39歳の転職市場は厳しい?リアルな転職事情と転職成功ノウハウを解説!

  • 39歳で転職って厳しいのかな?
  • 39歳で転職を成功させるにはどうしたらいいんだろ?

こんな悩みはありませんか?

takeda
takeda
私は30代後半での転職を考えることはあるものの、なんだか不安で…。アラサー時代に転職したときより、慎重になってしまうんですよね。

ただ39歳でも、転職を叶えた知人はいます。そこで不安を払拭するため、どうすれば転職に成功するのかとことん調べてみました!

この記事では「39歳の転職が厳しいと言われる理由」「39歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴」「39歳の転職成功率を上げるコツ」についてまとめています。

転職を成功させてより充実した毎日を過ごしたいということであれば、ぜひご一読ください!

目次

【結論】39歳での転職は戦略を考えて転職活動を行えば成功する!

「35歳をすぎると転職は難しいよ!」

もしかしたら、こんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。ですが39歳での転職は、戦略を考えて転職活動を行えば成功します

一般職業紹介状況(職業安定業務統計)|厚生労働省によると、下記のグラフのように年齢階級が上がるにつれて転職を決める割合が増加することがわかりました。

※有効求職者:就職先が決まっていない求職者のこと

ちなみに1ヵ月あたりの有効求職者数の平均を見ると、35~39歳は25~29歳よりも約2万人少なくなっています。

takeda
takeda
そもそもの求職者が少ないことは、就職が決まった割合に影響があるかもしれません。

ですがIT関連の企業に勤務している知人は、15年前よりも30代後半~40代前半で採用される転職者が増えていると言っていましたよ!

では39歳の転職が厳しいと言われるのは、どんな理由があるからなのでしょうか?

39歳の転職が厳しいと言われる5つの理由

ここで39歳の転職が厳しいと言われる理由を、5つお伝えします。

応募できる求人が少ないから

39歳の転職では、20代に比べて応募先が少なくなる傾向があります。理由のひとつに人材を育てるため、時間をかけたいと考える企業があるからです。

事実として、求人情報を検索してみると「35歳以下の方(若年層の長期キャリア形成を図るため)」というような記載がある案件に出会うことがあります。

やる気があるのに面接を受けられず、もどかしく感じる場面があるかもしれません。

takeda
takeda
もちろん、35歳以上は絶対に面接を受けられないというわけではないと思います。

どうしても気になる転職先があれば、メールや電話で採用担当者に問い合わせてもいいかもしれませんね。

過去の転職回数が多いから

過去の転職回数が多いと、マイナスなイメージを持たれることがあります。企業が「採用してもすぐに退職してしまうのでは?」と、警戒するためです。

求職者は採用を目指して、履歴書の作成や面接の練習など労力をかけて応募します。ですが採用する企業も、時間・人件費などのコストを使っているもの。

コストをかけて採用した人材がすぐに退職してしまうと、企業にとって収益をうまないため転職回数を採用基準のひとつに考える場合もあるんです。

takeda
takeda
ただ転職回数が多くても「さまざまな業界での経験がある」というようにポジティブにアピールする方法はあります

あきらめずに前向きに考えましょう!

焦って転職活動をすすめてしまうから

焦って転職活動をすすめてしまうと、入社後にミスマッチを感じることがあります。

転職の目的がはっきりしないまま転職先を決めてしまい、勤務後にようやく「思っていたのと違う…!」と気がつくためです。

転職活動は、時間や精神的な負担がかかるもの。

勤務を開始してから希望した年収・待遇でないと気がついても、さらに転職を繰り返すことは厳しい場合もあります。

takeda
takeda
後悔しないためには、家族や友だちに相談してみるのがおすすめです。

客観的な意見を聞くことで冷静になれることがあるため、失敗しにくくなりますよ!

柔軟な考え方ができないから

柔軟な考え方ができない場合、転職に失敗しやすくなることがあります。年収や待遇などにこだわりすぎ、理想ばかりを追い求めてしまうためです。

もちろん転職するのであれば、より良い職場環境を求める前向きさは大切なこと。

ですが自分の理想が現実的に叶うのか見極めができないと、転職先が決まらないまま時間が過ぎてしまうかもしれません。

takeda
takeda
理想の条件を書き出してみると、実際の求人情報と比較しやすくなるので優先順位がつけやすいこともありますよ。

家族に反対されてしまうから

家族に反対されることで、転職活動が思うように進まないケースがあります。たとえば子どもがいる場合、パートナーが安定した収入を望むことがあるからです。

転職は、家庭を支える収入への影響が考えられるもの。生活が変化するとなれば、不安を感じることは誰にでもあります。

家族から理解を得られていない場合、採用が決まっても反対されあきらめざるを得ないケースがあるかもしれません。

takeda
takeda
なぜ転職を考えているのか、パートナーとしっかりと話し合ってみましょう!

話し合いができれば、家族から応援してもらえることはありますよ。

では次で、39歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴にはなにがあるのか解説します。

39歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴

ここで39歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴を解説します。

39歳の転職で成功する人の7つの特徴

39歳の転職で成功する人の7つの特徴
  • 転職活動にかける期限を決めている
  • 10年後のキャリアプランが明確になっている
  • 転職先に求める条件・待遇に優先順位をつけている
  • 自分の市場価値を理解している
  • 資格やスキルを身につけている
  • 家族が納得している

39歳の転職で失敗する人の3つの特徴

39歳の転職で失敗する人の3つの特徴
  • 転職の目的が見えない
  • 短期間に転職を繰り返している
  • 過去の栄光が忘れられない

39歳の転職で成功する人・失敗する人まとめ

39歳の転職で失敗する人は、転職の目的が見えない傾向があります。もちろん、転職先に求める条件がなかなか具体的にならないことはあると思います。

ですが、どんな目的を達成するために転職を目指しているのか明確になっていないと、希望と違う職場に転職してしまうかもしれません。

一方で転職に成功しやすい人は、転職活動のプランが具体的になっています。希望が叶えられる職場を見極めやすいため、転職後の満足度が高くなります。

では39歳の転職において成功率を上げるには、どうすればいいのでしょうか。

39歳の転職成功率を上げる4つのコツ

ここで、39歳の転職成功率を上げる4つのコツを解説します。

転職先を決めてから退職する

まずひとつ目のポイントは、退職を急がないこと。転職先を決めてから、退職届を出すようにしましょう。

もしかしたら勤めている職場には未練がなく、一刻も早く退職したい気持ちがあるかもしれません。

ですが転職活動は、企業の都合でスケジュールが変わったり採用が取り消されたりすることがまったくないとは言い切れないもの。

退職を急ぐと収入がなくなり、安定した生活を送れなくなるリスクがあります。

takeda
takeda
生活が安定していないと生活費のために、やむを得ず妥協して転職先を決める必要がでてくるかもしれません。

まずは今の生活を守ることを、大切にしてくださいね!

自分の強み・弱みを客観的に把握する

自分の強み・弱みを客観的に把握することは重要です。

客観的に自分を見られれば、希望している業種の転職市場で求められている人材であるか判断しやすくなるからです。

たとえば転職サイトの自己分析ツールを利用したり、転職エージェントに相談して第三者の視点で評価を受けたりするのもおすすめです。

もしスキル不足に気が付いても、落ち込む必要はありません!

前もって弱みをカバーする方法を考えておけば、面接時に「仕事へポジティブに取り組める人材」と印象づけることはできます。

takeda
takeda
自分の弱みを理解し改善策を考えられる人は、仕事でトラブルが起きたときに前向きに取り組んでもらえる期待ができます。

39歳ならではの社会人経験をアピールしてみましょう

過去の実績にこだわりすぎず柔軟に対応する

過去の実績にこだわりすぎず、柔軟に対応する気持ちは持っていたいもの。

転職先で柔軟に対応するためには、目の前の現場で自分がすべきことを自発的に考える必要があります。

自発的に仕事をする人材は、利益を上げてくれる期待ができます。企業にとってプラスになる期待を持てるので、採用につながりつながりやすくなるんです。

takeda
takeda
39歳であれば、過去には苦労して成功させた武勇伝があるかもしれません。

せっかく誇れる実績があるのなら、役に立てるように活かしたいですね!

転職サイト・転職エージェントを活用する

最後のポイントは、転職サイト・転職エージェントを活用することです。もしかしたら過去に転職した際、独自の方法で成功させた経験があるかもしれません。

ですが冒頭でお伝えしたように、39歳の転職は20代~30半ばまでの転職にくらべて応募が難しい求人があるのが現実。

見つけた求人すべてに応募ができるとは限らないため、転職事情に詳しいプロからのアドバイスが心強いことがあります。

takeda
takeda
転職のプロは39歳で転職活動する人が、どんな壁に当たりどのように乗り越えたのか知っています。

多くの実体験を見てきた人からのアドバイスは、説得力がありますよ

では次で、39歳の転職におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介しますね!

39歳におすすめな転職サイト・転職エージェントTOP3

← 横にスクロールできます →
サービス名求人数求人の質サポートの質
doda転職エージェント

約10万件以上

中小企業から
大手まで多彩

実績ある
アドバイザーに
よるサポート
パソナキャリア
パソナキャリア

約4万件以上

厳選した求人を
幅広く扱っている

レスポンスが
早く丁寧
JACリクルートメント

推定12,000件以上

高収入・外資系企業の
案件に強い

専門性が高く親切

ここで39歳の転職におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。

doda転職エージェント

doda転職エージェントの特徴

  • 特徴①業界トップクラスの求人数で、じっくりと比較できる!
    営業・金融・公務員など多彩な職種から、約10万件以上の情報を用意
  • 特徴②求人のスキルレベルが幅広いので、経験を強みにできる
    「未経験OK」から「経験者優遇」まで多様なため、マッチしやすい
  • 特徴③キャリアアドバイザーが親身なため、不安が軽減され心強い
    求人紹介から志望動機の添削まで、とことんサポートを受けられる

doda転職エージェントをおすすめできる人・できない人

doda転職エージェントをおすすめできる人
  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポートを受けたい人
  • 業界トップクラスの求人から転職先を検討したい人
  • スカウトメールも活用して効率的に転職活動を進めたい人
  • 転職イベントなどから積極的に情報収集したい人
  • 大手の転職エージェントを利用したい人
doda転職エージェントをおすすめできない人
  • 業界について専門的なサポートを希望している人
  • 3ヶ月以上先の転職を検討している人
  • 自分のペースで転職活動を進めたい人

人材派遣業界で大手のパーソルホールディングス株式会社が運営しているのが、doda転職エージェントです。

とくに求人数が多い特徴があり、独自調査では転職エージェントのなかで2番目に多いサービスなんです!

また利用者の48.7%が30代のため、30代での転職事情について実体験をもとにしたノウハウを持っています。

専任のキャリアアドバイザーは親身なサポートに定評があるため、転職活動での不安を相談したい場合におすすめです。

doda転職エージェントの口コミ


編集部の体験談を見る 公式HPを見る

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴

  • 特徴①16,000との社取引実績があるため、求人情報が多様
    とくにエンジニア系は41.6%扱っており、選択肢が多い
  • 特徴②登録者の53.4%が31歳以上だから、30代の転職に強い
    経験を積んできた求職者を中心にサポートを行っている
  • 特徴③専任アドバイザーが独自のノウハウを提供するため、採用率が上がりやすい
    手厚い支援により、2020年のオリコン顧客満足度調査では1位を獲得!

パソナキャリアをおすすめできる人・できない人

パソナキャリアをおすすめできる人
  • 初めて転職をする人
  • 転職の際にきめ細かいサポートが欲しい人
  • 関東圏を中心に転職活動を行なっている人
  • キャリアアップを狙う女性
  • 年収アップを目的に転職したい人
パソナキャリアをおすすめできない人
  • 専門性の高い職種へ転職を希望している人
  • 関東圏以外で転職を希望している人

パソナキャリアを運営するパソナグループは「人を活かす」ことを企業理念としています。

なかでもパソナキャリアは、転職者にとことん寄り添うサポートが好評の転職エージェント。

親身なサポートで過去に25万人の転職を支援し、67.1%の求職者が年収アップを叶えています

利用者の57.2%は転職回数が1~3回のため、転職経験が少なく不安を抱える求職者の悩みを熟知しているのもポイント。

転職活動のすすめ方がわからず悩んでいたのであれば、話を聞いてもらうだけでも勇気がもてますよ

パソナキャリアの口コミ


編集部の体験談を見る 公式HPを見る

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴

  • 特徴①ミドル・ハイクラス求人が豊富で、外資系企業の取り扱いが多い
    運営グループ全体で約25,000社の企業と取引がある
  • 特徴②厳選された求人情報が掲載されており、年収アップが期待できる
    企業と転職者の担当者が同じなため、条件・待遇のスムーズな交渉が可能!
  • 特徴③コンサルタントの質が高いため、多忙でも転職がスムーズにすすむ
    採用率を上げるため「情報と戦略」をもとに的確なサポートを行っている

JACリクルートメントをおすすめできる人・できない人

JACリクルートメントをおすすめできる人
  • 年収600万円以上の企業に転職したい人
  • 課長・部長・役員など管理職経験がある人
  • 技術職・専門職など特定分野のエキスパートである人
  • 既に年収500万円以上の人
  • 外資系企業に転職したい人
  • 転職して海外勤務をしたい人
JACリクルートメントをおすすめできない人
  • そこまでアピールできる実績がない人
  • 求人数で転職エージェントを選びたい人

JACリクルートメントは、管理職・技術職や専門職の転職を支援している転職エージェントです。

とくに、年収600~2,000万円ある高収入の求人に強い特徴があります。さらに過去に支援してきた求職者は約43万人という、確かな実績も人気のポイント。

なかでも転職を成功した人の74%は35歳以上のため、豊富な経験を積んできた求職者に信頼されています。

とくに管理職・営業職やエンジニアなどの専門職の求人情報が充実しており、年収アップしたい場合におすすめです。

JACリクルートメントの口コミ


編集部の体験談を見る 公式HPを見る

39歳の転職に関するQ&A

ここで、39歳で転職するときによくある質問を集めました。それぞれ解説していきます。

なかなか採用されなくて病みそう…。どうしたらいい?

まずは不採用になる原因を把握しましょう。原因がわからないままでは、不採用を繰り返してしまうかもしれません。

すでに自分なりに改善しているのであれば、原因について思い違いをしている可能性も考えたいところ。

問題を正しく把握するために、家族・友人や転職の経験者に相談してみると新たな気付きが得られることもありますよ!

今まで派遣で働いてきた。39歳から正社員を目指すのは難しい?

39歳から正社員での採用を目指すことはできます。年齢を問わず、未経験者を募集する求人情報があるからです。

ただ気をつけたいのは、同年代にくらべて年収が低くなる可能性があること。仕事に慣れるまでは、思うような収入を得られないかもしれません。

ですが前向きに取り組めば、個人の成果にあわせて報酬を支払ってくれる企業はあります。焦らずにスキルアップを目指してみましょう!

専門的な資格も経験もない。採用は厳しいよね?

専門的な資格・経験がなくても、採用につなげられるケースはあります。企業によって、転職者へのニーズは違うからです。

企業によって、社会人経験や意気込みを評価してくれる場合もあります。

強みはだれにでもあるはずです!自分にはアピールできるものがないとあきらめず、あらためて考えてみてくださいね。

前の職場でうつ病になった。社会復帰を目指すにはどうしたらいい?

うつ病になった場合、段階を踏んで社会復帰する方法があります

まずはパート(アルバイト)での採用を目指したり支援サービスを利用したりと、少しずつすすめてはどうでしょうか?

ただなによりも体調が第一です。うつ病をじっくりと治して、転職活動取り組んでくださいね!

こちらの記事では、うつ病と診断された場合の転職活動についてまとめています。再発しにくい転職先も紹介していますので、よかったら参考にしてくださいね!

関連記事
うつ病からの転職は不利?成功率を上げるおすすめの転職方法とは うつ病を治してまた元気に働きたい…! でも転職を成功させるにはどうしたらいい? このような悩みはあり...

39歳でも転職を成功できる!理想を叶えられる職場で充実した毎日を送ろう

39歳の転職を成功させる3つのポイント
  1. 自分の市場価値を正しく把握する
  2. 企業のニーズに合わせてアピール方法を考える
  3. 転職サイト・転職エージェントを活用する

39歳で転職を成功させることはできます。ただ、どんな求人にも応募できるわけではないのが厳しい現実。

やみくもに転職活動をすすめると遠回りしてしまうことがあるので、まずは自分の市場価値を正しく把握してみましょう。

takeda
takeda
とは言っても、いきなり転職市場での価値を考えるのは簡単でないかもしれません。

そこで簡単に利用できる自己分析ツールやサービスを用意し、求職者が転職活動をすすめやすくしているのが転職サイトや転職エージェントです。

とくにdoda転職エージェントは、専任キャリアアドバイザーが親身に話を聞いてくれると評判です。

転職のプロに話を聞いてもらうだけで悩みが晴れることもあるので、よかったら公式サイトをチェックしてみてくださいね!

\転職のプロによる丁寧なサポートが好評!/doda転職エージェントの公式HPを見る