転職に有利な時期まとめ!求人の多い月・穴場の月などおすすめ月を公開!

初めて転職活動をする場合、いつ転職すれば有利なのか悩む人もいるかもしれません。

  • 有利な転職時期はないの
  • 年齢によっては転職活動の時期をズラした方が良いのかな?
  • 勤続年数が短い場合は、どのタイミングで転職すべき?

そこでこの記事では、

  • 転職に有利な時期
  • 入社後何年目の時期に転職すれば良いのか
  • 第2候補としておすすめの転職時期

などなど、転職時期についてのあらゆる疑問を解決できればと思います。

自分はどの時期に転職するべきかわかると思うので、ぜひ読んでみてください!

目次

基本的に有利な転職活動の開始時期は採用ニーズが高まる2月〜3月や8月〜9月

基本的に、転職に適しているといわれる時期=求人が多い時期です。そのため有利な転職活動の開始時期といわれているのは、以下の2つの時期。

転職に有利な時期
  1. 2月〜3月
  2. 8月〜9月

では、なぜこれらの時期の求人が多く、転職時期として有利なのでしょうか?

2月〜3月の時期が転職に有利な理由は中途採用の求人数が多いから

2月〜3月に企業の求人が増える原因
  • 人事異動が行われやすいから
  • 新規事業の立ち上げが行われやすいから
  • 退職者が発生しやすい時期だから

一年の中で、最も求人が多くなる時期は、2月〜3月です。この時期に求人が最も多い理由は、年度が変わるタイミングだから。

年度が替わるタイミングは、以下のような理由で人の入れ替わりが激しくなります。そのため、企業側の中途採用者に対する求人ニーズも高まり、求人件数が最も多い時期なのです。

8月〜9月は下半期のスタートや欠員募集の時期と重なるから

8月〜9月に企業の求人が増える原因
  • 下半期がスタートするため、新たな人員が必要だから
  • 退職や人事異動により欠員が発生した部署の穴埋めが必要だから

また、8月〜9月の時期も求人が増える時期です。この時期に求人が増える理由は下半期がスタートする10月が近づいているから。

10月も4月と同じように人事異動や退職が多い時期です。

このように、8月〜9月の時期も企業の求人ニーズが高くなるため、求人を出す企業が増えるのです。

参考:第二新卒の場合は4月入社できる時期(2~3月頃)が良い

社会人になって3年以内に退職した場合は、2月〜3月頃に転職活動を始めることがおすすめです。

というのも、3月頃に転職先から内定をもらえれば、4月に入社する新卒と一緒に研修を受けられるから。

実は私も第2新卒として2月から転職活動を始め、3月に某大手飲食チェーン店から内定をいただいたのですが、4月入社の新卒といっしょに研修を受けることができました。

研修では、基本的なマナーや仕事のやり方を丁寧に教えてもらうことができるため、未経験の業界に転職したいけど、不安な気持ちもある人にはおすすめの時期です。

研修をしっかりと受けたい場合は、4月入社できるタイミングで、転職活動をしてみてはどうでしょうか?

kouno
kouno
いっしょに研修を受けることで、新卒に負けるわけにはいかないという気持ちにもなります。

転職の時期は、入社後何年目がベスト?

転職の時期で一番悩みがちなのは、新卒で入った会社から転職をする場合です。

勤続年数がどのぐらい経過してからの転職が、自分にとってベストな時期なのか気になるかもしれません。

そこで、新卒で入社後、転職する時期として避けた方が良いタイミングとベストなタイミングを解説します。

勤続年数が短すぎる場合は、2~3年働くのが良いかも

まず、勤続年数が短すぎる場合は、すぐには退職をせず、最低2〜3年は働いた方が良いかもしれません。

なぜなら、勤続年数が短い状態で転職活動をすると、企業の人事の印象が良くないため、面接どころか書類選考で落とされるケースも増えるから。

勤続年数が短いと人事の印象が良くない理由
  • 採用しても続かないのではと捉えられるから
  • 採用してすぐに辞められると、採用コストが割に合わないから

特に勤続年数が1年未満の場合は、必ずと言っていいほど面接で辞めた理由を聞かれるので、きちんと受け答えができなければ採用はされません。

労働時間が異常に長く体調を崩す危険性があるなどの事情がない限り、短くても2,3年働いてから転職することをおすすめします。

ちなみに企業が転職エージェントサイトを利用した場合、一人採用するだけで成果報酬として年収の30%〜35%の成果報酬を取られます。

年収 企業がエージェント企業に支払う費用
300万円 100万円前後
500万円 170万円前後
1,000万円 330万円前後

また大手転職サイトに求人を掲載した場合、プランと費用により違いはあるものの、4週間の掲載で18万円〜180万円以上掛かります。

そのため、転職者を受け入れる企業としても、すぐに退職する可能性がある人は雇いたくないのです。

新卒で入社後キャリアアップを目指すなら、3年〜5年がおすすめ

新卒で入社後キャリアアップを目指したい場合は、3年〜5年働いてからの転職がおすすめ

なぜなら他社でもアピールできるような実績を作るためには、一般的に3年〜5年掛かるケースが多いから。

    逆に十分な実績があるのであれば、3年以内の転職も視野に入れてみてください。

    さらに、企業に入社してからすぐに貢献できることをアピールするためには、以下のような実績があった方がスムーズに転職ができます

    実績のアピール例
    • 部門でトップクラスの営業成績を残し、売上に大きく貢献した
    • 顧客の満足度を上げたことで、前年よりも来店客が増加した
    • 部門のリーダーとして○○をやったことで、離職率を大きく減少させた

    また、転職先が未経験の業界や職種でも、企業の役に立つことができる能力があることをアピールできれば転職しやすくなります。

    すべての人にとって求人数が多い時期が転職に有利とは限らない

    基本的に求人数が多い時期は転職しやすいです。しかし、求人数の多い時期が必ずしも全員にとって転職に有利な時期とは限りません。

    なぜなら、求人数が多い時期は、転職する人も多い時期だから

    そのため、人気の高い企業を中心に入社希望者が殺到し、すぐに採用人数が埋まったり、採用される基準が厳しくなったりする可能性もあります。

    また、以下のような状況であれば、転職時期をズラした方が良い場合もあります。

    転職をズラした方が良い時期
    1. 30歳や35歳に近い時期
    2. ボーナス時期に近い時期
    3. (女性の場合)出産を考えている時期

    順番に解説しますね!

    年齢によっては、転職時期をズラした方が最適な場合もある

    一定の年齢に近づいている場合は、転職時期を早めた方が良いことがあります。例えば、30歳以上や35歳以上に近づいている場合は要注意

    30歳以上になれば、企業は即戦力として働いてくれることを期待しています。

    特に未経験の業界や職種に挑戦したい場合は、30歳以上の年齢の人を積極的に受け入れない企業も多くなるので注意が必要です。

    逆にマネジメントの経験は、30歳をすぎても重宝される能力です。その場合は、焦って転職時期をずらす必要はありません。

    35歳以上になると、以下の経験がなければ転職が難しくなります。

    • 即戦力としてすぐに結果を出せる
    • 役職に就いて、マネジメントの経験がある
    • 重大なプロジェクトを任せてもらい、実績を残した

    さらに、年齢が高くなることで企業があなたに支払う年収も高くなるため、面接時にはよりシビアにあなたのことを見られます。

    したがってマネジメント経験がない場合は、34歳までに転職しないと条件に合った求人が少なくなる可能性があるので注意してください。

    また40代以降で転職を考えている人は、雇用保険の加入期間が10年以上になってからの退職を推奨します。

    その理由は、雇用保険の加入期間が10年未満と10年以上では、失業手当の給付期間が30日も違うから。

    雇用保険の加入期間 10年未満 10年以上 20年以上
    基本手当の給付期間 90日 120日 150日

    転職活動中に退職をした場合は給料が支払われないので、少しでも多く失業手当がもらえる時期に退職するようにしましょう。

    ボーナス時期が近い場合は、ボーナスをもらってからの転職もあり

    転職時期がボーナス時期と重なりそうな場合は、ボーナスをもらってからの転職もありです。

    退職をすると一定期間収入がなくなるケースもありますが、ボーナスをもらって退職すれば安心して転職先を探せます。

    もし、ボーナスをもらってから退職をしたい場合は、現職のボーナス支給規定を確認し、いつまで働けばボーナスの対象になるのか調べておくと良いです。

    kouno
    kouno
    平均的な転職活動期間は3ヶ月〜6ヶ月です。

    利用したことのある転職エージェントさんは、選考スタートから3ヶ月以内に転職を決めないと厳しいとおっしゃってました。

    女性は出産の時期も考えて転職しよう

    女性の中には出産を控えているという人もいるかもしれません。できれば、出産後も安心して働ける企業に転職したいですよね?

    出産を控えている場合は、なるべく出産の1年前に転職することをおすすめします。なぜなら、転職先の企業の労使協定によっては育児休業手当がもらえないこともあるから。

    育児休業手当がもらえないケース
    1. 入社1年未満
    2. 1週間の所定労働日数が2日以内
    3. 育児休業取得を申請した日から1年以内の退職

    そのため結婚をして出産を考えている場合は、すぐにでも転職活動を始めておいた方が良いです。

    また、出産を控えている人にとって重要なことは育児休業の取得だけではありません。育児休業からの復帰後も働きやすい環境なのかチェックしておく必要があります。

    穴場あり?第二候補としておすすめの転職時期!

    基本的には転職時期は求人数の多い時期がおすすめです。しかし、どうしても求人数の多い時期まで待てないという人もいるかもしれません。

    第2候補としておすすめの転職時期は、以下の2つです。

    第2候補としておすすめの転職時期
    1. 4月〜5月
    2. GWやお盆休みを挟む期間

    4月〜5月の時期はライバルが少ないので検討の価値あり

    4月〜5月の時期は第2候補としてはおすすめ。なぜなら、この時期は新入社員・中途社員ともに人員補充を終えたばかりで、求人が多くないからです。

    求人が多くなければライバルが少ないので、内定獲得の可能性やスピードは他の時期よりも早くなります

    また、4月〜5月の時期に採用を行う企業は必要に迫られて募集をしているケースも多いのが特徴です。

    その理由は、上半期が始まったものの人員が足りなくなったり、退職者が出たりした企業が急に人材が必要になるケースが多いから。

    もしこの時期に興味のある企業が採用をしていたら、チャンスかもしれません。

    GWやお盆休みを挟む期間もおすすめ

    GWやお盆休みを挟む期間は、転職活動をこれから始める人におすすめの時期。なぜなら、GWやお母休みの時期はほとんどの企業が営業を休んでいるためです。

    そのため、まとまった時間をとりやすく

    • 職務経歴書の記入
    • 面接のロープレ
    • 求人先の企業探し
    • 転職活動全般の情報収集

    などを落ち着いてやることが可能です。

    長期休暇に入る前に転職エージェントとの面談や転職サイトへの登録を行っておけば、スムーズに本格的な転職活動を始めることができます。

    転職の時期は税金の支払いが大変!半年分の生活資金を用意しておくと安心

    転職活動をする時期に注意しなければならない点は税金の支払いです。

    会社に在職している時は、住民税や社会保険料(健康保険・厚生年金)は全て給料から天引きしてくれます。

    しかし、退職をしてすぐに転職できなかった場合は、社会保険の切り替えや税金を自分で納める必要があります。

    また、転職活動が長引けば、収入はゼロにも関わらず税金の支払いはしっかり請求されるので大変です。

    当然生活費も掛かるので、貯金がない状態での転職活動はおすすめできません。

    私も以前、ほとんどお金がない状態で転職活動をせざるを得なかったことがありますが、税金の支払いや生活費の支払いでぎりぎりの生活が続きました。

    そのため、仕方なく内定をいただいた第一志望ではない会社に入社しました。

    もし生活費にもう少し余裕があれば、違う企業の選考も受けたかもしれません。最低でも半年分の生活資金を用意してから、転職活動を始めるべきです。

    kouno
    kouno
    税金の支払いは、一度で10万円以上の請求が来ることもあります。

    転職時期についてのQ&A

    転職時期についてよくある疑問をQ&A形式で答えます。ぜひ参考にしてみてください。

    転職活動を始める時期は、在職中と退職後のどちらが良い?

    転職活動を始める時期は、圧倒的に在職中がおすすめです。

    在職中に転職活動をするべき理由
    1. 退職後すぐに転職先で働けるので、収入の減少を防げる
    2. 転職先が決まっているので、精神的に悩まなくて済む
    3. これまで通り会社が保険料の半分を負担してくれる(※)ので、税金の負担が少ない

    ※会社員の場合、会社側が毎月の保険料の50%を支払ってくれていますが、退職することで100%自己負担になります。

     

    できれば在職中に転職先を探して、内定を得ることがおすすめです。退職日までに間に合わなくても、情報収集ぐらいはやっておきましょう。

    面接の希望日は早い時期が良いの?

    企業の人事はなるべく早く採用して働いて欲しいと考えています。

    そのため、面接の連絡が来てから1,2週間以内の日程を希望すれば、印象が悪くなることはありません。

    また、複数の面接希望日を提示すれば「相手のことを考えてスムーズに日程のやりとりができる人」という印象を与えることもできます。

    転職することを伝える時期は退職の何日前?

    まず、民法では退職を伝える時期として以下のように決まっています。

    第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

    しかし実際には、社内規定でそれ以上の期間を定めている企業が多く、遅くとも1ヶ月前までに伝えるべきです。

    なぜならあなたが退職した後、企業は他の人を配置したり新たに人材を募集したりすることで、あなたの抜けた穴を埋めなければならないから。

    退職を伝える期間が2週間では、企業があなたの代わりの人員を用意するのは難しいでしょう。

    退職する会社に迷惑を掛けないためにも、できるだけ早く退職の意思を伝える必要があります。

    転職後「失敗した」と感じたときに仕事を辞める時期は?すぐに辞めて良い?

    転職活動をしたけど、失敗してしまったと感じる人は少なくありません。そのような場合は、状況次第ですがやめるべきではないです。

    なぜなら、次の転職先が見つからないリスクが高くなるから。

    すぐに辞めて転職活動をしても、企業の人事に「またすぐに辞めるに違いない」と捉えられる可能性が高くなります。

    また、転職したての時期はまだ転職先について理解できている部分も多いはずです。

    もう少し働いてみれば、短い期間ではわからなかった転職先の魅力に気づけるかもしれません

    ただ、自分の体や精神が病むような職場で、これ以上働き続けるのは限界…という場合は、例外的にすぐに辞めることをおすすめします。

    転職活動をするのにおすすめできない時期は何月ぐらい?

    転職活動をするのにおすすめできない時期は、以下の2つの時期です。

    • 働き始めてから1年経過していない
    • 夏や冬など転職活動がやりにくい時期

    まだ働き始めてから1年が経過していないのであれば、転職はおすすめできません。次の転職先を見つけるのに苦労する可能性が高いです。

    夏や冬などは暑すぎたり寒すぎたりするので、転職活動をやりにくい時期です。

    気候の影響で身だしなみや清潔感が崩れてしまうと、面接での印象も悪くなるので、夏や冬が苦手な人は少し時期をずらしてみてはどうでしょうか?

    おすすめの転職時期は、求人が多い2月〜3月や8月〜9月

    基本的におすすめの転職時期は、求人の多い2月〜3月や8月〜9月です。この時期に転職活動をすれば求人が多いので、転職先に困ることは少ないです。

    ただし、年齢やその他の理由により、求人が多い時期以外に転職活動をしても良いかもしれません。

    ただ、スムーズに転職をするためにも、転職に関する情報収集や転職エージェントとの面談は早くから行っておきましょう。