35歳で転職できる?厳しい転職市場で内定を勝ち取るための全ポイント!

  • 35歳で転職するのは遅い?
  • 転職できるとしても、未経験の職種は難しいのかな…?
  • 35歳の転職を成功させるために意識するのはどんなところ?

など、35歳で転職を考える際に悩んでしまうことがいくつかあるのではないでしょうか。そこでこの記事では、35歳の転職において必要な情報をできるだけ詳しくまとめました。

honda
honda
35歳で転職するメリットやデメリットなどもお伝えしています!

「いま35歳で転職を考えているけれど、不安が大きい」という場合には、ぜひ読んでみてくださいね!

目次

【結論】35歳での転職はまだ遅くない!

業界にもよりますが、35歳での転職は決して遅くはありません。社会経験を豊富に積んでいる可能性も高く、経験を活かせればキャリアアップも可能です。

インターネットの普及によって新たなビジネスモデルやベンチャー企業なども生まれ、30歳以上でも人手が必要とされていることも理由の一つですね。

honda
honda
35歳以上は求人が少なくなり「35歳の壁」などと言われることもありました。

ですが上記の理由もあり、その壁が崩れてきてもいるんですね。

そのため、35歳からでも新しい環境に挑戦することは可能です。ですがどんな人でも35歳で簡単に転職できるのかというと、そうではありません。

20代や30代前半と比較した場合、転職が難しくなってしまう場合もあります。なぜ35歳からの転職が難しくなってしまうのか、次にお伝えしていきますね。

35歳から転職が難しくなる3つの理由

35歳から転職が難しくなる3つの理由
  1. 求人数が少なくなるから
  2. 即戦力が求められることが多いから
  3. 企業側にとって採用コストが高くなりやすいから

35歳から転職が難しくなる主な理由は、上記の3つです。それぞれもう少し詳しくお話しします。

求人数が少なくなるから

一つ目は「求人数が少なくなるから」ということです。

有効求人倍率2019年1月2019年2月2019年3月2019年4月
25歳〜34歳1.391.371.321.20
35歳〜44歳1.191.181.151.04

上記は厚生労働省による「年齢別有効求人倍率の推移」のデータです。

有効求人倍率とは

求職者一人に対し、何件の求人があったかを示す数値。例えば求職者10人に対して20件の求人があった場合、有効求人倍率は「2倍」ということになる。

このデータを見ると、35歳以上の有効求人倍率は25歳〜34歳までと比較して低くなっていることがわかります。

業界によって違いはありますが、全体的には求人数が少なくなっているということなんですね。

honda
honda
そのうえ、年収や業務内容など希望の条件に合う職場となると、さらに選択肢は狭くなってしまいます。

したがって、35歳からの転職は応募できる求人が少なくなり、難易度が高くなってしまうということです。

即戦力が求められることが多いから

35歳の転職では即戦力が求められることが多いです。業界によっては未経験でも転職できる可能性はありますが、人手不足の企業では教育環境が整っていないこともあります。

そのため求人があったとしても、自分の実力がともなっていない可能性もあり、転職が難しくなってしまうということです。

honda
honda
35歳での転職を実現させるには、自分の実績や強みを活かせる職種を選ぶことが一番の近道といえますね。

企業側にとって採用コストが高くなりやすいから

「企業側にとって採用コストが高くなりやすいから」というのも理由の一つです。

35歳であれば、すでにある程度の実績を積んでいることもあり、転職先に高い年収を求めることもあります。ですが企業によっては、それだけの年収を払えないこともあるんですね。

honda
honda
企業側が提示している年収に対し、求める年収が大きく上回っているとミスマッチになり、転職が難しくなるということです。

35歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴

それでは、35歳の転職が成功する人と失敗する人にはどのような特徴があるのでしょうか。それぞれお伝えしていきますね。

35歳の転職で成功する人の3つの特徴

35歳の転職で成功する人の特徴
  1. キャリアプランを描けている人
  2. 自分から積極的に学ぶ意識がある人
  3. 新しい環境に馴染める柔軟性がある人

35歳の転職で失敗する人の3つの特徴

35歳の転職で失敗する人の特徴
  1. 転職の目的が不明確な人
  2. 求める条件が細かすぎる人
  3. 新しい環境に馴染む対応力が低い人

35歳の転職で成功する人・失敗する人まとめ

35歳の転職で成功しやすい人は、まず明確なキャリアプランを描けている人ですね。3年後、5年後のプランを明確にすることで、自分がいまするべきことも再確認できます。

面接の際にもキャリアプランを聞かれることが多く、長期的に働く意思をアピールできるチャンスでもあるんです。

honda
honda
転職の目的も合わせて伝えることで、その企業で働きたい意思をより強く伝えやすくもなりますね。

また、35歳であれば社会経験もあり、即戦力として期待される可能性が高いです。そのため、一から教えてもらうといった姿勢では受け入れられづらくもなります。

たとえ経験が浅くても、自分から学ぶ姿勢はアピールする必要がありますね。

honda
honda
経験が豊富な場合でも、過去の経験に固執するのは要注意。新しい環境ではその職場なりのノウハウや価値観があります。

そういった場所に馴染める柔軟性がないと、入社できたとしても居心地が悪くなりやすいんですね。

では、35歳で転職することにはそもそもどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。次からそれぞれお伝えしていきます。

35歳で転職するメリット・デメリット

35歳の転職には、3つのメリット2つのデメリットがあります。それぞれについて詳しくお話ししていきますね。

35歳で転職する3つのメリット

メリット
  1. 新しいスキルが身に付く可能性がある
  2. 新たな出会いが期待できる
  3. キャリアアップできる可能性がある

35歳で転職するメリットは上記の3つ。どういうことか次からお伝えします。

新しいスキルが身に付く可能性がある

35歳ですでに経験を積んでいるにしても、異なる環境で働くことで新しいスキルが身につくことがあります。

企業が変われば、業務内容や結果を出すまでの過程も変わることもあります。そしていままでにないノウハウを知れることもあるんですね。

honda
honda
初めて経験する業務に携われる可能性もあるため、新しい環境で挑戦することで自分の成長に繋がっていくということです。

新たな出会いが期待できる

環境が変われば新しい出会いにも期待できますね。もちろん必ずしも良い出会いであるとは限りません。ですが、友達や切磋琢磨できるライバルに恵まれる可能性もあります。

自分より優れた人や尊敬できる人に出会えることもあり、人脈も増えて仕事の幅が広がっていくことも期待できるということです。

キャリアアップできる可能性がある

キャリアアップできる可能性もメリットの一つですね。

例えば会社の規模が大きくなれば、結果を出すことで前職では経験できなかった役職に就ける可能性があります。

honda
honda
待遇が良くなることもあるため、転職の際にキャリアアップできる環境かどうかは調べておくことも重要ですね。

より自分の市場価値を高められることが転職の大きなメリットといえます。

35歳で転職する2つのデメリット

デメリット
  1. 年収が下がる可能性がある
  2. 新しい職場に馴染めない可能性がある

35歳の転職におけるデメリットは上記の2つです。こちらもそれぞれ詳しくお伝えします。

年収が下がる可能性がある

35歳だけに限ったことではありませんが、転職することで年収が下がる可能性があります。

特に異なる職種や業種に転職する場合ですね。すでに明確な実績や強みがあれば高い年収で転職できることもありますが、信用を得るまでは年収が下がることがあります。

honda
honda
求人票の年収はあくまで目安なので、必ずその額を初めからもらえるとは限りません。

ただ、しっかり結果を出して信用を得れば昇給することは充分に可能です。いきなり高待遇を求めるというより、まずは結果を出して信用を積み上げることに注力するのも重要といえます。

新しい職場に馴染めない可能性がある

新しい環境に馴染めない可能性も考えておく必要があります。人間関係が大きく変わったり、業務内容が前職よりもハードになったりすることもあるからです。

honda
honda
「転職することですべてが改善するとは限らない」ということは念頭に置いておく必要がありますね。

転職した後に「思ってたのと違う…」とならないためにも、求人票の確認だけでなく、転職エージェントに相談するなどして職場の環境は細かく調べておくことが重要です。

それでは、35歳の転職で失敗や後悔を防ぎ、成功率を上げるにはどのようなことを意識すればいいのでしょうか。次にそのコツについてお伝えします。

【未経験でもチャンスあり!】35歳の転職成功率を上げる5つのコツ

35歳の転職成功率を上げる5つのコツ
  1. できるだけ経験を活かせる職種や業界を選ぶ
  2. 希望の条件を明確にして優先順位をつける
  3. 良い求人があったら積極的に行動する
  4. 資格を取って差別化する
  5. 転職サイト・転職エージェントを利用する

35歳の転職成功率を上げるコツは、上記の5つです。それぞれまた詳しくお話しします。

できるだけ経験を活かせる職種や業種を選ぶ

「できるだけ経験を活かせる職種や業種を選ぶ」ことがもっともおすすめです。

未経験でも転職できることはありますが、前述したように求人は多くありません。また、未経験となると年収も大きく下がる可能性があります。

honda
honda
スキルだけでなく、リーダーシップやマネジメント経験なども活かせるとより良いですね。

活かせる経験を選ぶことでキャリアアップも狙えますし、企業側に重宝してもらえる可能性も高まります。

よほど未経験で挑戦したい理由がないのであれば、経験を活かすことを考えたほうがいいですね。

希望の条件を明確にして優先順位をつける

希望の条件を明確にして優先順位をつけることも重要です。

希望の年収や福利厚生、人間関係や業務内容など全ての条件に当てはまる職場を探すとなると、より選択肢が狭くなってしまいます。

honda
honda
自分に必要な条件を明確にし、どうしても譲れない条件から順位をつけることで転職先を探しやすくなります。

良い求人があったら積極的に行動する

良い求人があったら積極的に行動することも、意識しておいたほうがいいですね。

繰り返しになりますが、35歳から求人数が少なくなる傾向にあります。そのうえ人気のある求人は応募者も多くなりやすいため、すぐに採用枠がなくなってしまうこともあります。

honda
honda
応募するか迷っているうちに募集が終わり、応募すらしなかったことに後悔することもあり得ます。

なので、理想の求人を見つけた場合にはまず動いてみることが重要なんですね。

資格を取って差別化する

資格を取って差別化することもおすすめです。資格があれば人気の求人でライバルが多くても、アピールできる強みが増えます。

ただ、当然ですが求人を見つけてから資格を取るのはさすがに難しいですよね。

honda
honda
そのため、挑戦したい業界や企業で必要そうな資格がある場合には、転職を見越したうえで早めに勉強しておくことが必要です。

仮に転職までに資格が取れなくても、資格取得に向けて勉強していることをアピールすれば意欲が認められ、内定に繋がる可能性があります。

転職サイト・転職エージェントを利用する

少しでも転職成功率を上げるためには、転職サイトや転職エージェントも積極的に利用するといいですね。

自分の力だけで求人を探すのは時間がかかるため、転職サイトやエージェントで求人を探す方が効率的だからです。

honda
honda
転職サイトと転職エージェントの大きな違いは、担当がつくかつかないか。

転職サイトは自分で求人を探して応募することがほとんどですが、転職エージェントは担当が求人を探して紹介してくれます。

転職活動に慣れており、自分のペースで行動できる人は転職サイトでも問題ありません。

反対に「35歳の自分が転職できるんだろうか」「転職したことがないためどうして良いかわからない」など不安がある場合は、転職エージェントがおすすめです。

自分のことを企業に推薦してくれるため、書類選考の通過率も上がる可能性があります。

honda
honda
ですが「どんな転職エージェントがいいのかわからない」と迷うこともあるかと思います。

そこで、35歳の転職におすすめな転職エージェントについて次からお伝えしていきますね。

35歳におすすめな転職エージェントTOP3

← 横にスクロールできます →
項目名リクルートエージェントdoda転職エージェントパソナキャリア
求人数
約20万件

約10万件

約5万件以上
求人の質
多くの職種や条件の
求人を取り扱っており
幅広い年齢層が利用しやすい

未経験可能な求人から
キャリアアップ可能な求人まで
幅広く取り扱っている

年収アップが
期待できる求人が多い
サポート内容
転職業界最大手。
充実したサポートと豊富な実績があり
転職に不安があっても利用しやすい

安心感のあるサポート力で
目的に合わせた
転職がしやすい

オリコン顧客満足度調査
転職エージェント総合第1位
(2019・2020年)

35歳の転職でおすすめな転職エージェントは、上記の3社です。そして次にこの3社の特徴がより詳しく伝わるように、ランキング形式でお伝えしていきますね。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

項目詳細
総合評価 5.0
転職業界最大手で安定感のあるサポート
求人数 5.0
約20万件
求人の質 5.0
多くの職種や条件の求人を取り扱っており、
幅広い年齢層が利用しやすい
サポート内容 5.0
充実したサポートと豊富な実績があり、
転職に不安があっても利用しやすい

リクルートエージェントの特徴

  • トップクラスの求人数
    公開求人・非公開求人合わせて約20万件の求人から、35歳でも転職可能な職場を見つけられる可能性がある
  • 転職業界最大手の充実したサポート
    転職支援実績No.1(※)を誇り、転職初心者から経験者まで幅広く利用しやすい
  • ハイクラスの転職にも対応可能
    ハイクラスの転職に特化したサービスもあり、35歳でも実績を活かせばキャリアアップも可能!

(※)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェントをおすすめできる人・できない人

リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 幅広い求人から転職先を検討したい人
  • 経験を活かしてキャリアアップを狙いたい人
  • ハイクラス専門の転職支援サービスを受けたい人
  • 安定感のあるサポートを望む人
リクルートエージェントをおすすめできない人
  • 特定分野の特化型転職エージェントを探している人
  • 転職希望が3ヶ月以上先の予定の人

リクルートエージェントは、転職業界では最大手の転職エージェントです。そのため、転職支援実績も豊富で、独自のノウハウも確立しています。

幅広い職種の求人を取り扱っているため、キャリアアップしたい場合や未経験の職種に挑戦することも可能です。

honda
honda
サポート力が高いため、転職自体が未経験でも比較的利用しやすい転職エージェントといえますね。

ハイクラス向けのサポートもあり、実績を活かしてより高待遇な職場に転職できる可能性もあります。35歳で新しい環境に挑戦したいという場合は、一度登録してみるのがおすすめです。

リクルートエージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

doda転職エージェント

項目詳細
総合評価 4.8
多くの求人数と充実したサポート
求人数 4.8
約10万件
求人の質 5.0
職種の幅が広く、未経験歓迎な求人から高待遇な求人まで多数アリ
サポート内容 5.0
書類作成や面接対策など手厚いサポート

doda転職エージェントの特徴

  • 多くの求人からニーズに合わせた転職先を紹介!
    経験豊富なアドバイザーによるサポートで、希望に合う転職が実現できる可能性アリ!
  • 業界大手ならではの充実したサポート
    書類作成や面接対策など、サポートが手厚く、転職初心者でも安心して利用しやすい
  • 転職イベントも豊富!
    転職のイベントが多く、転職に関する相談や自己分析の方法など独自のサポートが期待できる

doda転職エージェントをおすすめできる人・できない人

doda転職エージェントをおすすめできる人
  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポートを受けたい人
  • 業界トップクラスの求人から転職先を検討したい人
  • 転職イベントなどから積極的に情報収集したい人
  • できるだけ直接対面でカウンセリングしてほしい人
doda転職エージェントをおすすめできない人
  • 業界について専門的なサポートを希望している人
  • 3ヶ月以上先の転職を検討している人

doda転職エージェントもまた、転職業界では大手の転職エージェントです。サポート力にも定評があり、各地の拠点で対面で相談できるのがポイント。

転職に関する悩みも相談しやすいのが特徴的です。

honda
honda
転職イベントも定期的に開催しており、より濃い情報を得られる可能性もあります。

応募書類の添削や面接対策もしてもらえるので、不安が大きい場合には積極的に利用してみるのがおすすめです。

doda転職エージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

パソナキャリア

項目詳細
総合評価 4.8
オリコン顧客満足度調査
転職エージェント総合第1位(2019・2020年)
求人数 4.5
約5万件以上
求人の質 5.0
高待遇の求人や管理職などの求人も多数
サポート内容 4.5
書類添削・年収交渉・退職交渉のフォローなど手厚いサポート

パソナキャリアの特徴

  • オリコン顧客満足度調査 転職エージェント総合第1位の実績!(2019・2020年)
    高いサポート力でハイクラスの転職成功率UP!
  • 企業との交渉や模擬面接などフォロー体制も充実!
    年収交渉や面接のテクニック、さらには退職交渉のフォローなど安心感のある転職活動が期待できる

パソナキャリアをおすすめできる人・できない人

パソナキャリアをおすすめできる人
  • 転職の際にきめ細かいサポートが欲しい人
  • 転職経験が浅い人
  • 関東圏を中心に転職活動を行なっている人
  • キャリアアップを狙う人
パソナキャリアをおすすめできない人
  • 関東圏以外で転職を希望している人

パソナキャリアは、サポート力の高さや転職による年収アップ率が比較的高いことが好評の転職エージェントです。

そのため、転職してより高い年収を求める場合には一度登録してみるのがおすすめです。

honda
honda
また、女性の転職にも力を入れているところも大きなポイント。

例えば育休や産休で職を離れていた場合でも、復職をサポートしてくれる可能性があります。

男女問わず安心感のあるサポートやキャリアアップを求める場合には、登録してみてはいかがでしょう。

パソナキャリアの口コミ

詳細ページ 公式ページ

35歳の転職に関するQ&A

35歳の転職に関するQ&Aをまとめました。気になるポイントがあればぜひチェックしてみてくださいね。

35歳でも公務員に転職できる?

公務員に転職できる場合がありますが、職種によっては公務員試験に年齢制限が設けられていることがあります。

そのため、希望する職種の年齢制限をまずは調べることが必要です。

35歳の転職は、男性と女性とで難易度は変わる?

男性と女性とで性別自体が理由で難易度が変わることはありません。ただ、育休や産休でブランクがある場合には不利になってしまう可能性があります。

honda
honda
不安が大きい場合は女性の転職をサポートしてくれる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

女性の転職に力を入れている転職エージェントについては、以下の記事で詳しくまとめています。

転職成功のコツもお伝えしているので、チェックしてみてください。

関連記事
【おすすめ5選】女性の転職に力を入れている転職エージェント決定版!女性の転職に強い転職エージェントをお探しではありませんか? たくさんの転職エージェントがありそれぞれ特性が違うため「どこに登録した...

IT業界のエンジニアなら35歳でも転職しやすい?

技術があれば転職できる可能性は高まります。

ただし、実務経験がない場合は年収が下がることもあるため、その場合は待遇よりも経験を積むことを優先するのがおすすめです。

35歳でも海外に転職はできる?

語学力があれば転職できる可能性はあります。ただ、語学力を証明できないと転職が難しくなるため、TOEICなどの試験を受けておくのがおすすめです。

35歳でも転職は可能!適切な業界を選んで理想の環境を手に入れよう

35歳の転職まとめ!
  • 35歳でも転職はできる
  • 求人数は35歳を過ぎると比較的少なくなる
  • 理想の求人を見つけたら積極的に行動したほうがいい
  • 転職エージェントを利用するのがおすすめ
  • もっともおすすめな転職エージェントはリクルートエージェント

35歳でも転職することは充分に可能です。ただ、35歳を過ぎると求人数は少なくなる可能性も高くなります。

そのため、未経験の職種よりもできるだけ経験を活かせる職種を選ぶのがおすすめです。

honda
honda
未経験でも転職できる可能性はありますが、簡単ではありません。

そのため、転職エージェントと相談してどんな職場なら転職できるのか、しっかいリサーチしたほうがいいですね。

また、今回もっともおすすめな転職エージェントはリクルートエージェントです。求人数がトップクラスでサポート力も高いです。

また、ハイクラス向けの求人もあるためキャリアアップも可能。

自分の目的に合わせた転職を支えてくれる可能性があるため、どの転職エージェントがいいか迷った場合には一度登録してみるといいですね。

\まずは登録して相談!/リクルートエージェントの公式HPを見る