HSPの人(繊細さん)に適した仕事の探し方&仕事が辛いときの対処法!

  • HSPで仕事がなかなか続かない
  • HSPの人ってどんな仕事をしているの?

このように悩んでいませんか?

kouno
kouno
私自身もHSPでなかなか仕事が続かず、すぐ辞めてしまう自分に自己嫌悪になることもありました。でも今は自分に合う仕事に出会い、楽しく働けています。

「HSP」は「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の略で、イギリスの心理学者によって提唱されている人の気質のことを言います。

繊細で感受性が高く、身近な人の感情に左右されてしまい仕事やプライベートでもストレスを感じやすい傾向にあります。

病気ではありませんが、仕事でやりにくさを感じたり、なかなか仕事が続かないと悩んだりしている場合もあるのではないでしょうか。

この記事では、私自身の経験も踏まえて仕事が辛い時の対処法や向いている仕事などについてまとめました。

HSPで仕事のことを悩んでいる場合にはチェックしてみてください。

HSPの主な特徴

HSPの主な特徴(一例)
  • 感受性が豊かで人の感情や表情に敏感
  • 光、音、においに敏感
  • 人の多い場所にいくと疲れやすい
  • 繊細で傷つきやすい
  • 心配性
  • 自己否定が激しい
  • 細かい所が気になる
  • HSS型は好奇心旺盛 など

HSPの場合には上記のような感覚が人より強い傾向にあります。一つずつ解説していきますね。

感受性が豊かで人の感情や表情に敏感

HSPの人は感受性が豊かです。

周りを見えているので、元気がなかったり落ち込んでいたりする人に気付きやすく、声をかけてあげられます。

しかし、悩みを聞いていると、感情移入しすぎて場合によってはその人以上に落ち込んでしまう場合があります。

そのため、悩みを聞く場合には気持ちの線引きが必要です。

kouno
kouno
私の場合は、会社の人や友人はもちろん、テレビや映画にも感情移入しやすいです。

また、周りが見えすぎて人の感情に敏感すぎるがゆえに、近くの席にいる上司や同僚がイライラしているのも気になってしまいます。

kouno
kouno
仕事中に誰かが怒られているだけでも、自分が怒られているような感覚になることもありました。

光、音、においに敏感

騒音が好きな人はあまりいないかもしれませんが、人一倍大きな音や光に敏感で大きな音に驚きやすいです。

また、HSPの場合には電子音のような、ほとんどの人が気にならない音が気になったり、不快に感じたりすることもあります。

kouno
kouno
大きい音や光が強い場所では、疲れてしまうことがあります。

人の多い場所にいくと疲れやすい

人の多い場所では、人の感情や音など耳から入ってくる情報が多いため、一人になると頭が疲れてなにもしたくなくなる傾向にあります。

HSPでない場合は気にならない音でも、HSPの場合には嫌でも耳に入って来て情報として拾ってしまうため、疲労感を感じやすいのです。

そのため、人の多いフロアで働いている場合や、常に電話がなっているような環境だとストレスになってしまいます。

kouno
kouno
人が嫌いなわけではないのですが、人の多い場所は情報が多すぎて家に着くとどっと疲れがでます。

繊細で傷つきやすい

HSPの場合は仕事の失敗やミスを注意された時に、言われていない事まで言われた気になって、傷ついてしまう場合があります。

一つの事に対して十のことを理解するので、理解力がある反面気にしなくて良い所まで気になる傾向が強いです。

kouno
kouno
ちょっと注意されただけでも、相手の声のトーンで言われてないことまで注意されている感覚に陥ることがありました。

心配性

HSPは仕事でもプライベートでも心配性な傾向があり、石橋をたたいて渡る慎重派です。

慎重に仕事を進められるので、細かい事に気付けたり大きなミスにならないように細心の注意を払えたりします。

常に挑戦や前進をし続けるような社長の元で働くと「大丈夫なのかな」とドキドキしてしまうことがありますが、ブレーキ役になることも可能です。

kouno
kouno
必要以上に心配してしまいますが、その分慎重に仕事ができる場合もあります。

また「電車が止まったらどうしよう」などと心配することもあり、遅刻はほとんどしません。

自己否定が激しい

他人から言われたことや否定されたことなどをたまにふと思い出して、自分のことを否定しすぎてしまうことがあります。

周りから見ると十分に頑張っているように見えていても「全然できていない」と思ってしまい、仕事を無理してしまうことも少なくありません。

HSPでなくとも自己肯定感が低いと「自分はダメだ」と思ってしまうことがありますが、なるべく自分を認めてあげることが必要です。

kouno
kouno
私の場合は、必要以上に自分を責めてしまう時があるので、なるべくブレーキをかけるようにしています。

細かい所が気になる

HSPは注意力があり刺激に敏感な分、観察力に優れています。そのため、他の人が気付かないミスや細かい点に気付きやすいです。

一方で、ミスが多い人や細かいことをあまり気にしない人と仕事をしていると、ストレスに感じることもあります。

しかし、お金の計算をしたり確認事項が多かったりする「正確さが求められる仕事」だと能力を発揮しやすいのです。

kouno
kouno
私の場合は「そこ気になる?」というところが気になり「ここは気にするでしょ」というところが気にならないこともあります。

HSPとはいえ気質は人によって様々です。

HSS型は好奇心旺盛

HSPにはHSS型という気質があり、HSS型の場合には好奇心旺盛です。

HSSとはHigh Sensation Seekingの略で刺激追求型のことを言います。

家でじっとしているのが好きでなかったり、色々な事に興味を示し挑戦したりするなど好奇心旺盛な一方で、その刺激に疲れてしまう気質です。

刺激を求めて前進し続けられるので行動力がありますが、定期的に休憩をする必要があります。

kouno
kouno
HSPだと知るまでは正直生き辛いと感じることもありました。

しかし、自分の気質に気付きうまく付き合うようになってからは、HSPはメリットだと感じることもあります!

HSPは仕事が長く続かない?仕事が辛い時の5つの対処法

仕事が辛い時の5つの対処法
  1. 人は人、自分は自分と思う
  2. 一人になれる時間を作る
  3. 自分を責めすぎない
  4. 人に相談する
  5. 転職を考える

HSPで仕事が長く続かないと悩んだり、仕事が辛いと感じたりした時の対処法について一つずつ解説します。

人は人、自分は自分と思う

人の感情に敏感なので、イライラしている人がいる環境や他の人が怒られている場面に遭遇してしまうと、自分自身もストレスを感じてしまいます。

そういう場合には、最初は難しいかもしれませんがなるべく「人は人、自分は自分」と線引きをしてみてください。

それにより余計なストレスに自分の感情が引きずられてしまうことを防ぎ、仕事が辛くなってしまうことを避けられます。

耳栓やイヤホンをしながら仕事をすることは難しいかもしれませんが、意識を目の前の仕事に向けて周りを気にしないのが良いです。

kouno
kouno
イライラしている人がいたり、いつもと違う声色で対応されたりすると「私、何かしたかな?」と気にしてしまうことがあります。

そういう時は「タイミングが悪かっただけだ」と自分に言い聞かせるようにしています。

一人になれる時間を作る

仕事のストレスはもちろん、人が多いオフィス街や満員電車もHSPにとってはストレスになってしまいます。

色々な情報で頭がいっぱいになってしまった場合には、意識的に一人になる時間を作るのが良いです。

とはいえ、仕事中だと一人になるのは難しいこともありますよね。その場合は、トイレに行って休むだけでも少し気持ちが落ち着きますよ。

また、外ではノイズキャンセリング機能が搭載されているイヤホンを利用するだけでも、余計な音はシャットアウト可能です。

kouno
kouno
私の場合、ニュースやSNSを見てストレスになることもあるので、テレビやスマホを見ない時間や期間を作って、目から入る情報をシャットアウトしています。

自分を責めすぎない

HSPに限らず、仕事のミスや失敗をしてしまうと、必要以上に自分を責めすぎてしまうことがあるかもしれません。

しかし、どんなに仕事ができる人でもミスや失敗をすることはあるので、自分を責めすぎずに次に気を付ける努力をするのが良いです。

どうしても自分を責めすぎてしまう場合には、

  • 起こったこと
  • その原因
  • どうすれば良かったか

をノートに書き出してみてください。

それにより、次に気を付けやすくなったり、頭の中の自分を責めすぎてしまっていた気持ちも落ち着いたりします。

人に相談する

一人で抱え込んでしまうとどんどん落ち込んでしまうことがあるので、人に相談してみましょう。

職場や職種が自分に合っていない場合には、上司に席替えや配置転換をお願いしてみるのも方法の一つです。

友人に相談して「そこまで気にしなくて良いじゃん」と言われて「いや、気になるんだよ!」と思ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、人に気持ちを吐き出すだけでも自分の中で「これが嫌だったんだ」ということが明確になります。

ただ、人と会ったあとに「余計なこと言わなかったかな」など気にしてしまうこともあるのがHSPの特徴です。

そのため、もし友人に相談しにくい場合には、カウンセラーのように距離感がある人に話すのも方法の一つとしておすすめします。

転職を考える

職場の人に相談してみても状況が改善されない場合や、そもそも職場の人に相談がしにくい場合には転職を考えるのも良いです。

とはいえ、ただ転職をするだけでは同じようにストレスを感じて、また転職を繰り返してしまうかもしれません。

そのため、転職をするにしても十分に準備してから動き始めるのをおすすめします。

HSPに向いてる・向いてない仕事や、HSPに適した仕事の探し方について次の項から詳しく解説するので、転職をする場合には参考にしてみてください。

HSPに向いてる仕事・向いていない仕事

kouno
kouno
HSPに向いてる仕事や向いていない仕事について解説します!

HSPに向いてる仕事

HSPに向いてる仕事
  • 人の痛みに寄り添える仕事(カウンセラー、セラピスト、福祉関連)
  • 正確さを必要とする仕事(エンジニア、プログラマー)
  • 一人で黙々と進められる仕事(データ入力、倉庫作業)
  • 感性を活かせる仕事(イラストレーター、デザイナー、カメラマン)
  • 在宅でできる仕事(ライター、Webデザイナー、在宅事務)

HSPは人の感情に敏感で痛みを理解できるので、カウンセラーやセラピストも合いますが共感しすぎてしまわないよう努力は必要です。

また、人と関わることが少ない仕事であれば人の感情に左右されることがなく、仕事を黙々と進められます。

人と関わりたいけど満員電車や人ごみが苦手な場合には、在宅でできるような仕事がおすすめです。

HSPに向いていない仕事

HSPに向いていない仕事
  • ノルマや社内で競争が厳しい仕事(営業)
  • 大きな音がする環境の仕事(パチンコ店、工事現場)
  • クレームを受けやすい仕事(接客業、コールセンター)
  • 人を動かす仕事(役職者、マネージャー)

大きな音や声に敏感に反応するHSPにとって、クレームを受けることが多いコールセンターや大きな音がする工事現場などは向いていません。

またノルマや競争が激しい仕事の場合には、妬みや嫉妬などを向けられることで気持ちが滅入ってしまいます。

自分のペースを崩されることが嫌と感じることはHSPでなくてもあると思いますが、必要以上にストレスになるケースも少なくありません。

HSPに向いてる仕事・向いていない仕事まとめ

人の痛みに寄り添える仕事や、自分のペースで雑音がほとんどない環境で働くのがHSPにとってはストレスが少ないです。

また、競争やスピード感が求められる仕事や大きい音が聞こえる仕事だと負担になる可能性があるので、なるべく避けた方が良いかもしれません。

自分のペースかつ自宅でできるフリーランスの仕事も最近ではたくさんありますが、突然フリーランスになると収入面での不安やストレスも出てきます。

そのため、副業OKの会社であればまずは副業で初めて安定した収入が見込めるようになってからフリーランスになるのが安心です。

HSPに適した仕事の探し方

HSPに適した仕事の探し方
  • 自分の得意な事を洗い出す
  • 自分が希望する働き方を考える
  • キャリアの棚卸をして活かせる仕事を探す
  • 転職サイトや転職エージェントを利用する

HSPに適した仕事の探し方について一つずつ解説します。

自分の得意な事を洗い出す

HSPを短所だと思ってしまうこともあるかもしれません。

しかしながら、HSPであるからこそ周りが見えていたり人に寄り添えたりと長所もたくさんあります。

そのため、自分は何が得意なのかを振り返ってみてノートなどに書き出してみてください。

パソコンスキルに優れていて事務処理が得意であれば、在宅でできる事務の仕事やオンライン秘書という仕事もあります。

また、IT関連のスキルがあればエンジニアも一つの選択肢です。

自分が希望する働き方を考える

自分の希望する働き方を考えてみるのも効果的な仕事の探し方です。

例えば、HSS型で外に出るのが好きな場合には、営業や接客業はもちろん、カフェなどで仕事ができる職種も良いかもしれません。

また、もしHSS型でない場合には、在宅ワークやリモートワーク可能な仕事も選択肢の一つとしておすすめです。

同じHSPでも自分が希望する働き方は人によってそれぞれなので、まずは自分が理想とする働き方を考えてみましょう。

キャリアの棚卸をして活かせる仕事を探す

やりたいことや得意なことが見つからないということであれば、キャリアの棚卸をしてみるのが良いです。

これまで経験した仕事であれば、新しく仕事を覚える必要もなく余計なストレスを感じることなく仕事ができます。

例えば、大きな会社で事務をしていたけど、雑音に疲れてしまったということであれば事務経験を活かして小規模の会社に転職することも可能です。

逆にアットホームすぎて距離感が近くて嫌だったということであれば、同じ事務の仕事でも大きな会社に転職するのも良いかもしれません。

同じ職種でも会社の規模や社風によって仕事のしやすさが異なるので、自分に合う環境を探してみてください。

転職サイトや転職エージェントを利用する

やりたい仕事や目指す働き方が決まったら、転職サイトや転職エージェントを利用します。

とはいえ、たくさんの転職サイトや転職エージェントがあるので「どこに登録したら良いかわからない」と迷うかもしれません。

転職サイトも転職エージェントもそれぞれに利用するメリットやデメリットがあるので、2~3社登録してみると使いやすいサイトがわかります。

例えば、人と話すのが疲れてしまう場合には、自分のペースで探せたり適職診断があったりする転職サイトの方が良いです。

一方、転職エージェントであれば自分の気質を話した上で転職先を紹介してもらえます。

HSPにおすすめの転職サイト・転職エージェント

リクルート
エージェント
リクナビ
NEXT
パソナ
キャリア
リクルートエージェント
求人数
約15万件

約4万2,000件

約4万件
求人の質
大手企業を含めた
非公開求人多数

大手・優良企業
多数掲載

大手から急成長企業
まで多数
求人の主な職種SE・ITエンジニア
営業・企画
建築
ITエンジニア
営業
事務
営業
事務・管理
ITエンジニア
サポート内容書類添削
面接対策
独自の
業界情報提供あり
グッドポイント診断
スカウトメール利用可能
面接対策
悩み相談可

HSPにおすすめの転職サイト・転職エージェントについて一つずつ解説します。

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 求人数が豊富で自分に合う仕事を探しやすい
  • 経験豊富なアドバイザーのサポートを受けられる
  • 幅広い業界の求人があり未経験からでも転職可能

リクルートエージェントは人材業界大手のリクルートが運営している転職エージェントです。

公開求人だけでも10万件近くあり、非公開求人もあるので豊富な求人の中から自分に合う仕事をアドバイザーに相談しながら探せます。

リモートや在宅勤務可能な求人もあるだけでなく、HSPという気質を話した上で転職先を紹介してもらえるので効率的な転職活動が可能です。

未経験OKやブランクOKの求人もあり、大手求人も豊富なので「幅広い業界から転職先を選びたい」という場合にはリクルートエージェントが適しています。

詳細ページ 公式HP

リクナビNEXT(転職サイト)

リクナビNEXTの特徴
  • 豊富な求人数の中から自分に合う仕事を探せる
  • 適職診断で自分に合う仕事を見つけられる
  • 自分のペースで仕事を検索できる

リクナビNEXTはリクルートエージェントと同じく、人材業界大手のリクルートが運営している転職サイトです。

リクナビNEXTにはグッドポイント診断があり、自分の強みや弱みをわかったうえで自分に合う仕事を見つけて応募できます。

転職エージェントだと紹介された仕事を断りにくい場合もあるので、余計な気を使わずに自分のペースで求人の検索が可能です。

エンジニア系の求人が多く、在宅勤務OKの求人なども掲載されています。

自分の強みがわからない場合やエンジニアの求人を探している場合には、リクナビNEXTに登録してみてください。

詳細ページ 公式HP

パソナキャリア(転職エージェント)

パソナキャリアの特徴
  • 2020年オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で第1位を獲得
  • アドバイザーが親身に転職サポートをしてくれる
  • 女性向けの求人も豊富で年収アップも期待できる

パソナキャリアは人材派遣業界で大手のパソナが運営する転職エージェントです。

2020年のオリコン顧客満足度調査で転職エージェント部門第1位を獲得するほど、満足度も非常に高く経験豊富なアドバイザーが在籍しています。

女性向けの求人も多く、優良ベンチャーから大手企業まで豊富な求人の中から自分に合う仕事を紹介してもらうことが可能です。

関東圏の求人がメインなので、地方で転職を検討している場合には条件に合う仕事が少ないかもしれません。

関東圏で自分の気質を活かした、キャリアアップを目指している女性にはパソナキャリアがぴったりです。

詳細ページ 公式HP

HSPと仕事の関係でよくあるQ&A

HSPで仕事をしている時や、転職を考えた際に気になることとその回答についてまとめます。

仕事が辛くて辞めたい時はどうしたら良い?

配置転換の相談や転職を検討してみてはいかがでしょうか。

心身に不調がでてしまうのを避けるためにも、無理して続けるのはおすすめできません。

転職をしても同じようになってしまう可能性もあるので、自分のやりたいことを見つけてから動き始めるのが良いです。

HSPの人って何の仕事をしている人が多いの?

HSPでも事務の仕事をしている人もいれば接客業をしている人もいます。

色々な感情を向けられることの多い芸能人でもHSPを公表している方もいらっしゃいます。

自分にとってストレスを感じにくい仕事をするのが一番なので、自分が一番優先したいことを洗い出してみてください。

HSPだと面接で伝えた方が良い?

HSPは病気ではなく気質なので伝える必要はありません。

面接の時に強みや弱みを聞かれることがあれば、HSPだからこその強みや弱みとなる部分を話すのが良いです。

面接でよくある質問については下記の記事も参考にしてみてください。

関連記事
【完全対策】転職の面接で聞かれる60の質問例&回答のポイント総まとめ!求人の中から転職希望先を見つけ、書類選考も通過していよいよ面接。ここで重要なのは、よく聞かれやすい質問を把握し、自分なりの回答を準備して...

HSPは短所じゃない!気質を活かせる仕事を探そう

この記事のまとめ
  • 仕事が辛い時は一人で抱え込みすぎないで誰かに相談してみよう
  • HSPは短所ではなくHSPだからこそできる仕事がある
  • 自分が得意なことや希望する働き方を洗い出してみよう

「HSPだから生きづらい」「HSPだから仕事が続かない」このように悩んでいることもあるかもしれません。

しかし、HSPは短所ではなく長所として仕事に活かせることもたくさんあります。

とはいえ、合わない仕事があるのも事実。なのでもし今「仕事が辛い」と感じているのであれば今の職場環境が合っていない可能性が高いです。

まずは自分の理想とする働き方や、自分にとってのストレスの原因を洗い出してみて、配置転換の相談をするのか転職をするのかを決めましょう。

転職をする場合には、転職サイトや転職エージェントを活用しながら、HSPの気質を活かせる仕事や自分に合う仕事を探してみてください。

「どのサービスに登録すれば良いか迷う!」という場合には、求人数が多く幅広い職種から転職先を選べるリクルートエージェントが一番おすすめです。

\転職業界トップクラスの求人数/ リクルートエージェントの公式HPを見る