46歳でも転職を成功させるための全ポイント!

「46歳から転職を成功させたい!」と思う一方で、

  • 46歳からの転職って無謀?
  • どんな職種なら転職できる?
  • 転職を成功させる方法を知りたい

と悩んでいませんか?

ここでは46歳からの転職活動について調べ尽くした私が「46歳からの転職が厳しい理由」から「おすすめの転職エージェント」までお伝えします。

takeda
takeda
ここで紹介する内容を実践すれば、転職で悔いを残す心配がほとんどなくなりますよ!

【結論】46歳でも転職自体は可能!

現在の転職市場なら46歳から転職できる可能性は十分あります!事実、総務省統計局の調査によると、年齢別の男女平均転職率は以下の通りでした。

  • 25〜34歳:7.8%
  • 35〜44歳:4.7%
  • 45〜54歳:3.6%

45〜54歳の転職者の3.6%、約57万人が転職を成功させているんです!転職できるかどうかは実績・スキルだけでなく、転職活動の仕方や職種の選び方で決まります。

そのため、46歳で転職をあきらめるのはもったいないですよ!

46歳の転職が厳しいと言われる3つの理由

46歳の転職が厳しいと言われる3つの理由
  1. 採用担当者の心理的ハードルが高い
  2. 年齢的には課長に昇進している
  3. 条件にこだわりすぎている

こだわりさえ捨てれば、46歳でも仕事に就ける可能性は極めて高いです。ただですね。大半の人が業務内容・給与・待遇などこだわりを持っています。

そのため、転職活動は難航するんです。そこでここでは、46歳の転職が厳しいと言われる理由をチェックしていきましょう!

採用担当者の心理的ハードルが高い

46歳の転職が厳しい理由は、採用担当者の心理的ハードルが高いためです。

46歳の場合、企業側も「すぐに定年だから業績に貢献できる期間が短い」と感じてしまう人が多いのも事実。

また、上司が年下になる場合も多く、年功序列の傾向が強い日系企業では仕事がやりにくいと感じる人もいます。扱いにくさにより、46歳は転職のハードルが高くなります。

年齢的には課長に昇進している

46歳の転職が厳しい理由として、年齢的には課長に昇進しているためです。つまり、46歳で前職の役職がないと「昇進できない=優秀ではない人材」とみなされやすいんです。

そのため、46歳で平社員というだけで採用を見送られてしまうかもしれません。

条件にこだわりすぎている

46歳の転職が厳しい理由は、条件にこだわりすぎているためです。

46歳の平均年収
  • 男性:578万円
  • 女性:401万円

46歳でこれ以上の条件の転職先を探すのは難易度が高めです。ただですね。所帯持ちの場合、年収ダウンは生活費や子供の進学費用など経済状況に大きく響いてしまいます…。

そのため、なかなか条件を下げられない人も多いんです。

46歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴

前述した通り、46歳の転職の難易度は高めです。それでも転職を成功させる人にはある特徴があります。失敗する人とは何が違うのかを知るだけで内定に一歩近づきます。

そこでここでは、46歳で転職で成功する人・失敗する人の特徴をチェックしていきましょう。

46歳の転職で成功する人の3つの特徴

46歳の転職で成功する人の3つの特徴
  • 管理職経験者である
  • 雇用形態にこだわらない
  • 年収ダウン・現状維持でも受けいれている

46歳の転職者には管理職として働きが求められます。例えば「新規事業を立ち上げ、30人の部下を統率した」など客観的な事実をアピールできると良いですね。

非正規雇用でも実績を積めば、正社員になれる企業も多いんです。そのため、正社員登用制度を導入している企業へ応募してみるのをおすすめしますよ。

また、大手→中小、都心→地方への転職の場合は年収ダウンを受け入れる必要があります。無理に高収入にこだわらず、自分の状況や市場価値を正確に把握しておくことが大切です。

46歳の転職で失敗する人の3つの特徴

46歳の転職で失敗する人の3つの特徴
  • 企業規模にこだわりすぎている
  • 未経験職種を避けている
  • アドバイスを受け入れようとしない

規模の大きな企業に勤めていると、プライドから大企業志向に陥ってしまう人もいます。しかし実際、将来性の高いベンチャー企業や中小企業は多いです。

そのため、視野を広げた方が応募できる求人も増え、転職の成功率も上がりますね。

未経験職種を敬遠している40代の転職者は多いです。しかしですね。未経験歓迎求人を出している企業は教育体制が整っており、キャリアチェンジには持ってこいですよ。

46歳で内定が獲得できない人の多くは固定概念が強く、選考についてのアドバイスに聞く耳を持ちません。

例えば、企業側は協調性のある人材を求めているのに、自己PRでリーダーシップについて語るなど自分の考えを曲げようとしない人も多いんです。

不採用が続くようであれば、転職活動の方法を改めるべきです。この後、おすすめの転職エージェントを紹介するので、そこで客観的なアドバイスをもらってみてください。

46歳の転職成功率を上げる4つのコツ

46歳の転職成功率を上げる4つのコツ
  1. 正社員雇用にこだわらない
  2. キャリアからできる仕事を考える
  3. 応募先の企業研究を怠らない
  4. 転職エージェントを利用する

46歳から転職するには、管理職経験など高いスキルが要求されることも多いです。

しかしですね。転職活動の方法次第では際立った実績やスキルがなくても、待遇の良い企業へ転職できる可能性はあります。

そこでここでは、46歳の転職成功率を上げるコツを4つお伝えします。

takeda
takeda
納得いく転職先に入社するためのポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

正社員雇用にこだわらない

46歳の転職成功率を上げるコツは、正社員雇用にこだわらないことです。

正社員に比べて、アルバイトや契約社員なら求人数が多いためです。42歳の方には長年正社員として働いてきたプライドから非正規雇用として働くのに抵抗がある人もいます。

しかしですね。一番避けるべきパターンは正社員にこだわるあまり、ブランク期間が伸びてしまうことです。

ブランク期間が伸びてしまった場合のデメリット
  • 企業からの市場価値がより下がってしまう
  • 貯金を切り崩して生活するため、金銭的に余裕がなくなる
  • 焦って転職活動をすると、条件の悪い会社に入社してしまう可能性がある

そのため、焦って就職してミスマッチを起こすより、繋ぎとして非正規雇用で生計を立てることも視野に入れてみましょう。

キャリアからできる仕事を考える

まずはキャリアの棚卸しから始めましょう。現状のキャリアから企業の業績に貢献できることを探すためです。

整理しておくべき項目
  • 経験した業務
  • 実績
  • 身につけたスキル
  • 仕事に取り組む姿勢

46歳で転職する場合は、これまでの経験やノウハウを転職先で活かせるかが重要になってきます。

しかしですね。経験業界・職種を絞って転職活動しても、46歳で受けられる求人は微々たる数です。同業他社だけが活躍の場ではありません。

受ける業界・職種の範囲を広げてみてください。「自分が企業の貢献できるスキル・経験は何か?」を重点に置いて、転職活動を行うことが内定獲得の近道になりますよ。

応募先の企業研究を怠らない

46歳の転職成功率を上げるコツは、応募先の企業研究を怠らないことです。情報不足のままだと入社後のギャップを感じて、後悔してしまう可能性が高いためです。

転職後は会社の文化や独自のルールに適応していく必要があります。会社が変われば、そこの常識に従わないとやっていけません。

特に残業やノルマに対する認識は、業界・職種・企業別で異なります。

そこで、口コミサイトで情報収集しておきましょう。現職の職員の口コミがメインなので、求人情報や企業のHPには掲載できない本音が知れるんです!

代表的な口コミサイト

転職エージェントを利用する

46歳から転職希望なら転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントを利用すべき3つの理由
  1. ミドル層の求人も多数掲載されている
  2. 転職のプロであるキャリアアドバイザーの支援が手厚い
  3. 給与交渉により求人情報より年収アップが期待できる

転職エージェントはミドル層の求人が多く、管理職クラスから未経験者歓迎まで幅広く求人を保有しています。

転職エージェントのサポート内容は、以下の通りですね。

  • 無料カウンセリング
  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 応募書類の添削
  • 内定後の収入交渉
  • 面接日の日程調整

キャリアアドバイザーは客観的な視点から自分の強みやスキルを活かせる仕事を紹介してくれます。

また、内定後の収入交渉により「他の条件は文句ないけど、給与が若干低いな…。」という場合には、キャリアアドバイザーが交渉して希望の年収まで引き上げてくれます。

そのため、給与がネックだとしても転職をあきらめなくて済むんです!

【男性編】46歳の転職成功談・失敗談

ここでは46歳の男性の転職成功談と失敗談を紹介します。

【女性編】46歳の転職成功談・失敗談

ここでは46歳の女性の転職成功談と失敗談を紹介します。

46歳におすすめな転職サイト・転職エージェントTOP3

エージェント名求人数求人の質サポートの質
doda転職エージェント
約6万4,000件幅広い業界・業種の求人を取り扱っている求人紹介+スカウトメールにより効率良い転職活動が可能
リクルートエージェント約11万2,000件未経験から管理職まで幅広い求人を保有担当者によって支援の質に差がある
JACリクルートメント

約4,700件
年収600万以上のハイクラス求人を掲載企業と転職者の担当者が同じなので企業の本音に近い
※上記の情報は2020年11月時点のものです。

このように、転職エージェントはそれぞれ求人数やサポート内容が異なります。

これだけ見ると、どれを選ぶべきか分かりにくいと思います。そこでここからは、上記のデータをもとに、46歳におすすめの転職エージェントランキングを見ていきましょう!

doda転職エージェント

項目詳細
総合評価 4.8
業界トップクラスの求人数と質の高いサポート
求人数 4.0
約6万4,000件
求人の質 4.5
幅広い業界・業種の求人を取り扱っている
サポート内容 5.0
求人紹介+スカウトメールにより効率良い転職活動が可能

dodaの特徴

  • 転職サイトと転職エージェントを両方活用できる
    求人紹介とスカウトメールにより、待つだけでミドル層の求人を紹介してもらえる!
  • 多くのイベントや転職フェアを実施している
    アドバイザーや転職サイトの情報もあるので、効率良く転職活動を進められるようになる
  • 求人数が業界トップクラス+経験豊富なアドバイザーが在籍
    転職ノウハウや豊富な事例を活かし、膨大な数からでもマッチする求人を紹介!

doda転職エージェントをおすすめできる人・できない人

doda転職エージェントをおすすめできる人
  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポートを受けたい人
  • 業界トップクラスの求人から転職先を検討したい人
  • スカウトメールも活用して効率的に転職活動を進めたい人
  • 転職イベントなどから積極的に情報収集したい人
  • 大手の転職エージェントを利用したい人
doda転職エージェントをおすすめできない人
  • 業界について専門的なサポートを希望している人
  • 3ヶ月以上先の転職を検討している人
  • 自分のペースで転職活動を進めたい人

doda転職エージェントは、転職サイトの要素も併せ持っています。アドバイザーからの求人紹介はもちろん、企業から直接面接が確約されたスカウトメールが届きます。

書類選考で苦戦している人にはとてもありがたいサービスですね。また、人材派遣などの実績のある運営会社なので、転職ノウハウの豊富さが魅力。

数々の転職事例があるため、ミドル層の転職活動でも客観的な視点から的確なアドバイスと求人紹介を行えます。

ただですね。業界に特化したサポートではないので、あくまで幅広い業界を受ける人向けのサービスですね。

自分の市場価値や応募できる求人が分かるので、まず始めに登録するサービスとしておすすめします!

doda転職エージェントの口コミ


詳細ページ 公式HP

リクルートエージェント

項目詳細
総合評価 4.3
優良企業の求人が多い
求人数 5.0
約11万2,000件
求人の質 4.5
未経験から管理職まで幅広い求人を保有
サポート内容 3.5
担当者によって支援の質に差がある

リクルートエージェントの特徴

  • 優良企業の求人が多い
    業界トップクラスのエージェントなので、質の高い求人が集まってくる
  • キャリアドバイザーのサポートの質が高い
    特に給与交渉が上手いので、年収がネックの求人にも応募しやすい!
  • 管理職クラスから未経験歓迎まで幅広く求人を取り扱っている
    様々な希望条件に対応できるので、どんな人でも利用しやすい!

リクルートエージェントをおすすめできる人・できない人

リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 幅広い求人から転職先を検討したい人
  • キャリアアップを狙いたい人
  • 転職で年収アップを狙いたい人
リクルートエージェントをおすすめできない人
  • 特定分野の特化型転職エージェントを探している人
  • 転職希望が3ヶ月以上先の予定の人

リクルートエージェントは優良企業の求人を多数保有している転職エージェントです。

年齢制限のない求人も多く、46歳の人でも利用しやすいのが魅力。「役職付きの求人が良い」「別の業界でスキルを活かしたい」など多種多様な要望にも対応できます。

ただですね。利用者数が多くレスポンスに時間がかかるというデメリットもあります。

高年収の求人も多いので、時間をかけてでもキャリアアップしたい場合におすすめです!

リクルートエージェントの口コミ


詳細ページ 公式HP

JACリクルートメント

項目詳細
総合評価 4.8
ミドル・ハイクラス求人では最高クラス
求人数 3.0
4,700件
求人の質 4.8
年収600万以上のハイクラス求人を掲載
サポート内容 4.5
企業と転職者の担当者が同じなので企業の本音に近い

JACリクルートメントの特徴

  • 求人が厳選されている
    高収入やホワイト企業の割合が多く、前職の不満が解決できる可能性が高い!
  • 企業と転職者の担当者が同じ
    求めている人物像や頻出質問など生の情報を聞けるので、面接で有利になりやすい!
  • キャリアアドバイザーの知識や専門性が高い
    企業の内部事情にも詳しいので、ミスマッチが起こりにくい

JACリクルートメントをおすすめできる人・できない人

JACリクルートメントをおすすめできる人
  • 年収600万円以上の企業に転職したい人
  • 課長・部長・役員など管理職経験がある人
  • 技術職・専門職など特定分野のエキスパートである人
  • 既に年収500万円以上の人
  • 外資系企業に転職したい人
  • 転職して海外勤務をしたい人
JACリクルートメントをおすすめできない人
  • そこまでアピールできる実績がない人
  • 求人数で転職エージェントを選びたい人

JACリクルートメントは年収600〜2,000万円などハイクラス向けの転職エージェントです。

管理職経験者や実績豊富な人におすすめです。ただですね。高レベルの求人を扱っている分、特定のスキル・実績がない人には案件を紹介できません…。

転職者が入社して初めて企業から転職エージェントへの報酬が発生します。転職できる可能性の低い人は後回しにされがちです。

そのため、実績豊富な人は「すぐにでも転職したい」旨を伝えたり、担当者へマメに返信したりすると、優先的に求人を紹介してくれますよ!

JACリクルートメントの口コミ


詳細ページ 公式HP

46歳の転職に関するQ&A

ここでは46際の転職に関するQ&Aを紹介します。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね!

46歳で未経験から転職しやすい職種は?

46歳で未経験から転職しやすい職種は、以下の通りです。

  • 介護職
  • 営業職
  • 接客業
  • 工場の作業員
  • 警備員
  • タクシードライバー

共通点は今後も需要があり、常に人手不足な職種なことですね。ただですね。一年中、求人を出している企業はブラック企業の可能性が高いんです…。

そのため、応募する際は口コミサイトで評判を調べたり、職場見学で職場の雰囲気を確認したり、最善を尽くしましょう!

46歳から転職するとほとんどの人は年収が下がる?

46歳で転職すると、年収が下がる傾向がありますね。

事実、厚生労働省の調査によると、40代後半の転職成功者の6割が年収ダウンor現状維持でした。

しかしですね。際立ったスキルがあったり、企業が求める人物像やスキルとマットしたりしていれば、評価は高くなります。

そのため、確実に年収が下がるわけではありませんよ!

46歳から転職を成功させるノウハウまとめ

記事の内容まとめ
  • 46歳でも転職できる可能性は十分ある
  • 経験業界・職種に固執せず、キャリアからできる仕事を考える
  • 転職エージェントで最もおすすめなのはdoda転職エージェント

46歳でも転職できる可能性は十分にあります。経験業界・職種に固執せず、キャリアからスキルを活かせる職種を選ベば、納得のいく転職活動になりやすいです。

ただですね。条件や雇用形態にこだわりすぎると転職活動の期間が伸び、空白期間ができてしまうので注意してくださいね!

また、転職成功率を上げたいなら、doda転職エージェントが最もおすすめできる転職エージェントです!おすすめする理由は、以下の通りでした。

  • 転職サイトと転職エージェントを両方活用できる
  • 多くのイベントや転職フェアを実施している
  • 求人数が業界トップクラス+経験豊富なアドバイザーが在籍

takeda
takeda
アドバイザーからの求人紹介+面接確約のスカウトメールにより、効率的に転職活動を進められるのが魅力!

そのため、46歳から転職を検討している場合は、一度無料相談してみてはいかがでしょうか。


doda転職エージェントの公式HPを見る