ストレスのない仕事ランキング14選!内勤・外勤それぞれのTOP5を紹介!

「今の仕事が辛いからストレスのない職種に転職したい!」という一方で、

  • ストレスのない仕事って具体的にどんな仕事?
  • 楽な仕事=年収が低い仕事なの?
  • ストレスのない仕事に転職する方法を知りたい

と悩んではいませんか?

ストレスのない仕事を選ぶのは簡単ではありません。実際「なんとなく楽そうだな」と思って選んだ仕事が激務なこともあり得るんです…。

そこでこの記事では、以下の3つの基準で、ストレスのない仕事ランキングを作成しました。

ストレスのない仕事の基準3つのポイント
  • ストレスの少なさ
  • 給与・待遇
  • 業務内容の楽さ

takeda
takeda
大切な転職のチャンスを無駄にしないためにも仕事を選ぶ際に役立ててください!

【内勤編】ストレスのない仕事ランキングTOP7

← 横にスクロールできます →

職種
ストレスの少なさ
給与・待遇
業務内容の楽さ
事務職
5.0
自分のペースで働けて
ノルマもない
4.5
給与こそ少ないが
有給も消化しやすい
4.5
デスクワークなので
肉体的な負荷はかかにくい
薬剤師
4.5
国家資格なので
安定的に働ける安心感
4.5
給与が高い&夜勤なし
時間外労働が少なめ
4.5
体力的にも
長く勤められる
大学職員
4.0
ノルマがない
4.5
給与は高め
産休・育休・介護休暇も
取得しやすい
4.5
座り仕事がメイン
企業の受付
4.0
クレームの電話も
担当者につなぐだけ
4.0
給与は低め
福利厚生は企業による
4.0
電話対応や来客対応など
座ったまま仕事ができる
社内SE
3.0
厳しい納期や
取引先からの
無茶な要望がない
4.5
給与は平均より高い
資格の取得により手当がつく
3.5
暇な時間もあるが
急なトラブル対応で
帰れないことも
図書館司書
4.0
静かな空間で働ける
3.0
正社員の平均年収程度
残業はほぼない
3.5
基本はPC作業
本棚の整理は肉体労働
地方公務員
3.0
クレームが多い部署もあるが
ノルマはない
4.0
雇用面の安定や
福利厚生が充実している
3.0
デスクワークで
肉体的な疲労は少ない
業務量が多い部署もある

そこでここからは、上記の基準を基にストレスのない仕事ランキング【内勤編】をチェックしていきましょう!

 

ストレスを感じるかどうか業務と人によって異なります。実際、これだけではそれぞれの仕事の特徴やメリット・デメリットがわかりにくいですよね。

事務職

事務職は書類の管理や書類作成、データ入力、電話連絡などがメインの業務です。デスクワークがメインなので、体力を必要としません。

事務職の種類
  • 一般事務
  • 営業事務
  • 経理事務
  • 総務事務
  • 人事事務

事務職はノルマや納期に追われることがありません。特に上記の中では一般事務がストレスがかかりにくいですね。

また、営業職などに比べると有給も取りやすく、残業も少ないのが魅力。

ただですね。人気求人なので倍率が高いです。そのため、未経験から転職するなら、マイクロソフトoffice系の資格(MOS)を持っていると、転職に有利に働きますよ!

薬剤師

薬剤師は病院で医師処方箋に基づいて薬を調合したり、ドラックストアで薬を販売したりします。

国家資格が必要なので、誰でもなれるわけでありません。その分、希少価値が高く、安定的に高い給与で働けます。

夜勤・残業がないので、プライベートの時間を犠牲にする必要がありません。

大学の職員

大学職員は大学の運営を支えるためのサポートをする仕事です。

大学職員の仕事内容
  • 学生の進路相談
  • 大学内の事務作業
  • 入試の準備
  • 研究のサポート

全体的に給与は高い傾向があります。特に有名大学ほど経営が上手くいっている分、高給になりやすいですね。

福利厚生が充実しており、産休・育休・介護休暇などが取得しやすい環境になっています。残業の少なさもあいまって、定着率の高い職場です。

企業の受付

企業の受付はインフォメーションやビル受付に待機して、来客対応や電話の取次、施設の案内などが主な業務です。

クレームの電話は担当者につなぐので理不尽に怒られることもほぼありません。また、座り仕事がメインなので肉体的にも負荷がかかりにくいんです。

電話応対や来客対応はテンプレの内容で良いので、精神的にも楽な職種ですね。

社内SE

社内SEは、自社内のシステムの開発・運用・捕手がメインの仕事です。取引先と関わる機会がなく、納期に追われにくいのが特徴です。

SEはクライアントの要求や納期により長時間残業があります。しかしですね。社内SEは開発側なので要求を出す立場なんです。そのため、過度なプレッシャーはかかりません。

社内SEは採用が少ない傾向があります。専門性の職種なので経験者が優遇されやすいですね。

図書館司書

図書館司書は基本的に静かな環境で働けて、作業に追われることもあまりありません。

図書館司書の業務内容
  • 本の貸し出し・返却手続き
  • 本棚の整理
  • 返却された本を棚に戻す
  • 来館者の対応
  • 館内の見回り

ただ、大規模な図書館は蔵書数が膨大なので、業務量が多いです。来館者の対応のため、ある程度のコミュニケーション能力は必要になりますね。

図書館司書の求人数は少なく、基本的には専門資格が必要です。しかしですね。専門資格なしでも働ける図書館もあるので、見つけたらすぐに応募してみるのをおすすめします!

地方公務員

地方公務員は都道府県・市町村の役所で働く職員です。デスクワークがメインで、ノルマもありません。

地方公務員の業務内容の例
  • 市民の手続き対応・書類管理
  • 街の環境や制度の整備

雇用面の安定や福利厚生が充実しています。そのため、一般的にはホワイトなイメージが強いですよね?ただですね。労働環境は勤める役所や配属先部署によって異なるんです…。

例えば、人口の多い地方の都市部と人口の少ない田舎では業務量に差が生じます。また、業務や制度が複雑な国民健康保険課など激務になりがちな部署もありますね。

そのため、評判を調べてから受けた方が良いですね。

【外勤編】ストレスのない仕事ランキングTOP7

← 横にスクロールできます →
職種
ストレスの少なさ
給与・待遇
業務内容の楽さ
警備員

5.0

人と関わる機会が少ない

4.5
給与は実労働時間の割に高く
会社負担で資格を取得できる
4.5
座り仕事もあり
定時帰宅が基本
ビル管理
5.0
1人仕事が多いので最低限の
コミュニケーションでOK
4.0
給与が上がりにくい
資格を取得すれば給与アップ
4.3
座り仕事が多く
空き時間が多い
工場のライン作業
4.5
1人で黙々と作業ができるが
夏は暑くて冬は寒い
4.0
業種によって異なる
給与は高め
4.0
ルーティンワークが中心
ノルマを達成できないと
残業が発生
タクシードライバー
4.8
自分のペースで仕事ができる
3.5
歩合制のため
給与が変動する
3.5
曜日や時期によって
忙しい時期がある
ルート営業
3.0
厳しいノルマがない
4.5
他の職種より給与は高い
顧客都合で残業が発生する
3.5
顧客が顔なじみなので
商談が上手く行きやすい
清掃員
4.5
人付き合いをする
必要がほぼない
2.8
給与は低いが
残業はほとんどない
2.8
トイレ掃除など
人が嫌がる作業が多い
トラック運転手
3.5
1人で作業ができ
監視の目もない
2.0
平均年収程度
ブラックな待遇の会社もある
3.0
長距離運転による疲れや
重い荷物の運搬がある

ここからはストレスのない仕事ランキング【外勤編】です。自分にマッチしそうな仕事をチェックしておきましょう!

警備員

警備員は施設の監視・巡回・点検などを行う仕事です。1人または少人数体制での業務がメインなので、人と関わる機会はあまりありません。

精神的な負荷のかかる業務はほとんどなく、特に施設警備は座り仕事が多いので、肉体的な負荷もかかりません。

休憩中ならソーシャルゲームやスマホアプリで遊んで過ごすこともできますね。

資格がないと警備できない場所もあるので、キャリアアップしたい人は会社負担で資格を取得しましょう!

ビル管理

ビル管理はオフィスビルやショッピングセンターなど建物に異業がないか点検・保守・メンテナンスを行う仕事です。監視室で待機して空き時間を潰す場合も多いです。

一人または二人体制で作業を行うので、コミュニケーションも最低限で済みます。また、24時間勤務の会社が多く交代制を採用しているので、年間求人は多めです。

給与アップを狙うなら、以下の資格を取得すると手当がつきますよ。

  • 第二種電気工事士
  • 第三種冷凍機械責任者
  • 危険物取扱者乙種第4類
  • 二級ボイラー技士

工場のライン作業

工場のライン作業はルーティンワークで黙々と取り組める仕事が多く、コミュニケーションを取る機会は他の職種より少なめです。

個人ではなく、工場全体のノルマがあります。ただですね。ノルマ達成のために残業が発生するレベルなので、プレッシャーはほぼかかりません。

空調設備がないと、夏と冬の労働環境が劣悪になる可能性があるので、入社前に確かめておくのをおすすめします。

タクシードライバー

タクシー内は基本的に自分とお客さんだけの空間なので、雑談などコミュニケーションも取るのは自分次第です。

自分のペースで仕事ができるので、休憩も自由時間に取れるんです。また、基本給+歩合制を導入しているので、頑張り次第で給与が上がります。

第二種免許を持っていない人の就職を促すために、タクシー会社が免許合宿を設けたり、取得費用を負担してくれたりしています。

運転が好きな人におすすめですが、繁忙期は拘束時間も長くなるので注意が必要ですね。

タクシードライバーの繁忙期
  • 3月:送別会・お花見などのイベントが集中するため。
  • 12月:忘年会シーズンのため。

ルート営業

ルート営業は既に決まっている取引先を周り、ヒアリングや新商品・サービスの提案を行う仕事です。

一般的に営業職はノルマが厳しく、顧客を獲得するためにサービスや商品を売り込むガツガツしたイメージですよね?

しかしですね。ルート営業は取引先が固定化されており、精神的にキツい業務はほぼありません。

ルート営業にはないキツい業務
  • 新規開拓のための飛び込み営業
  • 取引のない企業へのテレアポ

もちろん、ノルマはありますが、顔なじみの固定顧客を相手にするので一般の営業よりノルマが達成しやすいんです。

清掃員

清掃員はビルや商業施設、学校、駅などの清掃業務を担当します。作業は基本的に一人で行い、社内外の人と会話する機会はほぼありません。

力仕事はないので、適度に体を動かす仕事がしたい方にもおすすめです。ただですね。給与が低いので、清掃業一本で生計を立てていくのは厳しいかもしれません…。

そのため、以下の資格を取得して、給与+手当を受け取れるようにするのがおすすめです。

  • ビルクリーニング技能士
  • 建築物環境衛生管理技術者

トラック運転手

トラック運転手は一人で過ごす時間が長く、基本的に監視の目もありません。

トラック運転手の種類
  • 長距離ドライバー
  • 近距離ドライバー

それぞれのデメリットとしては長距離ドライバーは運転疲れしやすく、近距離ドライバーは1日に数回の配送で拘束時間が長めです。

重い荷物を運ぶのは体への負担が大きいので、求人票で運搬物を確認してから応募しましょう。

運送業界にはブラック企業も多いので、後述する口コミサイトで情報収集するのをおすすめします。

当てはまるほど精神的に楽!ストレスのない仕事の特徴チェックシート!

ストレスのない仕事の特徴チェックシート
  • ノルマや納期が厳しくない
  • 労働時間が短い
  • 職場の人間関係が良好
  • 給与や待遇が良い
  • 自分のペースで仕事ができる

ノルマや納期は達成できなかった時に詰められたり、賞与の評価に関わったりします。プレッシャーに弱い人は避けた方が良いですね。

労働時間は残業の少なさ・年間休日の多さを見るべきです。平均の残業時間や年間休日数が平均の120日を上回っているかどうかかをチェックしましょう。

協調性のある人が多い職場なら、業務中のストレスもあまり溜まりません。また「上司や先輩が良い人だから頑張ろう」と仕事のモチベーションにもつながります。

業務に見合った給与がもられば、やる気も出やすいです。また、待遇が良いと、ストレスが軽減される場合もありますね。

プラスになりやすい待遇面
  • 福利厚生の充実:手当は実質、給与アップにつながる。良い物件にも住める。
  • 大企業のネームバリュー:社外の人から称賛されやすく、自己肯定感が上がる。

仕事量や働く時間・場所を自分で決められれば、ストレスはかなり軽減させます。他人に合わせるのが苦手な人は自分のペースで仕事ができる職種を選ぶことをおすすめします。

ストレスのない仕事を就くなら、以上の5つで自分が重視している特徴に当てはまる企業・職種を選ぶべきですね。

ストレスのない仕事を見つけるための5つのポイント!

ストレスのない仕事を見つけるための5つのポイント
  1. 自分がストレスだと感じる点をはっきりさせる
  2. 自己分析により、自分の仕事の適性を知る
  3. 会社のHP・求人情報・口コミサイトで待遇や条件をチェックする
  4. 職場見学or実際に働いている人の話を聞く
  5. 転職エージェントを利用する

誰もが羨むホワイト企業に入ったとしても相性や業務内容が合わなければ、ストレスを感じてしまいます。

そんなミスマッチを起こさないためにも、他者の評価軸より自分の評価軸を大切にしましょう。自分がストレス感じるポイントを知るのは転職活動の第一歩です。

そこでここでは、ストレスのない仕事を見つけるためのポイントを5つ紹介します。

takeda
takeda
ここで紹介しるポイント実践すれば、誰でもきっと自分に合ったストレスのない仕事を見つけることができますよ!

自分がストレスだと感じる点をはっきりさせる

自分の職務経歴を振り返って、仕事上でストレスを感じた場面を把握しましょう。不満点を避ければ、自分にとってストレスのない仕事が見つかりやすいためです。

  • 体力的な負荷が苦手人→デスクワークor人手不足ではない仕事
  • 精神的な負荷が苦手な人→コミュニケーションが少ないorノルマ・納期がない仕事

不満が分かれば、次の職場に求める条件も具体的に浮かび上がってきます。そのため、ストレスを感じる点をはっきりさせてから仕事を選択しましょう。

自己分析により、自分の仕事の適性を知る

自己分析で自分の適性のある仕事を知ることが大切です。適性のある仕事は人から評価されやすく、ストレスが溜まりにくいためです。

例えば、適性があれば出世・昇給、待遇の良い会社への転職ができ、将来的に他人からの高評価+ストレスのかかりにくい立場をゲットできます。

そのため、楽な仕事を選んでミスマッチを起こさないように、自己分析で適性のある仕事を把握しておくのをおすすめします。

自己分析の項目
  • 得意なこと・苦手なことは?
  • やりたいこと・やりたくないことは?
  • 3・5・10年後にどんな生活をしていたい?

会社のHP・求人情報・口コミサイトで待遇や条件をチェックする

待遇や条件は事前にチェックしておきましょう。社風や仕事内容、福利厚生などを確認しておくことで、ストレスのかかる仕事を避けることができるためです。

特に口コミサイトは現社員・退職した社員からの書き込みなので、企業の実態が分かります。

代表的な口コミサイト

職場環境に問題がある場合は同様の口コミが多数寄せられています。そのため、事前の情報により、ストレスがかかる職場を避けられるかも知れません。

チェックすべきポイント
  • 完全週休2日制か?
  • 人手不足ではないか?
  • 年間休日は120日以上か?
  • 定時帰宅しやすいか?
  • 離職率は高くないか?
  • 常に求人を募集していないか?

これらの確認しておくと、働きやすい会社かどうか判断しやすいですよ!

職場見学に行くor実際に働いている人の話を聞く

職場見学や実際に働いている人に話を聞いて、リアルな情報を手に入れましょう。職場の雰囲気を知れたり、採用担当者では言えない本音を聞けたりします。

それぞれの目的
  • 職場見学:入社後にどんな仕事をするか、自分に合っているかをイメージするため。
  • 実際に働いている人に話を聞く:良い面だけではなく、悪い面や大変さを知るため。

実際の職場環境や会社の状況など具体的な情報を得ることが大切です。仕事で大変なことや現場の状況を知れば「この職場でやっていけそうか」の判断材料になりますね。

転職エージェントを利用する

ストレスのない仕事を見つけるためには転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントをおすすめする理由
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーのサポートが受けられる
  • ブラック企業へ応募するのを避けられる
  • 給与交渉や面接の日程調整をしてもらえる

転職エージェントでは専任のキャリアアドバイザーが担当してくれます。求人紹介・面接対策・応募書類の添削など手厚いサポートを無料で受けられるんです。

キャリアアドバイザーは業界や企業の内部事情に詳しいので、ブラック企業やミスマッチを起こしそうな企業は事前に避けてくれます。

忙しい業務の合間を塗って転職活動するのは大変ですよね?

ただですね。転職エージェントならキャリアアドバイザーが面接の日程調整や給与交渉など企業との仲立ちをしてくれます!そのため、自分は選考に集中できるんです。

ストレスのない仕事を探すためのおすすめの転職エージェント3選!

← 横にスクロールできます →
エージェント名求人数サポートの質おすすめ度
リクルートエージェント
約21万件圧倒的な求人数と
アドバイバイザーの
知識や経験が豊富

5.0
マイナビエージェント
約3万4,000件第二新卒・20代の
転職ノウハウが豊富

4.5
パソナキャリア
約2万8,000件女性の転職サポート
が充実

4.0

そこでここでは、多くの人にフィットする転職エージェントを紹介します。複数のエージェントに登録して、とりあえず試してみるのがおすすめですよ!

転職エージェントを利用すれば、内定を獲得しやすいです。ただですね。もちろん、自分に合わないエージェントも存在します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人数が業界でもトップクラスに多い転職エージェントです。多くの求人を比較することで、あなたにとってストレスのない企業がきっと見つかります。

takeda
takeda
経験豊富なキャリアアドバイザーが多いのが特徴。様々な業界や企業に詳しいので、おすすめされる求人の質が高いです。

ストレスのない企業に転職したいけど、

  • 自分では求人を待遇の良い求人の見分けがつかない
  • 選考を突破できる自信がない

という場合はリクルートエージェントに登録し、面談で相談してみるのがおすすめです!

詳細ページ 公式HP

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代・第二新卒の転職に強いエージェントです。業界別の専任アドバイザーがいるので、異業種からの転職も有利に進められます。

takeda
takeda
「応募書類の書き方が分からない」など20代の初めての転職活動を丁寧にサポート!

「第二新卒歓迎」や「未経験者歓迎」の求人を出している企業は教育体制が整っている場合が多いので、転職に不安がある人も安心ですね。

若い世代が転職する場合は、登録しておいて損はない転職エージェントといえます。

詳細ページ 公式HP

パソナキャリア

パソナキャリアは、大手人材派遣会社のパソナが運営している転職エージェントです。

2016年に女性活躍推進コンサルティングチームが設置されて以来、女性の転職支援にも力を入れています。

takeda
takeda
キャリアドバイザーのレスポンスが早いため、転職活動がテンポよく進んでいきます!

パソナキャリアの求人は厳選されているので、質の高い求人を扱っています。ストレスのない仕事を探すにはもってこいのエージェントですよ。

詳細ページ 公式HP

ストレスのない仕事に関するQ&A

ここではストレスのない仕事やストレスとの向き合い方についての質問をまとめました。気になるところがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

ストレスのない仕事に就くメリット・デメリットは?

ストレスのない仕事に就くメリット
  • 仕事とプライベートを両立できる
  • 無理せず長期間健康に働ける

仕事でのストレスが少なく、残業で時間を奪われないので仕事とプライベートの両立が可能です。

また、ストレスがない方が体調を崩しにくく、一つの会社に長く勤められます。年功序列型の企業が多いため、給与が年々アップしていくのも魅力ですね。

ストレスのない仕事に就くデメリット
  • ルーティンワークが多く、暇を感じる
  • 年収が低い傾向がある

職種によっては単純作業であり、変化のない仕事内容に嫌気が差すかもしれません。誰でもできる作業の場合、年収が低いのもネックになりますね。

そのため、仕事を選ぶ際には「楽かどうか」だけではなく「将来、自分がどんな生活を送りたいか」も重要視して考えるべきかもしれません。

仕事のストレスはどう解消すれば良い?

仕事のストレスを解消する方法は以下の3つがおすすめですよ!

  • 映画やドラマ鑑賞で思いっきり泣く:涙にはストレス発散効果があるため。
  • 読書をする:イギリスのサセックス大学の調査によると、6分間の読書でストレスを68%も軽減できるため。
  • サウナに行く:自律神経を整えられ、ストレス解消に効果的なため。

これらは科学的に根拠があるストレス発散方法です。また、落ち着いたら友人や恋人、家族に話を聞いてもらいましょう。

クリアになった頭で気持ちが整理できるのでおすすめですよ!

ストレスのない仕事に就くためのノウハウまとめ

ストレスのない仕事を見つけるための5つのポイント
  1. 自分がストレスだと感じる点をはっきりさせる
  2. 自己分析により、自分の仕事の適性を知る
  3. 会社のHP・求人情報・口コミサイトで待遇や条件をチェックする
  4. 職場見学or実際に働いている人の話を聞く
  5. 転職エージェントを利用する

ストレスのない仕事を見つけるためには「ストレスを感じる点」を知ることが重要です。世間的に楽な仕事へ就いても、あなたにとってはストレスな場合もあります…。

転職を検討する場合は、

これらの転職エージェントを利用してみてください。

ストレスのない仕事への転職を成功させるためにも、自分を理解して適切な方法で転職活動を行いましょう!