29歳の転職で成功する人・失敗する人の違い&成功率アップのコツ6選

「29歳から転職を成功させたい!」と思う一方で、

  • 29歳で転職するのは遅い?
  • 30歳と29歳で転職する違いはある?
  • 転職を成功させる方法を知りたい

と悩んでいませんか?

この記事では、29歳の転職活動について調べ尽くした私が「29歳が転職に最適なタイミングである理由」から「おすすめの転職エージェント」までお伝えします。

takeda
takeda
この記事で紹介する内容を実践すれば、きっと29歳で納得のいく企業へ転職できますよ!

29歳は絶好の転職タイミング!

29歳は転職するなら逃してはいけないタイミングです。30代を超えた途端に市場価値が大きく下がってしまうためです。

事実、dodaの調査によると、転職成功者の5割程度を20代が占めています。しかしですね。30代前半になると、転職成功者は3割未満まで落ち込むんです…。

特に未経験職種の場合、30代になると応募できる求人が減ってしまいます。実際、求人票に「未経験者は30歳まで」と表記されている場合も多いんです。

20代なら若さや柔軟性があり、ポテンシャル採用されるかもしれません。そのため、29歳は転職するのに絶好のタイミングですよ!

29歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴

29歳は大卒で入社した場合、7年近く社会人経験を積んでいます。ただですね。社会人として当たり前の行動やスキルを身に付けていないと、応募先から敬遠されてしまうんです。

そこでここでは、29歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴を紹介します。

29歳の転職で成功する人の3つの特徴

29歳の転職で成功する人の3つの特徴
  1. 業界知識が豊富
  2. 前職で結果を残してから転職している
  3. 考え方に柔軟性がある

同業他者への転職の場合は専門知識・スキル・実績が備わっているため、即戦力としてキャリアアップできる可能性があります。

企業研究により業界・職種の理解がある未経験者なら、初歩的な研修がいらないので即戦力として評価されやすいんです。企業側も教育コストが削れるので、重宝しますね。

また、実績があると、他の候補者と差別化が図れます。20代は目立った実績がない人が多いためです。以下のように伝えると、会社へ貢献できる印象が付きやすいですね。

効果的な実績の伝え方の例
  • 数字を使う:売上〇円・達成率〇〇%など
  • 結果を出すための工夫点を話す:新商品開発のために他社製品を全て試したなど

企業側が20代を採用したい理由は企業に染まりきっておらず、柔軟な対応ができるためです。新しい職場の社風や理念に適応できる扱いやすい人材が求められます。

いくらスキルがあっても、自分の考えを曲げない人や前職の仕事の進め方に固執する人は採用しにくいのが本音ですね。

29歳の転職で失敗する人の3つの特徴

29歳の転職で失敗する人の3つの特徴
  1. 転職理由を他責にしている
  2. 次の職場のキャリアプランを描けていない
  3. ポータブルスキルが欠如している

転職理由を前職の企業や上司のせいにするのはやめましょう。「この人は自社でも不満を持つんじゃ…。」などネガティブな印象が付いてしまうためです。

「結婚・出産のためにワークライフバランスを重視したい」などの転職理由もおすすめできません。「産休後に復帰せず退社するかも」と採用を避けられてしまいます。

29歳の場合、大卒入社から社会人生活を7年も送っています。経験をもとにした明確な将来設計がないと、面接で説得力のある志望動機が伝えられません。

ポータブルスキルとは

業種や職種が変わっても使えるスキルのこと。具体的には「計画性」「傾聴力」「マネジメント能力」「ビジネスマナー」「PCスキル」などが含まれる。

自分のキャリアを棚卸しして、新しい職場で活かせそうなスキルを見つけてください。以下の記事を参考にキャリアの棚卸しをするのをおすすめします。

関連記事
転職での正しい自己分析のやり方5ステップ!無料ツール&おすすめ本も紹介「転職活動するからには自己分析をしっかりやろう!」と思う一方で、 自己分析ってなんで必要なの? 転職における自己分析のや...

29歳の転職成功率を上げる6つのコツ

29歳の転職成功率を上げる6つのコツ
  1. 転職理由を明確化しておく
  2. 転職先に求める条件の優先順位を決めておく
  3. 30・40代のキャリアプランをイメージして企業を選択する
  4. 企業に貢献できるスキルや経験をアピールする
  5. 応募企業に勤めている人や口コミサイトから情報収集をしておく
  6. 転職エージェントを利用する

ここまでで、

  • 29歳は転職する絶好のタイミング!
  • 転職を成功させる人の特徴は実績を出しているor柔軟性のある姿勢で仕事に取り組む

ということを説明しました。ここではいよいよ29歳の転職成功率を上げる方法を紹介していきます。

takeda
takeda
29歳で転職を成功させたいなら、試してみる価値がある内容ですよ!

転職理由を明確化しておく

29歳の転職成功率を上げる1つ目のコツは、転職理由を明確化しておくことです。転職理由は履歴書・職務経歴書に記載するだけでなく、面接でも必ず質問されるためです。

印象が良くなる転職理由の伝え方
  • 前職の悪口は避ける:労働時間が長い・商材に強みがないなど
  • 前向きな内容にする:専門的なスキルを磨きたいなど

前向きな転職理由の方が会社の業績に貢献してくれるイメージが湧きやすいんです。そのため、前向きな内容の転職理由を探しておきましょう。

転職先に求める条件の優先順位を決めておく

29歳の転職成功率を上げる2つ目のコツは、転職先に求める条件の優先順位を決めておくことです。求める条件を多すぎると、転職活動が難航するためです。

「転職先に求める条件は前職への不満の裏返し」だと考えてみてください。

例えば、不満が長時間労働の場合は「月の残業時間20時間未満」を条件にしたり、全国転勤が不満なら「勤務地限定」を条件にしたりしましょう。

転職先に求める条件一覧
  • 給与
  • 転勤の有無
  • 通勤時間の長さ
  • ノルマの有無
  • 福利厚生

妥協できる条件と譲れない条件を分ければ、企業選びがスムーズにできますよ!

30・40代のキャリアプランをイメージして企業を選択する

29歳の転職成功率を上げる3つ目のコツは、30・40代のキャリアプランをイメージして企業を選択することです。入社後のミスマッチを防ぐためですね。

例えば、転職先で任される業務内容が前職とほぼ同じで、予想していたキャリアを積めない会社だと判明する場合もあるんです…。

社会人としてレベルアップしていくにはキャリアビションを持つことが重要です。そこで、以下の質問を深堀しておきましょう。

  • 5・10年後にどんな生活を送っていたいか?
  • 5・10年後にどんな仕事をしていたいか?
  • 専門性に特化したスペシャリストorマネジメント能力に長けた人材になりたいか?

転職する前に自分がどんなキャリアを歩みたいのを明確にしておくことが、ミスマッチを防ぐ1番の方法ですね。

企業に貢献できるスキルや経験をアピールする

29歳の転職成功率を上げる4つ目のコツは、企業に貢献できるスキルや経験をアピールすることです。20代後半なら戦力になる人材を入社させたいためです。

アピールポイントの例
  • 同業他社の場合:専門知識・スキル
  • 異業種の場合:ポータブルスキル(コミュニケーション能力・マネジメント能力)

特にマネジメント能力は、30・40代で管理職を任せる可能性もあるので高く評価されやすいですね。

例えば、少人数の営業チームをまとめた経験でも管理能力は十分に伝わります。効率良く業務を進めるためにした工夫などを説明してみましょう!

応募企業に勤めている人や口コミサイトから情報収集をしておく

29歳の転職成功率を上げる5つ目のコツは、応募企業に勤めている人や口コミサイトから情報収集をしておくことです。

企業のHPや求人票では企業の実態が分からない場合もあるためです。

採用担当者は入社してほしいので、企業のネガティブな部分を話してくれません。ただですね。現職の社員なら本音を話してくれる人もいるんです。

takeda
takeda
実際、私が転職する際、応募企業に勤務中の先輩は「うちの会社は受けない方がいいよ…。」と本音を話してくれました。

そのため、ブラック企業への入社を回避できる可能性が高まりますね。

応募企業に知人がいない場合は口コミサイトを活用しましょう!現職の社員が匿名で書きこんでいるので、本音が知れるんです。

  • 企業の同業他社にはない強み
  • 業界の特徴
  • 社風
  • 事業内容
  • 企業の業績

企業が求める人物像や社風が分かるので、内定獲得にも近づきますよ!

代表的な口コミサイト

転職エージェントを利用する

29歳で転職するなら転職エージェントを利用しましょう!

転職エージェントを利用すべき3つの理由
  1. キャリアアップや異業種へ転職が狙える求人が掲載されている
  2. 転職のプロであるキャリアアドバイザーからのサポートが受けられる
  3. 実績があれば優先的にサポートが受けられる

転職エージェントはキャリアアップや異業種への転職が狙える求人を掲載しています。

未経験者を受け入れている企業の多くは教育体制が整っているので、一からのスタートでも安心ですね。

キャリアアドバイザーは転職活動のプロです。以下の内容を中心にサポートを行ってくれます。

転職エージェントのサポート内容
  • 無料カウンセリング
  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 応募書類の添削
  • 内定後の収入交渉
  • 面接日の日程調整

転職エージェントでは掲載企業へ求職者が入社した際に成果報酬が発生します。つまり、自社のサービス経由で転職しない場合は、エージェントへ報酬が入らないんです…。

29歳はスキルや実績を活かした採用やポテンシャル採用されるかもしれません。転職しやすい条件が揃っているため、サポートの優先度が高い傾向がありますよ!

転職にもリスクあり!29歳の転職で注意すべき4つのポイント

29歳の転職で注意すべき4つのポイント
  1. 求人倍率が高い
  2. 実績も必要になる
  3. 年収がダウンする可能性がある
  4. 産休・育休が取得しにくい企業もある

29歳は転職するのに適したタイミングです。ただですね。転職する際に注意しておくべき点もあります。自分の状況を加味して、対策を立てておきましょう!

ここでは、29歳の転職で注意すべきポイントを4つ紹介します。

求人倍率が高い

29歳の転職は求人倍率が高いんです。事実、総務省統計局の調査によると、25〜34歳の転職者数は86万人でどの世代よりも多くなっています。

年齢別の転職者数
  • 15〜24歳:71万人
  • 25〜34歳:86万人
  • 35〜44歳:66万人
  • 45〜54歳:57万人
  • 55〜64歳:51万人

そのため、同世代で求人の椅子を奪い合う必要があります。

実績も必要になる

29歳の転職では実績も必要になる場合もあります。30歳手前になると、即戦力かどうかも採用に関わってくるためです。

しかしですね。あまり目立った実績がない人もいるかもしれません。その場合は以下の内容をアピールしましょう。

業種を問わず必要な能力(客観的な尺度がない)
  • リーダーシップ
  • 環境適応能力

上記のようにチームで動く際の協調性がある人材は、採用担当者も重宝します。そのため、目立った実績がない場合はアピールしてみてくださいね。

年収がダウンする可能性がある

29歳の転職では年収がダウンする可能性があります。同業他社の場合は、前職の年収を基準にして年収が決まるため、下がらないケースも多いもの。

しかしですね。異業種への転職の場合は年収が下がる傾向があります…。異業種への転職で、興味のある業務・年収・福利厚生など全ての条件を満たすのは難しいんです。

そのため、あらかじめ条件に優先順位をつけておけば、後悔することは防げますよ!

産休・育休が取得しにくい企業もある

29歳の転職で注意すべき点は産休・育休が取得しにくい企業もあることです。将来的に子供がほしい場合は産休・育休制度は必須条件です。

しかしですね。育休取得率が低い企業も存在します…。

育休取得率を調べる方法
  • 企業HPや求人票を確認する
  • 転職エージェントのキャリアアドバイザーに質問する
  • 口コミサイトで情報収集する

入社後に後悔しないように、上記の方法で情報収集を行いましょう!

【男性編】29歳の転職成功談・失敗談

ここでは29歳男性の転職成功談・失敗談を紹介します。

【女性編】29歳の転職成功談・失敗談

ここでは29歳女性の転職成功談・失敗談を紹介します。

29歳におすすめな転職サイト・転職エージェントTOP3

← 横にスクロールできます →
エージェント名求人数求人の質サポートの質
マイナビエージェント
約3万5,000件大手企業に加えて
中小企業の求人も充実
20代のサポート実績
が豊富
doda転職エージェント
約6万3,000件求人数が多く、
幅広い業界・職種に対応
実績のあるアドバイザーから
サポートが受けられる
ビズリーチ
約4万5,000件年収750万円以上の
ハイクラス求人を保有
スカウトメールにより、
効率の良い転職が可能
※上記の情報は2020年11月時点のものです。

このように、転職エージェントはそれぞれ求人数やサポート内容が異なります。

これだけ見ると、どれを選ぶべきか分かりにくいと思います。そこでここからは、上記のデータをもとに、29歳におすすめの転職エージェントランキングを見ていきましょう!

マイナビエージェント

項目詳細
総合評価 4.5
20代の転職実績が豊富なエージェント
求人数 3.8
約3万5,000件
求人の質 5.0
大手企業に加えて中小企業の求人も充実
サポート内容 4.8
20代のサポート実績が豊富

マイナビエージェントの特徴

  • 20代のサポート実績が豊富
    採用担当者がチェックしているポイントが分かるため、選考突破できる可能性が高い!
  • 業界別の専任のアドバイザーが在籍している
    志望業界に精通しているので条件が伝わりやすく、求人紹介の精度が高まる
  • 幅広い求人を扱っている
    大手+中小企業の求人が充実しており、転職先の視野が広がる

マイナビエージェントをおすすめできる人・できない人

マイナビエージェントをおすすめできる人
  • 転職先の業界が決まっている人
  • 初めて転職活動をする人
  • 中小企業への転職を検討している人
マイナビエージェントをおすすめできない人
  • ハイキャリアを狙って転職を検討している人

マイナビエージェントは20代の転職に力を入れている転職エージェントです。若い世代の転職実績が豊富なので、アドバイザーが選考のポイントを熟知しています。

そのため、転職活動のアドバンテージになりやすいんです。

「未経験歓迎」求人により、異業種からの転職でもポテンシャル採用してくれる企業が多いことがメリット。教育体制が整っている企業が多いため、転職後の心配もありません。

業界別に専任のアドバイザーがおり、志望業界でよくされる質問や必要なスキルなど深堀した内容を教えてもらえるんです。

  • 志望業界へ転職できる求人はどれくらいあるのか?
  • 29歳の自分にはどのくらいの案件が適切なのか?

これらを知るのに最も適した転職エージェントと言えるので、一番最初に登録しておくべきサービスですね!

マイナビエージェントの口コミ

詳細ページ 公式HP

doda転職エージェント

項目詳細
総合評価 4.3
 業界トップクラスの求人数と質の高いサポート
求人数 5.0
約6万3,000件
求人の質 3.5
求人数が多く、幅広い業界・職種に対応
サポート内容 4.0
実績のあるアドバイザーからサポートが受けられる

doda転職エージェントの特徴

  • 転職サイトと転職エージェントの両方を活用できる
    アドバイザー+スカウトメールでマッチする求人を紹介。効率的な転職活動が可能。
  • 運営会社の転職ノウハウが豊富
    経験や実績に裏打ちされたサポートにより、幅広い転職者に対応できる!
  • 多くのイベントや転職フェアを実施
    得られる情報量が多く、参加するだけでも面接や応募書類の作成に役立つ!

doda転職エージェントをおすすめできる人・できない人

dodaをおすすめできる人
  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポートを受けたい人
  • 業界トップクラスの求人数から転職先を検討したい人
  • スカウトメールも活用して効率的に転職活動を進めたい人
  • 転職イベントなどから積極的に情報収集したい人
dodaをおすすめできない人
  • 業界について専門的なサポートを希望している人
  • 自分のペースで転職活動を進めたい人

doda転職エージェントは業界大手の転職エージェントです。運営元の転職ノウハウが豊富なので、実績に裏打ちされた適切なアドバイスをもらえる点は大手の強みですね。

転職サイトと転職エージェントを両方活用できるので、アドバイザーとスカウトにより、マッチする求人を紹介してもらえます。応募したい求人を吟味したい人におすすめ。

ただですね。あくまでも総合転職エージェントのため、専門的な求人はあまりありません。そのため、志望業界が決まっている人は業界特化型転職エージェントを利用しましょう!

doda転職エージェントの口コミ

詳細ページ 公式HP

ビズリーチ

項目詳細
総合評価 4.0
厳選された優良求人が多い
求人数 4.3
約4万5,000件
求人の質 4.3
年収600万円以上のハイクラス求人を保有
サポート内容 3.5
スカウトメールにより、効率の良い転職が可能

ビズリーチの特徴

  • 厳選された優良企業を掲載
    年収600万円以上の求人を掲載しているため、キャリアアップできる可能性が高い!
  • 優秀なヘッドハンターからスカウトメールが届く
    マッチする求人を客観的に判断して紹介。自分は気にいった求人に応募するだけで良い!
  • 自分の市場価値が知ることができる
    スカウトは実績がないと来ないので、自分がハイクラス求人に見合うレベルかが分かる

ビズリーチをおすすめできる人・できない人

ビズリーチをおすすめできる人
  • 年収600万円以上を狙っている人
  • キャリア・年収アップしたい人
  • 自身の職務経歴に自信がある人
ビズリーチをおすすめできない人
  • 経験年数が浅い人
  • 自分のスキルにまだ自信がない人

ビスリーチは年収600万円以上を狙うハイクラス向けの転職エージェントです。厳選された企業を掲載しており、管理職以上へキャリアアップを目指す人におすすめ。

ヘッドハンターは客観的な視点からマッチする求人を判断してくれます。その中から選んで応募するだけなので、在職中でも転職活動がしやすいんです。

また、スカウトメールによって、自分がどんな企業から必要とされているかが分かります。そのため、市場価値を判断するのに最適なサービスかもしれません。

しかしですね。経験やスキルに乏しい人はスカウトが届かない場合があります…。その場合は前述したマイナビエージェントやdoda転職エージェントを利用しましょう!

ビズリーチの口コミ

詳細ページ 公式HP

29歳の転職に関するQ&A

ここでは29歳の転職に関するQ&Aをまとめました。気になったところがあれば、チェックしてみてくださいね!

29歳で公務員へ転職できる?

29歳でも公務員へ転職できます。多くの公務員試験の年齢制限が30歳までとされているためです。

ただですね。公務員試験には勉強期間が必要になるんです。対策なしでは合格できるレベルではないため、筆記試験を突破するのも厳しいかもしれません。

正直、公務員の労働環境のホワイト具合も務める地域や部署によるんです…。

そのため、勉強時間を割いて働いていないブランク期間を伸ばすより、待遇の良い民間企業を狙うのをおすすめします!

3回目の転職の場合は不利になる?

3回目の転職は不利になりやすいですね…。事実、dodaの調査によると、1回目の転職成功率が60%程度に対し、3回目は10%程度まで落ち込んでいます。

しかしですね。転職回数が多くても、キャリアアップなど面接官を納得させる理由があれば、転職が上手くいく可能性は十分にあります。

そのため、転職を諦める必要はありませんよ!

29歳から転職を成功させるためのノウハウまとめ

29歳から転職を成功させるためのノウハウまとめ
  • 29歳は転職するのに絶好のタイミング
  • 同業他社への転職なら専門スキル、異業種への転職ならポータブルスキルをアピールすると、採用担当者の評価が上がりやすい
  • 転職エージェントで最もおすすめなのはマイナビエージェント

29歳は転職するなら逃してはいけないタイミングです。30代になると、応募できる求人数が減り、転職成功率が落ちるためです。

29歳は大卒でも7年間の社会人経験があります。そのため、同業他社なら専門スキルをアピールすれば、即戦力として入社できる可能性もあります。

一方、20代のうちは異業種へのキャリアチェンジも可能です。未経験職種の場合はマネジメント能力やコミュニケーション能力などポータブルスキルをアピールしましょう!

本当に転職を成功させたいなら、マイナビエージェントを利用するのがおすすめですね。おすすめする理由は以下の通りでした。

  • 20代の転職実績が豊富
  • 業界別の専任のアドバイザーが在籍している
  • 幅広い求人を扱っている

takeda
takeda
「未経験歓迎」求人により、異業種からの転職でもポテンシャル採用される可能性も十分にありますよ!

そのため、29歳で転職を検討している場合は、一度無料相談してみてはいかがでしょうか。


マイナビエージェントの公式HPを見る