転職で必要な雇用保険被保険者証とは?持ってない人の再発行方法も紹介!

「転職先に言われたから、とりあえず雇用保険被保険者証を提出しよう!」と思う一方、

  • 雇用保険被保険者証の必要性を知りたい
  • 雇用保険被保険者証って有効期限はあるの?
  • 雇用保険被保険者証を紛失した場合の手続きはどうするの?

と悩んでいませんか?

ここでは失業期間で雇用保険被保険者証について調べ尽くした私が、以下について紹介します!

  • 雇用保険被保険者証の概要と転職の際に重要なワケ
  • 雇用保険被保険者証と離職票の違い
  • 雇用保険被保険者証の有効期限
  • 転職時の雇用保険被保険者証の返却タイミング
  • 雇用保険被保険者証のハローワークでの再発行3ステップ

takeda
takeda
この記事の内容を把握すれば、転職先の評価を下げず、失業中に損しない支給を受けることができますよ!

あなたは知ってた?雇用保険被保険者証の概要と転職の際に重要なワケ

雇用保険被保険者証の概要と転職の際に重要なワケ
  • 雇用保険被保険者証とは雇用保険への加入を証明するもの
  • 雇用保険被保険者証が重要な理由は転職先の入社時に提出する義務があるため

雇用保険被保険者証は、雇用保険に加入を証明するものです。その割に必要性の分かりにくい書類ですよね?

ほとんどの場合、雇用保険被保険者証は会社で保管するためです。ただですね。重要な書類であることを認知しておかないと、転職後や失業中に困ってしまうんです···。

そこで、ここでは雇用保険被保険者証の概要と重要性をお伝えします。

雇用保険被保険者証とは雇用保険への加入を証明するもの

雇用保険とは、労働者が失業した際に給付金の支給や再就職のサポートが受けられる制度です。雇用保険被保険者証があれば、雇用保険の加入者であることの証明できます。

しかしですね。雇用保険は誰でも加入できる制度ではありません。

雇用保険の加入条件
  1. 1週間の所定労働時間が20時間以上
  2. 31日以上引き続き雇用されることが決定している

上記2つを満たした場合、正社員・契約社員・アルバイトの雇用形態に関わらず、加入できる制度です。

所定労働時間とは

拘束時間ではなく、休憩時間を抜いた労働時間を差す。

例えば、1日7時間(休憩1時間)で週3勤務の場合の所定労働時間は18時間です。また、2週間の短期バイトの場合も31日以上の雇用ではなく、雇用保険の対象外になりますね。

自分は雇用保険に入っているか···?と不安になった人は、給与明細を確認しましょう!給与から雇用保険料が天引きされていれば、雇用保険に加入中ですよ。

雇用保険被保険者証が重要な理由は転職先への入社時に提出する義務があるため

転職先の会社で雇用保険は引き継がれるため、転職時に雇用保険被保険者証の提出が義務付けられている重要な書類です。

でも、転職経験のない人は雇用保険被保険者証の存在すら知らなかった人もいますよね?それは、雇用保険の加入手続きを最初の会社が行ってくれたためです。

雇用保険被保険者証は使用頻度が少なく、紛失しやすい書類です。ほとんどの場合は勤務先の会社で保管されることが多く、会社を退職する際に初めて本人に渡されます。

転職後は次の会社が管轄のハローワークで手続きする必要があります。加入済みの雇用保険の再開手続きを行うために、雇用保険被保険者証を提出しなければなりません。

意外と知らない?雇用保険被保険者証と離職票との違い

離職票の正式名称は「雇用保険被保険者離職票」のため「雇用保険被保険者証」とよく混同されがちです。異なる点は以下の通りですね。

雇用保険被保険者証 離職票
目的 雇用保険への加入を証明する 退職したことを証明する
必要なタイミング 失業保険や教育訓練給付金の給付申請手続きの際 退職前の賃金や退職理由により失業保険の受給額を決める際
使用する期間 転職活動中〜転職後 失業中のみ

離職票は入社時に提出を求められることはなく、失業中のみ使用するものですね。

離職票は退職日から10日前後で受け取ることができます。また、離職票1と離職票2に分かれており、記載内容も異なります。

「離職票1」と「離職票2」の記載内容の違い

【離職票1】
名前/マイナンバー/退職する会社の名称/失業保険給付の支給を受ける金融機関

【離職票2】
名前/住所/退職前の賃金の支払い状況/退職理由

特に離職票2は失業保険の金額を決める際に用いられる重要な書類です。紛失しないように気をつけて保管しましょう!

雇用保険被保険者証の有効期限は離職から7年後!

雇用保険被保険者証は、7年以上雇用保険が適用される職場で働いていないと、被保険者番号がハローワークから抹消されます。

被保険者番号が抹消される例
  • 日雇いのバイトで食いつないでいた人
  • 育児や出産でブランクがある人
  • 独立して個人事業主として働いていた人

雇用保険被保険者証の被保険者番号は1人1つずつ与えられ、再就職後も引き継がれてます。そのため、番号が変わることは基本的にありません。

しかしですね。抹消されてしまった場合、次の職場が被保険者番号の再発行手続きをしてもらえば、新しい番号を取得できるんです!

転職時の雇用保険被保険者証の返却タイミングは退職日!

転職時の雇用保険被保険者証の返却タイミングは退職日!
  • 会社で保管されており、離職票と一緒に返却してもらえる
  • 雇用保険被保険者証がない場合はハローワークで即日発行できる

通常、雇用保険被保険者証は退職日に返却してもらえます。

ただですね。前職の総務担当の手違いで受け取れない場合もあるんです。しかし、どんな理由があるにせよ、転職先への提出の際に困るのはあなたですよね···。

takeda
takeda
この内容を読んでおけば、そんなイレギュラーにも対応できるようになりますよ!

会社で保管されており、離職票と一緒に返却してもらえる

雇用保険被保険者証は、退職日に源泉徴収票と離職票と合わせて返却されます。また、退職日にもらえない場合でも郵送で送られてくることもあります!

事前に手渡しor送付なのかを確認しておくと、慌てずに済みますね。

ただですね。雇用保険被保険者証や離職票が送られてこない場合もあります···。その際は会社の総務部に問い合わせましょう!送付し忘れの可能性があるためです。

求職中の場合、雇用保険被保険者証の原本は本人保管が基本です。前職とのやり取りは気乗りしないかもしれません。ですが、送付してもらえるように頼んでみてくださいね。

また、離職票だけもらえずに焦っていませんか?離職票の発行が必要ない場合もあるので覚えておきましょう。

離職票の発行が必要ない人
  • 59歳以上の退職者
  • 退職前に転職先がすでに決まっている人

雇用保険被保険者証がない場合はハローワークで即日再発行できる

雇用保険被保険者証を紛失しても焦る必要はありません。ハローワークに必要書類を持って行けば、即日発行ができるためです。

再発行に必要な書類
  • 本人確認書類
  • 前職の会社名・住所・電話番号のメモ
  • 印鑑(シャチハタはNG)

ハローワークは土日祝日や年末年始はお休みです···。そのため、再発行手続きができるのは平日だけなので、気をつけてくださいね。

【紛失した人必見】雇用保険被保険者証のハローワークでの再発行3ステップ

雇用保険被保険者証のハローワークでの再発行3ステップ
  1. ハローワークが雇用保険の手続きに対応しているのか調べる
  2. 本人確認書類・印鑑を準備していく
  3. 雇用保険被保険者証再交付申請書を記入する

雇用保険被保険者証は転職先に提出が義務付けられている重要な書類です。焦ってしまうのも分かりますが、落ち着いて対処することが大切です。

発行に必要な書類を忘れたり、手続きできないハローワークを選んだりして、時間を無駄にしないようにしましょう。

takeda
takeda
この手順の通りに行えば、誰でもきっと簡単に雇用保険被保険者証を再発行できますよ!

ハローワークが雇用保険の手続きに対応しているのか調べる

ほとんどのハローワークは雇用保険被保険者証の再発行に対応しています。しかしですね。稀に手続きに対応していないところもあるんです···。

また、再発行できる時間帯はハローワークによって異なります。そのため、事前に最寄りのハローワークの再発行についての情報を調べておきましょう!

本人確認書類・印鑑を準備していく

再発行に必要な提出書類で注意すべきなのが、本人確認書類です。顔つきか顔なしの書類によって、提出に必要な枚数や組み合わせが異なるためです。

  • 顔つきの本人確認書類:1点でOK(運転免許証など)
  • 顔なしの本人確認書類:2点必要になる(健康保険証+住民票の写しなど)

本人確認書類はどちらかのパターンで提出する必要があるんです。また、印鑑はシャチハタ不可なので、あらかじめ実印を準備しておくことをおすすめします!

雇用保険被保険者証再交付申請書を記入する

最後にいよいよ「雇用保険被保険者証再交付申請書」を記入すれば、再発行手続きが完了です!

記入する項目
  • 申請者情報(名前・性別・生年月日・住所)
  • 前職の会社の名称・所在地・電話番号
  • 申請日
  • 被保険者番号
  • 取得年月日
  • 紛失理由

被保険者番号や取得年月日、紛失理由は分からない場合は、ハローワーク側で調べることができるので安心してくださいね。

また、前職の会社の名称・所在地・電話番号は事前に調べておくと、スムーズに申請が行えるのでおすすめします。

転職の雇用保険被保険者証に関するQ&A

雇用保険被保険者証は転職の際にしか目にすることがないので、馴染みの薄い書類ですよね。そのため、上司や友人に聞いても詳しい人が少ないのが現状です。

そこで転職の雇用保険被保険者証についてよくある質問をまとめたので、お伝えしてします!

雇用保険被保険者証はコピーや写しでも問題ない?

原本にこだわらず、コピーや写しでも良いので転職先にいつでも提出できるようにしておきましょう!

雇用保険を再開させるために必要な被保険者番号が分かれば良いためです。

雇用保険被保険者証は切り取り線で離しても大丈夫?

前職の企業名など記載されている「資格所得等 確認通知書」という部分は、切り離しても大丈夫です。

転職先の会社では、被保険者番号の確認を目的に提出を求めているためです。

再発行のためにハローワークに行けない場合はどうする?

Webの電子申請や郵送、代理申請で再発行手続きを行えます!電子申請は24時間体制で、電子政府の総合窓口「e-Gov」から手続き可能。

ただですね。電子申請は本人の申請を証明するため、認証局発行の「ICカード型電子証明書」+読み込み用「カードリーダー」を用意する手間がかかります···。

代理申請は委任状+代理人と本人の身分証があれば再発行ができます。そのため、再交付申請書に記入する内容を代理人にきちんと伝えましょう!

電子申請と郵送は少し時間がかかるので、時間にゆとりを持って手続きすることをおすすめします!

雇用保険被保険者証から職歴詐称はばれる?

雇用保険被保険者証から経歴作業はあまりバレません。前職の企業名など記載されている「資格所得等 確認通知書」を切り取ってしまうためです。

しかし、前職までの年金の加入歴が記載される「年金手帳」や前職の会社名・退職日が分かる「源泉徴収票」から詐称が見抜かれる可能性が高いです。

※平成30年以降、マイナンバーでの社会保険手続きがメインになり、年金手帳の確認は減少中。

経歴詐称は最悪、解雇になりかねません。損害賠償を請求される場合もあるので、嘘偽りない経歴で選考に挑むことをおすすめします。

転職で提出する雇用保険被保険者証の情報まとめ

雇用保険被保険者証の概要と転職の際に重要なワケ
  • 雇用保険被保険者証とは雇用保険への加入を証明するもの
  • 雇用保険被保険者証が重要な理由は転職先の入社時に提出する義務があるため

雇用保険被保険者証は転職時や失業中の給付金などを受けるための重要な書類です。そのため、紛失してしまうと手続きをして再発行が必要になります。

  1. ハローワークが雇用保険の手続きに対応しているのか調べる
  2. 本人確認書類・印鑑を準備していく
  3. 雇用保険被保険者証再交付申請書を記入する

これらのステップを踏めば、即日の再発行が可能です。

提出直前になって慌てないためにも、雇用保険被保険者証の重要性を理解し、きちんと保管をして、転職先からの評価を下げないようにしましょう!