社会不適合者に向いてる仕事と人生を豊かにする3つの生き方とは

「自分は社会不適合者かもしれない」と悩んでいませんか?

会社では浮いた存在とみられがちな社会不適合者ですが、実は以下のような強みもあります。

社会不適合者ならではの強み
  • 好きなこと・得意なことに対する集中力が高い
  • 専門性を身につけることができる
  • 独創的なアイデアを出せる

これらの強みを生かせる仕事に就ければ、パフォーマンスを一気に上げることができ、充実した毎日を過ごすことも夢ではありません!

そこでこの記事では以下について紹介します。

  • 社会不適合者に向いている3つの生き方
  • 社会不適合者に向いている仕事・職業
  • 社会不適合者が適職に就く方法
kudou
kudou
自分がどうしたら社会でストレスなく生きていけるか知りたい場合は、ぜひ参考にしていってください。

社会不適合者の意味とは

社会不適合者の意味
  • 社会の要求に応えて生活することが困難な者。
  • 社会に適合できない人、うまくやっていけない人
    出典:weblio辞書

weblio辞書によると社会不適合者とは、主には社会の一般的な要求に応えられない人のことをいうそうです。

では、具体的にどのような行動をする場合に社会不適合者とみなされてしまうのか、説明していきますね。

【セルフテスト】社会不適合者に見られる3つの特徴

社会不適合者に見られる3つの特徴
  1. 集団行動チームプレイが苦手
  2. 仕事ができない・続かない
  3. ルールに縛られるのが苦手

社会不適合者は、一般的に上記の3つの特徴があるようです。具体的にどういうことなのか、みていきましょう。

集団行動チームプレイが苦手

社会不適合者の特徴
  • 自分に与えられた役割を果たせない
  • 思ったことをすぐに口にして士気を下げてしまう
  • 人に譲ったり合わせたりできない

社会不適合者は、上記のような言動をすることが多く、協調性がないとみなされることがあります。

もちろん、会社の中で「これはおかしい」「自分は違うと思う」と思うこと自体は悪いことではありません。

kudou
kudou
しかし会社では、ときとして自分の意見を言うことがベストな選択とは限らないシーンがあります。

そんな中社会不適合者は、素直に思ったことを言ってしまうという点で「空気を乱す」「協調性がない」と思われてしまいます。

ルールに縛られるのが苦手

社会不適合者は、会社のルールを守るのが苦手という特徴もあります。

そのため「時間にルーズすぎる」「会社の決め事を守れない=自己管理ができない」とみなされてしまうこともしばしば。

kudou
kudou
周りに合わせて行動することに苦手意識があることで、いわゆる会社の暗黙のルールにも気づけず、浮いた存在としてみられることもあります。

仕事ができない・続かない

社会不適合者は、会社の中での自分の役割を全うするのが苦手という一面もあります。そのため、会社の中での実績を出せず仕事ができないと評されてしまうこともあるんです。

また、同じ仕事を長い期間続けられないという特徴もあります。

仕事が続かないのは、性格や価値観が合わない環境に順応することが苦手という社会不適合者ならではの特徴が原因だと考えられます。

kudou
kudou
一方で、逆に自分の興味のあることや価値観が合う環境であれば、継続して仕事を全うできるのも社会不適合者の特徴!

そこでここからは、社会不適合者に合う仕事や生き方について紹介していきます!

社会不適合者に向いている3つの生き方

社会不適合者に向いている3つの生き方
  1. 働く時間や場所に縛られない仕事に就く
  2. 特技を生かせる仕事興味のある仕事に就く
  3. 起業も視野に入れる

社会不適合者は、会社で周囲と協調できず浮いた存在とみられがちです。

しかし上記の3つの生き方をすることで、社会不適合者ならではの強みを生かせる可能性が高くなります。詳しくみていきましょう。

働く時間や場所に縛られない仕事に就く

社会不適合者は、会社のルールを守るのが苦手です。

そのため、働く時間や場所に縛りのない仕事に就けば、ストレスを感じることなく仕事ができます。

また、そもそも同じ時間に同じ場所に出社する必要がないため、協調性がないとみなされることもなくなります。

kudou
kudou
自分の好きな時に好きなタイミングで仕事ができるので、ストレスなく働けますよ!

最近では、在宅勤務(フルリモート)を推奨する企業が増えてきています。

  • 出社すること自体がストレス
  • 出社時間を守れず会社に指摘されている
  • マイペースに仕事ができないことが苦痛

上記に当てはまる場合には、働く時間や場所に縛りのない仕事を探してみるといいですよ!

特技を生かせる仕事や興味のある仕事に就く

社会不適合者には、自分が好きな仕事や興味のある仕事にはとことん集中できるという特徴もあります。

そのため、現在自分が好きなことや興味のあることを掘り下げてみるのもおすすめです。

自分の好きなことや興味のあることが何なのかわからないという場合には、

  • 自分が時間を忘れて没頭できることを書き出してみる
  • お金を払ってでもやってみたい仕事がないか考えてみる
  • 周囲に自分自身の強みや向いている仕事を聞いてみる

これらを試してみてください。

kudou
kudou
自分が好きなことを仕事にできれば、仕事ができない・続かないという悩みが一気に解消される可能性が高くなりますよ!

起業も視野に入れる

社会不適合者は、自分の意見を素直に発言するという特徴から、周囲に「協調性がない」と思われてしまうこともあります。

そこで、起業もひとつの選択肢として視野に入れてみてはいかがでしょうか。

起業すれば、自分自身がルールを作り事業を動かす存在となるので、周囲に無理に合わせて働く必要はありません。

kudou
kudou
ちなみに社会不適合者と呼ばれる人の中には、思慮深く社会を独自の目線で捉えている人も多いです。

周囲を驚かすセンスを持っている場合もあるため、思い切って起業してみるのもいいと思います!

社会不適合者に向いている仕事・職業を紹介!

社会不適合者に向いている仕事・職業
  • Webデザイナー
  • エンジニア
  • Webライター
  • 作家
  • イラストレーター
  • 動画クリエイター
  • 工場勤務

具体的に社会不適合者に合っている仕事はなんなのか、知りたいという場合もあると思います。

社会不適合者は「集団行動やチームプレイが苦手」「ルールを守るのが苦手」ということを踏まえておすすめなのが、上記の仕事・職種です。

上記の仕事・職種は一人で黙々と取り組める仕事がほとんど。好きな仕事や興味のある仕事があれば、チェックしておきましょう。

kudou
kudou
それぞれ雑談や不特定多数とのコミュニケーションも発生しないので、ストレスなくマイペースで仕事を進められますよ!

また、社会不適合者は専門性を深められるという特徴もあります。

上記の仕事に就いて専門性を高められれば市場価値が上がり、将来高収入を得られる可能性も高くなります。

kudou
kudou
特に、Webデザイナーやエンジニアは今後需要が高まってくると言われているので、手に職を付けておきたいという場合には押さえておきたい職種です!

以上のように、社会不適合者が強みを生かせる仕事は世の中にはたくさんあります。

一方で「転職がうまくいくか不安」「そもそも仕事に就く方法がわからない」という場合もあると思うので、次では社会不適合者が仕事に就く方法を紹介します!

社会不適合者が仕事に就くにはどうすればいい?

社会不適合者が仕事に就く方法
  • フリーランス個人事業主として働く
  • 発達障害の支援センターに連絡してみる
  • 転職のプロである転職エージェントを利用してみる

社会不適合者にはさまざまな適職がありますが、ここでは実際にどうすれば仕事に就くことができるのかを紹介します。

フリーランスや個人事業主として働く

「会社に属するのが嫌だ」「毎日決まった時間に仕事をするのが合わない」という場合には、フリーランスや個人事業主として働くのがおすすめです。

フリーランス・個人事業主は、自宅やカフェ、コワーキングスペースで仕事ができるので、好きな時に好きなだけ働くことが可能です。

kudou
kudou
また、実力次第ではどんどん収入を上げられるので、正社員として働く場合よりも多く稼げる可能性もあります!

一方で、フリーランスや個人事業主として働くためには「この人になら安心して任せられる」という信頼関係が必須です。

取引先から信頼関係を得るためにも、自分自身の能力を最大限発揮できる仕事を見つけることが重要です。

  • 自分が集中できる好きなこと・得意なことを仕事にする
  • 今持っている知識を生かせる仕事をする

フリーランスや個人事業主になりたい場合には、この2点を意識してどんな仕事をするべきか考えてみるといいですよ!

発達障害の支援センターに連絡してみる

社会不適合者は病名ではありませんし、病気であるとも限りません。しかし中には、社会に適合できない要因が発達障害であると診断される場合もあります。

kudou
kudou
発達障害と診断され、企業への就職・転職を考えている場合には、発達障害の支援センターに連絡してみるのがおすすめです。

発達障害の支援センターとは、文字通り発達障害を持つ人の暮らしをサポートする場所。

発達障害の支援センターなら、社会で働くことが難しい人々の気持ちに寄り添って、就業を支援してくれるはずです。

kudou
kudou
発達障害を理解している公共職業安定所の紹介をしてもらえるので、普通にハローワークに行って仕事を探すよりもスムーズに話が進みやすくなりますよ!

転職のプロである転職エージェントを利用してみる

転職エージェントとは、求職者の強みを把握した上で最適な仕事を紹介してくれる転職のプロです。

kudou
kudou
これまでの経験やスキル、性格や希望給与などを踏まえた上で数ある求人の中から求人を提案してくれるので、転職後の「こんなはずじゃなかった」をなくしたい方に最適です!

また、転職エージェントによっては書類選考や面接対策をしてくれる場合もあります。

以上から

  • 「自分の強みがわからない」
  • 「自分に合う仕事がしたい」
  • 「書類選考や面接対策をしてほしい」

上記のどれかに当てはまる場合には転職エージェントを使うのがおすすめです。

社会不適合者が就職・転職する際におすすめの転職エージェント3選!

社会不適合者におすすめの転職エージェント3選
  1. 幅広い求人を用意している「リクルートエージェント」
  2. 自分の強みを診断できる「リクナビNEXT」
  3. いつでも相談がしやすい「パソナキャリア」

経験やスキルなどを踏まえた上で最適な求人を紹介してくれる転職エージェントですが、調べてみるとエージェントの数が多すぎてどれを使うべきか迷ってしまうことがあります。

そこでここでは、社会不適合者におすすめの転職エージェントを3つ紹介します!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

項目詳細
総合評価 5.0
総合力No.1の転職エージェント
求人数 5.0
約15万件
求人の質 5.0
大手企業を含めた非公開求人多数
サポート内容 5.0
添削・面接対策・独自の業界情報提供あり
転職先業界 5.0
IT・医療・メーカーなど多種多様

リクルートエージェントの特徴

  • 業界最大級の求人数!自分に合う求人が見つかる!
    世の中の求人を網羅できる!
  • 各業界に精通したアドバイザーが徹底サポート!
    書類選考・面接対策も受けられるので、より確実に内定をもらえる
  • 実績がある分、ノウハウがあり業界からの信頼も厚い!
    自分に合う求人を紹介してもらえるので、転職後のミスマッチを防げる
  • 年収をはじめ、企業との交渉も代行してくれる!
    年収アップ・キャリアアップを狙いたい場合に最適

リクルートエージェントをおすすめできる人

リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 幅広い求人から転職先を検討したい人
  • 自分に合う求人を提案してもらいたい人
  • キャリアアップも狙いたい人

リクルートエージェントは、人材派遣実績から各業界からの信頼が厚く、質の高い求人を掲載している転職エージェント。

経験豊富なアドバイザーがマンツーマンで付き、数多くの求人の中から自分の経験・希望条件に見合うものを提案してもらえるのが大きな魅力です。

kudou
kudou
業界を問わず自分の特性を踏まえて的確に求人を紹介してくれるので、転職する際はまず登録しておきたいエージェントと言えます!

リクルートエージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

リクナビNEXT

項目詳細
総合評価 4.5
求人数と会員数が非常に多く、転職サポートサービスも充実!
求人数 4.0
約4万2,000件
求人の質 5.0
大手・優良企業多数掲載
サポート内容 5.0
グッドポイント診断やスカウトメール利用可能
転職先業界 5.0
IT・医療・メーカーなど多種多様

リクネビNEXTの特徴

  • AI技術を駆使した高度な仕組みを採用!
    自分の経験・スキルに合う求人が見つかる!
  • 「気になる」機能で逆アプローチあり!
    企業から逆オファーがもらえれば、よりスムーズに内定をもらえる
  • アドバイザーの質が高い
    自分の経験やスキル、価値観に応じて最適な求人を紹介してくれる!

リクネビNEXTをおすすめできる人

リクナビNEXTをおすすめできる人!
  • 自分の強み・弱みを把握して転職活動に活かしたい人
  • これから転職活動を始める
  • たくさんの求人情報から転職先を吟味したい人

リクナビNEXTでは、グッドポイント診断を使うことができます。

グッドポイント診断をすれば自分の強みを客観的に理解できるので、向いている業界や職種を把握するのに役立ちます。

また、担当者がつかないので、自分のペースで気楽に転職活動できるのもポイント!

kudou
kudou
AIを駆使して求職者と求人をマッチングするので、使っていると自分に合う求人の傾向がわかってきますよ!

リクナビNEXTの口コミ

詳細ページ 公式ページ

パソナキャリア

項目詳細
総合評価 4.2
厳選した求人を幅広く扱っている
求人数 4.0
約4万件
求人の質 3.5
大手から急成長企業まで多数
サポート内容 3.5
面接対策・悩み相談可
転職先業界 5.0
IT・クリエイティブ・金融など多数

パソナキャリアの特徴

  • 2020年のオリコン顧客満足度調査1位!
    質の高いサポートで、安心して転職活動を進められる
  • 年収交渉を代行してくれる!
    年収アップしたい場合に最適
  • 業界情報を多数保有している!
    書類選考・面接対策もバッチリだからより確実に内定がもらえる!

パソナキャリアをおすすめできる人

パソナキャリアをおすすめできる人
  • 相談しやすい転職エージェントを使いたい人
  • 初めて転職をする人
  • サポートの質にこだわりたい人

パソナキャリアは、2020年のオリコン顧客満足度調査で1位を獲得している通り、サポートの質が高いのが特徴です。

転職が初めての場合でも、経験豊富なコンサルタントのサポートがあるので安心して転職活動が進めらるのが魅力!

kudou
kudou
企業とのやりとりを代行してもらうこともできるので、交渉が苦手な婆でも安心ですよ!

パソナキャリアの口コミ

詳細ページ 公式ページ

社会不適合社の転職に関するよくある質問

ここからは、社会不適合社の転職に関するよくある質問に答えていきます!

社会不適合者は病気として診断されることはあるの?

社会不適合者は病名ではありません。しかし、発達障害が原因で社会適合が難しいと診断されることはあります。

なお、もしも発達障害と診断を受けたことがあるなら、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事
発達障害の転職全ノウハウまとめ|向いている職場から成功のポイントまで 発達障害でもなじめる職場ってあるの? どこで転職先を探したら自分に合う職場が見つかるのかな… こんな悩みはあ...

社会不適合者でもバイトはできる?

もちろん可能です。しかしバイトは時給制であることが多く時間に拘束されるのが苦手な社会不適合者にとっては向いていないかもしれません。

働いてお金を稼ぐなら、やはり自分が働きやすい環境を見つけるのが近道なので、転職のプロであるエージェントを利用するのがいいと思います。

自分に向いている仕事を見つけて充実した人生を送ろう!

社会不適合者に向いている生き方・仕事の就き方
  • ルールに縛られない仕事に就く
  • チームプレイが求められない仕事に就く
  • 起業も視野に入れる
  • フリーランスとして働く
  • 転職エージェントを活用する

社会不適合者は「ルールを守るのが苦手」「チームプレイが苦手」ということもあり、会社で浮いた存在にみなされることがあります。

しかし、社会不適合者と呼ばれる人には、深い専門性や人並み外れた集中力を持っていることが多く、環境さえ整えば一気にパフォーマンスを上げることだって可能です。

そこでもしも今「社会不適合者なんじゃないか」と悩んでいるのなら、環境を変えて自分に向いている仕事を見つけ直してみてはいかがでしょうか。

kudou
kudou
仕事をしている時間は人生の中でも大きな割合を占めます。仕事を充実させせられれば、人生そのを充実させることができるはずです!

自分に合う仕事を探して人生を充実させるためにも、今回紹介した上記の「社会不適合者に向いている生き方・仕事の就き方」を参考にしてみてください!