47歳でも転職は可能!転職成功のために知っておくべき全知識!

  • いま47歳だけど、この年齢で転職はできるんだろうか…
  • 転職できる職場があるとしても、どうすれば受かるんだろう…

など、転職と自分の年齢について悩んではいませんか。

よほど実績やスキルに自信があればいいですが、そうでないと「いまさら受け入れてもらえるんだろうか」など、不安も大きくなりますよね。

honda
honda
そこでこの記事では、47歳の転職に関する情報をまとめました。

転職を成功させるためのコツや注意点なども詳しくお伝えしています。

「不安はあるけど、いまの環境を変えてさらに充実した職場で働きたい」という場合は、ぜひチェックしてみてくださいね!

【結論】47歳でも転職自体は可能!

結論からお伝えすると、47歳でも転職自体は可能です。

すでにスキルが身に付いていたり、実績が豊富だったりすることもあるため、企業に必要としてもらえる可能性がじゅうぶんにあるからですね。

実績を活かすことで即戦力として活躍できる場合もあれば、管理職としてキャリアアップも狙えます。さらに新しい人脈ができたり、スキルが身に付いたりすることも期待できますね。

honda
honda
とはいえ、どんな人でも簡単に転職できるわけではありません。

20代や30代と比較比べると、転職が厳しくなる可能性はじゅうぶんにあり得ます。ではなぜ、47歳では転職が厳しくなってしまうのでしょうか。

その理由について、次からお伝えしていきます。

47歳の転職が厳しいと言われる2つの理由

47歳の転職が厳しいと言われる2つの理由
  1. 全体的な求人数が比較的少ないから
  2. 企業側と転職希望者との条件が合わないことが多いから

47歳の転職が厳しいと言われる主な理由は、上記の2つです。それぞれどういうことか、もう少し具体的にお話ししますね。

全体的な求人数が比較的少ないから

まずは「全体的な求人数が少ないから」ということです。

有効求人倍率(2019年)1月2月3月4月
25歳〜34歳1.391.371.321.20
35歳〜44歳1.191.181.151.04
45歳〜54歳0.850.860.840.76

上記の表は、厚生労働省による「年齢別有効求人倍率の推移」のデータです。

このデータを見ると、20代、30代、そして40代前半と比較しても有効求人倍率が大きく減少していることがわかりますね。

年齢を重ねるにつれて求人数が少なくなっていく傾向にあるため、それだけ応募できる企業や職種も限定的になってしまうということです。

したがって、47歳の転職は厳しいと言われてしまうんですね。

企業側と転職希望者との条件が合わないことが多いから

「企業側と転職希望者との条件が合わないことが多いから」ということも挙げられます。

例えば未経験の職種に挑戦したいと思っていても、47歳の場合は即戦力が求められることのほうが多いです。そのため、条件が合わずに応募できる求人が少なくなってしまいます。

honda
honda
業界によっては未経験でも転職できる可能性はあります。

ですが、そもそも全体的な求人数は多くないことから、どうしても転職が難しくなってしまうんですね。

また、実績を活かしてキャリアアップを狙うにしても、47歳であればそれなりに高待遇を求めることもありますよね。そのため、満足のいく待遇でなければ転職を躊躇してしまうことも。

つまり職種や待遇、職場環境など希望通りの条件がすべて当てはまる企業が見つかりづらいため、転職が難しくなってしまうんです。

47歳の転職で成功する人・失敗する人の特徴

前述したように、47歳の転職は決して簡単にできるというものではありません。ですが、転職に成功する人・失敗する人にはそれぞれ特徴があります。

どのような特徴があるのか、それぞれお伝えしますね。

47歳の転職で成功する人の3つの特徴

47歳の転職で成功する人の3つの特徴
  1. 新しい環境に馴染める対応力がある人
  2. 管理職を経験している人
  3. 即戦力となれる実績やスキルがある人

47歳の転職で失敗する人の3つの特徴

47歳の転職で失敗する3つの特徴
  1. 前職までのやり方や価値観、こだわりが捨てられない人
  2. アピールできる強みが少ない人
  3. 高待遇を求めすぎる人

47歳の転職で成功する人・失敗する人まとめ

47歳の転職で成功しやすいのは、まず「新しい環境に馴染める対応力がある人」です。

47歳にもなると、前職までの経験から得た仕事に対する価値観やこだわり、そして結果を出すノウハウも持っていることがあります。

honda
honda
それ自体はとても大事なことです。ですが、新しい職場ではその職場なりの仕事の方法や働き方があることもまた事実。

なので自分のこだわりを強く持ちすぎると、人間関係や職場環境に馴染めなくなるリスクがあるんですね。

自分でこだわりは持ちつつ、新しい環境でも対応できるような柔軟性が重要になります。

また、高待遇の求めすぎについても要注意。実績があったとしても、企業の規模によっては満足のいく年収が得られない可能性もあるためです。

honda
honda
企業規模に見合わない待遇は求めないようにしたほうがいいですね。

つまり新しい環境に馴染める対応力や活かせる強みをアピールしつつ、自分の実績や企業規模に合わせた待遇を希望するのがおすすめです。

47歳の転職で気をつけたい3つの注意点

47歳の転職で気をつけたい3つの注意点
  1. 転職が長期化することも考えておく
  2. 年収が下がる可能性がある
  3. 家庭がある場合は早めに伝えておく

次に、47歳の転職で気をつけたい3つの注意点についてお伝えします。基本的には上記の3つ。それぞれもう少し詳しくお話しします。

転職が長期化することも考えておく

まずは「転職が長期化する可能性を考えておく」ということです。前述しましたが、47歳では求人数が少ない可能性が高いです。

そのため、応募できる求人が少なく、希望に合う求人が見つかるまでに時間がかかる可能性があります。

honda
honda
求人があったとしても、必ずその企業に採用してもらえるとは限りません。

そのため、転職活動が長期化する可能性を考え、資金や転職期間には余裕を持っておくのがポイント。

転職活動は在職中に取り組んだり、副業などで収入源を確保しながら進めていったりするのがおすすめです。

年収が下がる可能性がある

年収が下がる可能性についても考えておく必要があります。

即戦力としての実力があるにしても、入社したてでは信用がまだ完全には得られていないこともあります。

honda
honda
もちろん、結果を出していけば年収が上がっていく可能性はじゅうぶんにありますね。

また、企業の規模が小さくなることで年収が下がってしまう可能性も。

そのため当然ではありますが、年収アップを重要視する場合は「自分の実績に見合う額がもらえる企業なのか」を必ず確認する必要がありますね。

家庭がある場合は早めに伝えておく

家庭がある場合は、早めに伝えておくことも重要です。前述したように年収が下がる可能性がありますし、スムーズに進まなければ、転職先が見つかるまでに職がなくなる可能性も。

そうなれば収入源が途切れ、家族に不安な思いをさせることにもなりますね。

honda
honda
急に転職の意思を伝えられても心配される可能性があり、反対されることもあります。

そのため転職について早めに伝え、家族から承諾を得ることが重要になるということなんですね。

ここまで、転職についての注意点をお伝えしました。では、どうすれば47歳の転職成功率を上げられるのでしょうか。次にそのコツについてお話しします。

47歳の転職成功率を上げる4つのコツ

47歳の転職成功率を上げる4つのコツ
  1. 経験が活かせる職種を選ぶ
  2. 希望条件に優先順位をつける
  3. 人脈があれば活用してみる
  4. 転職エージェントを利用する

47歳の転職成功率を上げるコツは、上記の4つです。もう少し具体的にお伝えしますね。

経験が活かせる職種を選ぶ

繰り返しになりますが、47歳の転職は即戦力が求められることが多く、これまでの実績やスキル、もしくは管理職の経験などが重要になります。

そのため、経験が活かせる職種を選ぶことが転職成功への近道といえます。

honda
honda
どんな経験があり、その経験をどう役立てていけるのかを詳しく説明できるようにしておくのがおすすめです。

希望条件に優先順位をつける

希望条件に優先順位をつけることも重要です。

  • 大手企業で働きたい
  • 家から通いやすい職場がいい
  • 高年収の職場がいい
  • 福利厚生が充実している職場がいい
  • リモートワークがしたい
  • フレックス出勤制度がいい

など求める条件が多い場合、47歳の転職でこれらすべてに当てはまる環境を探すのは簡単ではありません。

したがって希望する条件が複数ある場合は、譲れない条件はどれなのか、どんな条件なら妥協してもいいかなどを再確認して優先順位をつけるのがおすすめです。

人脈があれば活用してみる

人脈があれば活用してみるのも一つの方法です。47歳となると、場合によってはこれまで多くの人と一緒に仕事をしてきていることもあります。

その経験のなかで培った人脈を活かし、可能であれば職場を紹介してもらうということです。

honda
honda
人手が足りない企業のなかで、自分のスキルが役立つ職場を知っている知人がいる可能性もありますね。

紹介であれば信用も得やすく、比較的スムーズに転職できる可能性が高いです。

ただし、紹介による転職にはリスクもあります。それは、もしその職場が自分と合わなくても、その知人の顔を立てなければと思い辞めづらくなるということ。

そのため、知人の紹介でもすぐに承諾するのではなく、その職場の環境についてもしっかり調べておくのがおすすめです。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用することもおすすめです。

何度もお伝えしましたが、47歳では求人自体が少ない可能性があります。その中から自分に合う求人を探すことは簡単ではありません。

honda
honda
特に在職中に求人を探すとなると、仕事の合間に探すことになるので少し大変ですね。

ですが転職エージェントであれば、担当がついて自分の代わりに求人を探し、マッチした求人があれば紹介してくれます。

あらかじめ希望条件を伝えておくことで、47歳でも転職可能な職場を効率よく見つけやすくなるんです。

ただし、転職エージェントの数は多く「どこを選べばいいかわからない」と思うかもしれません。そこで次に、47歳の転職におすすめな転職エージェントについてお伝えしますね。

47歳におすすめな転職サイト・転職エージェントTOP3

← 横にスクロールできます →
エージェント名リクルートエージェントパソナキャリアJACリクルートメント
求人数
約20万件

約5万件以上

約2万5千件
求人の質
幅広い職種の求人があり、
キャリアアップできる可能性もある

年収アップが
期待できる求人が多い

ハイクラスや海外転職も
可能な求人アリ
サポート内容
転職業界最大手。
充実したサポートと豊富な実績があり
転職に不安があっても利用しやすい

オリコン顧客満足度調査
転職エージェント総合第1位
(2019・2020年)

総勢約800名、各業界に精通した
コンサルタントによる丁寧なサポート

47歳の転職におすすめな転職エージェントは上記の3社です。この3社についてもう少しわかりやすくなるよう、次にランキング形式で詳しくお伝えします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

項目詳細
総合評価 5.0
転職業界最大手で安定感のあるサポート
求人数 5.0
約20万件
求人の質 5.0
多くの職種や条件の求人を取り扱っており、幅広い年齢層が利用しやすい
サポート内容 5.0
充実したサポートと豊富な実績があり、転職に不安があっても利用しやすい

リクルートエージェントの特徴

  • トップクラスの求人数
    約20万件の豊富な求人から、47歳でも転職可能な職場を見つけやすい
  • 転職業界最大手の充実したサポート
    転職支援実績No.1(※)を誇り、転職初心者から経験者まで幅広く利用しやすい
  • ハイクラスの転職にも対応可能
    ハイクラスの転職に特化したサービスもあり、実績を活かせばより高待遇も可能!

(※)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェントをおすすめできる人・できない人

リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 幅広い求人から転職先を検討したい人
  • 経験を活かしてキャリアアップを狙いたい人
  • 安定感のあるサポートを望む人
リクルートエージェントをおすすめできない人
  • 特定分野の特化型転職エージェントを探している人
  • 転職希望が3ヶ月以上先の予定の人

リクルートエージェントは、転職業界最大手の転職エージェントであり、知名度も非常に高いです。

運営の歴史も長く、築き上げたノウハウや実績により、利用者からも高い満足度を得ています。さらに求人数も多く、幅広い職種の求人を取り扱っているのも大きなポイントです。

honda
honda
いま以上にステップアップできる求人を見つけられる可能性もあります。

したがって、これまでの実績を活かせる職場を探している場合には、まず登録しておくのがおすすめです。

リクルートエージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

パソナキャリア

項目詳細
総合評価 4.8
オリコン顧客満足度調査
転職エージェント総合第1位(2019・2020年)
求人数 4.5
約5万件以上
求人の質 4.8
高待遇の求人や管理職などの求人も多数
サポート内容 4.0
書類添削・年収交渉・退職交渉のフォローなど手厚いサポート

パソナキャリアの特徴

  • オリコン顧客満足度調査 転職エージェント総合第1位の実績!(2019・2020年)
    高いサポート力でハイクラスの転職成功率UP!
  • 企業との交渉や模擬面接などフォロー体制も充実!
    年収交渉や面接のテクニック、さらには退職交渉のフォローなど安心感のある転職活動が期待できる

パソナキャリアをおすすめできる人・できない人

パソナキャリアをおすすめできる人
  • 転職の際にきめ細かいサポートが欲しい人
  • 転職経験が浅い人
  • 関東圏を中心に転職活動を行なっている人
  • キャリアアップを狙う人
パソナキャリアをおすすめできない人
  • 関東圏以外で転職を希望している人

パソナキャリアは、高待遇な求人の取り扱いが多く、そのうえ高いサポート力が好評。

2019年と2020年には「オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位」といった実績を誇っています。

転職活動の経験が浅い人、転職によってさらに年収を上げていきたい人など、幅広く利用しやすい転職エージェントですね。

honda
honda
さらに、女性の転職をサポートする取り組みを積極的におこなっているのも大きなポイントです。

2016年に「女性活躍推進コンサルティングチーム」を発足。育休から復職したい女性やキャリアアップしたい女性の転職をサポートしてくれます。

男女問わず「転職して環境を変えたい、ステップアップしたい」という場合は、一度登録してみるのがおすすめです。

パソナキャリアの口コミ

詳細ページ 公式ページ

JACリクルートメント

項目詳細
総合評価 4.5
ハイクラス求人に強い転職エージェント
求人数 4.3
約2万5千件
求人の質 4.5
年収600~2,000万円の求人多数
サポート内容 4.0
専門性が高く親切なサポート

JACリクルートメントの特徴

  • 大手企業や外資系に強い転職サイト
    国内企業だけでなく、独自のネットワークで外資系や海外の企業への転職が実現できる可能性アリ
  • エグゼクティブポジションに特化したサービスもアリ
    企業の幹部ポジション、役員ポジションの転職も実現できる可能性アリ!

JACリクルートメントをおすすめできる人・できない人

JACリクルートメントをおすすめできる人
  • 年収600万円以上の企業に転職したい人
  • 課長・部長・役員など管理職経験がある人
  • 外資系企業に転職したい人
  • 転職して海外勤務をしたい人
JACリクルートメントをおすすめできない人
  • そこまでアピールできる実績がない人

JACリクルートメントは、ハイクラス求人を中心に取り扱っています。そのため、経験や実績が豊富でキャリアアップしたい場合におすすめです。

47歳までに培った経験を活かし、より高待遇な職場で挑戦したい場合は、登録してみるといいですね。

honda
honda
外資系や役職付きの求人もあるため、経験豊富な人向けの転職エージェントということになります。

47歳の武器はやはり築き上げた経験値です。どんなことでもアピールしてキャリアアップを狙っていきましょう!

JACリクルートメントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

47歳の転職に関するQ&A

47歳の転職に関するQ&Aをまとめました。気になるポイントがあればぜひチェックしてみてくださいね。

47歳の転職は、男性と女性で難易度は変わる?

性別で転職の難易度が大きく変わることはあまりありません。

ただし、産休や育休などで長期間休んでいてブランクがあると、多少不利になる可能性はあります。

honda
honda
もちろん、そういった女性でも受け入れてくれる企業は多くあります。

そのため、ブランクがあっても受け入れてくれる職場や、復職可能な職場を中心に選ぶようにするといいですね。

また、以下の記事で女性の転職におすすめな転職エージェントについてまとめています。

転職を成功させるコツについてもお伝えしているので、気になる場合はぜひ一度読んでみてください。

関連記事
【おすすめ5選】女性の転職に力を入れている転職エージェント決定版!女性の転職に強い転職エージェントをお探しではありませんか? たくさんの転職エージェントがありそれぞれ特性が違うため「どこに登録した...

47歳で未経験の業界に転職できる?

職種・業種ともに完全に未経験の場合は、厳しくなる可能性があります。

ただ、業界によっては転職できる可能性はあるため、幅広い視野で求人を探してみるのがおすすめです。

honda
honda
転職できる求人があるか、転職エージェントに相談してみるのもいいですね。

47歳の転職で、転職回数は成否に影響する?

47歳であれば、転職を経験していてもおかしくはありません。2〜3回ほどであれば成否に直接影響することは少ないです。

ただ、重要なのは「なぜ転職したのか」ということ。

「人間関係や待遇に不満があった」などネガティブな理由だと「またうちでも同じ状況になれば辞めるのでは?」と思われかねません。

honda
honda
例えば「挑戦したいことがあった」のような、前向きな理由を伝えるのがおすすめです。

47歳でも転職は可能!適切な業界を選んで満足のいく職場を見つけよう!

47歳の転職まとめ
  • 47歳でも転職はできる
  • 求人数は20代や30代と比べて少ない
  • 希望条件には優先順位をつけるのがおすすめ
  • 実績を活かせる職種のほうがキャリアアップも狙えておすすめ
  • 転職エージェントも利用したほうがいい
  • もっともおすすめなのはリクルートエージェント

47歳でも、転職することは可能です。ただし、求人数は全体的に少ないため「希望条件が多い」「未経験の職種への挑戦」のような場合には、厳しくなってしまう可能性はあります。

強みとなるスキルや管理職の経験などの積み上げた実績を活かしつつ、新しい環境にも馴染める柔軟さをアピールするのが効果的です。

honda
honda
20代や30代にはないような経験値を伝えられるといいですね。

そこまでアピールできる強みがないにしても、業界によっては転職できることもあります。

不安が大きい場合は、転職エージェントも利用しながらいまの自分に合う求人を探すのもポイント。

そして47歳の転職にもっともおすすめな転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

honda
honda
求人数、求人の質、サポート力とどれも高いところがポイント。

幅広い職種の求人があるため、自分の状況に合う求人が見つかる可能性があります。そしてハイクラス向けの求人もあるため、キャリアアップも期待できるんです。

「47歳にして転職を考えているけど、実際できるのか不安」「自分の経験が活かせる職場があるのかまずは相談してみたい」などの場合には、一度登録してみてはいかがでしょう。

\まずは登録して相談!/リクルートエージェントの公式HPを見る