マイケル・ペイジの評判・口コミからわかる利用すべき人&求人の特徴

質問の意図を理解して返答する
項目詳細
求人数※ 4.0
6,528件
求人年収 5.0
年収1,000万円以上の
求人が3,000件以上
アドバイザーのサポート 4.0
英文の履歴書添削や
英語での面接対策も可能
対応のスピード 4.5
アドバイザーが求職者と
企業の両方を担当しているので
内定が出るまでのスピードが早い
総合評価 4.3
外資系企業の求人数や
求人の質が高くおすすめ
運営会社マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社
設立1976年
営業時間9:00〜18:00
特徴
  • 外資系求人やグローバル企業
    の求人が多い
  • 履歴書の添削や面接対策も
    行ってくれる
  • 年収700万円以上の求人が多い
  • アドバイザーが求職者と
    企業の両方を担当

※2020年7月現在

マイケル・ペイジは、イギリスに本社を置き、世界36カ国140の支店を保有しています。

日本では2001年から活動しており、国内に拠点を置いている外資系企業の求人や日系企業でグローバル展開をしている企業の求人が多くあります。

このように、マイケル・ペイジが外資系企業の求人が多いのですが、以下のような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

  • マイケル・ペイジの評判ってどうなの?
  • マイケル・ペイジは他社よりも良いサービスなの?
  • 転職活動のサポートもちゃんとしてもらえるのだろうか?

そこでこの記事では、

  • 他社の転職エージェントと比べてわかった強みや弱み
  • マイケル・ペイジの評判や口コミ
  • マイケル・ペイジの求人の特徴

などなどマイケル・ペイジについての全てを解説します。

この記事を読めば、マイケル・ペイジと他社の違いがわかり、使う価値があるのか理解できるようになると思うので、ぜひ読んでみてください。

\外資系企業の求人が多い/ マイケル・ペイジの公式HPを見る

【結論!】マイケル・ペイジをおすすめできる人・おすすめできない人はズバリこれ!

マイケル・ペイジをおすすめできる人
  • 外資系企業に転職したい人
  • 英語力を活かした仕事がしたい人
  • キャリアップを目指している人
  • 年収アップを狙っている人
マイケル・ペイジをおすすめできない人
  • 実績や経験が乏しい人
  • 英語力に自信がない人
  • 地方在住の人

マイケル・ペイジは、実績や経験が乏しい人にはおすすめできません。

登録をしても求人が紹介されないケースがあるので、注意が必要です。また求人先の企業の多くは、ビジネスレベルの英語を求められます。

そのため、履歴書は英語で記入、英語での面接が行われる企業もあるため、英語が苦手な方には難しいかもしれません。

また、マイケルペイジは求人の約9割が東京勤務の求人です。地方で転職活動をしている場合は、紹介できる求人の数が少なくなってしまいます。

一方でマイケル・ペイジは、外資系企業に転職したい人におすすめです。求人の7割以上が外資系企業で、マイケル・ペイジ独自の求人もあります。

さらに転職して年収アップを狙っている人にもおすすめ。例えば東京都の求人の半分以上は年収1,000万円以上の求人です。

英語力は求められますが、外資系企業への転職を狙っている人におすすめの転職エージェントです。

\外資系求人が70%以上!/ マイケル・ペイジの公式HPを見る

マイケル・ペイジの評判は?良い&悪い口コミをまとめました!

マイケル・ペイジは外資系企業の求人が多いですが、日本で名前をよく知られている大手転職エージェントほど知名度が高くありません。

そのため、マイケル・ペイジの利用者の評判が気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで、Twitterでマイケル・ペイジを利用した人の良い口コミと悪い口コミを探してみたので、是非参考にしてみてください。

マイケル・ペイジの悪い口コミ

悪い口コミ①:求人を英語で説明されたので困惑

悪い口コミ②:アドバイザーの対応にちょっと不満がある

マイケル・ペイジの良い口コミ

良い口コミ①:英語力をチェックしてくれる

良い口コミ②:年収が150万円も上がる求人を紹介してくれた

良い口コミ③:連絡から内定までのスピードが早かった

マイケル・ペイジの口コミから分かったことまとめ!

マイケル・ペイジの悪い口コミは、アドバイザーの対応に不満があるという口コミです。マイケル・ペイジは、海外の会社で日本の企業よりも成果を求められる会社。

そのため、アドバイザーによっては、対応が雑に感じるケースもあるそうです。

ただ、アドバイザーの質については他の転職エージェントでもある話なので、マイケル・ペイジが特別対応が悪いわけではありません。

一方で、良い口コミは英語力をチェックしてくれること。

外資系企業への転職をしたいが、英語力がどれだけあれば通用するのかわからない場合は、英語力のチェックをしてもらってから転職を考えても良いですね!

そして、年収がアップする求人を紹介されたという口コミもありました。マイケル・ペイジの求人年収は、日本の企業よりも年収が高いケースも多いです。

そのため、英語力や高い実績を求められますが、年収は総じて高くなります。

kouno
kouno
マイケル・ペイジの求人は年収1,000万円以上の求人も多くあります。

\年収が高い求人を多く保有している/ マイケル・ペイジの公式HPを見る

他社の転職エージェントと比較したマイケル・ペイジの強み・弱みまとめ!

← 横にスクロールできます →
マイケル・ペイジランスタッドJACリクルートメントキャリアカーバー
求人数※
6,528件

6,213件

3,317件

56,735件
外資系の割合※
77.6%

28.8%

17.8%

6%
求人の質
年収が高い企業
や外資系が多い

年収が高い
求人もある

ハイキャリア
求人が多い

高収入・好条件で
大手の求人が多め
サポートの質
英語面接や
履歴書対策あり

企業のリアルな
情報を知りやすい

丁寧な選考対策
やヒアリングを
してくれる

キャリア相談
に定評がある
求められる英語力
ビジネスレベル

必須ではない
求人もある

必須ではない
求人が多い

必須ではない
求人が多い

※2020年7月現在

多くの転職エージェントでは、外資系企業の求人についても取り扱いがあります。では、マイケル・ペイジは他社と比較してどのような強みや弱みがあるのかまとめてみました。

マイケル・ペイジの弱み

マイケル・ペイジの弱み
  • 実績や英語力など求められるレベルが高い
  • 地方の求人が少なめ
  • 面談場所が東京しかない

マイケル・ペイジの強み

マイケル・ペイジの強み
  • 外資系企業の求人數が多いので、幅広い企業から転職先を探せる
  • 年収が高い求人が多いので、年収アップをしやすい
  • アドバイザーは企業と求職者の双方を担当しているので、内定までのスピードが早い
  • 専門業界や職種ごとにチーム制を組んでいるので、きちんとサポートしてくれる

マイケル・ペイジの強み・弱みまとめ

マイケル・ペイジの弱みは、他の転職エージェントを利用する場合と比べて、敷居が高いこと。

というのも、マイケル・ペイジは、実績だけでなく英語力の高さが求められる求人も多いので、登録しても紹介する求人がないケースもあります。

また、マイケル・ペイジの求人が募集されている勤務先は、東京が圧倒的に多いため、首都圏以外の求人は探しにくいです。

都道府県求人数
東京都5,355件
神奈川県261件
愛知県69件
静岡県19件
大阪府168件
京都府11件
兵庫県25件
千葉県48件
埼玉県36件
茨城県47件
群馬県32件
栃木県13件
広島県24件
福岡県36件
沖縄県17件
海外367件

※2020年7月現在

一方、マイケル・ペイジの強みは、全求人のうち外資系求人が圧倒的に多いこと。そのため、他社よりも効率的に外資系求人を探せます。

年収が高い求人も多く、年収1,000万円以上の求人が全求人の半分以上を占めています。他にも以下のような理由から内定までのスピードが早いというのもメリットです。

マイケル・ペイジが内定までのスピードが早い理由
  1. 外資系企業自体が選考のスピードが早いから
  2. アドバイザーが求職者と企業の両方を担当しているから
  3. 専門業界や職種ごとにチームを組んでいるから

マイケル・ペイジのアドバイザーは求職者と企業の両方を担当しているので、日程調整や提案などのスピードが早くなります。

英語面接や英文の履歴書添削なども行ってくれるので、外資系企業への転職が初めての場合にもおすすめできる転職エージェントです。

\内定までのスピードが早い!/ マイケル・ペイジの公式HPを見る

マイケル・ペイジの求人の特徴について解説

面接官と目線を合わせて会話する

マイケル・ペイジの求人の特徴について様々な視点から解説します。是非参考にしてみてください。

なお、調査については、マイケル・ペイジの求人検索をもとに、最も求人が多い東京都を対象に調査をしました。

年収1,500万円以上の求人も多い

年収求人数
300万円以上5,125件
700万円以上4,469件
1,000万円以上3,000件
1,500万円以上1,053件

※2020年7月現在

マイケル・ペイジは年収が高い求人が多いです。1,000万円以上の求人が3,000件、1,500万円以上の求人に絞っても1,000件以上の求人があります。

つまり実績さえあれば、このように年収が高い企業への転職も可能なのです。

マイケル・ペイジの求人が多く業界や職種の特徴

業界求人数
IT・通信1,613件
ヘルスケア・製薬656件
製造業567件
金融554件

上の表はマイケル・ペイジの求人件数が多い業界です。IT・通信業界が圧倒的に多く、ヘルスケア・製薬が続きます。

なお、求人が少ない業界は、

  • レジャー・旅行・観光
  • 輸送・流通
  • 不動産

などです。次に職種については以下のような結果になりました。

職種求人数
IT1,134件
営業855件
財務・経理496件
マーケティング481件

ITや営業の業界の求人はマイケル・ペイジ以外の転職エージェントでも多いですが、財務・経理などのバックオフィスの求人も多いのが特徴です。

このことから、IT・通信業界や営業・財務といった分野に転職をしたい場合には、おすすめの転職エージェントであることがわかります。

年収が高い派遣社員の求人もある

マイケル・ペイジの求人は、95%以上が正社員の求人です。しかし、残りの5%は派遣社員の求人もあります。

派遣社員といっても、以下のように英語力が高く実務経験が高ければ、年収が800万円以上の求人もあります。

                                          出典:マイケル・ペイジ公式サイト

このように、正社員・派遣社員ともハイクラス求人が多いのが特徴です。

kouno
kouno
バックオフィスの求人や管理職の求人も多いです。

\ITや営業・経理の求人が多い!/ マイケル・ペイジの公式HPを見る

マイケル・ペイジの登録〜面談や内定までの流れ

マイケル・ペイジの利用手順
  1. スマホのアプリをインストール後登録を済ませる
  2. アドバイザーから電話連絡が来る
  3. 面談や相談を行い、求人の紹介を受ける
  4. 選考対策を行う
  5. 面接
  6. 内定

マイケル・ペイジの登録から面談・内定までの流れについて解説します。これからマイケル・ペイジに登録をする場合は、ぜひ参考にしてみてください。

スマホのアプリをインストール後登録を済ませる

マイケル・ペイジはスマホ用のアプリがあります。今回はiPhoneのケースで解説をします。

AppStoreからマイケル・ペイジのアプリをインストールしてください。そして、アプリのトップページからアカウント作成をタップします。

次に以下の画面になるので、名前・メールアドレス・パスワードを入力して登録をタップしましょう。

そして、メールアドレスに登録完了のメールが来るので、ログインを行います。ログイン後個人情報の入力は完了しているので、希望の分野や勤務地を入力します。

最後に、履歴書の画像を添付して、送信ボタンを押せば登録完了です。

アドバイザーから電話連絡が来る

登録完了後、アドバイザーから電話が来ます。電話では、面談の日程調整を行います。

ただ、マイケル・ペイジは他の転職エージェントとは違い、面談の最終スタート時間が18時です。そのため、混み具合によっては面談開始時期が遅くなる可能性があります。

なお、面談は東京神田のオフィスで行います。

面談や相談を行い、求人の紹介を受ける

面談当日は、事前に登録した内容をもとにヒアリングや転職活動についてもキャリア相談などを受けられます。

もし、転職活動で悩んでいることがあれば、相談しておきましょう。

そして、面談後その場で求人の紹介を受けられます。マイケル・ペイジから紹介される求人の数は多めです。求人の紹介については、面談終了後もしてくれます。

選考対策を行う

マイケル・ペイジは外資系の求人が多いため、履歴書や職務経歴書を英語で書かなければならない場合や面接が英語で行われるケースがあります。

アドバイザーから英文の履歴書の書き方や模擬面接などの選考対策が受けられます。

またアドバイザーは、企業の担当もしているので、企業の求めている人や社風など内部情報なども教えてもらいましょう。

面接

面接当日になれば、あとは自分の力を出し切ってアピールするだけです。最初の面接から英語で面接を行う企業もあるので注意しておきましょう。

内定

無事選考を通過すれば、内定です。入社日や条件交渉などはアドバイザーが行ってくれます。もし、相談したいことがあれば、事前に相談しておきましょう。

マイケル・ペイジについてのQ&A

マイケル・ペイジを利用した際によくある悩みや疑問について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

マイケル・ペイジの社風は?

マイケル・ペイジは外資系企業なので、実績が重視されます。

また、求職者を実績や英語力などで合理的に判断するため、日本の転職エージェントのアドバイザーとの違いに戸惑うかもしれません。

マイケル・ペイジを退会する方法は?

マイケル・ペイジを退会する方法は2つあります。1つ目はアドバイザーへ直接連絡する方法です。

ただ、アドバイザーに直接連絡したくない場合は、スマホやPCサイトのお問い合わせページにある以下の連絡先から伝えても良いでしょう。

電話番号:03-5733-7166
メール:enquiries@michaelpage.co.jp

マイケル・ペイジではオンライン面談も行っているの?

マイケル・ペイジの面談では、基本的に東京神田でしか面談を行っていません。

しかし、世界的なコロナウィルスの影響で2020年7月現在は電話での面談なども行っています。

地方在住者で東京での転職を考えている場合は、電話やビデオ面談などが行われているか、確認してみてください。

マイケル・ペイジの会社概要

サービス名マイケル・ペイジ
会社名マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社
本社住所〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル6F
設立1976年
従業員数非公開
電話番号03-5733-7166

マイケル・ペイジについてのまとめ

この記事のまとめ
  • マイケル・ペイジは外資系の求人の割合が高い
  • 年収が高い求人が多いので、年収アップを狙いたい人におすすめ
  • 地方在住者には求人が少ないことや面談が東京でしか行われない点など不便
  • 英文の履歴書の添削や英語での面接対策などサポートも行ってくれる

マイケル・ペイジは外資系の求人がとても多い転職エージェント。そのため、外資系企業に転職したい人におすすめです。

また、年収が高い求人も多いですが、そのぶんこれまでの実績や英語のレベルを求められる点には注意が必要です。

ただ、英文の履歴書などの添削や英語での面接対策なども行ってくれるので、外資系企業への転職が初めての場合でも安心して転職活動ができます。

利用は完全無料ですし、各業界の知識が豊富なアドバイザーも多数在籍しているので、相談だけでもしてみてはどうでしょうか?

\無料で業界知識が豊富なアドバイザーに相談できる/ マイケル・ペイジの公式HPを見る