厳選できるのが魅力。

また、企業からの逆オファーをもらうこともできるので、転職活動をより効率的に進めたいという場合には最適と言えます。

しかも、グッドポイント診断を活用すれば自己分析やキャリアプラン形成の役にも立つので、ぜひ活用しておきたいエージェントです。

kudou
kudou
さらにアプリで利用できるのも魅力のひとつ!仕事や家事・子育てが忙しい場合でも効率よく転職活動を進められますよ。

担当者がつかないぶん、他のエージェントに比べて自分のペースで転職活動を進めたい人には最適です!

リクナビNEXTの口コミ

詳細ページ 公式ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

項目詳細
総合評価 4.0
20代の転職支援に強い転職エージェント!
求人数 4.0
約4万件
求人の質 3.5
大手〜中小企業の求人を掲載
サポート内容 4.0
20代向けのサポート実績は豊富
転職先業界 4.5
IT・メーカーなど多数

マイナビエージェントの特徴

  • 若い世代のサポートが充実!
    20代が転職をスムーズに進めるのに最適!
  • 20代ならではの転職ノウハウを教えてもらえる
    転職に必要な情報を効率的にゲットできる!
  • 求人の種類が幅広い
    大手だけでなく中小企業の求人も充実しているので、他にはない求人も見つかる!

マイナビエージェントをおすすめできる人・できない人

マイナビエージェントをおすすめできる人
  • 20代で転職を検討している人
  • 転職に必要な情報・ノウハウを効率的に収集したい人
  • 中小企業への転職も検討している人
マイナビエージェントをおすすめできない人
  • ハイキャリアを狙って転職を検討している人
  • 大手企業のみを志望している人

マイナビエージェントは20代向けの転職支援体制が充実している転職エージェント!

20代ならではの転職ノウハウや情報が公式サイトに掲載されているので、効率的に情報収集できるのが特徴です。

kudou
kudou
しかも担当者は全員各業界・企業情報に精通しているので、企業研究や採用ニーズの分析に必要な情報もすぐに提供してもらうことができます。

また、中小企業の求人も扱っているので「今急成長中で今後上場を目指している企業」や「プロジェクトの仕組み作りから携われる企業」など幅広い求人をチェックできます!

求職者の強みや価値観を第三者視点で分析し、長年の経験とノウハウを用いて企業とマッチングさせるためミスマッチ避けたい場合にもおすすめのエージェントです。

マイナビエージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

28歳の転職に関するQ&A

ここでは28歳の転職に関する質問に答えていきます!

28歳の転職は男性と女性で難易度が違うの?

男性と女性で難易度の違いはありません。

しかし女性の場合妊娠や出産でブランクがあると、採用ハードルが高くなることもあります。

過去の経験や実績・キャリアプランをアピールできれば転職成功率を上げられますが、不安な場合は転職エージェントを使うのがおすすめです。

スキルなしや高卒でも28歳で転職することはできる?

スキルなしや高卒でも28歳での転職は可能です。

ただしこの記事で紹介した通り、転職に成功するには企業に戦力として評価される必要があります。

スキルに自信がない場合や高卒の場合は、自身の強みやポータブルスキルをアピールするのがおすすめです。

自分では強みやポータブルスキルがわからない場合には、転職エージェントを利用して企業にアピールできる材料を見出すのがいいですよ。

28歳での転職が2回目・3回目でも不利にならない?

転職回数が多いことによって企業への印象が変わることはあります。

しかし、転職回数が多くてもキャリアビジョンがしっかりしていたり、その都度実績を残していたりすれば、十分評価ポイントを稼げます。

とはいっても転職回数が多いことが不安や自信のなさに繋がっていることもあると思います。

自分でキャリアビジョンや実績をアピールするのが難しそうであれば、転職エージェントの力を借りて魅力を引き出してもらってみてはいかがでしょうか。

28歳での転職はベストタイミング!転職を成功させて30代へ弾みをつけよう!

28歳での転職を成功させるコツ!
  • 自己分析を徹底して自己PRや志望動機に一貫性を持たせる
  • 企業研究をし採用ニーズを把握する
  • キャリアプランを明確にする
  • 同業種への転職なら専門性や実績をアピールする
  • 未経験職種ならポテンシャルと熱意をアピールする
  • 転職エージェントを利用する

28歳はこれまでの社会人経験・実績がある上に今後の伸びしろも期待されている年齢です。

企業からの採用ニーズは高く未経験の業種への転職も可能なことから、転職をするなら最適な年齢であると言えます。

そのため、28歳での転職を成功させるための上記のコツを押さえておけばより確実に内定をもらうことができます。

kudou
kudou
一方で、仕事や家事・子育てと転職活動を両立させることは非常にハードです。

面接のスケジュール調整や各企業とのやりとりも発生するので体力的にきついと感じることがあると思います。

そこでこの記事では、効率的かつ確実に転職を成功させる方法として転職エージェントの利用をおすすめしています。

転職エージェントを使えば「自己分析・自己PR/志望動機の作成・企業研究・面接日時の調整」これら全てを効率化できるため、28歳の転職には欠かせません!

もしも「どのエージェントを選ぶべきかわからない」「だけどほかの人に遅れを取りたくない」場合は、業界大手サービス「リクルートエージェント」をチェックしてみてください。


リクルートエージェントの公式サイトを見る