未経験から人事へ転職したい!転職成功率を極限まで上げる5つのポイント

「未経験から人事への転職を成功させたい!」と思う一方で、

  • 未経験から人事へ転職できる?
  • どの業界なら人事に転職しやすいのか知りたい
  • 人事になるにはどんなアピールポイントが必要か?

と悩んでいませんか?

そこで、この記事では人事への転職について調べ尽くした私が「人事の仕事内容」から「おすすめの転職エージェント」まで紹介します。

takeda
takeda
この記事の内容を実践すれば、未経験から人事への内定にかなり近づけますよ!

目次

人事の仕事内容は主に4種類ある!

人事の仕事内容は主に4種類!
  1. 採用:会社の人事採用活動全般(書類選考・面接など)を行う
  2. 労務:勤怠管理・給与計算・保険などの手続きを担う
  3. 教育:研修を企画・実行する
  4. 制度設計・運用:評価や給与、働き方を定める制度の設計・運用を行う

人事職は「会社の内情に詳しい人」が適任とされてきました。そのため、中途採用より新卒採用した社員を育成する場合が多かったんです。

ただですね。最近は組織拡大を狙う成長企業を中心に、未経験から人事職を積極的に採用する場合も増えています。

そこでここでは、人事がどんな仕事をしているのかをチェックしていきましょう。

採用:会社の人事採用活動全般(書類選考・面接など)を行う

採用は新卒・中途・アルバイト・パート・派遣など会社の人事採用活動全般を行うのが業務です。

採用業務の主なプロセス
  1. 経営陣から各部門責任者などから人材のニーズを聞く
  2. 部門ごとに年間採用人数の目標を決定
  3. 求人メディア・人材紹介会社の選定
  4. 求人用件・求人評の作成
  5. 学校訪問
  6. 会社説明会の企画・運営
  7. 応募者対応
  8. 書類・面接選考の段取り
  9. 内定者フォロー

こちらの募集から入社に至るまで全てを担います。ただですね。選考の最終的な決定権は現場責任者が持つ場合が多く、人事が応募者を選べるわけではありません。

労務:勤怠管理・給与計算・保険などの手続きを担う

労務は勤怠管理・給与計算・保険などの手続きを担います。

労務の詳しい業務内容
  • 勤怠管理:社員の欠勤・遅刻・早退などを管理する。
  • 給与計算:勤怠データから算出する。
  • 保険:健康保険・厚生年金・労災保険・雇用保険などの加入・退出手続きを行う。

労務関連業務を外注している企業の場合は、業務委託先とのデータ共有や進捗管理が主な仕事ですね。

教育研修:研修を企画・実行する

教育研修では以下の研修を企画・実行します。

  • 新入社員研修
  • 専門スキル研修
  • 階層別研修
  • マネジメント研修

こちらも研修を外部委託する場合は、委託先との窓口になってカリキュラムを企画・実行します。

制度設計・運用:社員の待遇や働き方を定める制度の設計・運用を行う

制度設計・運用では社員の待遇(福利厚生・評価制度)や働き方の設計と運用を行います。

会社の経営状況や従業員のニーズに沿って、人事制度の企画や見直しを実施するイメージです。もちろん、経営層と相談しながらの作成になります。

制度設計で導入する制度の例
  • フレックスタイム制
  • 産休・育休の復帰制度
  • ジョブ・リターン制度

制度によって社員のモチベーションを向上させたり、異動・転勤・昇進など配置転換が行われたりするので、重要な役割ですよ。

人事の平均年収は511万円!

企業口コミサイトの「転職会議」の調査によると、人事の平均年収は511万円でした。年齢ごとの平均年収は以下の通りです。

年齢平均年収
20代前半357万円
20代後半468万円
30代524万円
40代以上668万円

国税庁の調査によると、25〜29歳の平均年収は370万円でした。つまり、人事の方が平均水準以上の額をもらえる可能性がありますね。

あなたは当てはまる?人事に向いている人の5つの特徴!

人事に向いている人の5つの特徴!
  1. 守秘義務を守れる
  2. コミュニケーション能力が高い
  3. 目標達成意識が高い
  4. 調整能力が高い
  5. 私情を挟まず判断できる

人事の仕事は新卒採用のイメージが強いかもしれません。そのため、コミュニケーション能力やプレゼン能力の高さなどが必要な印象を受けます。

ただですね。前述した通り、人事には4種類の領域があるので他の特徴も重要視されるんです。そこで、ここでは人事に向いている人の特徴を5つ紹介します。

守秘義務を守れる

人事に向いている人の特徴の1つ目は、守秘義務を守れることです。人事は仕事柄、機密性の高い情報を扱うことになるためです。

機密性の高い情報の例
  • 従業員の給与情報や個人情報
  • 経営に関する情報
  • 不祥事が起きた際の内情

これらの内容を外部に漏らしてしまうと自分だけではなく、会社としての信用も失ってしまいます。

そのため、家族はもちろん、同僚にも仕事の相談ができないので孤独を感じるかもしれません。

コミュニケーション能力が高い

人事に向いている人の特徴の2つ目は、コミュニケーション能力が高いことです。人事は社内外の人と関わる業務が多いためです。

コミュニケーションを必要とする業務の例
  • 採用・教育:就活中の学生と面接や説明会などで接する。入社後は研修を企画し、教育していかなければならない。
  • 労務:社会保険の申請に必要な書類を社内の全員から集める場合がある。
  • 制度設計:経営層とやり取りし、方向性を取りまとめていく。

そのため「相手の気持ちを慮れる人」や「人とのコミュニケーションが好きな人」は人事に向いているかもしれません。

目標達成意識が高い

人事に向いている人の特徴の3つ目は、目標達成意識が高いことです。例えば、採用の場合は期日までに会社が定めた採用人数を獲得しなければなりません。

昨今、新卒採用が激化しており、採用人数を満たせない企業が増加しています…。そのため、営業職のようなノルマと隣り合わせだった経験は人事に活かせる可能性があります。

調整能力が高い

人事に向いている人の特徴の4つ目は、調整能力が高いことです。人と向き合う仕事なので、スケジュール調整をその都度していく必要があるためです。

調整能力を必要とする業務の例
  • 採用:経営者層や各部署の担当者と募集要項をすり合わせていく。求人メディアへの広告出向手続きや応募者と面接する社員のスケジュールを組むなど。
  • 人事制度設計:経営者層との意見をすり合わせる必要がある。双方の意見を調整し、お互いに納得するような提案も出さないといけない。
  • 労務:現場社員と確認・調整する場面がある。例として教育研修での講師・受講者の調整など。

ただですね。社内外の意見が食い違う人との調整を行うためには、御用聞きではいけません。そのため、目上の立場の相手でも意見をきちんと主張できる人が向いていますね。

私情を挟まず判断できる

人事に向いている人の特徴の5つ目は、私情を挟まず判断できることです。感情を挟んで判断していけない場面が人事にはあるためです。

例えば、新卒採用でインターンから見ているA君と初対面のB君の採用を決める場合があったとします。

そこで私情を挟まず「B君の方が募集職種の適性がある」と判断できる能力が人事には必要不可欠なんです。

そのため「会社としてプラスになるのか」という客観的な判断ができる人が求められますね。

人事への転職難易度は高い!未経験からの転職が厳しい理由!

未経験から人事への転職が厳しい理由!
  • 人事の求人は欠員補充かつ募集人数が少ないため
  • 各部署で一括採用しているため

前述した通り、未経験者を人事として採用している企業は増えています。しかしですね。人事職の元の人数が少ないため、どうしても狭き門になってしまうんです。

そこで、ここでは未経験から人事への転職が厳しい理由を紹介します。

人事の求人は欠員補充かつ募集人数が少ないため

未経験から人事への転職が厳しい理由は、人事の求人が欠員補充かつ募集人数が少ないためです。

欠員補充はいつ発生するか分からないので、転職エージェントや転職サイトに登録して、アンテナを高くしておく必要しかありません。

人事は社会的信用も高く、人気職種です。しかしですね。一回の募集で1〜2名の採用枠しかありません。

事実、MS-Japanの調査によると、人事の有効求人倍率は他の職種に比べて低いんです。

有効求人倍率(2019年7月)
  • 人事・総務部門:0.54倍
  • 全職種:1.59倍

そのため、人事への転職は難易度が高いとされています。

各部署で一括採用しているため

未経験から人事への転職が厳しいもう一つの理由は、各部署で一括採用しているためです。

多くの企業では「コーポレートスタッフ」という括りで採用しています。そのため、以下の管理業務をローテーションする場合が多いんです。

コーポレートスタッフが携わる仕事
  • 人事
  • 経理・財務
  • 法務
  • 総務

中途採用では人事以外のスキルや経験を求められる場合があります。また、人事職員に欠員が出ても、他部署からの異動で賄う企業もあるんです…。

人事の求人がなかなか出回らないのは、こういった関係もありますね。

【未経験者必見】人事への転職を成功させるための5つのポイント

人事への転職を成功させるための5つのポイント
  1. 採用or労務に絞って応募する
  2. IT業界or人材業界を狙う
  3. 志望動機には「なぜ人事なのか」と「人事が企業組織の中で重要だと気づいた話」を入れる
  4. 自己PRは応募仕事領域によってアピールポイントを変える
  5. 転職エージェントを利用する

ここまでで、

  • それぞれの領域で活かせる特徴がある
  • 未経験から人事への転職難易度は高い

ということが分かりました。ここでは、いよいよ人事への転職を成功させるためのポイントを5つ紹介します。

takeda
takeda
未経験者の内定獲得率を上げるためのポイントなので、ぜひ実践してみてくださいね!

採用or労務に絞って応募する

未経験から人事への転職を成功させるためには、採用or労務に絞って応募しましょう。

採用or労務を狙うべき理由
  • 採用:新規ビジネスや組織拡大が活発で、大規模な年間採用計画に伴い、人材採用チームの増員が行われているため。中小・ベンチャー企業が中心。
  • 労務:労務部門の未経験者採用は比較的少ない。しかし、労務全般を請け負うアウトソーシング会社が積極的に採用しているため。

上記の2つは人事職のキャリア形成の基盤として必要不可欠なんです。残念ながら、教育や制度設計は経験者のみの採用がほとんどですね…。

ただ、入社後の努力次第で制度設計や教育の仕事を任される場合もあります。なので、まずは採用or労務で経験を積みましょう!

IT業界or人材業界を狙う

未経験から人事への転職を成功させるためには、IT企業or人材業界を狙ってください。

IT業界or人材業界を狙うべき理由
  • IT業界:エンジニアが人材不足なので、各社で採用業務の強化が進められているため。
  • 人材業界:各職種において未経験者採用が活発。人事職でもポテンシャル採用される場合が増えているため。

中でも中小企業やベンチャー企業は、未経験者でも応募できる人事求人を出しています。

ベンチャーなら役員との距離が近く、若手時代から人事戦略に関わるチャンスがあります。そのため、大手企業よりも早く、制度設計や教育を任されるかもしれませんよ。

志望動機には「なぜ人事として働きたいか」+「人事が企業組織の中で重要だと気づいた話」を入れる

志望動機には「なぜ人事として働きたいか」+「人事が企業組織の中で重要だと気づいた話」を入れましょう。

採用担当者に納得してもらえる志望動機を作成するには「人事職に挑戦したい」と感じたきっかけを踏まえた前向きなエピソードが必要なためです。

以下のようなエピソードがあると、人事職として働く意思の強さが採用担当者に伝わりやすくなりますよ。

  • 前職のプロジェクトで補佐役を任された
  • 後輩の研修を担当した
  • 人事制度が変わって、モチベーションが上がった

自己PRは応募仕事領域によってアピールポイントを変える

自己PRは応募仕事領域によってアピールポイントを変えましょう。仕事の領域が変われば、求められるスキルや経験も異なるためです。

応募領域別のアピールポイント
  • 採用:目標達成意識(数字へ意識)が重視される。例えば、営業職で「〇〇な工夫をして、売上〇%アップさせた」などは効果的なアピールになる。
  • 労務:社会保険労務士の資格を取得し、労務全般の知識があることをアピールする。

そのため、これらの経験がある場合は積極的にアピールしてみてくださいね。

転職エージェントを利用する

人事への転職を成功させたい場合は、転職エージェントを利用するのをおすすめします。

転職エージェントを利用すべき3つの理由
  1. 人事の求人を豊富に保有している
  2. 転職のプロであるキャリアアドバイザーからのサポートが受けられる
  3. 応募企業の情報を詳しく教えてもらえる

前述した通り、人事の採用枠は1〜2人と狭き門です。そのため、多くの求人へ応募する必要があります。

そこで転職エージェントなら人事の求人を多数保有しており、内定獲得率をアップさせられるんです。

キャリアアドバイザーは転職活動のプロです。転職ノウハウが豊富なので、転職相談だけでもしてみる価値はありますね。以下の内容を中心にサポートを行ってくれますよ。

転職エージェントのサポート内容
  • 無料カウンセリング
  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 応募書類の添削
  • 内定後の収入交渉
  • 面接日の日程調整
  • 推薦状の記入

アドバイザーは求人掲載中の企業と繋がりが深く、内部事情にも詳しいんです。応募先が求めている人事の人物像を把握でき、効果的なアピールができるかもしれません。

そのため、転職エージェントを利用した方が人事へ転職しやすくなりますよ!

未経験から人事への転職成功事例

ここでは、未経験から人事への転職成功事例を紹介します。

未経験から人事へ転職する際のおすすめエージェント3選

← 横にスクロールできます →
エージェント名人事の求人数サポートの質おすすめ度
リクルートエージェント

約900件
+非公開求人

知識・実績豊富な
アドバイザーが多い
4.8
マイナビエージェント

約500件
+非公開求人
20代向けの
サポート実績が豊富
4.3
人事の転職

約40件
+非公開求人

人事のリアルな声を
反映したサポート
3.5
※上記の情報は2020年12月時点のものです。

このように、転職エージェントはそれぞれ求人数やサポート内容が異なります。

これだけ見ると、どれを選ぶべきか分かりにくいと思います。そこでここからは、上記のデータをもとに、人事へ転職する際におすすめのエージェントを見ていきましょう!

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、ベンチャーから大企業まで幅広い求人を掲載しています。幅広い領域に関わりたいならベンチャー、専門性を高めたいなら大企業がおすすめ。

takeda
takeda
経験豊富なアドバイザーは優良企業とのパイプがあります。

採用や労務領域に欲しい人材を教えてもらえるので、効果的なアピールが可能ですね。

人事へ転職したいけど、

  • どんな企業へ転職できるか分からない
  • 企業が求めている人物像を知りたい

という場合は、まずはリクルートエージェントに登録して面談で相談してみるのがおすすめです!

詳細ページ 公式HP

マイナビエージェント

マイナビエージェントでは20代の転職に力を入れています。求人にはポテンシャル採用をしてくれる企業も多く、未経験から人事へ転職できる可能性が高まります。

takeda
takeda
業界別に専任のアドバイザーがおり、人材業界やIT業界など人事へ転職しやすい業界の情報をキャッチできるんです。

知識が豊富になれば、人事だけでなく、業界・企業への志望度の高さも証明しやすくなりますよ!

未経験からの転職サポートが手厚いので、特に若手社員は登録してみてはいかがでしょうか。

詳細ページ 公式HP

人事の転職

人事の転職は国内最大のHR情報サイト「日本の人事」の運営企業による人事専門転職エージェントです。

現場の人事のリアルな声を聞き、人事への転職をサポートしてきた実績があります。豊富な転職事例をもとにした高い求人提案力が魅力。

takeda
takeda
アドバイザーは経営的な視点を踏まえた人事のあり方やこれからの人事のあり方をレクチャーしてくれます。

公式HPでは「人事のキャリアパス」や「履歴書・職務経歴書の書き方」など転職活動に役立つ情報も発信しているんです。

ただですね。求人数が40件と多くありません…。そのため、前述したリクルートエージェントやマイナビエージェントと併用することをおすすめします!

公式HP

人事への転職に関するQ&A

ここでは、人事への転職に関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、チェックしてみてくださいね。

人事への転職で有利になる職務経験はあるか?

人事への転職で有利になる職務経験はあります。具体的には、以下のような人事と類似性のある職種ですね。

  • 人事コンサルタント経験:クライアントの課題を発見し解決する能力は「教育」や「制度設計」の領域で活かせる。
  • 法人営業経験:採用目標への数字の意識や企業説明でのプレゼン能力など「採用」では営業経験が活かせる場合が多い。

応募領域ごとに効果的なアピールができるポイントは異なります。そのため、自分の経験を活かせる領域を狙うのも一つの選択肢ですね。

人事への転職で有利になる資格はあるか?

人事への転職で必ずしも有利になる資格はありません。ただですね。業務で役立つ資格は存在します。

業務で役立つ資格
  • ビジネス能力検定:実践的な法律知識が効率良く学べる。
  • 社会保険労務士:労務全般の知識を身に付けられる。特に労務で有利。
  • DCプランナー:確定拠出年金や年金制度についての知識が身に付く。

資格で得た知識があると、未経験の実務でもスムーズに覚えることができます。キャリアアップの際に有利になる場合もありますね。

そこで面接官に本気度を知ってもらうためにも、選考では資格取得に向けて勉強中とアピールするのがおすすめです。

人事への転職を成功させるためのノウハウまとめ

人事への転職を成功させるためのノウハウまとめ
  • それぞれの領域で活かせる特徴がある
  • 未経験から人事への転職難易度は高い
  • 人事への転職ならエージェントの利用がおすすめ

人事には4種類の領域があり、向いている人の特徴も異なります。そこでアピールポイントは領域ごとに変えると、効果的なアピールになるかもしれません。

また、最近は成長企業を中心に未経験から人事を採用する場合も増えています。ただですね。人事は採用人数自体が少ないので、狭き門なんです…。

本当に転職を有利に進めたいなら転職エージェントの利用がおすすめですね!

これらの転職エージェントを利用してみてください。

人事への転職を迷っている場合は、まずは転職エージェントの無料相談だけでも受けてみてはいかがでしょうか。