ヘッドハンターを活用して転職を成功させる全ノウハウ

「ヘッドハンター経由で転職をしたい!」を思う一方で、

  • ヘッドハンターを活用する方法を知りたい
  • ヘッドハンターに選ばれる人材とは?
  • そもそもヘッドハンターとは?

と悩んでいませんか?

ここではヘッドハンター経由の転職について調べ尽くした私が、以下について紹介します。

  • ヘッドハンターの概要
  • ヘッドハンター経由で転職するメリット・デメリット
  • ヘッドハンティングされやすい業界・職種一覧
  • ヘッドハンター経由の転職を成功させるための4ステップ

takeda
takeda
この記事で紹介する方法を実践すれば、今後ヘッドハンティングされる可能性をかなり上げることができますよ!

目次

ヘッドハンターとは、ハイクラス層を対象に企業と人材のマッチングを行う人のこと

ヘッドハンターとは、役員クラスの人材や先進分野で高いスキルを持っている人材などを対象に、企業と人材をマッチングを行う人のことです。

ただですね。一括りにヘッドハンターと言っても、働き方は様々なんです。

ヘッドハンターの種類
  • ヘッドハンティングを専門に行っている会社の専属ヘッドハンター
  • 個人でヘッドハンティングを行うフリーのヘッドハンター
  • 人材紹介会社に在籍して、高収入の業界・職種を担当するヘッドハンター

マッチング方法は、企業から直接依頼を受けてヘッドハンティングしたり、求職者の相談内容から求人を探したりする方法がありますね。

人脈を駆使してヘッドハンティングする人の情報を得る

ヘッドハンターは基本的に人脈を駆使して、ヘッドハンティングする人の情報を得ています。

例えば、家電メーカーが白物家電の新商品を販売する際には、新聞社の記者やテレビ局のディレクターが取材に訪れます。そこでは商品開発者に質問できる機会があるんです。

ヘッドハンターはマスコミ関係者との人脈を駆使して、優秀な人材の情報をゲットします。そして、現職への不満や実現したい仕事がないか、探りを入れるんです。

ヘッドハンター経由で転職する4つのメリット

ヘッドハンター経由で転職する4つのメリット
  1. 転職者の立場が強く、条件を提示しやすい
  2. 給与が上がる傾向がある
  3. 第三者の立場により、ミスマッチを起こしにくい
  4. 豊富な紹介実績を活かして、相性の良い企業を紹介してくれる

ヘッドハンター経由での転職は、給与面や待遇面での交渉がしやすいのが大きなメリットですね。また、ミスマッチを起こさないようにヘッドハンターが尽力してくれます。

ここからは、ヘッドハンター経由で転職するメリットを4つ紹介します。

転職者の立場が強く、条件を提示しやすい

ヘッドハンター経由だと転職者の立場が強く、条件を提示しやすいんです。現職の待遇に不満があまりないので、転職しない選択肢もあるためです。

ヘッドハンティング会社のヘッドハンターとしては、対象者に転職してもらわないと利益になりません…。

ヘッドハンティング会社のビジネスモデル
ヘッドハンターはA社在籍中の佐藤さんに、より良い条件のB社を提示する。佐藤さんがB社に入社した時点で、B社から成功報酬(佐藤さんの年収の○%)を受け取る。
そのため、年収や業務内容、転勤なしなど待遇面での条件を交渉がしやすいんです!

給与が上がる傾向がある

ヘッドハンター経由で転職すると、大半の人が前職よりも給与が上がります。

ヘッドハンターにヘッドハンティングを依頼する企業は、コスト面より優秀な人材獲得を優先しているためです。

ヘッドハンターがより良い条件を提示してくる例
  • 前職:年収800万円→転職先:年収1,000万円
  • 前職:住宅手当は家賃の3分の2の額を支給→住宅手当は全額支給

このように企業が欲しい人材は現職より高待遇を用意してくれます。

現職に留まる選択肢がある対象者はより高待遇・高年収を提示しないと、転職してくれません。そのため、給与が上がるのはほぼ確実ですね。

第三者の立場により、ミスマッチを起こしにくい

ヘッドハンターは第三者の立場からのアドバイスにより、ミスマッチを起こさせません。ヘッドハンターの多くは採用の背景や職場の実態まで知っているためです。

例えば、面接の場では求職者も企業も良い面をアピールするので、お互いに実態より期待値が上回ってしまい、入社後にギャップを抱く場合が多いんです…。

しかしですね。ヘッドハンターなら第三者の立場から企業の良い面だけでなく、悪い面も教えてれます。そのため、冷静な判断ができ、納得のいく選択になりやすいんです!

豊富な紹介実績を活かして、相性の良い企業を紹介してくれる

小規模のヘッドハンティング会社は特定の企業へ豊富な紹介実績があるので、ミスマッチを起こしそうな企業へ対象者を紹介しません。

特定の企業には何名も人材を紹介しているので、企業文化と相性の合いそうな人のタイプを正確に理解しているためです。

企業の採用担当者は人事異動で変わることが多いので、中には社員より企業のことを知り尽くしたヘッドハンターもいます。

特定の企業のことを熟知したヘッドハンターは、入社後の長期的なキャリアも考慮して、紹介してくれるので転職の満足度が高くなりやすいですね。

ヘッドハンター経由で転職する3つのデメリット

ヘッドハンター経由で転職する3つのデメリット
  1. 転職先の情報が不足しやすい
  2. 仕事のプレッシャーが増す場合がある
  3. 転職が成功するかはヘッドハンターとの相性次第

ヘッドハンター経由での転職活動は高待遇・高収入になりやすいです。しかしですね。高収入だけど、その分激務だったり、高いノルマを設定されたりする可能性もあります…。

そのため、ヘッドハンター経由の転職だからと言って、安心はできないんですよね。そこで、ここではヘッドハンター経由で転職する3つのデメリットを紹介します。

転職先の情報が不足しやすい

デメリットは転職先の情報が不足しやすいことです。ヘッドハンターの話だけで、転職を即決してしまう人もいるためです。

入社後にミスマッチを起こさないためにも、転職前に以下の項目を調べておきましょう。

  • 会社の業績:業績によって、賞与の額が決まる。
  • 業界内の立ち位置・業界全体の景気:今後の業績に関わってくる。
  • 商材の強み:営業職なら競合に負けない魅力的な商材があるだけでも楽になる。
  • 離職率の高さ:離職率の高い会社は何かしら問題を抱えている。
  • 固定残業代か否か:残業代があらかじめ基本給に含まれている。
  • 職場の雰囲気:ヘッドハンターや採用担当者の話だけでは分からない。

ヘッドハンターの話だけで転職を即決せずに、転職先への職場見学で職場の雰囲気を確認したり、企業との面談で再度条件の確認をしたりするのが大切ですね。

仕事のプレッシャーが増す場合がある

仕事のプレッシャーが増す場合がありますね。高待遇・高年収で入社すると、役職がついたり、より高い実績を上げることを求められたりするためです。

例えば、実力主義の会社に入社した場合、基本的には実績に応じて年収が決まります。

数年だけ高年収が確約されていますが、それ以降は年収に見合った実績が出せなければ減額されてしまうんです。

そのため、ヘッドハンティングされた企業によっては、より実績が求められる環境で働かなくてはなりません。

転職が成功するかはヘッドハンターとの相性次第

転職が成功するかはヘッドハンターとの相性が絡んできます。人が介するサービスなので、ヘッドハンターも相性の合う人にはより良い条件で転職してほしいためです。

ヘッドハンターの得意分野や交渉スキルはネットでも情報をゲットできます。しかしですね。相性に関しては実際に会って話してみないと分かりません…。

相性を確認するために、実際に出向く手間はデメリットですね。

takeda
takeda
相性の良いヘッドハンターを探す方法も後述しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアアップのチャンスあり?ヘッドハンティングされやすい業界・職種一覧

業界
職種
役職・年収
金融
法人営業・コンプライアンス

マネージャー:800〜1,300万円

部長以上:1,200万円〜1500万円

コンサルティング
コンサルタント

ジュニア:700万円

パートナー:1,300万円〜6,000万円

医療
MR

若手:700万円

経営陣:2,000〜3,000万円

自動車
アプリエンジニア

プレイングマネージャー:700〜1,000万円

経営陣:2,000〜3,000万円

IT
営業
マネージャー以上:600〜1,000万円

企業が欲しがる人材の特徴は、現役で活躍中かつ転職への興味が薄いことです。実績があり、市場価値が高いのに自発的に転職する可能性が低いためです。

特に上記で挙げた業界・職種は需要があり、実績次第では企業が説得してでも獲得したい人材になれるかもしれません。

専門性と実績を兼ね備えた人材になり、キャリアアップを目指しましょう!

ヘッドハンター経由の転職を成功させるための4ステップ

ヘッドハンター経由の転職を成功させるための4ステップ
  1. スペシャリストとして実績を挙げて、市場で目立つ存在になる
  2. 志望している業界に強いヘッドハンターを選ぶ
  3. 自分のキャリアの棚卸しをしておく
  4. 入社予定の会社の情報を徹底的に集める

ここまでで、

  • ヘッドハンター経由の転職だと条件面の交渉がしやすい
  • 激務やプレッシャーがかかるなどデメリットがあるかもしれない

と説明してきました。ここからはいよいよ、ヘッドハンター経由での転職を成功させる方法を4ステップで紹介します!

takeda
takeda
このステップを活用すれば、ヘッドハンターから声をかけられやすくなり、キャリアアップできる可能性も上がりますよ!

スペシャリストとして実績を挙げて、市場で目立つ存在になる

ヘッドハンティングされるためには、スペシャリストとして実績を上げて、市場で目立つ存在になりましょう!

突出した専門性を持つ人材がヘッドハンティングされる傾向があるためです。実績を作り、業界内の知名度を上げる努力が必要ですね。

業界内の知名度が高い人の例
  • メーカー業界:ヒット商品の開発者
  • 広告業界:広告賞の常連受賞者
  • 営業職:突出した営業実績を挙げる
  • 業界に関わらず、同業他社が注目するプロジェクトの発起人兼リーダー

雑誌やテレビの取材に応じたり、社内HPに載ったりすることで顔を売るのも重要です!そのため、自分の専門分野を見極めて、伸ばしていきましょう。

志望している業界に強いヘッドハンターを選ぶ

志望業界に強いヘッドハンターを選びましょう!出身業界によって、ヘッドハンターにも得意分野と苦手分野があるためです。

(※)ヘッドハンティング会社or人材紹介会社のヘッドハンターは選択可能です。
特定の業界に強いヘッドハンターの例
  • 人材業界:企業の組織編成の状況に合った人物像を把握している。様々な企業と接する機会が多いので、他業界と比較した判断基準を踏まえたアドバイスができる。
  • IT業界:企業の開発環境や使用ツールに詳しく、エンジニアが気にしている働き心地が分かる。
  • コンサル業界:コンサルティングファームの各社の違いや特徴、具体的な仕事の進め方まで熟知している。

業界の専門用語を用いた会話が通じるので、話がスムーズに進みます。経験談を用いたアドバイスがもらえるため、身になる情報が多いですね。

自分のキャリアの棚卸しをしておく

定期的に自分のキャリアや強みを棚卸ししてみてください。アウトプットすることで、自分のキャリアを客観視できるためです。

キャリアの棚卸しのやり方
  1. 時系列順に今まで担当した業務を書き出す
  2. 業務ごとに実績や身ついたスキルを書く
  3. 客観的な視点で仕事への価値観や強みを見つける

仕事への価値観を知れば、転職先に求める条件が明確になります。また、異業種への転職の場合は、新しい業務への適性があるかどうかの判断材料としても有効ですね。

入社予定の会社情報を徹底的に集める

ヘッドハンティングされた企業の情報は念入りに調べておきましょう。実際、ヘッドハンターに褒められ、魅力な仕事内容や報酬を提示されたら、嬉しくなっちゃいますよね?

ただですね。ヘッドハンターの先にいる企業と話したり、情報を集めたりしないと、入社後にミスマッチを起こしかねません…。

改めて企業と条件の確認をすることはもちろん、口コミサイトで企業の評判を見てから吟味するのをおすすめします。

代表的な口コミサイト

ヘッドハンターに関するQ&A

ヘッドハンター経由の転職に興味があっても、実際にヘッドハンティングされた人が周りにいないと詳しい実情を知ることはできません。

そこでここでは、ヘッドハンターに関する質問を答えていきます!

ヘッドハンターと転職エージェントって何が違うの?

ヘッドハンティングは受動的な転職、転職エージェントは能動的な転職と言えますね。

対象者の違い
  • ヘッドハンティング:転職の意思が薄く、現職の待遇に満足している人。
  • 転職エージェント:転職したい理由は様々だが、自ら求人をチェックしたり、エージェントに登録してたりしている人。

ヘッドハンティングされる人は現職の待遇にあまり不満がなく、自発的に転職活動を始めることはほぼありません。

そこでヘッドハンターは現職より良い条件の求人を提示して、転職を促すわけですね。

一方、転職エージェントの場合は現状を変えるために「転職したい」と考え、行動を起こす人が対象です。

そのため、優秀かどうかではなく、現時点で転職の意思があるかどうかの違いですね。

相性の良いヘッドハンターの選び方とは?

ヘッドハンターを選ぶ際は、自分と相性の良かった上司のタイプを想像することをおすすめします。

ビジネス上で馬が合うタイプを想像しやすく、相性のミスマッチを減らせるためです。

聞き上手や丁寧なフィードバックをくれるなど、相性の良い上司の特徴を思い出して、近いタイプのヘッドハンターを選ぶのをおすすめします。

年齢層別のヘッドハンターの選び方
  • ベテラン:今までの経験を通した情報を求める人におすすめ。
  • 同世代:コミュニケーションの図りやすさを求める人におすすめ。
  • 若手:IT分野など移り変わりが早い分野の情報がほしい人におすすめ。

自分と相性が良いのは年上or年下なのか、どんなタイプなのかを突き詰めれば、ヘッドハンターは選びやすくなりますよ!

ヘッドハンターに声をかけてもらうために必要なことは?

企業ごとに求める人材の特徴は異なりますが「人間関係を大切にする」ことは共通して重要視されます。

ヘッドハンターへ情報が入りやすいのは、社内での人間関係を前向きに築いている人のためです。

例えば、会社のミドル層から情報を提供されたり、ヘッドハンティングされた人が「連れていきたい優秀な部下がいる」と希望したりします。

一方、どんなに高いスキルや実績を持っていても、人間関係に難がある人には声をかけづらいんです。

そのため、人間関係を疎かにせずに優秀な実績を収めていれば、ヘッドハンティングされる可能性は十分にありますね。

ヘッドハンター経由で転職する際の情報まとめ

ヘッドハンター経由の転職を成功させるための4ステップ
  1. スペシャリストとして実績を挙げて、市場で目立つ存在になる
  2. 志望している業界に強いヘッドハンターを選ぶ
  3. 自分のキャリアの棚卸しをしておく
  4. 入社予定の会社の情報を徹底的に集める

ヘッドハンター経由の転職は高収入・高待遇を実現できます。ただですね。きちんと条件や転職先の雰囲気を確認しないと、入社後に後悔する可能性もあるんです。

ヘッドハンティングされるには、

  • メーカー業界:ヒット商品の開発者
  • 広告業界:広告賞の常連受賞者
  • 営業職:突出した営業実績を挙げる
  • 業界に関わらず、同業他社が注目するプロジェクトの発起人兼リーダー

など実績を挙げて、市場で目立つ存在になるしかありません。

まずは上記の4ステップをクリアしていき、ヘッドハンター経由の転職でキャリアアップを目指しましょう!