介護福祉士から転職する主な5つの理由とおすすめの転職先4種

介護の仕事に疲れたり、自分の将来を考えたりしたときに「そろそろ別の仕事に転職したいな…」と思うことってありませんか。

ただ「転職といってもまずどうすればいいのかわからない」「どんな職場に転職できるの?」など、悩みや不安もあると思います。

そこで、この記事では介護福祉士から他職種に転職する際の情報についてまとめました。

kouno
kouno
転職成功のコツや、おすすめな転職エージェントまでお伝えします!

「介護福祉士からの転職を考えているけど、なかなか第一歩が踏み出せない」という場合は、ぜひチェックしてみてくださいね!

すべて2020年12月時点の情報です。

介護福祉士から転職する主な理由TOP5!

介護福祉士から転職する主な理由TOP5!
  1. 人間関係に悩んだから
  2. 結婚や出産でライフスタイルが変化したから
  3. 他に挑戦したい仕事や職場が見つかったから
  4. 職場の運営方針や業務内容に不満があったから
  5. 待遇が悪かったから

「公益財団法人 介護労働安定センター」による、平成30年度介護労働実態調査のデータがあります。このデータをもとに、介護福祉士から転職する主な理由TOP5をまとめました。

「他の介護福祉士はどんな理由で転職してるんだろう?」「こんな理由で転職してもいいの?」など、悩んだり迷ったりしている場合はチェックしてみてくださいね。

人間関係に悩んだから

1位は「人間関係に悩んだから」です。特に介護福祉士の場合、関わるのはスタッフ同士だけではありません。施設の入居者とも関わります。

そのため、スタッフ同士や入居者との関係が悪化してしまうと、居心地が非常に悪くなってしまうんですね。

kouno
kouno
また、職場によっては女性がほとんどの場合もあります。

そこに男性が一人〜二人など、少人数しかいないと居心地の悪さを感じることがあります。

介護福祉士に限ったことではありませんが、人間関係に悩んで転職を考える人が多くいるということなんですね。

結婚や出産でライフスタイルが変化したから

「結婚や出産によってライフスタイルが変化したから」という場合も多いです。勤務エリアや時間、曜日が合わなくなり、やむを得ず転職するパターンですね。

もちろん産休や育休など、一時的に休職できる職場もあります。ただ、この機会に時短勤務できる職場や、新しい職種に挑戦するということもあるんですね。

他に挑戦したい仕事や職場が見つかったから

3位は「他に挑戦したい仕事や職場が見つかったから」という理由です。介護福祉士の仕事に不満がなかったとしても、他の仕事に興味を持つことはあります。

転職活動をし、職場が決まったから辞めることは充分にあり得ますね。

職場の運営方針や業務内容に不満があったから

4位は「職場の運営方針や業務内容に不満があったから」です。自分が理想とする働き方と、職場の運営方針が異なると、ストレスが溜まっていくことがあります。

また、仕事が激務だったり、夜勤があって体力的にも大変なことも。

kouno
kouno
結果として耐えきれずに転職してしまうということですね。

待遇が悪かったから

「待遇が悪かったから転職する」ということもあります。給与が相場よりも低かったり、福利厚生が整っていなかったりなどですね。

特に、介護福祉士の資格を持っていないうちは、給与が低くなる場合あります。

kouno
kouno
待遇よりも仕事のやりがいを重視する場合は問題ありません。ただ、待遇が気になる場合は、転職という選択肢もありますね。

それでは、介護福祉士から転職する場合はどのような職種がいいのでしょうか。次からおすすめな職種についてお伝えしますね。

介護福祉士からの転職でおすすめな職種4選!

介護福祉士からの転職でおすすめな職種4選
  1. 営業職
  2. 事務職
  3. サービス業
  4. IT・Web業界

介護福祉士からの転職におすすめな職種は、上記の4つです。それぞれもう少し詳しくお話しします。

営業職

一つ目は「営業職」です。

営業職は、未経験でも受け入れてくれる職種もあり、転職できる可能性は高いです。特に介護に関連する業種であれば、転職先でも介護職の経験を活かせます。

kouno
kouno
例えば介護の人材会社などですね。

介護に関連しないものでも、営業のノウハウは入社後に学べる可能性もあります。未経験でも挑戦したい職種があれば、飛び込んでみるのもアリですね。

事務職

事務職も、介護福祉士から転職できる可能性があります。ただし、最低限のPCスキルが必要になることも多いので、転職前に身につけておくのがおすすめです。

他の部署との連携を求められることもあるため、介護職で培ったコミュニケーション能力が活かせる可能性もあります。

kouno
kouno
他にも介護事務なら、介護の経験を活かせますね。

サービス業

サービス業も、介護福祉士から転職がしやすい業界ではあります。経験やスキルよりも、人柄を重視することが多いからですね。

また、介護職で培ったコミュニケーション能力を活かせる可能性も充分にあります。

kouno
kouno
介護職は離れたいけど、人と接するのは好きという場合はおすすめです。

IT・Web業界

IT・Web業界もまた、介護福祉士から転職できる可能性があります。人手不足の企業もあり、未経験で転職できることも。

ただし、即戦力が求められやすい業界でもあります。そのため、可能ならスキルや知識を身につけておくのがおすすめです。

kouno
kouno
プログラミングやデザインスキル、マーケティングの知識などを身につけておくと転職先の幅が広がりますね。

それでは、どうすれば介護福祉士からの転職成功率を上げられるのでしょうか。そのコツについて、次からお伝えしていきますね。

介護士福祉士からの転職成功率を上げる5つのコツ!

介護士福祉士からの転職成功率を上げる5つのコツ
  1. 転職の目的を明確にする
  2. 職場環境を細かく調べる
  3. できるだけ在職中に転職活動をする
  4. 有利になる資格やスキルがあれば取得しておく
  5. 転職サイト・転職エージェントを利用する

介護福祉士からの転職成功率を上げるコツは、上記の5つです。それぞれもう少し詳しくお話ししますね。

転職の目的を明確にする

まずは転職の目的を明確にするのが重要です。特に重要なのは「本当に介護職を離れる必要があるのか」ということ。

例えば人間関係を理由に転職したい場合は、職場だけを変えれば解決する可能性があり、わざわざ介護職を離れる必要はありません。

kouno
kouno
そのため、まずはなぜ転職したいのかを明確にしないと、満足のいく転職がしづらくなります。

なぜ転職したいのか、どんな職場で働きたいのかを自分自身で再確認すると、どんな企業を選ぶべきかわかるはずです。

職場環境を細かく調べる

職場環境を細かく調べることも重要です。

異業種からの転職の場合、未経験での転職になる可能性が高いです。そのため、業務内容や待遇が曖昧なまま転職すると「思ったのと違う」と後悔してしまいかねません。

kouno
kouno
転職したい企業だけでなく、業界全体の知識も身につけておけるといいですね。

調べ方としては、企業の公式サイトや口コミサイト、SNSなどがあります。また、もし可能なら職場見学もしておけるといいですね。

できるだけ在職中に転職活動をする

できるだけ在職中に転職活動をするのもポイント。離職してから転職活動をすると、収入源がなくなってしまうリスクがあります。

すぐに転職先が決まればいいのですが、予想より長期化してしまうかもしれません。

kouno
kouno
どうしても離職してから転職したい場合は、充分に資金を貯めておくようにしたいですね。

収入や資金に余裕がない状態で転職活動をすると、焦ってしまって条件を妥協することがあります。

満足のいく転職にならないリスクがあるため、できるなら在職中に転職活動するほうがおすすめです。

有利になる資格やスキルがあれば取得しておく

有利になる資格やスキルがあれば取得しておくといいですね。

もちろん職種によっては資格やスキルが必要ない場合もあります。それでも、最低限の知識は身につけておくのがおすすめ。

kouno
kouno
実績はなくても、学ぶ姿勢を評価してもらえる可能性があるからです。

資格を取得する場合は、時間がかかる可能性もあります。そのため、在職中にしっかり取得しておくようにするといいですね。

転職サイト・転職エージェントを利用する

転職サイトや転職エージェントを利用するのもおすすめです。前述したように、異業種からの転職であれば未経験での転職となる可能性が高いからですね。

未経験だとどんな職場を選べばいいのか、転職の際に何に気をつけるべきかもわからない場合があります。

kouno
kouno
したがって、一人ひとりに担当がつく転職エージェントを利用するのがもっとも効果的です。

直接面談できる可能性が高いので、不安な点を相談しておくといいですね。自分に合う求人を探して紹介してくれることもあり、効率的に転職活動を進められます。

ではどんな転職エージェントがいいのか、次にお伝えします。

介護福祉士からの転職におすすめな転職エージェントTOP3

← 横にスクロールできます →
項目名リクルートエージェントdoda転職エージェントLiBzCAREER
求人数
約20万件

約10万件

約1,000件
求人の質
多くの職種や条件の
求人を取り扱っており
幅広い年齢層が利用しやすい

未経験可能な求人から
キャリアアップ可能な求人まで
幅広く取り扱っている

女性向けの求人を
中心に取り扱っている
サポート内容
転職業界最大手。
充実したサポートと豊富な実績があり
転職に不安があっても利用しやすい

安心感のあるサポート力で
目的に合わせた
転職がしやすい

女性の転職に心強い
味方となってくれる可能性が高い

介護福祉士からの転職でおすすめな転職エージェントは、上記の3社です。それぞれの特徴を把握し、自分に合う転職エージェントを利用するのがポイント。

ただ、上記の情報だけではまだわかりにくい場合もありますよね。そこで、次に上記の3社をランキング形式でお伝えします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

項目詳細
総合評価 5.0
転職業界最大手で安定感のあるサポート
求人数 5.0
約20万件
求人の質 5.0
多くの職種や条件の求人を取り扱っており、幅広い年齢層が利用しやすい
サポート内容 5.0
充実したサポートと豊富な実績があり、転職に不安があっても利用しやすい

リクルートエージェントの特徴

  • トップクラスの求人数
    公開求人・非公開求人合わせて約20万件の求人から、自分の目的に合う職場を見つけられる可能性がある
  • 転職業界最大手の充実したサポート
    転職支援実績No.1(※)を誇り、転職初心者から経験者まで幅広く利用しやすい

(※)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェントをおすすめできる人

リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 幅広い求人から介護職以外の転職先を検討したい人
  • 転職経験が浅く、不安が大きい人
  • どんな転職先があるのかまずは相談したい人
  • 大手ならでは安定感のあるサポートを望む人

リクルートエージェントは、転職業界最大手といえる転職エージェントです。転職支援実績も豊富で、安定感のあるサポートが期待できます。

そのため「どんな転職先がいいのか自分でもよくわからない」という場合は、一度登録して相談してみるのがおすすめ。

kouno
kouno
経験に合う職種や、向いている職種を紹介してもらえる可能性があります。

また、転職活動を一人で進めるのは心細く、不安が大きい場合もあります。そんなとき、経験豊富なアドバイザーに話を聞いてもらうだけで心が軽くなることも。

「転職エージェントの数が多くて、どこを利用すればいいのかわからない」という場合は、登録してみてはいかがでしょう。

リクルートエージェントの口コミ

詳細ページ 公式HP

doda転職エージェント

項目詳細
総合評価 4.8
多くの求人数と充実したサポート
求人数 4.8
約10万件
求人の質 5.0
職種の幅が広く、未経験歓迎な求人から高待遇な求人まで多数アリ
サポート内容 5.0
書類作成や面接対策など手厚いサポート

doda転職エージェントの特徴

  • 多くの求人からニーズに合わせた転職先を紹介!
    経験豊富なアドバイザーによるサポートで、希望に合う転職が実現できる可能性アリ!
  • 業界大手ならではの充実したサポート
    書類作成や面接対策など、サポートが手厚く、転職初心者でも安心して利用しやすい
  • 転職イベントも豊富!
    転職のイベントが多く、転職に関する相談や自己分析の方法など独自のサポートが期待できる

doda転職エージェントをおすすめできる人

doda転職エージェントをおすすめできる人
  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポートを受けたい人
  • 業界トップクラスの求人から転職先を検討したい人
  • 転職イベントなどから積極的に情報収集したい人
  • できるだけ直接対面でカウンセリングしてほしい人

doda転職エージェントも、リクルートエージェントに次ぐ大手の転職エージェントです。求人数こそ劣るものの、手厚いサポートが期待できます。

応募書類の添削や面接対策など、転職活動において不安に思うポイントをしっかり支えてくれるんです。

kouno
kouno
転職イベントも豊富なので、他の転職エージェントでは得られない情報を得られる可能性もあります。

また、取り扱う職種も幅広く、目的に合わせて求人を探せます。バランスのいい転職エージェントなので、リクルートエージェントと併せて登録しておくのがおすすめです。

doda転職エージェントの口コミ

詳細ページ 公式HP

LiBzCAREER

項目詳細
総合評価 4.0
女性のための転職サイト
求人数 3.0
約1,000件
求人の質 4.5
女性に特化した求人がほとんど
サポート内容 4.0
女性の転職に特化した転職サイト。女性が使いやすいような検索機能など、女性の転職サポートが充実している。

LiBzCAREERの特徴

  • 女性の転職に特化した転職サイト
    女性が活躍している求人を中心に取り扱っているため、転職したい女性はまずチェックするのがおすすめ
  • キャリアップもできる求人あり
    経験を活かせる求人が見つかる可能性があり、待遇の改善も期待できる

LiBzCAREERをおすすめできる人

LiBzCAREERをおすすめできる人
  • キャリアアップを狙っている人
  • 家庭と仕事を両立させたいと考えている人人
  • 女性も活躍できるような優良企業を探している人
  • リモートワークや在宅勤務を希望の人

LiBzCAREERは、女性の転職に特化した転職エージェントです。そのため、女性で転職を考えている場合は一度登録しておくといいですね。

未経験でもキャリアアップを狙う場合でも、女性が安心して働ける職場を紹介してもらえる可能性があります。

kouno
kouno
ただし、求人数は先にお伝えした2社よりも少ない傾向にあります。

そのため、上記の2社と合わせて利用することで、効率的に求人を探せます。女性で転職に関する不安が大きい場合は、一度登録してみてはいかがでしょう。

LiBzCAREERの口コミ

詳細ページ 公式ページ

情報収集を徹底して介護福祉士からの転職を実現させよう!

介護福祉士からの転職に関するまとめ
  • 介護福祉士からの転職でもっとも多いのは人間関係の悩み
  • まずは本当に介護職から離れる必要があるのか、転職の目的を再確認!
  • 転職するなら転職エージェントの利用がおすすめ
  • もっともおすすめな転職エージェントはリクルートエージェント

介護福祉士からの転職でもっとも多いのは、人間関係の悩みでした。

kouno
kouno
人との関わりを避けられない職種なので、一度関係が悪化すると精神的にもツラくなってしまいますね…!

また、介護職は女性も多いことから、結婚や出産などライフスタイルの変化で転職している場合も多いようです。

介護福祉士から転職する場合は、まずは転職の目的を再確認することがポイント。本当に介護職から離れる必要があるか、自分と向き合って考えてみるといいですね。

転職を決めたら、転職エージェントを利用するのもおすすめ。

kouno
kouno
未経験での転職になることが多いため、アドバイザーと一緒に進められると安心感がありますね。

そして今回もっともおすすめな転職エージェントは、リクルートエージェントです。

求人数の多さやサポート力の高さも定評があり、転職初心者から経験者まで利用しやすい転職エージェントです。

介護福祉士からの転職について悩んでいる場合は、一度登録して相談してみてはいかがでしょう。

\まずは登録して相談!/リクルートエージェントの公式HPを見る