36歳でも転職できる!転職で成功する人・失敗する人の違いとは?

36歳で転職を考えているものの「36歳からの転職ってうまくいくの?」「そもそも36歳からの転職なんて無理」と思っていませんか?

実は36歳での転職は難しいことではありません。

しかし、成功する人と失敗する人ではある違いがあり、36歳で転職を成功させるにはいくつかコツを駆使する必要があります。

そこでこの記事では以下について紹介します。

  • 36歳からの転職が無理ではない理由
  • 36歳の転職が難しいと言われる3つの理由
  • 36歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴
  • 36歳の転職成功率を上げる3つのコツ
  • 36歳におすすめな転職サイト・転職エージェントTOP3
kudou
kudou
図や表を使ってわかりやすくなるように紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

【結論】36歳からの転職は無理じゃない!成功させるポイントを知れば内定をもらえる!

36歳からの転職なんて無理なんじゃないか?そう思ってしまう場合もあると思います。

35歳から求人数が減少すると耳にすることもあるので、不安に思うのは当然です。ですが結論から言うと、36歳でも転職することは十分可能です。

というのも、最近では少子高齢化の影響で人手不足に悩まされている企業が増えており、30代以上の人材採用に積極的な企業が多いからです。

kudou
kudou
実際に転職サイトを見てみると、30代に向けた求人が多数掲載されていることがわかります。

また、下の転職成功者の年齢調査結果によると、2019年に35〜39歳で転職を成功させた人の割合が約10%いることもわかります。

36歳 転職出典:doda「みんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査(2019年上半期)」

kudou
kudou
以上から、36歳からでも転職できるチャンスは十分にあることがわかったと思います。

とはいっても、35〜39歳の転職成功率は10%と、20代の転職に比べると難易度が上がっているのは確かです。

そこで次では、なぜ36歳の転職が難しいと言われているのかを紹介します。

36歳の転職が難しいと言われる3つの理由

36歳の転職が難しいと言われる3つの理由
  1. 企業が求めるハードルが上がるため
  2. 高い年収設定によって実績を重視しているため
  3. 管理・マネジメントしにくい年齢のため

ここでは、36歳の転職が難しいと言われる上記の3つの理由について詳しく紹介していきます。

企業が求めるハードルが上がるため

36歳からの転職が難しい理由の1つ目は、企業が求めるハードルが上がるというものです。

企業は、特に35歳以上の人材を採用するとなると、即戦力かつ管理職を任せられるような人材を採用しようと考えます。

kudou
kudou
企業側としては「この人は実績があるのか」「入社してすぐに管理職を任せられる経験があるのか」を基準に採用を行います。

そのため、36歳での転職では選考そのものの難易度が上がってしまうんです。

高い年収設定によって実績を重視しているため

36歳で転職するとなると、採用する企業側としては高い年収を提示することになるため、転職が難しくなると言われています。

平成30年の国税局の民間給与実態統計調査結果によると、35〜39歳の平均給与は約470万円、25〜29歳の平均給与は約380万円です。
出典:国税局「民間給与実態統計調査結果」

つまり、36歳の人材を採用する企業側としては、20代の若手を採用するよりも約100万円以上の給与を提示しなければなりません。

kudou
kudou
そのため、企業が「高い年収を支払ってでも採用したい」と納得できる実績やスキルがないと内定をもらいにくくなってしまいます。

管理・マネジメントしにくい年齢のため

36歳はマネジメントしにくいという点からも、転職が難しいと言われています。36歳ともなると、一般的に社会人としてかなりの年数を過ごしていることになります。

過去在籍していた企業での実績や文化、プライドがあるぶん、企業としては扱いにくいと感じることもあるようです。

kudou
kudou
そのため、特に未経験への職種へ応募すると「社会人経験が豊富にもかかわらず業界未経験の人材を育てるのは難しい」と内定がもらいにくくなります。

また、36歳で入社する場合、年下の上司の下につくこともあるため、企業としては採用に慎重にならざるを得ないという背景もあります。

36歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴

36歳からの転職は難しいと言われていますが、冒頭紹介した通り36歳でも十分転職することは可能です。

しかし、36歳での転職を成功させる人にはある特徴があり、失敗する人にも同様に特徴があります。

そこでここでは、36歳の転職で成功する人と失敗する人の特徴をそれぞれみていきましょう。

36歳の転職で成功する人の3つの特徴

36歳の転職で成功する人の3つの特徴
  1. 専門的なスキルや実績がある人
  2. キャリアプランを明確に持っている人
  3. 自分自身の強みと企業のニーズをマッチングできる人

36歳で転職に成功しやすい人の特徴は上記の通りです。それぞれ詳しく説明しますね。

専門的なスキルや実績がある人

先述したように、36歳での転職では企業から求められるハードルが高く設定されています。

特に即戦力や管理職を担える人材にニーズがあるため、業界職種未経験よりも専門的なスキルや実績があるほど評価される傾向があります。

kudou
kudou
中には、自分自身のスキルや実績に自信がないという場合もあると思いますが、そこで諦めるのはもったいないことです。

というのも、業界や業種によっては自分自身のスキルや実績に気付きにくい場合があるからです。

そこで、もしも自分のスキルや実績を客観的に判断してもらいたいのであれば、転職のプロを活用するのをおすすめします。

詳しくは「36歳におすすめな転職サイト・転職エージェントTOP3」の見出しをチェックしてみてください、

キャリアプランを明確に持っている人

キャリアプランを明確に持っている36歳の求職者も転職に成功しやすい傾向があります。というのも、キャリアプランを明確にしておくと以下のようなメリットがあるからです。

  • 企業に納得してもらえる志望動機・自己PRが考えられる
  • 自分自身が転職すべき業界・職種が絞れて効率的に転職活動できる

キャリアプランが明確であれば「なぜ36歳で転職するのか」「これまでのキャリアを今後どのように生かしたいのか」を企業に対して論理的に説明することが可能です。

kudou
kudou
特に、キャリアプランが明確な場合には志望動機や自己PRに一貫性が生まれ、評価されやすくなります!

また、36歳ともなると既存の仕事が忙しかったり、子育てが忙しかったりと転職活動に十分な時間を費やせない場合が多いと思います。

その点、キャリアプランがしっかりとあれば、自分自身が転職すべき業界・職種を絞りやすくなり効率的かつ確実に転職活動を進めることも可能です。

自分自身の強みと企業のニーズをマッチングできる人

36歳で転職に成功しやすい人は、自己分析に時間をかけ、自分の強みと企業のニーズをより正確にマッチングできているという特徴もあります。

kudou
kudou
企業の採用活動の目的は、戦力の強化に他なりません。

つまり、自分自身が企業にとって必要な人材であることをアピールできれば転職成功率は上がります。

そのため、36歳で転職を成功させるには「志望企業が今どのような状態にいるのか」「どのような人材を求めているのか」を徹底的に調べる必要があります。

その上で自分自身の強みを棚卸しし、企業のニーズとマッチングできれば

  • 面接での質問に対してニーズに合う回答ができる
  • 選考を通して一貫性のある回答ができ、企業から評価されやすい
  • 転職後もミスマッチなくのびのびと働ける

というメリットを感じることができるはずです。

36歳の転職で失敗する人の2つの特徴

36歳の転職で失敗する人の2つの特徴
  1. 経験やスキルをアピールするのが苦手な人
  2. 未経験の分野に転職しようと考えている人

36歳での転職が難しい要因としては上記の2つがあげられます。先述した通り、36歳で転職を成功させるには

  • 即戦力になるか
  • 管理職としても活躍できるか
  • キャリア・スキルが十分にあるか
  • 給料に見合う人材かどうか

これらの項目をクリアするのがポイントです。そのためには志望企業に自身の経験やスキルを正しくアピールする必要があります。

しかし「アピールが苦手」「自分自身のスキルや経験を客観的に見出せない」場合は企業からの評価を受けにくく、内定獲得率が下がる要因になるでしょう。

また、未経験の業界や職種にを志望する際は、より内定獲得のハードルが高くなります。

kudou
kudou
企業側としては36歳というマネジメントが難しい人材を1から教育し直す時間とコストがかかるためです。

そのため、未経験の仕事への転職でも企業が納得できる理由を提示できない限り、内定をもらうのは難しくなります。

36歳の転職で成功する人・失敗する人まとめ

36歳で転職を成功させるには、企業に以下のような評価を受ける必要があります。

  • 即戦力である
  • 管理職も任せられる
  • 実績やスキルが十分にある
  • キャリアプランが明確である
  • 志望動機や自己PRに一貫性がある

一見これらの評価を受けるのは大変そうに見えます。

しかし36歳になるまでキャリアプランを持ち、実績やスキルを身につけ、自身の強みと企業のニーズをマッチングできていれば超えられるハードルです。

kudou
kudou
一方で、アピールできる実績やスキルがない場合や、実績があっても未経験の仕事に挑戦する場合には上記の評価を受けにくいため、転職に失敗しやすいです。

さて、ここまで紹介してきた内容をみて「自分には実績がないから転職は無理」「転職回数が多いから不利だ」など弱気になってしまう場合もあるかもしれません。

しかし、36歳からの転職を成功させるにはいくつかコツがあり、コツを知るだけで転職で成功確率をあげることが可能です。

そこで次では36歳からの転職を成功させるコツについてみていきましょう!

36歳の転職成功率を上げる3つのコツ

36歳の転職成功率を上げる3つのコツ
  1. 未経験の求人への応募は避ける
  2. 転職回数が多い場合には柔軟性をアピールする
  3. 転職エージェントを使う

36歳で転職を成功させることは難しいことではありません。上記のコツを押さえておけば、転職を成功させることは十分に可能です。それぞれ具体的に紹介しますね。

未経験や別業種・異業種への応募は避ける

紹介した通り、企業は36歳の転職志望者に対して「即戦力になるか」「管理職を任せられるか」を求める傾向があります。

つまり、希望職種の実務経験がないと、企業側に評価されにくく転職成功確率は上がりません。

kudou
kudou
そのため、36歳で転職成功確率を上げるには、これまで経験したことがある職種に応募するのがおすすめです。

経験職種であれば、経験やスキル・実績をアピールしやすく、36歳でも内定をもらえる可能性が高くなります!

転職回数が多い場合には経験や実績をアピールする

「転職回数が多いと印象が悪くて不利になるのではないか」と不安になる場合もありますよね。

結論から言うと転職回数が多くても、経験や実績をアピールすることができれば実力と環境適応力をアピールできるため、転職成功率アップにつながります。

具体的には以下のように数字を用いて表現してみるといいですよ!

転職回数の多さを柔軟性のアピールに変える方法(ここをタップ/クリック)

新卒でIT業界の法人営業を経験後、BtoB営業を3社、BtoCの営業を1社経験しました。

営業では顧客が何を求めているのか、どんな性格なのかを見極め一人ひとり、業界ごとに異なるアプローチをすることで結果を残してきました。

具体的には、これまでのすべての職場で月間の営業成績〇位を獲得し、ある職場では年間最優秀プライヤーに選出されたこともあります。

現職では過去の経験を評価いただき、チームリーダーに任命され、前期の達成率を昨対比〇%まで伸ばすことにも成功しました。

以上のように、それぞれ所属していた業界が異なっていてもその都度環境に適応し結果を出せることが私の強みです。

また、今後はチームリーダーを担った経験を生かして、若手の育成にも励んで参りたい所存です。

実績を数字で表すのはもちろんですが、転職経験が多いことがどのようなプラスの要素を生み出しているのかもアピールできると、転職回数の多さを武器に転換できますよ!

転職エージェントを使う

ここまでで36歳で転職を成功させるには、

  • 実績や経験が必要
  • 明確なキャリアプランが必要
  • 自身の強みと企業のニーズを理解することが必要

と説明しました。しかし36歳で転職するとなると、仕事や子育ての合間を縫って時間を作らなければなりません。

なかには、自分自身の強みや経験の深掘したり企業ニーズをリサーチしたりする時間もなく、ぶっつけ本番で面接を迎えるという場合もあると思います。

kudou
kudou
そこでおすすめなのが転職エージェントです。

転職エージェントとは、求職者の代わりに転職活動を進めてくれるサービスのことをいいます。

転職エージェントを使うメリットは以下の通りです。

転職エージェントを使うメリット
  • 経験やスキルを客観的に分析してもらえるから自分の強みがわかる
  • 強みや特性に合う求人を代わりに探してくれるから効率的
  • 求人ニーズを教えてくれるから選考に有利
  • 給与交渉をはじめ企業との連絡を代行してもらえる

以上から転職サービスは「家事や仕事の合間に効率よく転職活動を進めたい」「より確実に転職を成功させたい」「自分に合う求人を見つけたい」という場合におすすめです。

kudou
kudou
ただ、転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを選べばいいか迷ってしまうことがあります。

そこで次では36歳が転職活動で使うべき転職エージェントを紹介します!

36歳におすすめな転職サイト・転職エージェントTOP3

← 横にスクロールできます →
項目名求人数求人の質サポート内容転職先業界
リクルートエージェント
リクルートエージェント

約15万件

大手企業
を含めた
非公開求人多数

添削・面接対策・
独自の業界情報
提供あり

IT・医療・
メーカー
など多種多様

リクナビNEXT

約4万2,000件


大手・優良
企業多数
掲載

グッドポイント
診断やスカウトメール
利用可能

IT・医療・
メーカー
など多数
マイナビエージェント

約4万件

大〜中小企業の
求人を掲載

30代の
サポート実績
が豊富

IT・医療・
メーカーなど
多数
転職エージェントを選ぶ際の4つのチェックポイント
  • 求人数
  • 求人の質
  • サポート内容
  • 転職先業界

転職エージェントは上記の4つのポイントを踏まえて選ぶのがポイントです。

ただ転職エージェントの種類はとても多く、一つひとつを比較するのには時間と手間がかかります。

そこでここでは、転職エージェントの利用経験がある私の経験をもとに、おすすめの転職エージェントを3つ厳選しました。

kudou
kudou
どれも使いやすいエージェントなので、36歳での転職を成功させたいのであれば、ぜひチェックしてみてください!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

項目詳細
総合評価 5.0
総合力No.1の転職エージェント
求人数 5.0
約15万件
求人の質 5.0
大手企業を含めた非公開求人多数
サポート内容 5.0
添削・面接対策・独自の業界情報提供あり
転職先業界 5.0
IT・医療・メーカーなど多種多様

リクルートエージェントの特徴

  • 業界最大級の求人数!自分に合う求人が見つかる!
    より確実に理想の職場に転職できる
  • 各業界に精通したアドバイザーが徹底サポート!
    書類選考・面接対策も受けられるので、より確実に内定をもらえる
  • 30代の転職成功・失敗事例が掲載されている!
    事例をもとに36歳の転職活動のコツを押さえることができる
  • 年収をはじめ、企業との交渉も代行してくれる!
    年収アップ・キャリアアップを狙いたい場合に最適

リクルートエージェントをおすすめできる人・できない人

リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 幅広い求人から転職先を検討したい人
  • 30代の転職事例を参考にしたい人
  • キャリアアップを狙いたい人
  • 転職で年収アップを狙いたい人
リクルートエージェントをおすすめできない人
  • 転職先が特定の業界や分野に決まっている人
  • 転職希望が3ヶ月以上先の予定の人

リクルートエージェントは、これまでの人材派遣実績により各業界からの信頼が厚く、質の高い求人を掲載しています。

その上求人数が業界最大級に多く、アドバイザーの質も高いため、数多くの求人の中から自分の経験・希望条件に見合うものを提案してもらえるのが大きな魅力です。

業界を問わず的確に求人を紹介してくれるので、転職する際はまず登録しておきたいエージェントと言えます。

kudou
kudou
また、年齢別に転職活動の成功・失敗事例が掲載されているので、30代の転職事例を参考にしたい場合にもぴったりのエージェントです!

リクルートエージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

リクナビNEXT

項目詳細
総合評価 4.5
求人数と会員数が非常に多く、転職サポートサービスも充実!
求人数 4.0
約4万2,000件
求人の質 5.0
大手・優良企業多数掲載
サポート内容 5.0
グッドポイント診断やスカウトメール利用可能
転職先業界 5.0
IT・医療・メーカーなど多種多様

リクネビNEXTの特徴

  • AI技術を駆使した高精度なマッチングを採用!
    自分の経験・スキルに合う求人が見つかる!
  • 「気になる」機能で逆アプローチあり!
    企業から逆オファーがもらえれば、よりスムーズに内定をもらえる
  • アプリでも利用可能!
    忙しい仕事の合間でも気軽に利用できる!

リクネビNEXTをおすすめできる人・できない人

リクナビNEXTをおすすめできる人!
  • これから転職活動を始める人
  • 自分の強み・弱みを把握して転職活動に活かしたい人
  • 30代の転職に関する情報収集がしたい人
リクナビNEXTをおすすめできない人
  • 面接や書類選考もサポートしてもらいたい人
  • 転職先が絞れている人

リクナビNEXTは、独自のマッチングシステムを使用しているので、数多くの求人から自分に合う求人を提案してもらうことができるのが魅力です。

企業からの逆オファーをもらうこともできるので、転職活動をよりスムーズに進めたいという場合には最適と言えます。

さらにアプリで利用できるのも魅力のひとつ!仕事が忙しい場合でも効率よく転職活動を進められます。

kudou
kudou
しかも、公式サイトには30代の転職に関する経験談やノウハウが多数掲載されているので、情報収集にも役立ちますよ!

リクナビNEXTの口コミ

詳細ページ 公式ページ

マイナビエージェント

 

項目詳細
総合評価 4.0
20代・30代に最適な転職エージェント!
求人数 4.0
約4万件
求人の質 3.5
大手〜中小企業の求人を掲載
サポート内容 3.0
20代・30代向けのサポート実績は豊富
転職先業界 4.5
IT・メーカーなど多数

マイナビエージェントの特徴

  • 30代のサポートが充実!
    30代が転職をスムーズに進めるのに最適!
  • 30代の転職成功ノウハウが掲載されている
    30代に必要な情報を効率よく収集できる
  • 求人の種類が幅広い
    大手だけでなく中小企業の求人も充実している

マイナビエージェントをおすすめできる人・できない人

マイナビエージェントをおすすめできる人
  • 充実した転職サポートを望む人
  • 中小企業への転職も検討している人
マイナビエージェントをおすすめできない人
  • 大手企業に狙いを絞っている人
  • ハイキャリアを狙って転職を検討している人

マイナビエージェント最大の特徴は、30代向けの転職支援体制が充実していることです。

30代の転職活動ならではの悩みや、気をつけておくべきポイントなどの情報が公式サイトに掲載されているので、転職活動に必要な情報を効率的に収集できます。

また、大手のみならず中小企業の求人も多数扱っているのも特徴です。

kudou
kudou
そのためハイキャリアを狙うよりも「志望先企業数の多さを重視したい」「裁量を持って仕事をしたい」という場合には、マイナビエージェントの利用をおすすめします!

マイナビエージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

36歳の転職に関するQ&A

ここでは36歳の転職に関するよくある質問にお答えしていきます。

36歳の転職は男性と女性で難易度は違うの?

男性と女性での難易度の違いはありません。

しかしキャリアを積み続けている場合での難易度と、結婚など機にブランクがある場合での難易度では違いが生まれる可能性が高いです。

そのため、男性・女性で対策を考えるのではなく、自分自身の状況にあった転職方法を見つけ出すことがポイントとなります。

もしも自分自身でどう転職活動を展開すればいいかわからない場合には、ここで紹介した転職エージェントを活用してみてください。

ITやエンジニアなら36歳からの転職に有利って本当?

ITやエンジニアの場合、専門知識の蓄積が必要な業種のため、転職時に有利に働くこともあります。

しかしこの記事で紹介したように、企業ニーズを汲み取った上でスキルや経験をアピールできなければ内定はもらいにくいでしょう。

そこで、企業へ効果的なアピールをする自信がない場合には、ここで紹介した転職エージェントを利用するのがおすすめです。

36歳の転職を成功させて新たなキャリアへの一歩を踏み出そう!

36歳の転職を成功させるポイント!
  • 36歳の転職は無理なことではないと知る
  • 実績やスキルを棚卸しし企業ニーズとマッチングさせる
  • キャリアプランを明確にしておく
  • 転職回数が多い場合には数字で実績をアピールする
  • 効率的かつ確実に転職するなら転職エージェントを利用する

36歳で転職するとなると「どうせ無理」「狭き門」と捉えがちです。しかし、最近では人材不足の影響で36歳でも転職できる可能性が高まってきています。

自らの実績や経験を企業のニーズをマッチングさせたり、キャリアプランを明確にして置いたりと準備をしておけば、より転職成功確率を高められるはずです。

また、もしも「自分では実績やスキルをうまくアピールできない」「そもそも時間がなくて転職活動に手を回せない」という場合には転職エージェントを利用してみましょう。

kudou
kudou
転職エージェントを使えば、代わりに転職活動を進めてもらえるのでとても効率的!

しかも選考対策やエージェントしか知り得ない業界情報を教えてもらうこともできるので、転職成功確率を一気に上げることができます!

「どのエージェントを使うべきかわからない」という場合は、まず1位の業界大手サービス「リクルートエージェント」をチェックしてみてください。

リクルートエージェントの公式HPをみる