33歳の転職ってどうなの?実際の転職事情&成功率を上げる6つのポイント

「33歳から転職を成功させたい」と思う一方で、

  • 33歳の転職の難易度は高い?
  • 33歳の転職で年収・キャリアアップは可能?
  • 今の仕事では出世もできそうにないし、転職したい

と悩んでいませんか?

この記事では33歳の転職について調べ尽くした私が「33歳のリアルな転職事情」から「おすすめの転職エージェント」までお伝えします。

takeda
takeda
この記事で紹介する内容を実践すれば、きっと誰でも33歳で描く理想のキャリアを実現できますよ!

33歳からの転職って厳しい?リアルな転職事情について調査!

33歳から転職するのは珍しくありません。事実、総務省統計局の調査によると、25〜34歳の転職者数は86万人でどの世代よりも多いんです。

年齢別の転職者数
  • 15〜24歳:71万人
  • 25〜34歳:86万人
  • 35〜44歳:66万人
  • 45〜54歳:57万人
  • 55〜64歳:51万人

30代前半は転職市場で即戦力として重宝されるため、キャリア・年収アップもしやすいんです。

ただですね。スキルや実績が重視されるので、20代のようなポテンシャル採用には期待できません…。そのため、スキルや実績次第で転職活動の難易度は変わりますね!

33歳で転職するメリット・デメリット

33歳は比較的転職しやすい年齢です。ただですね。転職にメリットがあるかどうかは、これまでの実績や身につけたスキル次第なんです…。

そこでここでは、33歳で転職するメリット・デメリットを紹介します。

33歳で転職するメリット

33歳で転職するメリット
  • 適性のある仕事に就ける
  • 同業退社への転職の場合は経験やスキルが評価されやすい
  • キャリアアップできる可能性が高い

33歳の転職者は約10年間の社会人経験があるため、得意な業務を熟知している場合が多いんです。強みを把握していれば、自分とマッチする企業を探しやすくなります。

企業側は実務経験が豊富な社員を求めています。同業他社としては経験を積んでいる30代の社員を高く評価する傾向があるんです。

同業他社から評価されやすいポイント
  • 業界知識
  • 専門的なスキル
  • 実績
  • 業界内での人脈

30代は長い社会人生活により、自分のスキルや経験、適性など市場価値を把握している人が一定数います。そのため、結果的に前職より待遇の良い会社へ転職しやすいんです。

33歳で転職するデメリット

33歳で転職するデメリット
  • 未経験からの転職は20代より難しい
  • 管理業務経験が求められる
  • 実績が転職の市場価値に直結する

30代は即戦力が求められているので、未経験職種への転職の難易度が高いんです。20代のような伸び代がないと考えられているためです。

ただですね。30代でも応募できる「未経験者歓迎」求人も少数あります。これまでの経験やスキルが企業に貢献できることをアピールしてみましょう!

多くの企業が30代には現場の統括をしたり、若手の育成を担当したりしてほしいと考えています。

立派なマネジメント経験がない場合でも心配ありません。例えば「数人の営業チームをまとめた」など規模感が小さくても十分なアピールになりますよ!

前述した通り、30代は即戦力が求められます。そのため、実績不足の場合は現職で実績を作ってから転職すべきですね。

33歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴

33歳の転職で成功する人と失敗する人の違いは「今後のことを現実的に考えて行動しているかどうか」です。

33歳の転職で失敗しないためにも、成功する人の真似や失敗する人の特徴を反面教師にしてみてください。

33歳の転職で成功する人の3つの特徴

33歳の転職で成功する人の3つの特徴
  • 業界・職種の専門的なスキル・知識を所有している
  • ポータブルスキルを持っている
  • 5・10年後のキャリアプランが明確化されている

これまでの業務経験で培った専門スキルは採用に直結しやすいです。企業に貢献できる根拠+自分を雇うメリットを伝えることで、即戦力として認識してもらいやすくなります。

ポータブルスキルがあると、どの業種でも重宝される存在になれます。例えば、コミュニケーション能力やマネジメント能力が含まれます。

ポータブルスキルとは、どの業界・業種でも通用するスキル。「専門知識・技術」「仕事のしかた」「人との関わり方」の3つ。

面接官はポータブルスキルも審査基準の一つとして考えています。そのため、専門スキルに自信がない場合はポータブルスキルをアピールするのをおすすめします。

また、キャリアプランが明確化されていると、ミスマッチを防げます。

キャリアプランを明確化する方法
  1. 過去の業務内容を時系列順に書き出す
  2. やりがい感じたポイント・業務から得たスキルを書き足す
  3. 仕事の価値観や強みが分かる

上記を実践した上で、5・10年後にどんな仕事・生活をしていたいかを具体的にイメージしましょう。今の自分は何をすべきかが分かり、キャリアプランが明確になりますよ。

33歳の転職で失敗する人の3つの特徴

33歳の転職で失敗する人の3つの特徴
  • 転職の条件にこだわりすぎている
  • 転職を2回以上経験している
  • 身の丈に合わない求人にばかり応募している

条件にこだわりすぎると転職活動が長期化してしまいます。前職を退職している場合は無収入の期間が続くため、経済的にも精神的にも追い詰められてしまうんです。

冷静な判断ができなくなり、前職より待遇が悪い企業に転職してしまう場合もあります。そのため、条件に優先順位をつけたり、妥協したりすることも必要です。

33歳で2回以上転職していると、1社ごとの勤続年数が短いのがネックになります。採用担当者に「自社もすぐに辞めてしまうのでは?」と疑われてしまうためです。

ただですね。内閣府の調査によると、1度も転職経験のない30代は約4割でした。つまり、6割の人が転職経験者なんです!

そのため、転職回数に寛容な企業も増えつつありますね。

前職で目立った実績がない場合は、ハイキャリアの求人に絞って転職活動をしてもなかなか上手くいきません。

そこでまずは自己分析でスキルや経験を棚卸ししてください。自分のレベル感を客観視できれば、選考突破率も上がりますよ。

自己分析の方法は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

関連記事
転職での正しい自己分析のやり方5ステップ!無料ツール&おすすめ本も紹介「転職活動するからには自己分析をしっかりやろう!」と思う一方で、 自己分析ってなんで必要なの? 転職における自己分析のや...

33歳の転職を成功させるための6つのポイント

33歳の転職を成功させるための6つのポイント
  1. 転職理由を明確にする
  2. 転職の条件には優先順位をつけておく
  3. これまでの経験やスキルを活かせる職種へ転職する
  4. 家族と話し合ってから転職先を決める
  5. 情報網をフル活用して企業研究をする
  6. 転職エージェントを利用する

ここまでは、

  • 33歳の転職者数は多く、スキルや実績が重要視される
  • キャリアプランを明確化することが内定獲得の近道

ということが分かりました。ここでは33歳の転職を成功させるためのポイントを6つ紹介します。

takeda
takeda
ポイントを意識すれば、応募企業に良い印象をつけられる可能性が高いですよ!

転職理由を明確にする

33歳の転職を成功させるためには、転職理由を明確にしましょう。転職理由は面接で必ず質問されるためです。

前向きな転職理由の方が会社の業績に貢献してくれるイメージが湧きやすいので、以下の伝え方を参考にしてみてくださいね。

印象が良くなる転職理由の伝え方
  • 前職の悪口は避ける:成果を出したのに評価が低かった
  • 前向きな内容にする:新規事業を立ち上げ、リーダーとしてチームをまとめたい

転職の条件には優先順位をつけておく

33歳の転職を成功させるためには、転職の条件には優先順位をつけておくことが重要です。33歳の転職は多くの場合、退職まで働き続けることを前提に行います。

譲れない条件を明確化しておけば、満足のいく内定先が見つかりやすくなるはずです。ただですね。現在と10年後では譲れない条件も変わってくるものです…。

そこでライフスタイルが変わったとしても、譲れないと確信できる条件のみを優先してみてください。まずは条件を書き出し、譲れない条件と妥協できる条件に分けましょう。

譲れない条件と妥協できる条件
  • 譲れない条件:スキルを活かせる・転勤なし・残業20時間未満
  • 妥協できる条件:企業規模(中小でも可)・年収ダウンも可

女性の場合は妊娠・出産などライフイベントもあるため、産休・育休の取得率を調べておくことをおすすめします!

これまでの経験やスキルを活かせる職種へ転職する

33歳の転職を成功させるためには、これまでの経験やスキルを活かせる職種へ転職しましょう。中途採用を行う企業は30代に即戦力としての働きを求めているためです。

転職先の候補の例
  • 同業他社:専門的なスキルや経験がそのまま活かせるので企業から重宝される
  • 業界or職種未経験:業界知識orスキルを活かせるなら転職できる可能性は高い

正直、完全未経験の場合は転職できる可能性は薄いです…。ただですね。他の業界・職種でも活かせるスキルや経験があれば、転職できる可能性はグッと高まりますよ!

そのため、幅広い職種を狙うより経験を活かせる仕事を選びましょう。

家族と話し合ってから転職先を決める

33歳の転職を成功させるためのコツは、家族と話し合ってから転職先を決めることです。転職によって、家族の生活もガラッと変わってしまうためです。

そのため、転職の必要性を説明して、家族に納得してもらう必要があります。

家族を説得するため情報の例
  • 給与:生活水準を下げる必要があるのか
  • 労働時間:家族の時間は取れるのか
  • 転勤の有無:引越しの必要はあるかor今後転勤はあるのか

以上の情報を参考にし、パートナーと話し合って転職先を決めてくださいね。

情報網をフル活用して企業研究をする

情報網をフル活用して企業研究をしてみてください。事前に以下の条件を調べておくことで、入社後のミスマッチを防ぐことができるためです。

  • 業務内容
  • 給与
  • 労働環境
  • 福利厚生
  • 社風
  • 企業が求めている人物像

企業のHPや採用担当者への質問では企業の実態に近い情報をゲットできません。そこで口コミサイトを利用しましょう。

口コミサイトは現職の社員が書き込んでいるため、本音を知れるんです。データをもとに「企業のニーズと自分が貢献できる点」の重なる部分をアピールしてみてくださいね!

代表的な口コミサイト

転職エージェントを利用する

33歳で転職するなら転職エージェントを利用しましょう!

転職エージェントを利用すべき3つの理由
  1. キャリアアップや未経験職種への転職が狙える求人が掲載されている
  2. 転職のプロであるキャリアアドバイザーからのサポートが受けられる
  3. 給与交渉や面接の日程調整も行ってくれる

転職エージェントはキャリアアップや異業種への転職が狙える求人を掲載しています。前職と同じ業界で管理職を目指したり、未経験の業界へ飛び込んだりすることも可能です。

キャリアアドバイザーは転職活動のプロです。転職ノウハウが豊富なので、転職相談だけでもしてみる価値はありますね。以下の内容を中心にサポートを行ってくれます。

転職エージェントのサポート内容
  • 無料カウンセリング
  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 応募書類の添削
  • 内定後の収入交渉
  • 面接日の日程調整

「内定後の収入交渉」や「面接の日程調整」も行ってくれるため、仕事の合間を縫って転職活動ができるんです。

33歳の転職成功談・失敗談

ここでは33歳の転職成功談と失敗談を紹介します。

33歳におすすめな転職エージェント3選

← 横にスクロールできます →
エージェント名求人数求人の質サポートの質
リクルートエージェント
約10万件
+非公開求人
優良求人を
多数掲載
アドバイザーの知識・
経験を豊富
doda転職エージェント
約6万5,000件
+非公開求人
求人数が多く、
幅広い業界・職種に対応
実績のあるアドバイザーから
サポートが受けられる
JACリクルートメント
約4,600件
+非公開求人
年収600万以上の
ハイクラス求人を掲載

業界・職種の知識が豊富で
専門性が高い
※上記の情報は2020年11月時点のものです。

このように、転職エージェントはそれぞれ求人数やサポート内容が異なります。

これだけ見ると、どれを選ぶべきか分かりにくいと思います。そこでここからは、上記のデータをもとに、33歳におすすめの転職エージェントランキングを見ていきましょう!

リクルートエージェント

項目詳細
総合評価 4.9
圧倒的な求人数とアドバイザーのサポートの質が高い
求人数 5.0
約10万件+非公開求人
求人の質 4.8
優良求人を多数掲載
サポート内容 4.8
アドバイザーの知識・経験が豊富

リクルートエージェントの特徴

  • 求人数が業界トップクラスに多い
    扱っている求人の幅が広く、希望の求人に出会える可能性が高い
  • 優良企業の求人を多数保有している
    大手エージェントに求人を掲載できる企業のため、安心して転職先を決められる
  • アドバイザーの知識や経験が豊富で、内定率が高い
    企業との繋がりが強く、よくされる質問や人事の採用ポイントを教えてもらえる

リクルートエージェントをおすすめできる人・できない人

リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 幅広い求人から転職先を検討したい人
  • キャリアアップを狙いたい人
  • 転職で年収アップを狙いたい人
リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 特定分野の特化型転職エージェントを探している人

リクルートエージェントは業界トップクラスの求人を保有している転職エージェントです。掲載している求人も優良企業が多く、利用する際に安心感がありますね。

管理職待遇や大手企業のハイキャリアから中小企業まで幅広い求人を掲載しているので、30代前半でも利用する人を選ばないのも魅力の一つ。

経験豊富なアドバイザーは企業との繋がりを活かしたサポートや交渉力が光ります。そのため、給与アップやキャリアチェンジ成功など満足のいく転職活動になりやすいんです。

  • 転職できる求人はどれくらいあるのか?
  • 33歳の自分の市場価値は高い?

これらを知るのに最も適した転職エージェントと言えるので、一番最初に登録しておくべきサービスですね!

リクルートエージェントの口コミ


詳細ベージ 公式HP

doda転職エージェント

項目詳細
総合評価 4.4
 転職ノウハウが豊富な転職エージェント
求人数 4.5
約6万5,000件+非公開求人
求人の質 4.3
求人数が多く、幅広い業界・職種に対応
サポート内容 4.3
実績のあるアドバイザーからサポートが受けられる

doda転職エージェントの特徴

  • 転職サイトと転職エージェントの両方を活用できる
    アドバイザー+スカウトメールでマッチする求人を紹介。効率的な転職活動が可能。
  • 運営会社の転職ノウハウが豊富
    経験や実績に裏打ちされたサポートにより、幅広い転職者に対応できる!
  • 多くのイベントや転職フェアを実施
    得られる情報量が多く、参加するだけでも面接や応募書類の作成に役立つ!

doda転職エージェントをおすすめできる人・できない人

doda転職エージェントをおすすめできる人
  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポートを受けたい人
  • 業界トップクラスの求人から転職先を検討したい人
  • スカウトメールも活用して効率的に転職活動を進めたい人
  • 転職イベントなどから積極的に情報収集したい人
  • 大手の転職エージェントを利用したい人
doda転職エージェントをおすすめできない人
  • 業界について専門的なサポートを希望している人
  • 自分のペースで転職活動を進めたい人

doda転職エージェントは効率的な転職ができるサービスです。アドバイザーとスカウトメールの両方からマッチする求人を紹介してもらえるためです。

運営元の転職ノウハウが豊富なので、実績に裏打ちされた適切なアドバイスをもらえるのがメリット。

イベントでは転職の情報収集ができます。積極的な情報収集をすれば、忙しい中堅社員でも1ヶ月程度で内定獲得するのも夢ではありません。

ただですね。総合転職エージェントのため、専門的な求人はあまりありません。そのため、志望業界が決まっている人は業界特化型転職エージェントを利用しましょう!

doda転職エージェントの口コミ

詳細ページ 詳細ページ

JACリクルートメント

項目詳細
総合評価 3.5
ハイクラス求人では最高クラス
求人数 2.8
約4,600件+非公開求人
求人の質 4.5
求人数が多く、幅広い業界・職種に対応
サポート内容 3.5
実績のあるアドバイザーからサポートが受けられる

JACリクルートメントの特徴

  • 求人の質が高い
    高収入やホワイト企業が多いので、理想の条件の求人が見つかりやすい!
  • 企業と転職者の担当者が同じ
    企業の生の声が聞けるので、職場の雰囲気が知れたり、年収交渉がしやすかったりする
  • アドバイザーの知識や専門性が高い
    各業界・職種の知識に精通しているので、技術職や専門職への転職でも相談しやすい

JACリクルートメントをおすすめできる人・できない人

JACリクルートメントをおすすめできる人
  • 年収600万円以上の企業に転職したい人
  • 課長・部長・役員など管理職経験がある人
  • 技術職・専門職など特定分野のエキスパートである人
  • 既に年収500万円以上の人
JACリクルートメントをおすすめできない人
  • 社会人経験はあるが、そこまでアピールできる実績がない人
  • 求人数で転職エージェントを選びたい人

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス求人を取り扱う転職エージェントです。年収・キャリアアップ目的の実績豊富な33歳にもってこいなサービスですね。

ホワイト企業の求人が多いので、所帯持ちになり、ワークライフバランスのとれた仕事を検討している人におすすめ。

アドバイザーは各業界の知識に精通しており、専門職でも最適な提案が可能です。知識が浅い人は的外れな提案も多いので、スムーズに転職したいなら利用の価値はありますよ!

ただですね。社会人としてアピールできる実績がないと、求人を紹介してもらえないんです。

転職エージェントでは掲載企業へ求職者が入社した際に成果報酬が発生します。つまり、自社のサービス経由で転職しない場合は、エージェントへ報酬が入らないんです…。

そのため、転職できそうな人を優先的にサポートします。

JACリクルートメントの口コミ


詳細ベージ 公式HP

33歳の転職に関するQ&A

ここでは33歳の転職に関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

33歳独身女性の転職活動の難易度は高い?

独身の場合、転職の難易度は男性とさほど変わりません。

しかしですね。結婚を視野に入れていることを話すと「すぐに育休や産休を取得してしまうのでは?」と懸念されてしまいます…。

そのため、結婚や子供の話には触れない方が転職成功率は高まります。

転職活動はどのくらいの期間がかかる?

30代前半の転職活動にかかる期間は1〜3ヶ月程度ですね。

事実、リクナビNEXTの調査によると、30代の転職活動にかかった期間が「3ヶ月以内」と回答した人は全体の6割程度でした。

3ヶ月以上活動して内定を獲得できていない場合は転職活動のやり方自体を見直す必要があるかもしれません。

その場合は今回紹介した転職エージェントに無料相談してみることをおすすめします。

33歳の転職を成功させるためのノウハウまとめ

33歳の転職を成功させるためのノウハウまとめ
  • 33歳で転職する人は多い
  • 経験・スキルを活かせる仕事に絞って転職した方が良い
  • 転職エージェントで最もおすすめなのはリクルートエージェント

33歳で転職すること自体は珍しくありません。ただですね。転職できるかどうかは実績やスキルが重視されます。

転職を検討している場合は、同業他社や異業種に関わらず、これまでの経験やスキルを活かせる仕事を選びましょう。

転職成功のためには、リクルートエージェントを利用するのが最もおすすめです。おすすめする理由は以下の通りでした。

  • 求人数が業界トップクラスに多い
  • 優良企業の求人を多数保有している
  • アドバイザーの知識や経験が豊富で、内定率が高い

takeda
takeda
ハイキャリアから中小企業まで幅広い求人を掲載しているので、利用する人を選びません。

そのため、33歳で転職を検討している場合は、一度無料相談してみてはいかがでしょうか。


リクルートエージェントの公式HPを見る