「仕事に行くのが辛い…」と感じる7つの原因と乗り越え方のアイデア8選

仕事が辛いのは、あなたの甘さからくるものではありません。大半の人は仕事に行きたくないと感じる瞬間があるんです。

あなたも、

  • 仕事が辛くなくなる方法を知りたい
  • 仕事が辛い時に取るべき行動は?
  • 特に仕事を辞めたくなる時期はいつ?

など、気になる点があるのでないでしょうか。そこで本記事では、仕事が辛くて退職を経験した私が以下についてまとめました。

  • 仕事が辛いと感じるのは甘えではない理由
  • 仕事に行くのが辛い原因
  • 仕事が辛い時期を乗り越えるための対処法
  • 転職を成功させるコツ
  • おすすめの転職エージェント

takeda
takeda
この記事の内容を実践すれば、仕事が辛くなくなるかもしれませんよ!

目次

仕事が辛いと感じるのは甘えじゃない!働きたくないと思う瞬間がある人は全体の84%!

周りの人は弱音を吐かずにきちんと仕事をこなしていると「仕事が辛いのは自分の甘えかもしれない」と考えてしまいませんか?

ただですね。口に出さないだけで仕事を面倒に感じたり、辛いと感じたりしている人が大半なんです。

事実、人材派遣業を行う株式会社ビズヒッツの調査によると、社会人の84%は「働きたくない」と思う瞬間があると回答しています。

働きたくない理由は人間関係や残業の多さなど、会社とのミスマッチで労働意欲が削がれていることがわかります。そのため、仕事が辛いと感じるのは甘えではないんです。

仕事を辞めたい!仕事に行くのが辛い7つの原因

仕事に行くのが辛い7つの原因
  1. 職場の人間関係が良好ではない
  2. 能力不足で仕事が覚えられない・できない・よくミスをする
  3. スキルアップしたいのに仕事量が少ないので暇になる
  4. 給与が安い
  5. 仕事量が多すぎて労働時間が長い
  6. 上司によるセクハラ・パワハラが横行している
  7. シフト制・夜勤で生活リズムが狂っている

株式会社ビズヒッツの調査によると、7割の人の働いている理由は「生活のため」です。仕方なく、嫌な仕事を続けていくのは辛いですよね。

しかしですね。仕事の辛さを解消したいなら、あなたが仕事を辛いと感じる原因を探さなければなりません。

そこでここでは、仕事に行くのが辛い原因を7つチェックしていきましょう。

職場の人間関係が良好ではない

8割以上の社会人が働きたくないと思う理由の1位に「人間関係がつらい」を挙げています。その中でも上司との関係性に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

嫌な上司の特徴の例
  • 理不尽:気に入っている人には優しく、気に入らない人には厳しく当たる。
  • 柔軟性がない:効率的なやり方があるのに、自分のやり方しか認めない。
  • 指示が変わる:昨日と指示が変わっているのに、ミスを自分のせいにされる。
  • 部下の手柄を横取りする:部下が評価された時は自分の成果とアピールする。

そのため、あなたが仕事が辛いと感じるのは嫌な上司のせいかもしれません。

能力不足で仕事を覚えられない・できない・よくミスをする

能力不足で仕事が覚えられない・できない・よくミスをするといった理由で仕事が辛いパターンもあります。

先輩や上司の評価を気にしてしまい、仕事のモチベーションが下がってしまう人もいますね。

若手社員が先輩から仕事ができないと思われてしまう原因
  1. 何度も同じミスをする
  2. 何度も同じ質問をする

先輩も業務に追われているので、同じことで時間を取られるのはキツいんです…。そのため、メモを参考にすれば分かる内容を質問する新人には厳しくなります。

スキルアップしたいのに仕事量が少ないので暇になる

スキルを身に付けて、昇進や転職を考えている人も一定数いると思います。

しかしですね。実際に任されるのが誰でもできるルーティンワークだと、やる気が削がれるだけでなく、今後の将来へ不安を感じてしまいます…。

納得のいく仕事なら頑張れますが「この仕事を続けて成長できるのか」を疑問を持ちながら働くのは苦痛です。

給与が安い

仕事が辛い原因は、給与が安いためです。例えば、学生時代の同級生と比較した際に自分の給与が低いと、劣等感を感じざるを得ないですよね。

給与が低い原因
  • 給与規定(※1)がなく、どのようにして給料が決まるのか分からない。
  • 固定残業制度(※2)より、残業代がほとんど出ない
  • 業界の給与水準が低い
(※1)給与規定とは、給与が決まる基準が定められているもの。役職ごとの給与や評価の基準が記載されている。
(※2)固定残業制度とは、賃金に最初から一定時間分の残業代を含む制度。例えば「月30時間の残業を含む」という場合は、月30時間まで残業代は別途支給されません。

給与規定がない会社は評価基準が曖昧な場合が多く、成果を出しても昇給につながりにくいかもしれません…。

また、固定残業代制度の場合は実際の残業分より支給される額が少ないので、損した気分になりやすいですね。

仕事量が多すぎて労働時間が長い

自分の許容範囲以上の仕事量を振られ、連日残業続きの状態だと仕事の疲れはなかなか取れません。

労働時間が長い原因
  • 社内の雰囲気:目標を達成しないと早めに帰ってはいけない暗黙の了解があるため。
  • 業務量に対して人手不足:待遇が悪く、すぐに人が辞めてしまうため。
  • 激務の業界:仕事の性質上、労働量や時間が長くなってしまうため。

働き方に疑問を感じたら、その会社や業界が合っていない可能性が高いです。

上司によるセクハラ・パワハラが横行している

仕事が辛い原因は、上司によるセクハラ・パワハラが横行しているためです。どちらも許される行為ではありません。

しかしですね。ハラスメントの感じ方は人それぞれ異なるので、相談すべき基準が曖昧なんです…。

パワハラ・セクハラに当たる行為の例
  • 言葉の暴力:「無能」「給料泥棒」「使えない」などと罵られれる。
  • 怒鳴られる:大声を出すだけではなく、机を叩いたり、椅子を蹴ったりする。
  • セクハラをされる:容姿を馬鹿にする発言や体を触られるなど。

以上の内容は間違いなくハラスメントに当たります。類似した内容のものを受けているor職場で起こっている場合は後述する相談窓口に利用するのがおすすめです。

シフト制・夜勤で生活リズムが狂っている

仕事が辛い原因の一つは、シフト制・夜勤で生活リズムが狂っているためです。夜勤ありのシフト勤務は慣れるまで体調を崩す可能性があります。

3交代勤務の例
  • 06:00〜14:00(日勤)
  • 14:00〜22:00(準夜勤)
  • 22:00〜06:00(新夜勤)

特に3交代勤務は24時間を3等分するので、キツいと感じるかもしれません。加えて、ローテション勤務がある企業だと、夜勤と日勤が交互にあります。

そのため、人によってはシフト制・夜勤だと、仕事が辛くなるかもしれません。

毎日が憂鬱…仕事が辛い時期を乗り越えるための8つの対処法

仕事が辛い時期を乗り越えるための8つの対処法
  1. 自分で解決できる悩みを解決できない悩みを認識する
  2. 友達や恋人、家族に辛い状況を話す
  3. 人事部に移動を申し出る
  4. 副業でスキルアップを目指す
  5. 企業または公共のハラスメント相談施設に相談する
  6. プライベートを充実させる
  7. 体に異変が出る前に長期的に仕事を休む
  8. 転職を検討してみる

仕事が辛くても、すぐに辞められない人もいますよね。収入が途絶えると、生活ができなくなってしまうためです。

退職手当は申請から3ヶ月後からしか受け取れません。そのため、仕事をしばらく続けていくためにも、ここでは仕事が辛い時期を乗り越える方法を紹介します。

自分で解決できる悩みと解決できない悩みを認識する

自分で解決できる悩みと解決できない悩みを分けてみましょう。心の中を客観視でき、自分がどんな行動を取れば良いか分かるためです。

まずは悩みの原因を知るためにストレスの棚卸しをしてみましょう。

ストレスの棚卸しのやり方
  1. 今抱えているストレスを全て書き出してみる
  2. 「上司関係」「取引先関係」「今後の将来」などカテゴリに分ける

その後、カテゴリ化したストレスは、自分次第で解決できる問題かor解決できない問題かを分けてみてください。

自分の行動で状況が変わる問題なら、仕事の効率化を図ったり、苦手な人と距離を取ったりするなど解決策を考えましょう。

一方、他人が動かない解決できない問題なら「役割期待」を持つことをやめることをおすすめします。

役割期待とは「あの人はこういうことをしてくれる」などという勝手な思い込みのこと。

例えば、Aさんは部下に「プレゼン資料を作っておいて」とだけ指示しました。

しかしですね。役割期待がズレていると「新商品の情報が入っていない」など期待通りの結果を得られずに、ストレスを感じてしまうんです…。

他人が自分の思い通り動いてくれることはほぼありません。そのため、自分自身が役割期待を持っていることを自覚して、意識的になくしていくことが大切です。

友達や恋人、家族に辛い状況を話す

信頼のできる友達や恋人、家族に相談してください。悩みを打ち明けることで気持ちが軽くなったり、第三者からの客観的なアドバイスをもらえたりするためです。

特に身近な存在であなたの性格や考え方を知っている人なら、的確な意見をしてくれるかもしれません。

ただですね。相談する相手は本当に信頼している人だけにしてください。相手によっては、相談内容を周りに漏らしてしまうかもしれません…。

そのため、相談する人は選んで、悩みを打ち明けましょう。

人事部に異動を申し出る

いきなり転職するのではなく、社内で異動できないか申し出てみてください。同じ会社でも環境や職種が変われば、評価してもらえる可能性があるためです。

異動を希望する際の伝え方のポイント
  • 今の仕事の不満を伝えない
  • 将来的なキャリア形成のための異動であることを押し出す

特に今の仕事の不満を伝えないように気をつけてください。

会社から退職希望者として腫れ物扱いされたり、上司の耳に入ったら気分を害したりして、居心地がますます悪くなるかもしれないためです。

副業でスキルアップを目指す

副業でスキルアップするなら、プログラミングをおすすめします。努力次第では副業の枠を超えて、転職や独立できる可能性もあるためです。

ただですね。独学でのプログラミング学習は挫折率が高いんです…。

事実、プログミングスクール大手の侍エンジニア塾の調査によると、独学でのプログラミング学習時に挫折を経験したことがある人は約90%でした。

そのため、プログラミングスクールへ通い、スキルを身に付けてから副業を始めることをおすすめします。

代表的なプログミングスクール

企業または公共のハラスメント相談施設に相談する

企業によってはハラスメント相談窓口は設置されています。セクハラ・パワハラの事実があれば、スマホで録音・録画をして相談しましょう。

しかしですね。『職場におけるハラスメント防止対策の義務化』は大企業では令和2年6月から、中小企業では令和4年4月からなんです。

そのため、企業に相談窓口が設置されていない場合は、公共のハラスメント相談施設に電話相談することをおすすめします。

  • 料金:無料
  • 電話相談の番号:0120-714-864
  • 電話対応時間:月〜金 12時〜21時/土日 10時〜17時(メール 24時間受付)

プライベートを充実させる

仕事が辛い場合はプライベートを充実させるのをおすすめします。仕事以外に打ち込むことで、頭の整理がしやすくなるためです。

  • 趣味を作る:夢中になれる時間があれば、仕事の辛さが軽減されやすいため。趣味仲間ができるなど世界が広がる。
  • 恋愛をしてみる:特に社内恋愛の場合、一人でも会社の人と仲良ければ、心が軽くなりやすいため。
  • 家事をする:仕事が忙しくなると生活が雑になりがち。綺麗な部屋の方が思考を整理しやすいため。

心に余裕が生まれれば、仕事のことで容量が一杯だった状態から正常な思考に戻ります。そして、仕事の悩みに対して、新しい選択肢を考えつくかもしれません。

体に異変が出る前に長期的に仕事を休む

体に異変が出る前に長期的に仕事を休むことも検討してみてください。働けなくなるほど体調を崩してからでは遅いためです。

例えば、退職後も持病と付き合っていくことになったり、転職活動が遅れたりするなど今後の将来に無理をしたツケがまわってきます。

体調を崩す前の異変の例
  • 寝付けない:交感神経が働きすぎている。ストレスを強く感じている。
  • 体が痛い:頭痛、肩こり、背中・足の痛みなどを急に感じる。
  • 家を出る時間が遅くなった:ストレスで無意識に出社時間を遅らせている。

これらの症状は体からのSOSサインなので、見逃がさないようにしましょう。そのため、異変を感じたら、まずは休職制度を利用することをおすすめします。

転職を検討してみる

仕事が辛いなら転職を検討してみるのも選択肢の一つです。転職活動を始める場合は転職エージェントの利用をおすすめします。

転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを無料で受けられるためです。

キャリアアドバイザーは業界や企業の内部事情に詳しいので、ブラック企業や待遇の悪い企業への応募を避けることができるんです。

takeda
takeda
面接対策や応募書類の添削も行ってくれるので、初めての転職活動でも安心して取り組めますよ!

この記事はおすすめの転職エージェントを紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

今より待遇の良い企業に入れる!転職を成功させる4つのコツ

転職を成功させる4つのコツ
  1. 自己分析によりキャリアビジョンを明確化させる
  2. 現職の不満を解決できる転職先を選ぶ
  3. 口コミサイトで応募する企業の情報収集をする
  4. 転職エージェントは複数に登録する

すぐに仕事を辞めず、在職中に転職活動を始めましょう。転職先が見つかる前に退職してしまうと、数ヶ月間は無収入になってしまうためです。

金銭的に余裕がないと焦りが生まれて、待遇の悪い職場に転職しがちです。そこでここでは最悪の状況を避けるためにも、転職を成功させるコツを4つ紹介します。

自己分析によりキャリアビジョンを明確化させる

転職を成功させるコツは、自己分析でキャリアビジョンを明確化させることです。目標があれば、仕事へのやる気が湧いてくるためです。

自己分析のステップ
  1. これまでの業務内容を時系列順に書き出す
  2. 成果・得たスキルを書き足す
  3. 自分の得意分野・仕事への価値観を見つける

向いている仕事なら人から頼られることも多く、自己肯定感が高まります。「生活のため」という仕事の価値観が変われば、仕事が辛くなくなるかもしれません。

現職の不満を解決できる転職先を選ぶ

現職の不満を解消できる転職先を選びましょう。不満(条件)を明確すれば、ミスマッチが起こりにくい職場を見つけやすいためです。

現職の不満を解消している転職先を選ぶ方法
  • 仕事にやりがいを見出せない→興味のある職種に就く。
  • 労働時間が長い→残業時間の短い職場を選ぶ。
  • 年収が低い→高給または賞与が多い会社を選ぶ。(業績の良い会社or企業規模の大きい会社は賞与が多い傾向がある)
  • 人間関係が悪い→職場見学を申し出て、職場の雰囲気を見ておく。または転職や同業他社で働いている人に評判を聞く。
  • 手当がほとんど付かない→住宅手当・通勤手当・資格手当などの上限額を内定後に採用担当者に質問しておく。

現職の不満から譲れない条件を選んで、キャリアドバイザーに伝えてみましょう。そして、条件とマッチする求人から応募していくのがおすすめです。

口コミサイトで応募する企業の情報取集をする

転職を成功させるコツは、口コミサイトで応募する企業の情報収集をすることです。求人情報や企業のHPでは分からない情報をゲットできるためです。

口コミサイトは実際に働いている人や退職した人の情報を発信しています。

代表的な口コミサイト

実際の残業時間や企業の体質・社風など面接では質問しにくい情報もあるので、必ずチェックしておきましょう。

転職エージェントは複数に登録する

転職を成功させるコツとして、転職エージェントに複数登録してみてください。

転職エージェントに複数登録するメリット
  • 多くの求人情報に触れられる
  • 相性の良いキャリアドバイザーが見つかりやすい
  • 優先的に求人を紹介してもらえる

転職エージェントでは求職者が企業へ内定すると、企業から報酬が発生します。つまり、自社経由で転職させないとエージェントへの報酬は0円なんです。

そこで複数のエージェントを利用することを伝えてみましょう。自社経由で転職して欲しいので、優先的に求人を紹介してもらえるようになりますよ!

【会社が辛い人必見】おすすめの転職エージェント3選

求人数サポートの質おすすめ度
リクルートエージェント21万件アドバイザーの知識や経験が豊富 4.8
マイナビエージェント3万4,000件20代・30代の転職サポートが充実 4.2
パソナキャリア
2万8,000件
レスポンスが早い 3.8

転職エージェントを利用した方が内定を獲得しやすいです。ただですね。自分に合っていないエージェントを利用しても良い結果はなかなか出ません…。

そこでここでは、多くの人にフィットしやすいおすすめの転職エージェントを紹介していきます。いくつか気になる転職エージェントに登録してみるのが最もおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートは待遇の良い求人を多数保有する最大手の転職エージェントです。求人数は他社と比較しても群を抜いて多いので、あなたの求める求人がきっと見つかります。

takeda
takeda
交渉力に優れたアドバイザーが多く、内定後の年収アップが期待できます。

企業の内部事情に詳しいのでミスマッチを起こさせません。

転職してみたいけど、

  • どんな企業に転職できるか分からない
  • たくさんの求人から吟味したい

という場合は、リクルートエージェントに登録して面談で相談してみるのがおすすめです!

詳細ページ 公式HP

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代・30代など若い世代に特化した転職エージェントです。第二新卒・未経験者歓迎求人が多く、第二新卒でも待遇の良い転職先に巡り会えます。

takeda
takeda
業界別に専任のアドバイザーが在籍しているので、特定の業界へ転職したい人にもおすすめ!

大企業だけでなく、中小企業の求人も多いので、選べる転職先の幅が広いんです。裁量権が大きい仕事をしたい人や福利厚生の整った会社が良い人、どちらの希望にも添えますよ。

若い世代が転職を目指す場合は、ぜひ登録しておきたい転職エージェントといえます。

詳細ページ 公式HP

パソナキャリア

パソナキャリアは、大手人材派遣会社のパソナが運営している転職エージェントです。全国に拠点があるため、地方民でも対面で面談や面接対策を行ってもらえます。

takeda
takeda
2020年のオリコン顧客満足度調査でも1位を獲得しており、アドバイザーのサポートにはピカイチです!

アドバイザーのレスポンスが早いので、効率良く転職を進めたい人におすすめします。また、パソナキャリアで転職した7割の方が年収アップしているデータもあります。

そのため、年収をアップさせたい人は一度チェックしておいて損はありませんね。

詳細ページ 公式HP

仕事が辛い時のQ&A

ここでは仕事が辛い時に役立つQ&Aをまとめました。気になるところがあればぜひチェックしてみてくださいね!

精神的に辛い時におすすめのリフレッシュ方法は?

精神的に辛い時におすすめのリフレッシュ方法は以下の4つですね。

  • 思いっきり泣く:涙にはストレス発散効果があるため。映画やドラマで涙を流すのがおすすめ。
  • 読書をする:イギリスのサセックス大学の調査によると、6分間の読書でストレスを68%も軽減できるため。
  • 音楽を聞く・偉人の名言を読む:自分の状況を肯定してくれたり、元気が出たりするため。
  • サウナに行く:自律神経を整えられ、ストレス解消に効果的なため。

これらはメンタルと身体の両方にリフレッシュ効果があります。そのため、気になったリフレッシュ法があれば、試してみてくださいね!

特に仕事が辛くなりやすい時期はいつ?

環境には恵まれていたとしても、会社を辞めてしまいたい時期があります。以下の時期やタイミングに多いですね。

  • 新人・新入社員:覚えることが多く、新しい人間関係も構築しないといけない。精神的に負荷がかかりやすい時期のため。
  • 2〜3年目:独り立ちをして、周囲との実力の差が見えてくるため。新卒のメンターになり、教える立場になるので心労も多い。

この時期の人は踏ん張りどころでもあります。会社と自分の相性をしっかり見極めて、仕事を続けていくかどうかを決めましょう。

朝起きるのが辛い時はどうする?

朝起きられないなどの症状2週間以上が続くようなら、一度病院で診察を受けてみましょう。うつ病を発症している可能性もあるためです。

うつ病の初期症状
  • 寝付けない・夜中に目が覚める
  • 食欲不振・体重が増減する
  • 疲れを感じやすい
  • 好きなことに対しても興味関心が薄れる
  • イライラする・落ち着きがない
  • 集中力が低下する・ケアレスミスが増える

これらが当てはまる場合はうつ病の一歩手前ということもあります。仕事より自分の健康を優先してくださいね。

仕事が辛い時に取るべき行動の情報まとめ

仕事が辛い時に取るべき行動まとめ
  • 仕事が辛い原因を把握する
  • 自分で解決できる悩みと解決できない悩みを認識する
  • 相談・異動・副業・休職・転職など自分に合った対処法を試す
  • 転職する場合は転職エージェントを利用する

仕事が辛いと感じることは甘えではありません。ただですね。無理をし続けてしまうと、取り返しのつかないことになってしまいます…。

takeda
takeda
最悪の事態になる前に取れる対処法を試してみましょう!

転職を検討する場合は、

これらの転職エージェントを利用してみてください。

転職や異動など環境を変えるという選択肢を持っておくのが、仕事を辛くなくするための近道ですよ!