不動産業界へ転職したい!転職を成功させるための全ポイント

「未経験から不動産業界への転職を成功させたい!」と思う一方、

  • 不動産業界の仕事内容や給与、労働環境について知りたい
  • 未経験からの転職の難易度は高い?
  • 不動産業界でおすすめ業種を知りたい

と悩んでいませんか?

この記事では不動産業界への転職について調べ尽くした私が、以下について紹介します!

  • 不動産業界の転職難易度と仕事内容
  • 不動産業界が大変な理由と対処法
  • 不動産業界に向いている人の特徴
  • 不動産業界で待遇の良い転職先を見つけるコツ
  • おすすめの不動産業界特化型の転職エージェント

takeda
takeda
この記事で紹介する方法を実践すれば、誰でも待遇の良い不動産会社の内定に近づけますよ!

転職難易度にかなりの差がある?不動産業界の4つの業種!

業種概要転職難易度会社例
不動産デベロッパー大規模開発を担当かなり高い(未経験者×)三菱地所・三井不動産・野村不動産
不動産販売会社土地や住宅を担当高い(基本は未経験者×)三井不動産・野村不動産・住友不動産
不動産仲介会社売買や賃貸を担当低い(未経験者〇)アパマンショップ・センチュリー21・ホームメイト
不動産管理会社建物管理を代行やや低い(職種によっては未経験者〇)大東建託・積水ハウス・レオパレス21

不動産業界の業種は大きく分けて4つあります。それぞれ仕事内容がかなり異なるので、業界入りを目指しているなら知っておいて損はありません。

未経験から転職が厳しい業種も存在します。ただですね。事前に知ることで応募を避けられ、効率の良い転職活動につながります。

そこで、ここでは業界研究も兼ねて、まずは不動産業界にはどんな仕事があるのかチェックしておきましょう。

不動産デベロッパー

不動産デベロッパーの仕事内容
  • 街の再開発:街の魅力になるような商業施設を開発し、その周辺に住宅を充実させる。交通の利便性を良くして、人が住みやすい街を作る。
  • 大規模な宅地造設:土地を一から整備して、複数のモデルハウスを建築・販売する。
  • マンション事業開発:マンション一棟を建築・販売する。

デベロッパーは経験者のみを募集しているので、未経験者には難易度が高いです。さらに大手企業の場合、学歴フィルターもかかるんです…。

どうしても、デベロッパーに入社したい人は中小企業を狙うのをおすすめします。

代表的な企業
  • 三菱地所
  • 三井不動産
  • 野村不動産

不動産販売会社

不動産販売会社の仕事内容

デベロッパーが開発したマンションや新築一戸建ての販売を行う。売主の代わりに不動産売買の窓口となり、購入希望者と売買契約を結ぶ。

不動産の知識+宅建の資格が必要になるので、事前に勉強が必須ですね。

デベロッパー同様、大手不動産販売会社は未経験からの転職難易度はかなり高いです。しかしですね。以下の業界経験+実績があれば、いきなりの大手入社も夢ではありません!

未経験から転職できる可能性がある業界経験
  • 高単価商材の個人営業:自動車業界・保険業界など
  • 無形商材の法人営業経験:広告業界・人材業界・コンサル業界など
無形商材とは、形のないものやサービス(情報・知識・技術など)のこと。商材が売れるかどうかは営業担当者のスキル次第。目に見えないものを売り込む必要があり、商材の魅力を伝えるのが難しい。
代表的な企業
  • 三井不動産
  • 野村不動産
  • 住友不動産

不動産仲介会社

不動産仲介会社の仕事内容

売買物件や賃貸物件の契約を仲介する。売買では中古物件及び新築物件も取り扱う。

売買物件を取り扱う会社は高いスキルが求められるため、転職するのが難しいですね。

一方、賃貸物件がメインの会社は転職しやすい分、離職率が高いんです。売買営業に比べて、インセンティブの額が低いためです。

インセンティブとは、1件の契約を獲得するごとに支給される報酬のこと。不動産営業では基本給+インセンティブの給与体系をとっている会社が多い。

接客業での販売経験あると、転職が有利になりやすいです。また、未経験者でも入社後に自発的な学習をすれば、キャリアアップや宅建取得もできますよ。

代表的な企業
  • アパマンショップ
  • センチュリー21
  • ホームメイト

不動産管理会社

不動産管理者の仕事内容

マンションやオフィスビルなどの修理や修繕の点検を行い、清潔で安全な環境を維持する仕事。クレーム処理の能力やトラブルへの対応力が必要になる。

専門的な仕事内容の職種以外は、未経験でも転職できるのが特徴です。「管理を継続して受託すること」「修繕工事の売り上げ」が評価になります。

代表的な企業
  • 大東建託
  • 積水ハウス
  • レオパレス21

キツい会社が多い?不動産業界が大変な理由と対処法3選!

不動産業界が大変な理由と対処法3選
  1. 営業ノルマが掲げられている
  2. 給与がインセンティブに左右される
  3. 休日が少ない傾向がある

不動産業界は営業会社が多く、顧客対応や営業ノルマによって、激務に追い込まれる可能性があります。ただですね。不動産業界の不満を解消する方法はあるんです!

そこで、ここでは不動産業界が大変な理由と対処法をお伝えします。

営業ノルマが掲げられている

不動産業界が大変な理由は、月に何件以上売り上げるなど営業ノルマが掲げているためです。

ノルマを達成できないと詰められたり、給与が減ったりするプレッシャーと日々、向き合わなくてはなりません。

対処法としては担当物件数を増やすことをおすすめします。知識量が増えれば、顧客のニーズへの対応力が上がり、成約につながりやすいためです。

最初は担当物件や顧客を抱え、業務をこなすので精一杯だと思います。しかし、経験を積むことがノルマ達成への1番の近い道ですよ。

給与がインセンティブに左右される

不動産営業マンの給与体系は基本給+インセンティブで構成されています。そのため、契約が取れない月があると、給与が安定しません。

その分、結果次第で給与や賞与の上がり幅が大きいので、モチベーションにつながる人もいますよね?ただですね。安定志向でも不動産業界で働きたい人もいます。

対処法としては、インセンティブ制度を取り入れていない会社を選ぶのをおすすめします。

基本給のみ支給され、年ごとの昇給を取り入れるなど、一般的な会社に近い給与体系で仕事ができるんです。

休日が少ない傾向がある

不動産会社の多くは土日休みではありません。顧客からの問い合わせが土日など休日に多いためです。

顧客に合わせて相談や見学の日程を組むこともあるので、平日の休みが多くなりますね。また、新生活に向けた1〜3月の繁忙期にはかなりの残業をしなければなりません…。

対策としては、不動産管理会社を転職することですね。予算を達成できなくても、営業職ほど詰められることはありません。

そのため、残業や休日出勤は営業職より少ない傾向です。

不動産業界への転職が向いている人とは?

不動産業界に向いている人の特徴
  • お金を稼ぐことに貪欲な人
  • コミュニケーション能力の高い人
  • メンタルが強い・ストレス耐性がある人
  • 行動力のある人
  • 顧客に対して丁寧な対応が取れる人
  • 目標達成意欲がある人
  • 話すスキルより聞くスキルに長けている人

不動産業界は成果主義の会社が多いので、コミュニケーション能力の高い体育会系の社員が多い傾向です。

しかしですね。顧客の話からニーズを把握し、理想の実現に向けた的確なアドバイスができる営業マンも活躍しているんです!

そのため、話上手でなくても、メンタル面の強さ+目標達成意欲+聞くスキルがあれば、活躍できる可能性もありますよ。

【未経験者必見】不動産業界で待遇の良い転職先を見つける6つのコツ!

不動産業界で待遇の良い転職先を見つける6つのコツ
  1. 自己分析により、自分が不動産業界に向いているか考える
  2. 志望動機では自分が会社に貢献できるポイントを伝える
  3. 高収入を目指すなら賃貸営業より売買営業を選ぶ
  4. 土地活用をしている販売会社を避ける
  5. 女性なら仲介会社の窓口・事務職も視野に入れる
  6. 不動産業界専門の転職エージェントを利用する

ここまでで、

  • 不動産営業の給与はインセンティブに左右される
  • 不動産業界に向いている人は話上手や体育会系だけではない

と説明してきました。ここからはいよいよ、不動産業界で待遇の良い転職先を見つける6つのコツを紹介します!

takeda
takeda
このコツを活用すれば、自分が不動産業界のどんな業種や企業を選ぶべきかが分かりますよ!

自己分析により、自分が不動産業界に向いているか考える

まずは自己分析で不動産業界への適性があるのか調べましょう。入社後のミスマッチによる早期退職を避けるためです。

例えば、憧れや興味だけで転職を決めてしまった場合、仕事内容のギャップや企業の風土が合わないなどの問題が出る可能性があります。

失敗を防ぐためにも、以下の自己分析ツールを使い、前述した不動産業界に向いている人の特徴との共通点を探してみてください。

志望動機では自分が会社に貢献できるポイントを伝える

志望動機では会社に貢献できるポイントを伝えましょう。基本的に中途採用枠では即戦力を求めているためです。

20代の若手人材は継続的な企業の繁栄に必要不可欠なため、ポテンシャル採用される可能性が高いです。

しかしですね。30代以降は企業の貢献できるかどうかシビアに判断されるんです…。そのため、不動産業界の仕事に役立ちそうな前職の仕事のスキルを書き出しておきましょう!

アピールポイントの例
  • マネジメント能力:いずれ年下の社員をまとめる立場になることを期待される。30代以降で一番求められる能力のため。
  • 営業・接客経験:商材が変わっても発揮できるスキルのため。
  • PCスキル・ビジネスマナー:社会人としての必須スキルのため。

高収入を目指すなら賃貸営業より売買営業を選ぶ

不動産業界に転職して高収入を目指すなら、不動産仲介会社で売買営業を担当しましょう。商材が売れた時の歩合額が高いためです。

賃貸営業の歩合額

不動産仲介会社には借主が決まった賃貸物件の家賃1〜2ヶ月分が仲介手数料として支払われる。歩合率は会社別で異なるが、営業マンは約20%貰える会社が多い。

それぞれの歩合額の例(歩合率20%の場合)
  • 賃貸営業:家賃10万円のマンションを紹介した場合の歩合額はおよそ2万円
  • 売買営業:3,000万円の一戸建てを売った場合の歩合額はおよそ600万円

同じ歩合率でも売買営業で一戸建てを売れば、歩合額は高額です!ただですね。一戸建てを売るにはスキルや知識量が必要なため、簡単ではありません。

マイナビ転職の調査によると、不動産営業の平均年収は431万円でした。一方、売買物件を扱う会社には年収1,000万円を稼ぐ営業マンが多いのも事実。

そのため、高収入を目指すなら、売買営業を視野に入れることをおすすめします。

土地活用をしている販売会社を避ける

土地活用をしている販売会社は避けた方が良いですね。激務とされている会社が多いためです。

土地活用とは、土地の所有者が保有資産を増やすことを目的として、利用しない土地を有効活用すること。例えば、賃貸住宅を建てたり、駐車場を経営したり、様々な選択肢がある。

不動産販売会社ではノルマを達成しないと、インセンティブがつきません。高い収入を維持するためには、長時間残業や休日出勤をして、契約を取る必要があるんです。

ノルマを達成できなくても、最低限の生活は保証されています。しかしですね。成果主義の社風があると、ノルマ未達成では会社での居心地が良くありません。

そのため、土地活用をしている販売会社は避けるのをおすすめします。

女性なら仲介会社の窓口・事務職も視野に入れる

不動産業界の男女比率は圧倒的に男性が多いです。しかしですね。窓口や事務職で活躍している女性もたくさんいます。

女性の一人暮らしの顧客対応なら、防犯面などの相談がしやすいためです。

不動産業界で女性に適している仕事
  • 仲介会社の窓口・事務職
  • 物件の収益計算の経理担当
  • 不動産販売営業での電話営業

やはり、インセンティブをもらえる営業職と比べると、年収は高くありません…。ただですね。定時帰宅しやすい会社も多く、プライベートを優先したい人におすすめですよ!

不動産業界専門の転職エージェントを利用する

不動産業界に転職希望なら、専門の転職エージェントを利用しましょう!

不動産業界専門の転職エージェントをおすすめする理由
  1. 不動産業界に精通したキャリアアドバイザーからアドバイスをもらえる
  2. 求人数が多く、紹介される求人の質も高い
  3. 総合転職エージェント同様のサポートを受けられる

総合転職エージェントの場合は他業界の求人を紹介されることや、キャリアアドバイザーの業界知識が浅い場合もあるんです。

takeda
takeda
私が総合転職エージェントを利用していた際は、専門用語が通じず、希望の条件を伝えるのに苦労しました。

一方、専門転職エージェントなら自分より詳しい知識を持った担当者の求人選定や面接対策、履歴書添削が受けられます。

そのため、転職活動を効率的に進めることができるんです!

不動産業界に転職したい場合におすすめしたい転職エージェント3選

転職エージェント名求人数サポートの質おすすめ度
マイナビエージェント不動産約380件不動産業界専任担当者+大手の転職ノウハウ 4.5
不動産キャリアエージェント約6000件企業の内部事情を詳しく知れる 4.5
宅建Jobエージェント約1,000件LINE・電話・メールを使用した相談が可能 4.3

前述したように、転職エージェントは不動産業界に特化しているものがおすすめです。ただ、転職エージェントの数は多く、どれを選べば良いかが分からないと思います。

そのため、ここではおすすめの転職エージェントの特徴をまとめました。気になったら、まずは登録してみるのをおすすめします。

マイナビエージェント不動産

マイナビエージェントは「20代満足度No.1」を誇る転職エージェントとして有名です。その中で不動産業界に特化しているのが「マイナビエージェント不動産」です。

takeda
takeda
不動産業界専任のキャリアアドバイザーが担当してくれます。

大手で培った面接対策や履歴書添削のノウハウは信用できますね。

初めての転職で、

  • どんな企業へ応募すればいいのか分からない
  • 不動産業界の知識がほとんどない

という場合は、まずはマイナビエージェント不動産に登録・相談してみるのがおすすめです! マイナビエージェント不動産の公式HPを見る

不動産キャリアエージェント

不動産キャリアエージェントは、不動産業界特化型の転職エージェントです。

不動産業界求人数No.1で、6,000件以上の求人を保有中。キャリアアドバイザーは業界の内部事情に精通しているので、企業の本当の評判を教えてくれます。

takeda
takeda
6,000件も求人があれば、自分にマッチした求人が見つかる可能性が高いですね。

キャリアアップの転職にも使えるので、数年経験を積んでから再度転職活動で利用できます。情報収集をするだけでも十分役立つ転職エージェントです。

不動産キャリアエージェントの公式HPを見る

宅建Jobエージェント

宅建Jobエージェントは「株式会社ヘイフィールド」が運営する不動産業界専門の転職エージェントです。

不動産業界に詳しいキャリアアドバイザー+非公開求人を含む1,000件以上の求人を保有しています。

条件が合えば、ライバルの少ない非公開求人を紹介してもらいやすいんです。

takeda
takeda
ワークライフバランスを意識した企業の求人も多いので、子育て中の女性も安心ですね。

LINE・電話・メールでスキマ時間に相談ができるので、仕事が忙しい人もぜひ登録しておきたい転職エージェントといえます。

宅建Jobエージェントの公式HPを見る

不動産業界の転職に関するQ&A

不動産業界へ転職する際のQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね!

未経験の30代や40代から不動産業界へ転職できる?

30代や40代でも転職できる可能性は高いです。今後もマンション管理やリフォームにおける需要が増えていくためです。

海外からの移住やシェアハウスなど拡大中の分野も多く、採用されやすいです。ただですね。体力勝負の業界なので、長時間勤務の覚悟が必要です。

人口の減少により、不動産の需要が下降気味なので、販売の仕事に就くのは難しいかもしれません…。

そのため、30代や40代の方が転職するなら、マンション管理やリフォーム事業の求人をおすすめします。

不動産業界に転職する人におすすめな資格は?

以下の資格は業務で重宝される可能性が高いので、取得するのをおすすめします。

  • 不動産鑑定士:不動産の価値を鑑定できる希少価値の高い国家資格。不動産会社・鑑定事務所・金融機関・コンサル会社など転職は引く手数多。
  • 宅地建物取引士:法律上、事務所には「5人に1人以上」の割合で宅建士を設置する義務があり、重宝されやすい。
  • 普通自動車免許:顧客を物件に案内する際に社用車を運転する機会が多い。

これからのキャリアプランに必要な資格があれば、転職する前に取得しておきましょう!

不動産業界へ転職するためのノウハウまとめ

不動産業界で待遇の良い転職先を見つける6つのコツ!
  1. 自己分析により、自分が不動産業界に向いているか考える
  2. 志望動機では自分が会社に貢献できるポイントを伝える
  3. 高収入を目指すなら賃貸営業より売買営業を選ぶ
  4. 土地活用をしている販売会社を避ける
  5. 女性なら仲介会社の窓口・事務職も視野に入れる
  6. 不動産業界専門の転職エージェントを利用する

不動産業界は成果主義や激務など厳しいイメージの強い業界です。しかしですね。業種や企業によって、給与や労働環境は異なるので転職の際に慎重に選択しましょう。

転職を検討しているなら、

  1. 不動産業界に精通したキャリアアドバイザーからアドバイスをもらえる
  2. 求人数が多く、紹介される求人の質も高い
  3. 総合転職エージェント同様のサポートを受けられる

これらの理由で不動産業界専門の転職エージェントがおすすめです。

不動産業界への転職を成功させるためにも、上記の6つのコツを活用して、自分に合った企業を見抜く眼を養いましょう!