手取り14万円の生活はどんな感じ?年収や家賃、貯金のリアルとは

手取り14万で生活するのは厳しいです。住んでいる地域にもよりますが、一人暮らしをしていくにはギリギリの給与です。

そこで、

  • 手取り14万円の生活費や使えるお金はどのくらい?
  • 手取り14万円で結婚や子育てはできる?
  • 金銭的に余裕のある生活がしたい

と悩んでいませんか?

ここでは実際に手取り14万円の生活を体験した私の経験から、以下について紹介します!

  • 手取り14万円の額面月収
  • 手取り14万円で生活がキツい理由
  • 手取り14万円の生活費の内訳
  • 手取り14万円で豊かに暮らすポイント
  • 手取り14万円の生活から脱却する方法
  • おすすめの転職エージェント

takeda
takeda
ここで紹介する方法を実践すれば、誰でもきっと豊かな生活を送れるようになりますよ!

手取り14万円の額面月収は約18万円

手取り額とは

月収から所得税や住民税など各種税金、社会保険を天引きした金額。

一般的に控除される金額は月収の20〜25%なので、手取り14万円の額面月収は約18万円になりますね。以下は月収18万円の人の控除額の例です。

控除とは、月収から天引きされること。
控除される保険料・税金控除額
厚生年金約1万7,000円
健康保険約9,000円
雇用保険約500円
所得税約3,000円
住民税約6,000円
合計約3万5,500円

健康保険料と住民税は前年度の収入によって、控除額が決まります。ちなみに住民税は2年目から控除されるので、昇給しても手取り額が下がる可能性が高いですね。

月収と手取りの違い

月収と手取りの違い

【月収】

会社が自分に対して払う金額の合計。基本給と通勤手当・時間外手当など各種手当で構成される。給与明細では「総支給金額」の欄に記載されている。

【手取り】

自分が実際に受け取る金額。月収から所得税や住民税など各種税金、社会保険を天引きした金額。

つまり、月給から『控除の合計額』を差し引いた額が手取り額ですね。そのため、月収より手取り額の方が生活に密接に関わってくるんです。

年収は230〜250万円程度

手取り14万円の年収は230〜250万円程度です。年収は手取り額ではなく、額面月収を元に計算します。

手取り14万円(額面月収18万円)の年収計算例

月収18万円×12ヶ月=216万円

多くの会社ではこれに加えて賞与が支給されます。

  • 大企業の賞与額:月収の2.4ヶ月分
  • 中小企業の賞与額:月収の1ヶ月分

賞与ありの年収は中小企業の場合は234万円、大企業の場合は約259万円です。ただですね。年収は額面月収を元に計算しているので、もらえる金額はもっと少ないんです…。

そのため、年収以上に生活が苦しいと感じる人も多いかもしれません。

やっぱり少ない?手取り14万円で生活がキツい3つの理由

手取り14万円で生活がキツい3つの理由
  1. 貯金が月々1万円程度しかできない
  2. ボーナスがない会社に勤めている人も多い
  3. 月々の固定費を把握していない

手取り額が少ないと、その分生活に影響が出てしまいます。ただですね。固定費や会社の業績の把握などできることはあったんです…。

そこでここでは、手取り14万円で生活がキツい理由を紹介します。

貯金が月々1万円程度しかできない

手取り14万円がキツい理由は、貯金が月々1万円程度しかできないためです。

年代月々の貯金額
20代2万5,000円
30代3万5,000円
40代3万5,000円
50代2万6,000円
60代1万5,000円
手取り14万円の場合は安い家賃の家に住んだり、趣味や食費を削ったりしないと、20代・30代の貯金額には平均貯金額には到達できません…。

ボーナスがない会社に勤めている人も多い

手取り14万円がキツい理由は、ボーナスがない会社に勤めている人も多いためです。

賞与についての注意点
  • 法律上、就業規則に明記されていない限り、会社は賞与を支払う義務がない。
  • 会社の業績によって、賞与は変動する。

例えば、賞与ありの会社に入っても会社の業績が悪化すれば、ボーナスカットや支給されない場合もあるんです。

そのため、転職する際は賞与あり+会社の業績を加味して選びましょう。

月々の固定費を把握していない

手取り14万円の生活がキツい原因は、月々の固定費を把握していないことです。毎月かかる金額を把握せずにお金を使いすぎると、赤字になる可能性もあるためです。

固定費とは、生活を送る上で必ずかかる費用のこと。
一人暮らしの固定費の例
  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 通信費(インターネットや携帯代)の固定料金
  • 各種保険料(生命保険など)
  • 車のローン・駐車場代
  • 定期購入しているもの(雑誌、コンタクトレンズなど)
  • 月々支払っている費用(ジムの会費、音楽・動画のサブスクリプションなど)

毎月かかる金額が少額でも、年間にすると高額になります。そのため、固定費を把握した上で必要ないものはカットするのがおすすめです!

手取り14万円の生活費の内訳

生活費用には固定費に加えて、変動費も入ってきます。そのため、大枠の変動費も把握しておけば、生活に困ることはほぼありません。

変動費とは、自分行動によって変化する費用のこと。
変動費の例
  • 食費
  • 交通費
  • 水道光熱費
  • 通信費の使用料金
  • 日用品代や被服費
  • 嗜好品代
  • 理美容費
  • 医療費
  • 冠婚葬祭費
  • 娯楽費
  • 交際費
ここでは、手取り14万円の一般的な生活の内訳を『実家暮らし』と『一人暮らし』に分けて、紹介します。

実家暮らしの場合

食費1万5,000円
通信費5,000円
交際費・娯楽費1万1,000円
日用品費・被服費・理美容費1万円
医療費6,000円
交通費8,000円
貯金・予備費8万5,000円
合計14万円

実家暮らしの場合は、家賃・水道光熱費がかかりません。また、食費も昼食のみで500円程度に抑えれば、月1万5,000円程度です。

もちろん、実家にお金を入れたり、飲み会に行ったりすれば貯金額は変わります。しかし、実家暮らしをする場合は手取り14万円でも不自由なく暮らしていけるんです。

一人暮らしの場合

家賃4万円
食費3万2,000円
水道光熱費1万2,000円
通信費5,000円
交際費・娯楽費1万1,000円
日用品費・被服費・理美容費1万円
医療費6,000円
交通費8,000円
貯金・予備費1万6,000円
合計14万円

一方、一人暮らしの場合は家賃・食費・水道光熱費がかかるため、カツカツの生活を強いられます。節約が前提の生活費の内訳ですが、貯金はあまりできません。

ただですね。会社の立地的に実家暮らしは厳しい人も多いですよね?そのため、手取り14万円で一人暮らしをする場合は、生活を切りつめる必要がありますね。

工夫次第でなんとかなる!手取り14万円で豊かに暮らす3つのポイント

手取り14万円で豊かに暮らす3つのポイント
  1. 家賃4万円程度の物件に引っ越す
  2. 生活の固定費用を見直す
  3. 様々な節約方法を試してみる

手取り14万円でも実家暮らしなら豊かに余裕のある生活ができることがわかりました。ただですね。一人暮らしをせざるを得ない人もいますよね…。

そこで、ここでは手取り14万円で豊かに暮らすポイントを3つ紹介します。

takeda
takeda
このポイントを活用すれば、今の手取り額でもきっと余裕のある生活ができるようになりますよ!

家賃4万円程度の物件に引っ越す

一般的な家賃相場は手取りの3割程度が適切なので、手取り14万円の場合は4万6,000程度が妥当です。家賃は固定費なので抑えられれば、生活が楽になりやすいんです。

物件を探す際のポイント
  • 初期費用が抑えられる物件:敷金礼金0円・仲介手数料無料など最初にかかる費用が抑えれれば、物件の選択肢が広がるため。
  • 都市ガスが利用できる物件:プロパンガスは月々の料金が、都市ガスの1.8〜2倍程度かかるため。
  • 駅から離れている物件:駅前に比べて、広い部屋や設備の整った部屋が見つかりやすいため。
  • 築年数が経っている物件:新築や築年数が浅い物件は家賃が高いため。

そのため、物件は管理費・共益費込みで4万6,000円に収まるかを確認して選びましょう。

生活の固定費用を見直す

生活の固定費用を見直してみましょう。毎月支払う固定の金額が減れば、年間で大きく節約できるためです。

固定費を削減する際の例
  • 動画配信などの不要なサブスクリプションサービスの解約
  • 雑誌の定期購読の解約
  • 各種保険の見直し

例えば、月額1,000円の動画配信サービスのサブスクリプションを解約すれば、年間12,000円の節約になります。

サブスクリプションとは、サービスの一定期間の利用に対して代金を支払う方式のこと。定額サービスとも言う。

定期購読やサプスクリプションは必要か否か、吟味してみましょう。見直してみると、月額分利用料の元を取れていない場合もありますよ!

様々な節約方法を試してみる

様々な節約方法を試してみましょう。急に収入は上がりませんが、支出はすぐに抑えられるためです。

節約方法の例
  • 自炊をする:食品保存容器に入れて冷凍すれば、保存も利く。昼食のお弁当にも使える。
  • 断熱材を貼る:窓やドアの開口部に断熱材を貼ることで、暖房効率が良くなる。
  • 通信費を抑える:スマホの利用状況を確認して使用量が少ない場合は、格安SIMに切り替える。
  • 断捨離をする:不要なものをフリマアプリで売却する。
  • 使用していない電化製品のコンセントを抜く:コンセントをさしているだけでも待機電力がかかってしまう。特にPCやエアコンは待機電力が大きい。
  • 電気料金を見直す:アンペア数を下げると、電気代が抑えられる。一人暮らしの物件は20Aか30Aが多い。30A→20Aに変更すると、年間3,372円の節約になる。

ただですね。一気に節約をして、生活を切り詰めることはストレスがかかります。そのため、まずは無理なくできそうなものから始めてみてくださいね。

目指せ高収入!手取り14万円の生活から脱却する方法3選

手取り14万の生活から脱却する方法3選
  1. 昇進や昇給をして給与をアップさせる
  2. 副業で収入自体を増やす
  3. 転職エージェントを利用して転職する

前述した通り、節約は生活を切り詰める必要があるので、ストレスが溜まる可能性があります。しかしですね。収入が増えれば、生活にゆとりを持てるんです。

そのためには現状を変えるしかありません。そこで、ここでは手取り14万円の生活から脱却する方法を3つ紹介します。

昇進や昇格をして給与をアップさせる

手取り額を増やすには昇進や昇給をして給与をアップさせましょう。そのために会社の評価の基準を知り、年数回の昇給・昇進のタイミングの前に成果を出す必要があります。

ただですね。年功序列の会社では成果を出しても昇給が微々たる程度だったり、評価制度が整っていない会社では正当に評価されなかったりするんです…。

そのため、あまりにも収入が上がらないor昇給スピードが遅い場合は転職するのをおすすめします。

副業で収入自体を増やす

副業で収入を増やす場合は、働いた時間だけ時給が発生するアルバイトor働いた成果を報酬として受け取る業務委託がおすすめです。

副業の例
  • アルバイト(食品デリバリーサービスの配達員・単発バイトなど)
  • 業務委託(データ入力、レビュー・口コミ投稿、Webライティングなど)

アルバイトはコンサートスタッフなどの単発バイト、流行の食品デリバリーサービスの配達員など高時給で融通を利かせられるものも多いんです。

一方、業務委託はクラウドソーシングサイトを通した在宅ワークをおすすめします。低単価の仕事も多いですが、平日でも副業できるのは強みですね。

代表的なクラウドソーシングサイト

特にWebライティングやサイト制作はスキルを身に付けていけば、フリーランスとして独立できる可能性もあります。

そのため、単純に収入を増やしたい人はアルバイト、スキルも同時に身に付けたい人は業務委託で副業してみてください。

転職エージェントを利用して転職する

手取り14万の生活から脱却したいなら、今より収入の高い会社に転職しましょう。転職成功率を上げるためには転職エージェントを利用するのが最適なんです。

転職エージェントを利用した方が良い理由
  1. 転職のプロであるキャリアアドバイザーがマンツーマンで支援してくれる
  2. 推薦状により、企業側にプッシュしてくれる

キャリアアドバイザーが求人紹介、面接対策・応募書類の添削など幅広くサポート。面接の日程調整など面倒な作業も代行してくれるので、仕事と転職活動を両立しやすいんです。

また、キャリアドバイザーは企業へ推薦状を書いてくれるので、直接応募するより選考の突破率は高まります。

推薦状とは、キャリアドバイザーが求職者の強みや性格、転職理由を面接につながるようにPRする文章のこと。推薦文を参考にする採用担当者は多い。

このように転職エージェントを使えば、内定を獲得できる可能性が上がるんです。そこで次の項では、おすすめの転職エージェントを紹介します。

手取り14万円からの脱却をサポートしてくれるおすすめの転職エージェント3選!

エージェント名求人数サポートの質おすすめ度
doda転職エージェント6万1,000件転職ノウハウが豊富・イベントや転職フェアも開催 5.0
ハタラクティブ未経験OKのみで約2,300件転職に慣れていない人も安心のマンツーマンサポート 4.5
マイナビジョブ20’s約1,800件適性検査で強みを発見 4.3

前述した通り、転職エージェントには種類がたくさんあります。そのため、総合や特化型など複数の転職エージェントをピックアップしました。

そのため、自分に合いそうな転職エージェントに登録してみてくださいね。

求人と転職サポートの質が高い!doda転職エージェント

doda転職エージェントは業界トップクラスの求人数を誇る総合型転職エージェントです。運営会社の実績が豊富なため、サポートの質が高いのです。

takeda
takeda
全国に拠点があるので、地方でも利用しやすいのです。

年収300万円以上など要望を伝えれば、条件に合った求人を紹介してもらえます。

転職したいけど、

  • どの企業が待遇の良いが分からない
  • 企業の求人をたくさん見て吟味したい

という場合は、まずはdoda転職エージェントに登録して面談で相談してみるのがおすすめです!

詳細ページ 公式HP

経歴に自信がなくても転職できる!ハタラクティブ

ハタラクティブは主に20代のフリーターや第二新卒に特化した転職エージェントです。

実績やスキルより人物評価メインの採用を行う企業の求人が多いので、キャリアに自信がなくても安心ですね。

takeda
takeda
キャリアアドバイザーがマンツーマンで対応してくれます。面接対策・応募書類添削など転職を一からサポートしてほしい人におすすめです!

未経験から応募できる求人が約2,300件以上と多いため、異業種へ転職できる可能性が高まりますね。

キャリアを再構築したい場合は、ぜひ登録しておきたい転職エージェントと言えます。

詳細ページ 公式HP

第二新卒向けの求人を多数掲載!マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、人材業界大手の「マイナビ」が運営している20代向けの転職エージェントです。

マイナビグループ独自ルートにより、大手企業の求人を多く取り扱っており、未経験職種でもエントリーできるんです。

takeda
takeda
もちろん年収の高い企業もあるので、一度チェックしてみる価値はありますね!

また、マイナビジョブ20’sに登録すれば、適性検査も受けれるので自分の強みや仕事の適性が分かるようになるんです。

20代限定のサービスなので、20代は登録しておくべき転職エージェントと言えますね。

詳細ページ 公式HP

手取り14万円の生活に関するQ&A

手取り14万の生活に関するQ&Aをまとめました。気になるところがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね!

手取り14万円で結婚・子育てはできるか?

結婚も子育てもできますよ!ただですね。手取り14万円は一人暮らしでもカツカツの状態ですよね…。そのため、以下の条件を設けましょう。

手取り14万円で結婚・子育てをする際のポイント
  • 共働き
  • 物価の安い地方暮らし
  • 会社の福利厚生が充実している

共働きで世帯収入が多ければ、子育ての資金にもあまり困りません。

しかし、今後の子供の将来を考えると、手取り額の高い仕事に就くことをおすすめします。

手取り14万円で車を購入できるか?

正社員は社会的信用が高いのでローンが組めます。そのため、一括で支払える貯金がなくても、車を購入できますよ。

ただですね。車は維持費がかかるので、購入する際に注意すべきポイントがいくつかあります。

  • 排気量の少ない車を選ぶ:自動車税は排気量に応じて変動するため。
  • 軽自動車やハイブリット車を選ぶ:燃費が良く、ガソリン代が安く済む。
  • 保険の内容を定期的に見直す:加入期間を長く設定すると保険料を安くできる。
  • 新古車の購入を検討する:走行距離がほぼないのに、新車より安いため。
新古車とは、試乗車や展示車として新車登録されている車で、走行距離がほとんどない車を差す。新車同様のスペックを持っている中古車。
また、駐車場を借りる場合は駐車料金がかかります。そのため、車を購入する際は税金・駐車料金・保険料など維持費がかかるのを覚えておいてください。

手取り14万円で生活を豊かにするノウハウまとめ

手取り14万円の生活から脱却する方法
  1. 昇進や昇給をして給与をアップさせる
  2. 副業で収入自体を増やす
  3. 転職エージェントを利用して転職する

手取り14万円では生活していくのがギリギリです。そのため、収入を増やしたり、環境を変えたりする必要があります。

転職エージェントを利用するなら、以下をおすすめします。

苦しい生活から脱却するために転職するなら、転職の情報は早めに集めたいところ。

そのためにも複数の転職エージェントを利用して多くの求人の情報を集め、応募していくことが転職成功の近道ですね!