大学職員へ転職したい人必見!年収や年齢事情、対策ポイント等総まとめ!

数ある職業の中でも人気で採用倍率が高い、大学職員。事前にしっかりとした対策をしないと合格を勝ち取るのは難しい職業だと言えます。

そのため「大学職員を目指すための対策って何をすれば良いの?」や「志望動機をどう記載すれば良いのか分からない」なんて悩みを抱えている方もいるでしょう。

この記事では、大学職員を目指す方の年収や年齢事情はもちろんのこと対策のポイントなどもまとめてご紹介します。

大学職員への転職を成功させる近道になるかと思いますので、ぜひご一読ください。

目次

【大学職員への転職を考えている方必見】大学職員の実態をご紹介!

ここでは大学職員への転職を考えている方に向けて、大学職員の実態をご紹介します。業務内容を正しく理解し、転職後のイメージを明確にしておきましょう。

大学職員の主な仕事は大学の運営と学生のサポート

大学職員の主な仕事としては、大学の運営と学生のサポートです。

大学は学生を指導する研究機関のため、大学の運営や学生のサポート業務が多くなるのです。つまり大学にかかわる事務処理が基本的な業務となります。

そんな大学職員ですが実は、大学職員の中でも大きく分けると以下のように分類されます。

大学職員の種類
  • 事務職員
  • 技術職員

それぞれ分けて詳しくご紹介します。

事務職員の主な仕事は

事務職員の主な仕事
  • 事務職員の仕事は、学生支援や庶務、会計、人事、広報、司書などがあります。
    業務内容が多岐に渡り、部署間の移動が比較的多いのが特徴です。

大学職員の中でも仕事内容がさらに事務職寄りになります。上記の仕事以外に、大学で生じる問題にも対処する必要があります。

学費の未納や学生や保護者からのトラブルの対処なども請け負わなければいけません。

技術職員の主な仕事は

技術職員の主な仕事
  • 技術職員の仕事は、大学施設の維持や改善、専門知識を生かした研究のサポートなどがあります。
    事務系と比べると部署間の異動が比較的少ないのが特徴です。

事務職員より技術的な専門知識が必要になるのが技術職員です。大学にある建物の設計・施工・保守管理から未来の大学のデザインや建設プロセスなども手掛ける仕事となります。

大学職員と大学教員は違う

大学職員に似ている職業として大学教員が挙げられます。実は似ている職業のようで、業務内容は全く異なります。

大学職員は、大学の運営と学生のサポートが仕事です。どちらかというと裏方の仕事で、裏方として教育現場を支えることがメイン業務になります。

大学教員は、学生への教育や大学の運営、専門分野を研究する職業です。大学で講義してくれる先生や教授などが大学教員に該当します。

どちらかというと表舞台の仕事といえるでしょう。

専門分野についての知識や研究スキルおよび学生に分かりやすく教えるための言語スキルなどが求められます。

転職してから業務内容に齟齬が生じないよう、それぞれの仕事内容を正しく理解しておきましょう。

大学職員の年収相場は600〜700万円

大学職員の年収相場は600万円〜700万円となります。

年収相場は国公立大学と私立大学で給与水準は異なります。基本的に私立大学の方が給与水準が高く、結果は以下の通りです。

大学職員の平均年収
  • 国公立大学:556万円
  • 私立大学:734万円

参照:平均年収.jp

国税庁の民間給与実態統計調査によるとサラリーマンの平均年収は以下のように言われています。

サラリーマンの平均年収
  • サラリーマンの平均年収:441万円

参照:国税庁

大学教員の年収はサラリーマンの平均年収に比べると、150〜250万円ほど高く、比較的高収入な職業だと言えます。

大学職員は基本的に年功序列のため年齢に応じて給与が高くなります。

そのため出世競争などはなく、同じ年代であれば全員が同じ給料をもらえる場合が多いです。

年齢制限があるって本当?大学職員の年齢事情!

ここでは、大学職員の年齢事情をご紹介します。大学職員を目指すのに年齢の制限はあるのか、詳しく見ていきましょう。

大学職員は大学にもよるが35歳の年齢制限がある

結論から述べると、大学職員は大学にもよりますが35歳の年齢制限を設けている大学が多いです。なぜならば、若い層に長期勤続してもらいキャリアを形成してもらうためです。

もちろん、年齢制限を設けていない大学もありますし、年齢制限をより低い年齢(31歳や28歳)に設定している大学もあります。

そのため、応募を考えている大学の応募年齢を事前に確認するようにしましょう。

大学職員は採用倍率が高く20代・30代の早めの転職がおすすめ

大学職員を目指す年齢としては、20代・30代の早めの転職がおすすめです。

年齢が若いほど、柔軟に仕事のやり方や考え方を合わせやすいためです。また先ほど述べたように若い年代であればあるほど、その後のキャリア形成がしやすいためです。

特に第二新卒(社会人経験3年未満)以上の方が採用されやすい傾向にあります。大学側としても即戦力を求めており、ビジネススキルの基本が身に付いた若い人材は重宝するのです。

大学職員に転職する3つのメリット

大学職員に転職する3つのメリット
  1. 社会的な信頼が高い
  2. 年収が高い
  3. ホワイトな職場環境で仕事ができる

大学職員は人気なだけあり、非常に働きやすい環境が整っています。民間企業とは異なる特徴が挙げられているので、一つひとつ見ていきましょう。

社会的な信頼が高い

大学職員は、社会的な信頼が高い職業です。

大学が他の民間企業と比べると潰れにくく、またクビになるリスクも少なく、圧倒的な安定性を誇っているため、社会的な信頼が高いのです。

大学は大体、学校法人グループが運営しており、大学の他に短大や専門学校、高校などを運営しています。

そのため、大学が赤字になっても他の学校で収支を賄え、潰れにくくなっています。実際にここ30年で募集を停止した大学は、両手で数えられるほどです。

大学職員は社会的な信頼が高いため、賃貸物件の審査や銀行からの借入などが優位に進められるという特徴があります。

年収が高い

社会的な信頼が高いのみならず、年収も高いのが大学職員です。

大学職員の平均年収は600〜700万円で、サラリーマンの平均年収441万円を大幅に上回っており年収が高いと言えます。

また大学職員は年功序列で出世争いがないため、仕事を辞めずに年齢を重ねればほぼ確実に平均年収を上回る年収を受け取ることが可能です。

有名私立大学だと平均年収が1,000万円を優に超えてきます!高い給与水準も大学職員が人気な職業の理由の一つでしょう。

ホワイトな職場環境で仕事ができる

大学職員のメリットとして、ホワイトな職場環境で仕事ができることも挙げられます。

ホワイトな職場環境って聞いてもイマイチ抽象的だと思うので具体例は以下に挙げてみました。

ホワイトと言われる環境例
  • 有給取得がしやすい
  • 育休・産休を取りやすい
  • 定時で帰りやすい
  • 長期休暇がある(夏休みだと3週間以上取得できることも)
  • 仕事にノルマがない

などなどかなり働きやすい環境だと言えるでしょう。定時に帰宅できて、休みが多く、年収も高いと、ここまで待遇が良い職業はなかなかないかと思います。

大学職員に転職する3つのデメリット

大学職員に転職する3つのデメリット
  1. 大学職員への転職は競争が激しく難易度が高い
  2. 東京や大阪に求人が集まっている
  3. 学生や保護者・研究者への対応が大変

ここまで大学職員のメリットを見てきて、大学職員の魅力を確認できたかと思います。一方で、その魅力の高さが逆にデメリットにもなっています。

ここでは、大学職員に転職する3つのデメリットを見ていきましょう!

大学職員への転職は競争が激しく難易度が高い

大学職員のデメリットとして、人気な職業のため競争が激しく難易度が高いことが挙げられます。

なぜなら少ない募集人数に対し、膨大な希望者が殺到するためです。そもそも大学職員の中途採用は、退職者が出るなどして欠員が生まれた時に求人募集がされます。

そのため一度の募集は数人程度になります。たとえば関西大学の採用情報を確認すると以下のようになります。

2020年度の関西大学の採用情報
  • 採用人数:17人
  • 応募人数:535人
  • 倍率:31.4倍

参考サイト:関西大学 事務職員採用情報

高い倍率であることが確認できます。中には倍率が数百倍を超える大学もあり、競争が激しく、かなり入社難易度が高い職業です。

東京や大阪に求人が集まっている

東京や大阪などの都市部に求人が集中しているのもデメリットと言えます。東京や大阪には大学が集中しており、必然的に求人が集まるためです。

働く地域を決めていないならば良いですが、仮に求人が少ない地域だと求人が少ないため倍率が高くなってしまいます。

地方にお住まいの方は、なかなか求人を見つけにくいのが現状です。もちろん地方であっても募集はありますので、積極的に求人を探し採用情報を仕入れておきましょう。

学生や保護者・研究者への対応が大変

大学職員は業務の関係上さまざまな人とコミュニケーション取りながら仕事をする必要があり、対応が大変になります。

学生や学生の保護者、研究者への対応で、特に大変なのが学生の保護者への対応です。

モンスターペアレントと呼ばれる、学校に対し自己中で理不尽やクレームをしてくる保護者とへの対応に困っている大学職員もいます。

生徒の学力レベルに比例して、非常識な親の割合が増える傾向にあるため、偏差値の低い大学だと転職してから苦労することになるかもしれません。

大学職員を目指す方が転職活動で対策すべき3つのポイント

転職活動で対策すべき3つのポイント
  1. 自己PRや志望動機を具体的にする
  2. 筆記試験や小論文の有無を確認する
  3. 仕事内容や業界知識を深める

倍率が高い大学職員という職業で内定を勝ち取るには、事前の準備が非常に重要になります。ここでご紹介する対策のポイントに留意し、内定を勝ち取りましょう。

自己PRや志望動機を具体的にする

大学職員への転職を成功させるには、自己PRや志望動機を具体的にしておく必要があります。

採用担当者が重視するポイントになりますし、多くの募集者と差がつくポイントになるためです。

自己PRや志望動機を具体的にする方法
  • なぜ大学職員を選んだのかを明確にする
  • なぜその大学を選んだのかを明確にする

具体的にする方法は「なぜ?」と自問自答し理由を明確にしておくことです。

また大学が求める人材を把握し、その人材に沿うように考えると更に自己PRや志望動機の質が向上します。

大学職員は、給与や待遇の良さで志望する方が比較的に多いため、志望動機に悩む方が少なくありません。

しかし多くの方が悩むポイントですので、自己PRや志望動機を上手く作成できれば活路は開かれますよ!

大学職員の志望動機の例

ここでは、志望動機の例をタイプ別に3つご紹介します

新卒者の場合の志望動機

学校事務を志望したきっかけは、大学2年の夏休みに学童保育の補助員のアルバイトでした。

接していた小学校低学年の子どもたちにとっては、学生の私でも「学童の先生」です。

軽い気持ちで臨んではいけないことに改めて気づかされ、その責任ある立場に身震いをしました。

そこから子どもの成長に寄り添う仕事について興味を持つようになり、特に学校事務という職種を意識するようになりました。

あのアルバイトの時に感じた責任感を忘れずに、学校に勤務する者として、常に児童生徒の「先生」として見本となるような行動をしようと思います。

未経験者の場合の志望動機

貴校が、他校以上に学生の早期キャリア教育に注力されてきたことを知り、大変感銘を受けたのが志望させて頂いたきっかけとなりました。

私には学校事務の経験はございませんが、前職では人事部スタッフとして企業の社員に対してキャリア形成支援に取り組み、資格取得率を大幅に向上させた実績を有しております。

この経験を生かし、貴校の早期キャリア教育の取り組みを事務方として支えると共に、先生方や学生達の縁の下の力持ちとになりたいと考えております。

経験者の場合の志望動機

私は6年間、公立中学校での勤務経験があります。前半3年はベテランの方に指導を受けながら基礎を教えていただきました。

その方が異動してからは新たに配属された新卒の指導をしながら二人体制で業務に取り組んでいました。

後半3年は、予算策定などの全ての業務に目を通していましたので、学校経営を幅広く捉える事ができました。

また外部との折衝などを経験することでコミュニケーション力も培われたと思います。

この経験を活かしながら少しでも貴学の教育の一旦を担わせていただきたいと考えております。

志望動機を考える際の参考にしていただければと思います!

筆記試験や小論文の有無を確認する

筆記試験や小論文の有無も確認しましょう。

実は大学職員の採用試験で、筆記試験や小論文を出題する大学は非常に多く、事前に対策をしないと対応が難しいためです。

筆記試験の出題例
  • SPIテスト
  • クレペリンテスト
  • 性格検査

筆記試験は市販の対策本を一冊程度こなしておくことで十分対策ができますよ!

ただ、多くの方が手を焼くのが小論文です。小論文は筆記試験よりも重視されているためです。小論文は文章を書くコツを意識することで劇的に小論文が書きやすくなります。

小論文を書く際の5STEP
  1. 結論を最初に書く
  2. 理由を次に書く
  3. 具体例を書く
  4. 想定される反論を書く
  5. 最後にもう一度結論を書く

上記を踏まえ、小論文を書き進めましょう。ちなみに小論文で頻出するテーマがいくつかあるので、以下にまとめています。

小論文で頻出するテーマ
  • 大学職員に求められる技能や職能について
  • 大学は今後どのように活動していくべきなのか
  • 選ばれる大学にするために必要な施策について
  • あなたの強みと弱みは?それを大学にどのように生かせるか

小論文を突破するコツは、小論文を書くことに慣れることです。頻出するテーマについて小論文を繰り返し書いて身体に染み込ませることが大切です。

仕事内容や業界知識を深める

仕事内容や業界知識を深めることは、他の応募者と差別化できるポイントになります。即戦力で働けることや仕事への熱意を伝えることができるためです。

仕事内容や業界知識で志望度の高さを確認し、志望度や理解度の低い方たちは容赦なく、ふるいから落とされていきます。

仕事内容や業界知識を志望動機や自己PRに絡めることができると、志望度の高さを伝えることができますよ!

大学職員を目指す人におすすめの転職サイト3選

大学職員におすすめの転職サイト3選
  1. マイナビエージェント
  2. リクナビNEXT
  3. 大学職員公募情報

転職サイトはあなたの転職活動を優位に進めるための重要な要素になります。

転職サイトは一つに絞るより、複数の転職サイトを併用することでが良い求人を見つける確率が向上します。

そのためここでご紹介する転職サイトを併用して転職活動を進めてください!

マイナビエージェント

マイナビエージェントをおすすめできる方
  • 20代・30代で転職を検討している方
  • 転職活動にあまり慣れていない方
  • 求人票には掲載されていない情報も知りたい方

マイナビエージェントはマイナビが運営している無料で使える転職支援サービスです。

20代・30代の若い層のサポート実績が豊富で、20代に信頼されている転職エージェントNo.1の実績を誇っています!

マイナビエージェントでは幅広い業界の専任アドバイザーが多く集まっており、業界ごとに最適な求人を見つけやすいという特徴があります。

また応募する企業の人事担当の方とやりとりするアドバイザーが別にいるため、求人には掲載されていない情報も入手できるエージェントです。

大手エージェントで多くの案件を取り扱っており、大学職員の求人も網羅され頼もしいエージェントですよ!

詳細ページ 公式ページ

リクナビNEXT

リクナビNEXTをおすすめできる方
  • 知名度の高いサイトを利用したい方
  • たくさんの求人情報から転職先を吟味したい方
  • 自分の強み・弱みを把握して転職活動に活かしたい方

リクナビNEXTとは、リクルートキャリアが運営する求人サイト「リクナビ」の転職者向けのサイトです。

大手のリクルートキャリアが運営しているため、かなり信頼できる転職サイトだと言えます。

リクナビNEXT最大の特徴は、強みを発見できる「グッドポイント診断」です。

グッドポイント診断は、30分ほど簡単な質問に回答することで18種類ある強みの中からあなたに合った強みを5つ診断してくれます。

倍率の高い大学職員への転職でも特に重要な、履歴書や自己PRの作成をサポートしてくれます!

詳細ページ 公式ページ

大学職員公募情報

大学職員公募情報をおすすめできる方
  • 手軽に最新の求人情報を知りたい方
  • 大学職員に転職する際に必要な情報を知りたい方

大学職員公募情報は、国公立・学校法人の事務職員の求人情報を網羅して掲載しているサイトです。

リクナビNEXTやdoda、リクルートエージェントなど大手の転職サイトに掲載してある求人をまとめて掲載してあります。最新の情報がまとめられているので、手軽に求人に申し込むことができます。

また求人情報のみならず、大学職員の転職に関する記事も多く掲載されており、あなたの転職をサポートしてくれることでしょう!

>>大学職員公募情報のサイトはこちら

大学職員への転職に関するQ&A

ここでは、大学職員への転職で多くの方が気になるQ&Aをご紹介します。

大学職員への転職に資格は必要なの?

大学職員への転職に資格は必要ありません。

仕事は事務作業が中心なため資格は必要ないです、しかし4年制大学を卒業していることが望ましいです。高卒で募集している大学は少ないためです。

また英語力が分かるTOEICや、事務作業に欠かせないWordやExcelなどのパソコンスキルを示せる資格があると有利ですよ!

大学職員の勤務時の服装は?

勤務時の服装は基本自由ですが男性はスーツ、女性はオフィスカジュアルで勤務される方が多いです。

もちろんこれは大学や部署の雰囲気で異なります。入学式や卒業式などの式典では男女ともにスーツを着用することが多いようです!

女性であっても大学職員として働くことはできるの?

女性であっても大学職員として働くことは可能です。

一般社団法人国立大学協会の調査によると、大学職員のうち女性が占める割合は事務系で41.7%、技術系で22.3%だと言われています。

大学職員は、産休や育休が取得しやすく女性であっても働きやすい環境のためだと考えられます。

また、育休や産休から復帰したとしても、業務内容や収入面で後れを取ることが少ないのも女性が多い要因の一つでしょう。

参照サイト:国立大学における男女共同参画推進の実施に関する 第13回追跡調査報告書

大学職員に転職したいのなら志望動機や自己PRの準備を念入りにしよう!

大学職員を目指す方が転職活動で対策すべき3つのポイント
  • 自己PRや志望動機を具体的にする
  • 筆記試験や小論文の有無を確認する
  • 仕事内容や業界知識を深める

この記事では、大学職員を目指す方の年収や年齢事情はもちろんのこと対策のポイントなどをまとめてご紹介しました。

大学職員は収入や待遇面が優れており、男女問わず安定して働ける職業です。そのため人気が高く、大学によって採用倍率が100倍を超える大学もあります。

狭き門を通過するためにも上記でご紹介した転職活動で対策すべき3つのポイントをしっかり踏まえ、内定を勝ち取りましょう。