新卒3年目は絶好の転職タイミング!その理由と転職成功のコツ5選!

「社会人3年目で転職したい!」と考える一方で、

  • 新卒3年目の転職は有利になるのか?
  • 転職すべきかどうかの基準を知りたい
  • 第二新卒の転職を成功させる方法を知りたい

と悩んでいませんか?

そこで、この記事では新卒3年目の転職について調べ尽くした私が「新卒3年目までに転職する人の割合」から「おすすめの転職エージェント」について紹介します。

takeda
takeda
この記事の内容を意識すれば、誰でもきっと新卒3年目の転職で納得のいく企業へ転職できますよ!

新卒3年目まで転職する人は約3割!転職後の満足度は高め!

厚生労働省の調査によると、大卒3年目までの離職率は32.0%でした。つまり、3人に1人が退職しているんです。会社への不満を抱えて、短期離職を選ぶ人が増えています。

ただですね。短期離職をしていても納得のいく転職をしてる人は多いんです!

事実、公益社団法人全国求人情報協会の調査によると、新卒3年目の転職満足度は70.7%と高水準でした。結果から分かるように早期転職者でも納得のいく職場へ転職できます。

退職する理由は主に労働条件・収入・人間関係

新卒3年目の社員が退職する主な理由は労働条件・収入・人間関係です。

事実、厚生労働省の調査によると、大卒3年目に当たる25〜29歳の男女の退職理由ランキングは以下の通りでした。

【男性】

  1. 収入が少なかった
  2. 労働条件が悪かった
  3. 人間関係が悪かった

【女性】

  1. 労働条件が悪かった
  2. 収入が少なかった
  3. 人間関係が悪かった

上記の通り、労働条件・収入・人間関係が原因で退職している場合が多いんです。これらの不満を改善できる職場を選べば、転職後の満足度は高いかもしれません。

新卒3年目の転職の市場価値は高い!第二新卒が企業から求められる3つの理由

第二新卒が企業から求められる3つの理由
  1. 社会人としての基礎スキルが身についているため
  2. ポテンシャル+実績の両方が評価されるため
  3. 前職の社歴が短く会社に馴染みやすいため

前述した新卒の離職率の高さや少子化による人手不足の影響により、第二新卒の採用に積極的な企業が増えています。

事実、マイナビ転職の調査によると「第二新卒を積極的に採用したい」と考えている企業は約6割でした。

第二新卒の需要の高さは新卒の採用競争が激化したことにより、本来の採用人数を満たせない企業が多いのも関係しています。

そこでここでは、第二新卒が企業から求められる理由をチェックしていきましょう。

社会人としての基礎スキルが身についているため

第二新卒が企業から求められる理由の1つ目は、社会人としての基礎が身についているためです。

新卒の場合はビジネスマナーなど初歩的な研修が必要になります。しかしですね。第二新卒の場合は研修が必要なく、教育コストを削減できるんです。

3年目になるとスキルやマナーが板についてきて、急なトラブルにも対応できると判断されます。そのため、社会人経験+基礎スキルが評価されやすいんです。

ポテンシャル+実績の両方が評価されるため

第二新卒が企業から求められる理由の2つ目は、ポテンシャル+実績の両方が評価されるためです。

1・2年目の社会人は職歴が短く、十分な実績を残せていないかもしれません。

しかしですね。社会人3年目の場合は責任のある仕事を任せられていることも多く、実績をアピールしやすいんです。

特に同業他社への転職を検討している場合は、転職先の業務の進め方さえ覚えれば、即戦力として働けます。

また、第二新卒は即戦力のスキルではなく、将来のポテンシャルを期待されています。

そのため、異業種への場合でも職種の適性や社風とマッチすれば、第二新卒としてポテンシャル採用も狙えるんです。

前職の社歴が短く会社に馴染みやすいため

第二新卒が企業から求められる理由の3つ目は、前職の社歴が短く会社に馴染みやすいためです。

職歴が短いと前職の風土に染まりきっていないので、新しい会社に馴染みやすいと考えられています。

例えば、30〜40代の即戦力社員の場合は前職の業務のやり方に固執したり、会社の独自のルールに馴染めない場合も少なくありません。

また、若い=業務を覚えるスピードが早いと考える企業が多いため、第二新卒の市場価値が高まっています。

社会人3年目で転職すべきかどうかの判断基準3選

社会人3年目で転職すべきかどうかの判断基準3選
  1. 部署異動で問題解決できないか?
  2. キャリアビジョンを考えているか?
  3. 短期離職のリスクより転職のメリットの方が大きいか?

第二新卒は市場価値が高いですが、必ずしも転職した方が得とは限りません。転職後に「前職に残るべきだった…。」と後悔する場合も多いんです。

そこで、ここでは後悔しないよう、社会人3年目で転職すべきかどうかの判断基準を3つ紹介します。

takeda
takeda
ここの内容を参考にして、自分が転職すべきかどうかを判断してみてくださいね!

転職以外の方法で問題解決できないか?

社会人3年目で転職すべきかどうかの判断基準は「転職以外の方法で問題解決できないか?」どうかです。

第二新卒は短期離職者として扱われるリスクもあるためです。そこで「本当に転職する必要があるのか」を検討してみてください。

転職以外の対処法の例
  • 給与が低い場合:上司との面談時に給与交渉してみる。会社の業績や本人の実績次第では上がる可能性がある。
  • 仕事がつまらない場合:人事部に部署異動を申し出てみる。営業部や企画部など新しい業務ならやりがいを見出すことができるかもしれない。

また、仕事の取り組み方次第で不満が解決する場合もあるんです。そのため、まずは転職以外の対処法を検討してみてくださいね。

キャリアビジョンを考えているか?

社会人3年目で転職すべきかどうかの判断基準は「キャリアビジョンを考えているか?」どうかです。

キャリアビジョンが明確になっていなければ、どんな転職先へ応募すべきかが定められないためです。

そこで、以下の質問を自分自身に投げかけてみましょう。

  • なぜ転職するのか?
  • 転職後に何がしたいのか?
  • 将来どのような自分になりたいのか?

目指すビジョンが固まれば、理想の将来像に近づくために、転職先で積むべき実績や身に付けるべきスキルも自ずと分かってきますよ。

短期離職のリスクより転職のメリットの方が大きいか?

社会人3年目で転職すべきかどうかの判断基準は「短期離職のリスクより転職のメリットの方が大きいか?」どうかです。

採用担当者によっては「自社もすぐに辞めてしまうんじゃ…?」と不安視される可能性があるためです。

また、転職してしまうと昇給・昇進しやすかったり、退職金が多くもらえたりする「一つの会社に長く勤める恩恵」を受けることができません。

そこで、転職する前に「転職するメリット」と「会社を辞めるリスク+同じ会社に勤め続けるメリット」を天秤にかけてみましょう。

転職するメリットの例
  • キャリアアップできる企業で働きたい
  • 現職にはないマーケティング職で働きたい

以上のように転職に明確な目的があり「今の会社ではどうしても叶えられない」場合は転職を検討した方が良いですね。

数年後に後悔しないよう、転職するかどうかの線引きはきちんと行うことをおすすめします。

新卒3年目の転職を成功させる方法5選

新卒3年目の転職を成功させる方法5選
  1. 転職理由を明確化する
  2. 在職中に転職活動を行う
  3. 求人数が増える時期に転職活動を行う
  4. 企業研究は口コミサイトを利用する
  5. 転職エージェントを利用する

ここまでで、

  • 新卒3年目は第二新卒として扱われるので市場価値が高い
  • 転職すべき判断基準は明確にある

ということが分かりました。ここでは、いよいよ新卒3年目の転職を成功させる方法を5つ紹介します。

転職理由を明確化する

新卒3年目の転職を成功させるには、転職理由を明確化させましょう。

転職理由を明確化しないと転職で解決すべき問題が分からず、転職先でも同じ悩みを抱える可能性があるためです。

そこで「現職では解決できない不満」を探してみましょう。

不満の例
  • 低賃金
  • 全国転勤
  • 長時間労働
  • 仕事にやりがいを感じない

例えば、労働時間に不満があるのにも関わらず、高給に釣られて会社を選んでしまうと、すぐに転職したくなってしまいます。

そのため、転職理由を明確にしてから企業を選びましょう。

在職中に転職活動を行う

新卒3年目の転職を成功させるには、在職中に転職活動を行ってください。退職後の転職活動が長引くと、収入の問題から焦りが生まれるためです。

失業手当をあてにしている人もいますが、すぐには受給できません。

失業手当の受給されるタイミング

自己都合退職の場合、受給資格決定日(離職票と求職の申し込みを行った日)から7日間の「待機期間」+3ヶ月間の「給付制限」を経ないと支給されない。

つまり、収入0円の期間が3ヶ月程度続くんです。転職活動には3〜6ヶ月かかるとされており、生活が厳しくなっていく場合もあります。

金銭的に追い込まれてしまうと、妥協して次の仕事を決めてしまうかもしれません。そのため、失敗を避けるのであれば、在職中に転職活動をする方がベターですね。

求人数が増える時期に転職活動を行う

新卒3年目の転職を成功させるには、求人数が増える時期に転職活動を行いましょう。自分に合った求人を探すには、より多くの求人をチェックした方が良いためです。

求人が増える時期
  • 2〜3月(4月入社):新卒と一緒に会社からのフォローが手厚い研修を受けられる。複数人採用する場合も多く、一緒にスタートする同期ができる。
  • 8〜9月(10月入社):半期末の9月末に退職する社員が多く、人員補充が必要になる。すぐに業務に取り掛かることができるので、即戦力向け。

事実、dodaの調査によると、1年間で中途採用が最も活発な時期は3月と9月でした。

基本的には2〜3月に転職活動をすることをおすすめします。ただですね。実績に自信があり、同業他社への転職希望の場合は8〜9月に転職しても良いかもしれません。

企業研究は口コミサイトを利用する

新卒3年目の転職を成功させるには、企業研究は口コミサイトを利用しましょう。企業とのミスマッチを防止できるためです。

そこで企業へ応募する前に以下の項目を確認しておく必要があります。

  • 企業の経営方針
  • 業界内での立ち位置
  • 業界全体の将来性
  • 業務内容
  • 給与・賞与
  • 福利厚生
  • 社風

勤める企業を選ぶこと=生活の時間を大きく占める過ごし方を決めることです。そのため、念入りな情報収集が必要になります。

ただですね。企業の実態を面接官への質問しても、オブラートに包まれた回答をされてしまうんです…。入社後のギャップを減らすためには口コミサイトを利用しましょう。

口コミサイトは現職社員及び退職した社員が会社の実態を赤裸々に書き込んでおり、企業の悪い点も知ることができるんです。

会社の実態に気づかずブラック企業へ転職してしまった場合、再度転職先を探すしかありません。最悪の事態を招かないためにも、企業研究は口コミサイトを利用しましょう。

代表的な口コミサイト

転職エージェントを利用する

新卒3年目で転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用すべき3つの理由
  1. 多くの第二新卒歓迎求人を豊富に保有している
  2. 転職のプロであるキャリアアドバイザーからのサポートが受けられる
  3. 応募企業の内部事情を教えてくれるのでミスマッチを防げる

転職エージェントは多くの「第二新卒歓迎」求人を保有中です。

実績に自信がある場合は即戦力として同業他社へ転職したり、思い切って職種を変えたい場合は異業種へポテンシャル採用で転職できたりもします。

自分の強みや適職を知りたい人は無料カウンセリングだけでも受けてみる価値はありますね。他にも以下の内容を中心にサポートを行ってくれます。

転職エージェントのサポート内容
  • 無料カウンセリング
  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 応募書類の添削
  • 内定後の収入交渉
  • 面接日の日程調整
  • 推薦状の記入

アドバイザーは求人掲載中の企業と繋がりが深く、内部事情にも詳しいんです。応募先の企業のデメリットも教えてもらえるので、入社後のミスマッチを防げますよ!

そのため、転職エージェントを利用した方が転職に有利になるんです。

3年目の転職成功談・失敗談

ここでは3年目の転職成功談と失敗談を紹介します。

新卒3年目の転職でおすすめの転職エージェント3選

← 横にスクロールできます →
エージェント名第二新卒の求人数サポートの質おすすめ度
doda転職エージェント

約2万500件
+非公開求人
スカウト+求人紹介により
効率的に転職できる
4.8
ハタラクティブ 

約2,300件
+非公開求人

実際に取材した企業のみ
掲載している
4.2
マイナビジョブ20’s

約1,050件
+非公開求人

丁寧な支援により
定着率96.8%を達成
4.0
※上記の情報は2020年12月時点のものです。

このように、転職エージェントはそれぞれ求人数やサポート内容が異なります。

これだけ見ると、どれを選ぶべきか分かりにくいと思います。そこでここからは、上記のデータをもとに、3年目で転職する際におすすめのエージェントを見ていきましょう!

doda転職エージェント

doda転職エージェントは圧倒的な第二新卒歓迎求人数を誇ります。

異業種へ転職したい場合は未経験歓迎求人、同業他社へ転職したい場合は実績をアピールして通常の求人に応募する選択肢もあるんです。

全国に拠点があり、地方民でも利用可能なエージェントです。

takeda
takeda
転職サイトのスカウト機能とアドバイザーの求人紹介を両方活用できるので、効率的に転職活動を進められます。

運営会社の豊富な転職実績を活かして、転職フェアも主催しており、転職活動の情報収集がしやすいんです。

新卒3年目で転職したいけど、

  • どんな企業へ転職できるか分からない
  • 転職活動の情報をより多く集めておきたい

という場合は、まずはdoda転職エージェントに登録して面談で相談してみるのがおすすめです!

詳細ページ 公式HP

ハタラクティブ

ハタラクティブは第二新卒・未経験者向けの転職エージェントです。

学歴より人柄や性格など人物評価をメインにしている企業が多く、学歴に自信がない人にもおすすめ!

takeda
takeda
掲載求人は担当者が実際に取材した企業に厳選されています。

労働条件・環境の悪い求人は排除されているので安心ですね。

求人の詳細情報から実際に働く職場の雰囲気まで情報を教えてもらえます。そのため、求人の選定の時点でミスマッチを防げるかもしれません。

未経験職種への転職を検討しているなら登録しておいて損はないエージェントですよ!

詳細ページ 公式HP

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは20代限定のエージェントサービスです。人材会社大手のマイナビグループ独自のルートで大企業の求人+未経験者歓迎求人を多数保有しています。

大手転職エージェントから大企業の求人に応募した場合、経験豊富な30〜40代の転職者がライバルになります…。

ただですね。マイナビジョブ20’sの場合、ライバルは20代に限定されているんです!そのため、内定獲得できる可能性が上がるかもしれません。

takeda
takeda
運営会社の第二新卒転職ノウハウが豊富なので、初めての転職活動を1から10まで丁寧にサポートしてくれるんです。

それが内定率96.8%につながっていますね。

20代を専門的にサポートしているので、気になった場合は無料相談してみてはいかがでしょうか。

詳細ページ 公式HP

新卒3年目の転職に関するQ&A

ここでは、新卒3年目の転職に関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

新卒3年目で転職すると年収は下がる?

新卒3年目の転職で年収が下がるかどうかは、転職先が同業他社or異業種かによります。

  • 同業他社:実績によっては即戦力として扱われることも多く、年収がアップする可能性がある。
  • 異業種:転職先では新卒同様の扱いで入社することになり、年収がダウンする可能性が高い。

そのため、異業種への転職の場合は年収ダウンを覚悟しておいた方が良いですね。

新卒3年目で公務員へ転職できる?

新卒3年目でも公務員へ転職可能です。公務員試験の年齢制限を30歳までと定めている自治体が多く、年齢制限をクリアしているためです。

しかしですね。公務員試験の筆記試験突破には以下の勉強時間(期間)が必要だとされています。

職種別の勉強期間
  • 国家総合職:10〜15ヶ月程度
  • 地方上級・国家一般職:7〜12ヶ月程度
  • 市役所(一般教養のみ)、警察・消防、高卒公務員:4〜10ヶ月程度

在職中に対策する場合はもっと時間がかかったり、退職後に勉強する場合はブランク期間が空いてしまったりとデメリットもあるんです。

そのため、公務員を目指す際は民間企業も併願するなどリスクを回避することも考えておきましょう。

退職の希望はどのタイミングで伝えるべき?

退職の希望を伝えるタイミングは会社の就業規則に従って伝えましょう。就業規則に「退職日の〇日前に意思表示すること」と記載がある場合が多いためです。

しかしですね。就業規則に記載がない場合もあるんです。その場合は引継ぎなどの時間も加味して、遅くとも退職予定日の1ヶ月前には伝えましょう。

退職交渉で注意すべきポイント
  • 最初に伝える相手は直属の上司にする
  • 転職先が決まった状態で退職の意思を伝える

退職する旨は最初に直属の上司へ伝えてください。

先に他の同僚に相談してしまうと、上司の監督不行届きを疑われてしまいます。社内で噂になれば、上司は「管理能力がない」という評価を受けるためです。

理不尽な上司の場合は「恥を欠かされた」と感じ、退職日まで強く当たってくる可能性があります…。

円満退職するためにも退職の相談をする順番には気をつけてくださいね。

また、次の職場が決まってから伝えましょう。引き止めにあった場合でも「入社日が決まっている」と話せば、納得してもらえる可能性が高まりますよ。

新卒3年目で転職を成功させるためのノウハウまとめ

新卒3年目で転職を成功させるためのノウハウまとめ
  1. 新卒3年目は第二新卒として扱われるので市場価値が高い
  2. 転職すべき判断基準は明確にある
  3. 3年目で転職するなら転職エージェントの利用がおすすめ

第二新卒は企業から求められているので、同業他社でも異業種でも転職できる可能性は高いんです。

ただですね。短期離職者として扱われ、不利になる場合もあります…。場合によっては給与交渉や部署異動など別の対処法をとった方が良いかもしれません。

第二新卒の期間は新卒3年目がラストです。そのため、転職を効率的に進めるにはエージェントの利用がおすすめですね!

これらの転職エージェントを利用してみてください。

新卒3年目で転職を迷っている場合は、まずは今回紹介した転職エージェントの無料相談だけでも受けてみてはいかがでしょうか。