42歳でも転職できる?転職に成功する人・失敗する人の特徴とは

「42歳から転職を成功させたい」と思う一方で、

  • 42歳から転職の場合、年収は下がる?
  • 42歳で転職を成功させる方法を知りたい
  • 42歳から異業種へ転職できる?

と悩んでいませんか?

ここでは42歳の転職活動について調べ尽くした私が「42歳からの転職が厳しい理由」から「おすすめの転職エージェント」までお伝えします。

takeda
takeda
ここで紹介する内容を実践すれば、誰でもきっと42歳から待遇の良い企業へ転職できますよ!

【結論】42歳でも転職自体は可能!

現在の転職市場では42歳から転職できる可能性は十分にあるんです!事実、総務省統計局の調査によると、年齢別の男女平均転職率は以下の通りでした。

  • 25〜34歳:7.8%
  • 35〜44歳:4.7%
  • 45〜54歳:3.6%

35〜44歳の転職者の4.7%、約66万人が転職を成功させているんです!そのため、42歳でも転職を諦める必要はありません。

42歳の転職が厳しいと言われる4つの理由

42歳の転職が厳しいと言われる4つの理由
  1. 受け入れてくれる企業が減る
  2. 即戦力+αのスキルが必要
  3. 企業側が扱いにくいと判断する
  4. ミスマッチを起こしやすい

一昔前までは「35歳限界説」が浸透していました。しかしですね。前述した通り、現在は有効求人倍率も高いので転職できる可能性が高いんです。

35歳転職限界説とは、転職ができる年齢が35歳が限界であること。

それでも40代になると、20・30代の転職活動のようにはいきません。根本的に企業側から求められているポイントが異なるためです。

そこでここでは、42歳の転職が厳しいと言われる理由を紹介します。

受け入れてくれる企業が減る

42歳の転職が厳しい理由は、40代は受け入れてくれる企業が減ってしまうためです。

例えば、年収800万以上・東京勤務限定・メーカー管理職など条件が多すぎると、求める求人がなかなか見つかりません。

特に所帯持ちの人の場合、年収ダウンは生活に影響が出ます。そのため、条件がマッチせず、転職活動が断念する場合もあるんです。

即戦力+αのスキルが必要

42歳の転職が厳しい理由は、即戦力+αのスキルが必要なためです。実際、即戦力というだけでは若い応募者を雇った方が企業にメリットがあるんです。

過去の実績・スキルに加えて、以下のスキルがあると企業から重宝されますよ。

+αのスキルの例
  • マネジメント経験
  • 語学力
  • 新規事業の立ち上げ

他の転職希望者と差別化できるスキル・経験が必要ですね!

企業側が扱いにくいと判断する

42歳の転職が厳しい理由は、企業側から扱いにくいと判断されやすいためです。転職先の採用や教育係が20・30代の年下社員の可能性もあるんです。

また、業界・職種経験者の場合はこれまでの経験値が邪魔をして、新しい会社のやり方や知識・スキルを吸収しにくくしてしまうかもしれません。

そのため、現場で扱いにくいと思われてしまい、42歳の転職者は採用担当者から敬遠されてしまう場合があるんです。

ミスマッチを起こしやすい

42歳の転職が厳しい理由は、ミスマッチを起こしやすいためです。40代が求められるスキル・業務は、20・30代と根本的に違います。

例えば、20・30代の頃は現場でプレイヤー的な立ち位置で活躍していた人も、40代では管理業務を担当することが求められる傾向があります。

転職を検討している人の中には、管理業務より現場業務にやりがいを見いだしている人も少なくありません。

ただですね。企業側は40代の人にマネジメントスキルを求めているため、転職してもまた興味の湧かない管理業務を担当することになるかもしれません。

そのため、転職後に後悔しないように、企業が求めているポジションと自分がやりたい業務がマッチしているかを念頭において転職活動を行いましょう。

42歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴

42歳で転職を成功させるために、成功する人の特徴を参考にしましょう。そして、失敗する人の特徴を反面教師にすると、より内定獲得に近づきます。

そこでここでは、42歳で転職で成功する人・失敗する人の特徴をチェックしていきましょう。

42歳の転職で成功する人の3つの特徴

42歳の転職で成功する人の3つの特徴
  • ポータブルスキルを持っている
  • 雇用形態にこだわらない
  • 現職で実績を残している

ポータブルスキルがあれば、どの業界でも即戦力として重宝されます。

ポータブルスキルとは、どの業界・業種でも通用するスキル。「専門知識・技術」「仕事のしかた」「人との関わり方」の3つ。

例えば、マネジメント能力や問題解決能力なら20・30代より40代の方が優れており、未経験の業界でも歓迎される可能性が高いですね。

アルバイトや契約社員も候補に入れると応募できる求人は格段に増えます。ただですね。正社員じゃないとプライドが許さない人もいますよね…。

非正規雇用でも実績を積めば、正社員になれる企業も多いんです。そのため、正社員登用制度を導入している企業へ応募してみるのをおすすめしますよ。

現職で実績を残しておくと、転職先の企業に貢献できる根拠になります。特に「部署の売上前年度比120%増」など数字で示せる実績があればアピールしやすいですね。

42歳の転職で失敗する人の3つの特徴

42歳の転職で失敗する人の3つの特徴
  • 業界・業種にこだわりすぎている
  • 年収が下がることを受け入れていない
  • 自分の市場価値を過信している

経験業界・業種にこだわってしまうわけは、キャリアで積み上げてきたものを捨てたくないためです。ただですね。42歳の転職は企業から高い能力を求められます…。

年収や業界を条件に挙げてしまうと、受けられる企業はかなり減ってしまうんです。他業界でも活かせるスキルがあれば、実務経験を積むにつれ年収は上がっていきます。

そのため、年収や業界にこだわらず「自分が活躍できる場所」を探しましょう。

現職では勤続年数が長く、頼りにされている人も多いかもしれません。しかし、転職すれば、1からのスタートです。

そのため、市場価値を客観的に把握し、採用担当者から評価とのズレをなくせば、自分にマッチした転職先が見つかりやすくなりますよ。

42歳の転職成功率を上げる5つのコツ

42歳の転職成功率を上げる5つのコツ
  1. キャリアの棚卸しをする
  2. 転職で譲れない条件を数個に絞る
  3. 企業研究を念入りに行う
  4. 転職活動は在職中に行う
  5. 転職エージェントを利用する

42歳の転職活動では高いスキル・実績がないと、条件に融通を利かせるしかありません。ただですね。転職活動の方法次第で納得のいく内定先に入社することはできます!

そこで、ここでは42歳の転職成功率を上げるコツを5つ紹介します。

takeda
takeda
40代の転職活動は難易度が高いです。

しかし、コツを意識すれば、条件通りの転職先へ入社できる可能性がグッとアップしますよ!

キャリアの棚卸しをする

42歳の転職成功率を上げるコツは、キャリアの棚卸しをすることです。企業から即戦力として期待されるので、今までのキャリアが強みになるためです。

整理しておくべき項目
  • 経験した業務
  • 実績
  • 身に付けたスキル
  • 仕事に取り組む姿勢

キャリアの棚卸しは自分に合った企業を探せるだけでなく、面接の自己PRの内容を充実させることにもつながります。

自己分析のやり方は以下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてくださいね!

関連記事
転職での正しい自己分析のやり方5ステップ!無料ツール&おすすめ本も紹介「転職活動するからには自己分析をしっかりやろう!」と思う一方で、 自己分析ってなんで必要なの? 転職における自己分析のや...

転職で譲れない条件を数個に絞る

42歳の転職成功率を上げるためには、転職で譲れない条件を数個に絞りましょう。条件にこだわりすぎると、20・30代の頃に比べて転職先の選択肢が狭まるためです。

そこで譲れない条件と妥協できる条件を整理してみましょう。

譲れない条件と妥協できる条件
  • 譲れない条件:年収700万円以上・年間求人120日以上・スキルを活かせる
  • 妥協できる条件:企業規模(中小でも可)・残業が多い・転勤あり

42歳の転職は条件通りにいかない場合が多いです。しかしですね。条件に優先順位をつけておけば、納得のいく転職になりやすいですよ!

企業研究を念入りに行う

42歳の転職成功率を上げるコツは、企業研究を念入りに行うことです。企業とのミスマッチを防ぐためです。

具体的には、口コミサイトを活用して企業の情報を調べることをおすすめします。

現職の社員の口コミがメインなので、求人情報や企業のHPには掲載できない本音を知れるんです!

代表的な口コミサイト

そのため、口コミサイトを利用して、社風や企業の実態などを入社前に確認しておきましょう。

転職活動は在職中に行う

42歳の転職成功率を上げるためには、転職活動を在職中に行いましょう。42歳の転職活動は長期化する可能性が高いためです。実際、1年近く転職活動をする場合もあります。

退職後の転職活動をするデメリットは、以下の通りです。

  • 無給のため、貯金を切り崩しながら生活しないといけない
  • 無職という現状で世間体が気になる

金銭的に追い込まれると正常な判断ができなくなり、待遇の悪い会社に妥協して入ることになるかもしれません。

そのため、長期化する可能性を見越して、転職活動は在職中に行いましょう。

    転職エージェントを利用する

    42歳から転職希望なら転職エージェントを利用しましょう!

    転職エージェントを利用すべき3つの理由
    1. ミドル層の求人も多数掲載されている
    2. 転職のプロであるキャリアアドバイザーからのサポートが受けられる
    3. 給与交渉や面接の日程調整も行ってくれる

    ハローワークや求人サイトでは40代の求人数が少ない傾向があります。

    しかしですね。転職エージェントならミドル層の求人が多く、ハイクラスから未経験OK求人まで多種多様な選択肢が存在します!

    キャリアアドバイザーがマンツーマンで支援してくれます。サポート内容は以下の通りですね。

    • 無料カウンセリング
    • 求人紹介
    • 面接対策
    • 応募書類の添削
    • 内定後の収入交渉
    • 面接日の日程調整

    「内定後の収入交渉」や「面接の日程調整」も行ってくれるため、仕事と転職活動を並行して行うことができるんです。

    余った時間は面接練習や応募書類作成に割けます。そのため、効率的な転職活動したい人にはうってつけのサービスですよ!

    【男性編】42歳の転職成功・失敗談

    ここでは42歳の男性の転職成功談と失敗談を紹介します。

    【女性編】42歳の転職成功・失敗談

    ここでは42歳の女性の転職成功談と失敗談を紹介します。

    42歳で転職に失敗した女性

    全く仕事についていけず、上からは怒鳴られ下からは突き上げられ、もはや精神的に限界で飛び降りたいです。

    再度の転職活動は選考が全く進まず、ますます世の中から否定されてる気持ちになり何もかもやる気が失せてきてしまいました。

    会社に行くのがあまりに辛く、よく通勤途中で嘔吐しています。 ふとした瞬間に涙が溢れてきたり、心臓が破裂しそうなほど苦しくなったりします。

    もう生きるのが嫌になりました。

    42歳におすすめな転職エージェントTOP3

    エージェント名求人数求人の質サポート内容
    リクルートエージェント約11万2,000件ハイクラスから未経験OK求人まで充実アドバイザーの経験が豊富
    パソナキャリア約2万8,000件関東圏の求人が多いレスポンスが早く丁寧
    キャリアカーバー約5万5,000件求人の最低年収が600万円以上スカウトを待つだけで転職活動ができる
    ※上記の情報は2020年11月時点のものです。

    このように、転職エージェントはそれぞれ求人数やサポート内容が異なります。

    これだけ見ると、どれを選ぶべきか分かりにくいと思います。そこでここからは、上記のデータをもとに、42歳におすすめの転職エージェントランキングを見ていきましょう!

    リクルートエージェント

    項目詳細
    総合評価 4.8
    圧倒的な求人数と質の高いサポート
    求人数 5.0
    約11万2,000件
    求人の質 5.0
    ハイクラスから未経験OK求人まで充実
    サポート内容 4.0
    アドバイザーの経験が豊富

    リクルートエージェントの特徴

    • アドバイザーの経験が豊富で、サポートの質も高い
      企業との交渉力が高く、前職からの年収のダウン幅を最小限にできる!
    • 求人数が業界トップクラスに多い
      求人を比較検討しやすく、転職後のミスマッチを起こす可能性が低い!
    • ハイクラスから未経験OKまで幅広く求人を取り扱っている
      様々な希望条件に対応でき、自分が求めている求人を探しやすい

    リクルートエージェントをおすすめできる人・できない人

    リクルートエージェントをおすすめできる人
    • 幅広い求人から転職先を検討したい人
    • キャリアアップを狙いたい人
    • 転職で年収アップを狙いたい人
    リクルートエージェントをおすすめできない人
    • 特定分野の特化型転職エージェントを探している人
    • 転職希望が3ヶ月以上先の予定の人

    リクルートエージェントは業界No.1の求人数を誇る転職エージェントです。幅広い業界・職種の求人を掲載しているため、自分のスキルを活かせる求人を探しやすいです。

    年齢制限のない求人も多く、42歳の人でも利用しやすいのが魅力。キャリアアップや異業種への挑戦など全く違う転職理由の人でもアドバイザーは対応してくれます。

    自分の求めている福利厚生や年収を実現できる可能性が高いので、まず始めに登録しておくべきサービスですね!

    リクルートエージェントの口コミ

    詳細ページ 公式HP

    パソナキャリア

    項目詳細
    総合評価 4.3
    求人・サービス共に満足度高い
    求人数 3.5
    約2万8,000件
    求人の質 4.3
    関東圏の求人が多い
    サポート内容 4.8
    レスポンスが早く丁寧

    パソナキャリアの特徴

    • 厳選された求人を取り扱っている
      幅広い層の求職者が応募できる求人なので、42歳でも不利になりにくい!
    • キャリアアドバイザーのレスポンスが早い
      内定辞退など求職者の相談にも即対応。始めての転職でも不安にならない。
    • 女性の転職支援に力を入れている
      女性のためのコンサルチームがあり、キャリアアップしやすい!

    パソナキャリアをおすすめできる人・できない人

    パソナキャリアをおすすめできる人
    • 初めて転職をする人
    • 転職の際にきめ細かいサポートが欲しい人
    • 関東圏を中心に転職活動を行なっている人
    • キャリアアップを狙う女性
    • 年収アップを目的に転職したい人
    パソナキャリアをおすすめできない人
    • 専門性の高い職種へ転職を希望している人
    • 関東圏以外で転職を希望している人

    パソナキャリアはアドバイザーのサポートに定評のある転職エージェントです。事実、2020年のオリコン顧客満足度調査で1位を獲得しています。

    ただですね。おすすめできるのは関東圏に住んでいる人に限られてしまいます。求人は関東圏の中心で地方の求人が少ないためです。

    その分、関東圏では幅広い層の求職者が応募できる求人が多く、40代でも転職できるチャンスがあります。

    パソナキャリアで転職した人の約7割が年収アップしているので、キャリアアップしたい人にもおすすめですよ。

    パソナキャリアの口コミ


    詳細ページ 公式HP

    キャリアカーバー

    項目詳細
    総合評価 3.8
    ハイクラス向けのエージェント
    求人数 4.0
    約5万5,000件
    求人の質 3.5
    求人の最低年収が600万円以上
    サポート内容 4.0
    スカウトを待つだけで転職活動ができる

    キャリアカーバーの特徴

    • 相談するヘッドハンターが選べる
      相性の悪い人を避けられ、転職活動のストレスが減る!
    • 年収1,000万円以上のハイクラス求人が1万件以上
      最低年収でも600万円なので、転職に成功すれば生活の質を落とさずに済む

    キャリアカーバーをおすすめできる人・できない人

    キャリアカーバーをおすすめできる人
    • 転職で年収アップを狙っている人
    • ヘッドハンターに優良な求人を紹介してもらいたい人
    • 担当のヘッドハンターを自分で選びたい人
    • 現職が忙しく転職活動にあまり時間を割けない人
    キャリアカーバーをおすすめできない人
    • 年収が最重要ではない人
    • 自分で転職先を探して活動を進めたい人

    キャリアカーバーはハイクラス求人を中心としたヘッドハンティング型の転職エージェントです。

    求人最低年収が600万円+役職付きで転職できるため、42歳の転職でも年収アップが期待できます。

    基本的に登録してスカウトを待つだけなので、忙しい在職中でも転職活動しやすいのが魅力。

    ただですね。掲載求人のレベルが高いので、実績が乏しいとスカウトメールは届きません。ハイクラスの企業から需要がない場合は、潔く他のサービスに切り替えましょう!

    キャリアカーバーの口コミ


    詳細ページ 公式HP

    42歳の転職に関するQ&A

    ここでは42歳の転職に関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね!

    42歳で未経験から転職しやすい職種は?

    42歳で異業種への転職を検討している場合は人材不足の職種を狙いましょう。スキルに自信がない場合でも採用されやすいためです。

    異業種から転職しやすい職種
    • 営業職:前職の実績を高く評価されやすい。業界の種類が豊富。
    • 販売職:コミュニケーション能力を活かせる。
    • SE:IT業界は市場規模が拡大中で需要が高い。未経験可な募集もあり。
    • 介護職:高齢社会で今後も需要あり。資格でキャリアアップも可能。
    • 警備員:休みが多く、プライベートを重視しやすい。
    • ビルメンテナンス:体力をあまり使わないため、高齢になっても働ける。

    興味のある職種があれば、情報収集から転職活動を始めてみることをおすすめします。

    42歳の転職で役立つ資格はある?

    資格を取得する際は、希望職種で有利になるかどうかを調べておきましょう。転職や業務で役に立たなければ、資格取得が徒労に終わってしまうためです。

    【職種別】42歳の転職で有利になる資格
    • 営業職:普通自動車免許、MOSなど
    • 販売職:接客サービスマナー検定、サービス接遇検定、販売士など
    • SE:CCNA、IT検証技術者認定試験など
    • 介護職:介護職員初任者研修、介護職員実務者研修など
    • 警備員:施設警備検定、交通誘導警備検定、雑踏警備検定など
    • ビルメンテナンス:第二種電気工事士、2級ボイラー技士、危険物取扱者乙種4類、第三種冷凍機械責任者など

    気になる職種の転職に役立つ資格があれば、取得の勉強をしてみることをおすすめします。

    42歳で転職を成功させるためのノウハウまとめ

    記事の内容まとめ
    • 42歳でも転職できる可能性は高い
    • 転職を成功させるためには条件に優先順位をつけておく
    • 転職エージェントで最もおすすめなのはリクルートエージェント

    42歳から転職できる可能性は高いです。ただですね。譲れない条件を明確化したり、ミスマッチを防ぐために、企業研究を行ったりすることが転職成功の鍵になります。

    また、転職成功率を上げたいなら、リクルートエージェントが最もおすすめできる転職エージェントです!

    おすすめする理由は、以下の通りでした。

    • アドバイザーの経験が豊富で、サポートの質も高い
    • 求人数が業界トップクラスに多い
    • ハイクラスから未経験まで幅広く求人を取り扱っている

    takeda
    takeda
    管理職などハイキャリア向け求人から未経験歓迎求人まであるので、どんな人でも使えるのが魅力!

    そのため、42歳から転職を検討しているのであれば、一度無料で相談してみてはいかがでしょうか。  リクルートエージェントの公式HPを見る