新卒2年目で転職すべき人・すべきでない人とは?成功に導く6つのポイント

「社会人2年目で転職したい!」と思う一方で、

  • 最低3年勤めないと転職は厳しいのか?
  • 転職すべき基準を知りたい
  • 社会人2年目の転職を成功させる方法を知りたい

と悩んでいませんか?

ここでは社会人2年目の転職活動について調べ尽くした私が「2年目で転職した方が良い理由」から「おすすめの転職エージェント」まで紹介します。

takeda
takeda
この記事の内容を網羅すれば、誰でもきっと新卒2年目で納得のいく企業へ転職できますよ!

目次

「最低3年」は昔の話。新卒2年目は転職しやすい!

「最低3年は働かない」と転職できないというのは昔の話です。今は第二新卒の市場価値が高まり、入社1〜3年目で転職する新卒社員は少なくありません。

事実、マイナビ転職の社会人1〜6年目までの若手社員を対象に「初めての退職は入社何年目の時?」というアンケートを実施した結果が以下の通りです。

  • 1年目:17.7%
  • 2年目:23.0%
  • 3年目:25.7%

2年目は社会人1〜6年目までで2番目に退職した割合が多いんです。退職者が多いということはそれだけ転職できる可能性が高いという裏付けでもあります。

辛い仕事なら我慢する必要なし!2年目で転職した方が良い理由3選!

2年目で転職した方が良い理由3選!
  1. 第二新卒を積極的に採用する企業が増えたため
  2. 異業種へ転職がしやすいため
  3. 同じ会社に勤め続ける価値が下がっているため

2年目は退職者が多いため、転職もしやすいことをお伝えしました。しかし、2年目で転職した方が良い理由はこれだけではありません。

ここでは、2年目で転職した方が良い3つの理由をチェックしていきましょう。

第二新卒を積極的に採用する企業が増えたため

2年目で転職した方が良い1つ目の理由は、第二新卒を積極的に採用する企業が増えたためです。

新卒就活の競争率の激化により、思うように新卒者を獲得できない企業が増えています。そこで新卒の分を第二新卒の獲得で補う場合もあるんです。

企業が第二新卒を求める理由
  • 基本的なビジネスマナーや一般常識が身についている
  • 前職の勤続年数が少ないので、特定の企業色に染まりきっていない
  • 柔軟な対応ができる

事実、マイナビ転職の調査によると、6割の企業が「第二新卒を積極的に採用したい」と答えています。

そのため、新卒2年目からの転職は成功しやすいんです。

異業種へ転職しやすいため

2年目で転職した方が良い2つ目の理由は、異業種へ転職しやすいためです。

第二新卒はポテンシャル採用されやすく、未経験歓迎求人に応募できます。ただですね。年齢を重ねるごとに実績が重視されるようになり、転職が厳しくなるんです…。

目安としては、社会人4年目以降になると経験者が優遇されやすくなりますね。そのため、異業種への転職なら2年目の今がチャンスですよ!

同じ会社に勤め続ける価値が下がっているため

2年目で転職した方が良い3つ目の理由は、同じ会社に勤め続ける価値が下がっているためです。

「3年目まで働こう」と言われていたのは高度経済成長期までです。その時は会社に長く勤めるほど昇給しやすく、勤続年数の長さが有利に働く時代でした。

しかしですね。現在は終身雇用が破綻しており、大手企業でも早期退職者を募る場合が増えています…。

そのため、同じ会社で働き続けるより転職してスキルを身につけた方が得なんです。

こんな場合は辞めるべき!2年目で転職すべきパターン5選

2年目で転職すべきパターン5選
  1. 労働環境が劣悪
  2. 異業種へ挑戦したい
  3. 社風との相性が悪い
  4. 給与が安い
  5. 斜陽産業+会社の経営が傾いている

新卒2年目で転職するメリットがあっても、転職すべきか迷っている人もいるかもしれません。ただですね。できるだけ転職すべき状況も存在するんです。

そこで、ここでは2年目で転職すべきパターンを5つ紹介します。

労働環境が劣悪

労働環境が劣悪な場合は2年目で転職すべきです。最悪の場合、心身に異常が出てしまうためです。

体調を崩してしまうと、空白期間ができてしまい、転職活動にも不利になってしまいます。

労働環境が劣悪な場合の例
  • ハラスメントが横行している
  • 慢性的に長時間残業が行われている
  • サービス残業を強要される
  • 休日が少ない・有給が取れない

上記のような場合、転職は逃げではありません。自分の将来のためにも早めに転職した方が良いですね。

異業種へ挑戦したい

異業種へ挑戦したい場合は2年目で転職を検討しましょう。異業種の業務と関連性が薄い現職の経験があっても、転職に有利になるような評価を受けにくいためです。

2年目なら第二新卒としてポテンシャルを評価する企業も多いんです。あと、数年間現職を続けることで、異業種への転職ができなくなるかもしれません。

また、転職理由がはっきりしているため、具体的にどんな行動を起こせば良いのかが分かりやすく、転職成功率も高いんです。

社風との相性が悪い

社風との相性が悪い場合も2年目で転職を検討すべきですね。社風が肌に合わないと、ストレスで仕事が嫌になる可能性があるためです。

社風とは、企業が歴史の中で培ってきた文化や価値観のこと。文化や価値観は、社員一人ひとりの行動や考え方にも現れる。

会社の風土に馴染んでいる社員が定着しているため、社内で相性の合う人の方が少数派な場合もあります。

肌に合わない社風の例
  • 朝礼のスピーチを大声で行わないといけない体育会系の社風
  • 研修よりも仕事は実戦で覚えるのが当たり前という社風

社風は自分一人で改善できる問題ではないので、転職を検討すべきかもしれません。

給与が安い

新卒2年目の平均年収より低い場合は転職を検討しても良いかもしれません。

新卒2年目の平均年収
  • 男性:約279万円
  • 女性:約243万円
  • 男女平均:約262万円

市場価値(現在の会社名や最終学歴)によっては給与がアップする可能性も十分にあります。

事実、厚生労働省の調査によると、新卒2年目(20〜24歳)の転職者の43%が「給与が増加した」と回答していました。

そのため、2年目でも昇給が見込めない場合は転職するのもアリですね。

斜陽産業+会社の経営が傾いている

斜陽産業(需要が減っている産業)+会社の経営が傾いている場合も2年目で転職を検討してみてください。将来的に倒産になった場合、転職が難しくなるためです。

会社の将来性がない場合の例
  • 業績が赤字続き
  • 職場に活気がない
  • 離職率が高く、人の出入りが激しい

20代の場合は異業種への転職難易度は高くありません。

しかしですね。30〜40代になると、即戦力が求められます。斜陽産業の場合はいくら専門スキルを磨いても、異業種への転職活動に役立ちにくいんです…。

斜陽産業の例
  • 新聞業界
  • 出版業界
  • 印刷業界
  • 金融業界
  • 自動車業界
  • 教育業界

そのため、会社の将来が危ういと感じたら、市場拡大中の分野へ早めにキャリアチェンジした方が良いかもしれませんね。

退職後の後悔しやすい!2年目で転職してはいけないパターン5選!

2年目で転職してはいけないパターン5選
  1. 地味な仕事に飽きた
  2. 辞めたい理由を言語化できていない
  3. 希望職種へ配属されなかった
  4. 上司との仲が険悪
  5. 現職の経験が次の業界・職種で活かせる

仕事が嫌になった時、転職することが必ずしも正解ではありません。転職にはもちろん、リスクがつきものなので、他の対処法を取った方が良い場面もあるんです。

そこで、ここでは2年目で転職してはいけないパターンを5つ紹介します。

takeda
takeda
転職後に後悔しないよう、ここの内容をきちんとチェックしておいてくださいね。

地味な仕事に飽きた

地味な仕事に飽きた場合は2年目で転職しない方が良いかもしれません。

地味な仕事に飽きてしまった理由
  • 1年目にほとんど仕事を覚えてしまった
  • 単純作業系の仕事ばかりで飽きてしまった

このような場合、安易に転職すべきではありません。会社によっては、部署異動できる可能性や数年後には大きなプロジェクトに関われる可能性があるんです。

先輩の仕事を見て、自分が担当してみたい仕事があるのかどうかで判断してみましょう。

また、会社の業務に不満があっても福利厚生は一級品の場合もあります。転職後に前職の待遇の良さを実感する場合は多いんです。

そのため、転職を検討する場合は待遇と仕事のやりがいを天秤にかけて、慎重に判断してみてくださいね。

辞めたい理由を言語化できていない

辞めたい理由を言語化できていない場合も2年目で転職しない方が良いですね。一時的なマイナス感情だけで転職を考えている場合が多いためです。

辞めたい理由を言語化できないということは「今の状況から逃げたい」という本音が隠れているかもしれません。

転職の目的を持たない状態で転職しても、また同じような悩みを抱えてしまう可能性があるんです。

そのため、転職の目的がある=辞めたい理由が明確化されている場合のみ転職に踏み切ることをおすすめします。

希望職種へ配属されなかった

希望部署へ配属されなかった場合も2年目で転職するのはやめましょう。新卒2年目で希望通りの仕事へ就けること自体、稀なためです。

配属されなかった原因の一つに仕事ができるほどのスキルが身についていないことがあります。

その退職理由を伝えた際に「自分の実力や組織というものを分かっていない」と採用担当者に捉えられてしまうんです。

仮に転職できても、また同じような部署に配属される可能性があります。そのため、何度も転職を繰り返すかもしれません。

上司との仲が険悪

上司との仲が険悪な場合も、いきなり転職しない方が良いかもしれません。転職以外にも環境を変える方法はあるためです。

嫌な上司の例
  • 自分にだけ当たりが強い
  • 指示がコロコロ変わる

上記のような嫌な上司に当たると転職したくなる場合が多いんです。

ただですね。必ずしも今より待遇の良い企業へ転職できるとは限りません…。そのため、会社自体に問題がない場合は、人事部に部署異動を願い出てみましょう。

しかし、企業規模が小さい会社の場合は部署異動できない可能性もあります。その場合は転職を検討することをおすすめします。

現職の経験が次の業界・職種で活かせる

現職の経験が次の業界・職種で活かせる場合も、まだ転職すべきではないかもしれません。経験を積んでおけば、転職する際に即戦力として評価される可能性があるためです。

例えば、A君は人材業界の法人営業職から広告業界の法人営業職への転職を目指しているとします。転職先では「法人営業経験」+「無形商材の営業経験」が評価されるんです。

無形商材とは

お客さんが見たり触ったりできない商材。例えば、生命保険など。形がないので、お客さんの抱える課題や要求に応える必要があり、難易度が高い。

そのため、現職の業務が転職先の業務と関連する場合は、残留して経験を積むのも選択肢の一つですよ。

新卒2年目で転職を成功させるための6つのポイント

新卒2年目で転職を成功させるための6つのポイント
  1. 在職中に転職活動を行う
  2. 自己分析によりキャリアプランを明確化する
  3. キャリアプランと志望動機には一貫性を持たせる
  4. 企業研究では口コミサイトを使う
  5. 転職理由はポジティブな内容に変換する
  6. 転職エージェントを利用する

ここまでで、

  • 新卒2年目の転職の市場価値は高い
  • 転職以外の対処法がとれる場合もある

ということが分かりました。ここではいよいよ、新卒2年目で転職を成功させるためのポイントを6つ紹介します。

takeda
takeda
新卒2年目の強みを活かして、待遇の良い企業への転職を成功させましょう。

在職中に転職活動を行う

在職中に転職活動を行ってください。退職後の転職活動は長期化しやすいためです。

実際、転職活動は3ヶ月〜半年間ほどかか場合が多く、収入がない状態で生活するのはキツいかもしれません。

貯金がある人なら大丈夫ですが、金銭面に余裕がない人は「待遇の良い転職先を見つけること」より「早く転職先を見つけること」に目的が変わってしまいます。

焦りから前職より待遇の悪い企業に勤めてしまい、転職を繰り返す負の連鎖に陥ってしまうかもしれません。

自己分析によりキャリアプランを明確化する

自己分析によりキャリアプランを明確化させましょう。目標を実現するのに必要な経験やスキルが分かるようになるためです。

キャリアプランが明確になれば、仕事におけるゴールが分かります。ゴールから逆算して、転職先での経験が今必要かどうか吟味してください。

自己分析で知っておくべき項目
  • 自分の強みと弱み
  • 自分に適性のある職種
  • 仕事の価値観
  • 転職先で取り組みたい仕事
  • 5・10年後の自分の姿

キャリアプランは転職活動の軸です。軸がブレてしまうと、転職活動が失敗に終わってしまうかもしれません。これらの項目を自問自答して、キャリアプランを整理しましょう。

キャリアプランと志望動機には一貫性を持たせる

キャリアプランと志望動機には一貫性を持たせた方が良いですね。

新卒2年目の転職では衝動的に会社を辞めた人も多いんです。企業側はこのような人材は短期離職につながるので、選考時に見極めています。

仕事を辞めることが転職の目的になっている人は、将来のことを考えていない場合があります。

そこで志望動機がキャリアプランと一致していると、衝動的な転職でないことが伝わりやすく「長期的に貢献してくれそう」と面接官から高評価を得ることができるんです。

そのため、自分の将来像と企業への志望動機をマッチさせましょう。

企業研究では口コミサイトを使う

企業研究では口コミサイトを使ってください。職種への憧れだけで転職すると、転職先でミスマッチを起こしてしまうためです。

求人情報に記載されている内容は仕事のやりがいが中心です。ただですね。仕事の苦労や大変さを知っておかないと、入社後のギャップを感じてしまいます。

他に知っておくべき基本的な企業の情報
  • 事業内容
  • 業績
  • 平均年収
  • 会社が求めている人物像
  • 勤務地
  • 競合他社にはない強み

そこで企業の実態を知るなら、口コミサイトを利用しましょう。口コミサイトは現職の社員が書き込んでいるため、仕事の大変さを理解した上で応募できるんです。

仕事の大変さを理解している方が、面接でも「働くイメージができている」と良い評価を受けられるかもしれません。

代表的な口コミサイト

転職理由はポジティブな内容に変換する

転職理由はポジティブな内容に変換しましょう。

まずは転職理由を明確化してください。「転職理由」=「企業を選ぶ軸」になるためです。軸がブレた状態では転職を何度も繰り返す可能性があります。

そのため、前職への不満を書き出し、一番転職理由に近いものを探してみてください。ただですね。そのまま、ネガティブな転職理由を伝えるのはおすすめできません…。

企業側は前向きに仕事に取り組んでくれそうな人を求めているので、ネガティブな転職理由は評価が悪くなってしまいます。

そこで以下のように前向きな転職理由に変換してみましょう。

  • 大企業の歯車にしかなれなかった→裁量権の大きい仕事を担当していきたい
  • 年功序列で昇給・昇格がしにくかった→実力主義の会社で自分の実力を発揮したい
  • ノルマがつらい→数字だけでなく、顧客の満足度を意識した営業をしたい

転職エージェントを利用する

新卒2年目で転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用しましょう!

転職エージェントを利用すべき3つの理由
  1. 多くの第二新卒歓迎求人を豊富に保有している
  2. 転職のプロであるキャリアアドバイザーからのサポートが受けられる
  3. 応募企業の内部事情を教えてくれるのでミスマッチを防げる

転職エージェントは多くの「第二新卒歓迎」求人を保有中です。経験を活かして同業他社へ転職したり、異業種へポテンシャルで転職できたりもします。

キャリアアドバイザーは転職ノウハウが豊富なので、転職相談だけでもしてみる価値はありますね。

面接の日程調整や求人紹介をしてくれるので、在職中でも転職活動に支障は出ません。他にも以下の内容を中心にサポートを行ってくれますよ。

転職エージェントのサポート内容
  • 無料カウンセリング
  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 応募書類の添削
  • 内定後の収入交渉
  • 面接日の日程調整
  • 推薦状の記入

アドバイザーは求人掲載中の企業と繋がりが深く、内部事情にも詳しいんです。応募先の企業のデメリットも教えてもらえるので、入社後のミスマッチを防げますよ!

そのため、転職エージェントを利用した方が転職に有利になるんです。

新卒2年目の転職成功談・失敗談

ここでは新卒2年目の転職成功談と失敗談を紹介します。

新卒2年目の転職でおすすめのエージェント3選

← 横にスクロールできます →
エージェント名第二新卒の求人数サポートの質おすすめ度
doda転職エージェント

約2万500件
+非公開求人
スカウト+求人紹介により
効率的に転職できる
4.8
リクルートエージェント

約4,000件
+非公開求人

知識・実績豊富な
アドバイザーが多い
4.2
マイナビジョブ20’s

約1,050件
+非公開求人

丁寧な支援により
定着率96.8%を達成
4.0
※上記の情報は2020年12月時点のものです。

このように、転職エージェントはそれぞれ求人数やサポート内容が異なります。

これだけ見ると、どれを選ぶべきか分かりにくいと思います。そこでここからは、上記のデータをもとに、2年目で転職する際におすすめのエージェントを見ていきましょう!

doda転職エージェント

doda転職エージェントは圧倒的な第二新卒歓迎求人数を誇ります。幅広い求人から転職先を吟味したい人におすすめ。

takeda
takeda
転職サイトのスカウト機能とエージェントの求人紹介を両方活用可能なんです。

この合わせ技が早期内定につながっていますね。

運営会社の豊富な転職実績を活かして転職フェアも主催しており、転職活動の情報を直接得られます。

新卒2年目で転職したいけど、

  • どんな企業へ転職できるか分からない
  • 転職活動の情報をより多く集めておきたい

という場合は、まずはdoda転職エージェントに登録して面談で相談してみるのがおすすめです!

詳細ページ 公式HP

リクルートエージェント

リクルートエージェントには、ベンチャー企業から大手企業まで幅広い求人が集まっています。第二新卒でも応募できる優良企業も多いので、安心して転職先を決められます。

takeda
takeda
アドバイザーは経験豊富で、企業との繋がりが強いんです。

交渉力にも長けているので、転職後の年収アップが期待できますよ!

大手の安定したサポートを受けたいのであれば、おすすめの転職エージェントと言えますね。

詳細ページ 公式HP

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは20代限定のエージェントサービスです。第二新卒に特化した求人が多く、特に実績がなくてもポテンシャルを加味した採用をしてくれます。

takeda
takeda
運営会社の第二新卒転職ノウハウが豊富なので、職務経歴書の書き方を教わったり、適性検査もできたりします。

丁寧な支援が内定率96.8%につながっています。

ただですね。拠点が東京・神奈川・大阪・名古屋のため、転職先は都心周辺に限られています…。

そのため、地方への転職を希望する方は前述したリクルートエージェントやdoda転職エージェントの利用をおすすめします。

20代を専門的にサポートしているので、気になった場合は無料相談してみてはいかがでしょうか。

詳細ページ 公式HP

新卒2年目の転職に関するQ&A

ここでは新卒2年目の転職に関するQ&Aを紹介します。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

周囲への退職の切り出し方とは?

周囲への退職の切り出し方は、以下の通りです。

退職を切り出す際のポイント
  • 最初に伝えるべき人:直属の上司
  • 伝えるタイミング:転職先が決まってから

退職する旨は最初に直属の上司へ伝えてください。

先に他の同僚に相談してしまうと、上司の監督不行届きを疑われてしまいます。社内で噂になれば、上司は「管理能力がない」という評価を受けるためです。

理不尽な上司の場合は「恥を欠かされた」と感じ、退職日まで強く当たってくる可能性があります…。

円満退職するためにも退職の相談をする順番には気をつけてくださいね。

また、次の職場が決まってから伝えましょう。引き止めにあった場合でも「入社日が決まっている」と話せば、納得してもらえる可能性が高まりますよ。

社会人2年目が転職しやすい業界・職種は?

社会人2年目が転職しやすい業界・職種は以下の通りです。

  • エンジニア:IT業界は慢性的な人手不足に陥っているため。プログラミングスキルは独学やスクールでも習得できる。
  • 販売職:経験より人物重視の採用のため。コミュニケーション能力やサービス精神がある人におすすめ。
  • 物流関係:ネット通販の普及により、物流拠点を増やすなど市場拡大中のため。黙々仕事をこなしたい人におすすめ。

いずれも未経験からでも転職でき、今後も伸びていく業界の職種です。そのため、異業種への転職を検討している方は視野に入れてみるのをおすすめします。

新卒2年目の転職を成功させるためのノウハウまとめ

新卒2年目の転職を成功させるためのノウハウまとめ
  1. 新卒2年目の市場価値は高く、転職は成功しやすい
  2. 転職以外の対処法がとれる場合もある
  3. 2年目で転職するなら転職エージェントの利用がおすすめ

第二新卒は企業から求められているので、転職の難易度は高くありません。むしろ、ポテンシャル採用や異業種へ転職がしやすく、転職活動にはベターなタイミングですね。

ただですね。転職にはデメリットもあるので、他の方法があるなら部署異動や休職などで対処しましょう。

第二新卒の期間は新卒3年目までと短いんです。そのため、転職を効率的に進めるにはエージェントの利用がおすすめですね!

これらの転職エージェントを利用してみてください。

新卒2年目で転職を迷っている場合は、まずは今回紹介した転職エージェントの無料相談だけでも受けてみてはいかがでしょうか。