複数の転職先に内定をもらった場合に後悔しないための決め手3選

  • 転職を考えているけど、いまいち決め手がなくて行動に移せない…
  • 複数の内定をもらったけど、どの企業がいいのかを選ぶ決め手がない…
  • 他のみんなはどんな理由で転職を決めてるんだろう…?

など、転職に関して悩むことってありませんか?そこでこの記事では、そんな悩みが少しでも解決できるよう、転職の決め手に関する情報をまとめました。

honda
honda
転職先を選ぶ決め手についてだけでなく、転職をスムーズの進めるコツやおすすめの転職エージェントについてもお伝えします!

ぜひチェックしてみてくださいね。

複数の内定に迷った場合の決め手3選!

複数の内定に迷った場合の決め手3選
  1. 希望の条件を満たしているかどうか
  2. 入社後の自分を明確にイメージできるかどうか
  3. 自分の市場価値を高められるかどうか

複数の内定をもらったとき、どの企業に転職すればいいのかすぐには決められない場合もあります。そんなときの決め手として、上記3つを意識するのがおすすめです。

それぞれどういうことか、もう少し詳しくお伝えしますね。

希望の条件を満たしているかどうか

まずは「希望の条件を満たしているか」ということ。

当たり前のことにも思えますが、例えば焦って転職したり、なんとなく転職していたりすると、自分でも転職先に求める条件が明確でないことがあります。

その結果、適切な転職先を選べずに転職後の後悔につながってしまうリスクがあるんです。

honda
honda
「いまの職場をとにかく変えたい」といったときなども要注意です。

自分がどんな職場を求めていて、それを実現できる企業はどこなのかを明確にし、内定をもらった企業の中から選ぶ必要がありますね。

入社後の自分を明確にイメージできるかどうか

「入社後の自分を明確にイメージできるかどうか」も重要なポイント。

  • 自分が取り組むであろう業務内容を理解しているか
  • その業界について最低限の知識があるか
  • 本当に自分のやりたい仕事と一致しているのか

などですね。

待遇や環境だけを考えて業務内容から目を背けていると、転職後に「思ったよりこの仕事キツいし、向いてないかも…」と後悔してしまいかねません。

入社に感じる理想と現実のギャップをできるだけ避けるためにも、転職後にその企業で自分が働く姿をできるだけはっきりとイメージできるといいですね。

自分の市場価値を高められるかどうか

「自分の市場価値を高められるのかどうか」というところも決め手の一つにするのがおすすめです。

市場価値を高められれば、待遇UPも期待でき、より生活を豊にしていける可能性があるからです。

honda
honda
社内で出世できる場合もありますし、その後の転職によってさらにキャリアアップを目指すなど、今後の幅も広がります。

その企業で働くことで、スキルや知識は得られるのか、もしくは向上できるのか、自分に与えられる裁量はどの程度のものなのか、など入社前に知っておけるのが理想ですね。

【参考】転職エージェントを利用している場合は相談してみよう!

転職エージェントを利用しているのであれば、相談してみるのも一つの方法です。

「自分の経験と転職先の環境がマッチしているのか」「自分の希望が叶えられる職場なのか」など、担当者に聞いてみることで参考になる意見をもらえる可能性も。

honda
honda
特に歴史の長い転職エージェントは、これまで多くの転職者を見届けています。

その経験をもとにした第三者の客観的な意見を聞くことで、自分にとって最適な転職先を見つけられる可能性があるんです。

退職の決め手あるある10選!

退職の決め手あるある10選
  1. 待遇に不満があったから
  2. 職場の雰囲気が合わなかったから
  3. 人間関係に悩んだから
  4. 業務内容に不満があったから
  5. 他に挑戦したい仕事が見つかったから
  6. 会社に将来性を感じなかったから
  7. 自分のキャリアプランが実現できそうになかったから
  8. 休日・休暇が満足に取れなかったから
  9. 転勤が多かったから
  10. 結婚や出産などでライフスタイルが変化したから

それでは次に、退職の決め手となる主な理由10選についてお伝えします。

「他のみんなはどんな理由で退職を決めたんだろう?」と気になる場合はぜひチェックしてみてくださいね。

待遇に不満があったから

まずは「待遇に不満があったから」ということです。

長く働いており、結果を出しているにも関わらず昇給しなかったり、ポジションが変わらなかったりすることで不満が溜まり、退職の決め手になるんですね。

honda
honda
単純に給与が少なくて不満に思うこともあります。

すでに実績があれば他の企業でさらに活躍できる可能性もあるため、退職して転職に踏み切るということです。

職場の雰囲気が合わなかったから

「職場の雰囲気が合わない」ということも決め手としてあります。

例えば「社内の雰囲気がピリピリしていて居心地が悪い」「周りの仕事に対するモチベーションが低く、自分と合わない」などですね。

honda
honda
業務内容や待遇に不満はなくとも、職場が楽しめずにいたところ、もっと良さそうな職場が見つかり転職するということです。

「同じ業務や待遇であれば、できるだけ居心地のいい環境で働きたい」といった思いから転職を決めるということですね。

人間関係に悩んだから

人間関係に悩んだことが決め手となることも。単純に同僚や上司と合わないこともありますし、パワハラやセクハラに悩むこともあります。

誰かに相談しても変わらないのであれば、自分が環境を変えた方がいいという場合もありますね。

honda
honda
人間関係は放っておくと仕事に支障がでることもあります。また、精神的に大きなダメージを追ってしまう可能性も。

そのため、より働きやすい環境を目指して転職するということです。

業務内容に不満があったから

「業務内容に不満があったから」ということもありますね。多少の不満であれば、仕事で結果を出していくことで裁量も増え、やりがいを感じられるようになる可能性はあります。

しかし、まったく自分の経験やスキルが活かせない、激務なうえに残業も多いなど、耐えられないほど不満が大きくなると、退職するしかなくなってしまうということですね。

他に挑戦したい仕事が見つかったから

「他に挑戦したい仕事が見つかったから」も退職理由の一つです。いまの仕事や職場に不満があるわけではないにしても、他に挑戦してみたい仕事が見つかることがあります。

業界や年齢によっては未経験で飛び込むこともできますし、経験を活かせる職種であればさらにステップアップできる可能性もあります。

honda
honda
ポジティブな理由での転職なので、円満に退職できる可能性も高いです。

どうしても挑戦したい仕事があれば、取り組んでみるのもいいですね。

会社に将来性を感じなかったから

会社に将来性を感じられずに退職することもあります。

例えば会社の業績があまり伸びていなかったり、業界の変化に対応できていなかったりなどですね。

honda
honda
会社の内側にいると気付きにくいこともあります。

しかし視野を広げて客観的に自社について知ったときに、他社のほうが魅力を感じてしまうということがあるんですね。

自分のキャリアプランが実現できそうになかったから

自分のキャリアプランが実現できそうになく、退職を決めるパターンもあります。

「出世して管理職に就きたい」「大きな仕事をして結果を出したい」などを考えてはいても、それが実現できないなと感じてしまうと、他の職場に魅力を感じてしまうことがあるんですね。

honda
honda
したがって、転職する場合はまず自分のキャリアプランが実現できるのかを必ず確認する必要があります。

休日・休暇が満足に取れないから

「休日や休暇が満足に取れないから」という退職理由もありますね。プライベートの時間を確保できず、心身ともにツラくなってしまうことがあります。

長期休暇も少なかったり、仕事漬けの毎日に限界を感じてしまったりして、退職を決めるということですね。

転勤が多かったから

転勤の多さも退職の決め手となることがあります。住むエリアや生活スタイルがその都度変わってしまうことが大きな負担となってしまうんですね。

honda
honda
一人暮らしなら対応できても、家族がいると難しくなってしまうこともあります。

同じ職種でも転勤がない職場があれば、そちらのほうに魅力を感じて転職するということです。

結婚や出産などでライフスタイルが変化したから

結婚や出産によってライフスタイルが大きく変わることで退職することもあります。職場によっては、育休や産休が取得できたり、時短勤務が可能だったりするかもしれません。

honda
honda
しかしどんな職場でもそうとは限りません。

会社の制度と自分の生活が合わないことで、やむを得ず退職するしかなくなってしまうということですね。

【決め手が明確なら行動!】転職をスムーズに進める3つのコツ!

転職をスムーズに進める3つのコツ
  1. 希望条件を明確にして優先順位をつける
  2. 企業の情報を細かく集める
  3. 転職エージェントを利用する

転職する決め手が明確になったら、あとは行動するのみです。そして転職活動をスムーズに進めるコツは、上記の3つ。それぞれどういうことか、もう少し詳しくお伝えします。

希望条件を明確にして優先順位をつける

まずは希望条件を明確にして優先順位をつけてみてください。なぜなら転職先に求める条件が曖昧だと、どんな職場を選べばいいのかがわかりづらくなるからです。

例えば転職の決め手が業務内容への不満だったのであれば、まずは理想の業務ができる職場であることを最優先したほうがいいです。

honda
honda
待遇に不満があったのであれば、待遇が改善される職場を最優先するといいですね。

自分の転職の決め手に合わせて転職の目的を明確にし、譲れない条件から順位をつけるのがポイント。そうすることで転職したい職場や集めるべき情報も、わかるようになってきます。

企業の情報を細かく集める

次に、企業の情報を細かく調べることも重要です。

転職に焦ってあまりよく知らない企業に入社してしまうと、ミスマッチとなって転職前の悩みも改善されず、後悔してしまいかねません。

honda
honda
せっかく転職するのであれば、前職よりも満足できる環境で働きたいですよね。

企業の公式サイトはもちろん、SNSや口コミサイトなども積極的に利用するのがおすすめです。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用するのも効果的です。転職サイトも求人を探すうえでは効果的ですが、転職エージェントはさらに一人ひとりに担当者がつくことがほとんど。

したがって「転職を考えているけどまだ決め手がない」「どんな職場がいいのかわからない」という場合に、相談できる可能性が高いんです。

honda
honda
自分の状況を客観的にみて最適な職場を紹介してくれる可能性があるんですね。

ただ、転職エージェントっていくつもあるから選ぶのに迷ってしまうこともあります。そのため、次におすすめな転職エージェントについて、お伝えしますね。

決め手が曖昧でも相談しやすい転職エージェントTOP3!

← 横にスクロールできます →
項目名リクルートエージェントdoda転職エージェントパソナキャリア
求人数
約20万件

約10万件

約5万件以上
求人の質
多くの職種や条件の
求人を取り扱っており
幅広い年齢層が利用しやすい

未経験可能な求人から
キャリアアップ可能な求人まで
幅広く取り扱っている

年収アップが
期待できる求人が多い
サポート内容
転職業界最大手。
充実したサポートと豊富な実績があり
転職に不安があっても利用しやすい

安心感のあるサポート力で
目的に合わせた
転職がしやすい

オリコン顧客満足度調査
転職エージェント総合第1位
(2019・2020年)

今回おすすめな転職エージェントは、上記の3社です。どれも使いやすい転職エージェントではありますが、迷ってしまうこともありますよね。

そこで次に、より上記3社の特徴がわかるよう、ランキング形式でお伝えします。ぜひチェックしてみてくださいね。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

項目詳細
総合評価 5.0
転職業界最大手で安定感のあるサポート
求人数 5.0
約20万件
求人の質 5.0
多くの職種や条件の求人を取り扱っており、幅広い年齢層が利用しやすい
サポート内容 5.0
充実したサポートと豊富な実績があり、転職に不安があっても利用しやすい

リクルートエージェントの特徴

  • トップクラスの求人数
    公開求人・非公開求人合わせて約20万件の求人から、目的に合わせた職場を見つけられる可能性がある
  • 転職業界最大手の充実したサポート
    転職支援実績No.1(※)を誇り、転職初心者から経験者まで幅広く利用しやすい
  • ハイクラスの転職にも対応可能
    ハイクラスの転職に特化したサービスもあり、実績を活かせばキャリアアップも可能!

(※)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェントをおすすめできる人

リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 幅広い求人から目的に合う転職先を検討したい人
  • 経験を活かしてキャリアアップを狙いたい人
  • 安定感のあるサポートを望む人

転職業界最大手といえるのが、このリクルートエージェントです。求人数が多く、サポート力にも定評があります。

そのため、自分の転職の目的に合わせた求人を紹介してもらえる可能性が高いんです。歴史も長く、転職支援実績No.1(※)の実績も。

これまで積み上げた実績をもとにサポートしてくれることから、転職経験が少ない場合でも経験豊富な場合でも利用しやすいんですね。

honda
honda
迷った場合にはまず登録しておくといいですね!

「転職を考えているけど一歩目が踏み出せない」「どんな職場ならいまの悩みが改善されるのかわからない」という場合は、一度相談してみるのがおすすめです。

(※)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

doda転職エージェント

項目詳細
総合評価 4.8
多くの求人数と充実したサポート
求人数 4.8
約10万件
求人の質 5.0
職種の幅が広く、未経験歓迎な求人から高待遇な求人まで多数アリ
サポート内容 5.0
書類作成や面接対策など手厚いサポート

doda転職エージェントの特徴

  • 多くの求人からニーズに合わせた転職先を紹介!
    経験豊富なアドバイザーによるサポートで、希望に合う転職が実現できる可能性アリ!
  • 業界大手ならではの充実したサポート
    書類作成や面接対策など、サポートが手厚く、転職初心者でも安心して利用しやすい
  • 転職イベントも豊富!
    転職のイベントが多く、転職に関する相談や自己分析の方法など独自のサポートが期待できる

doda転職エージェントをおすすめできる人

doda転職エージェントをおすすめできる人
  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポートを受けたい人
  • 転職イベントなどから積極的に情報収集したい人

doda転職エージェントも、転職業界ではリクルートエージェントに次ぐ大手。サポートも手厚く、転職経験が浅い場合でも利用しやすいのが特徴的です。

応募書類の添削もしてくれるので、どう書けばいいのかわからない場合には相談してみるといいですね。

honda
honda
面接に不安がある場合も、まずは相談してみましょう!

転職イベントも定期的に開催されており、doda転職エージェントならではの情報を得られる可能性も。

安定感のあるサポートを求める場合は、一度登録しておくといいですね。

doda転職エージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

パソナキャリア

項目詳細
総合評価 4.8
オリコン顧客満足度調査
転職エージェント総合第1位(2019・2020年)
求人数 4.5
約5万件以上
求人の質 5.0
高待遇の求人や管理職などの求人も多数
サポート内容 4.5
書類添削・年収交渉・退職交渉のフォローなど手厚いサポート

パソナキャリアの特徴

  • オリコン顧客満足度調査 転職エージェント総合第1位の実績!(2019・2020年)
    高いサポート力でハイクラスの転職成功率UP!
  • 企業との交渉や模擬面接などフォロー体制も充実!
    年収交渉や面接のテクニック、さらには退職交渉のフォローなど安心感のある転職活動が期待できる

パソナキャリアをおすすめできる人

パソナキャリアをおすすめできる人
  • 転職の際にきめ細かいサポートが欲しい人
  • 転職経験が浅い人
  • 関東圏を中心に転職活動を行なっている人

パソナキャリアの特徴は、きめ細かいサポートが期待できるところ、そして転職後の年収アップが期待できるところです。

そのため、すでにある程度の職務経験があり、その経験を活かしてキャリアアップしたい場合には特におすすめ。

honda
honda
転職の決め手がまだはっきりしない場合でも、まずは一度相談してみるといいですね。

また、女性の転職支援にも力を入れているため、転職に不安を抱える女性にとっても利用しやすい転職エージェントといえます。

パソナキャリアの口コミ

詳細ページ 公式ページ

転職の決め手を再確認して、後悔のない転職を実現しよう!

転職の決め手に関するまとめ
  • 転職する際はできるだけ転職先に求める条件を明確に!
  • 複数の内定をもらって迷った時は、希望の条件を満たせるかどうかを確認!
  • 入社後のイメージができるかどうかも重要!
  • 転職の決め手に迷ったら転職エージェントで相談するのもアリ
  • もっともおすすめな転職エージェントはリクルートエージェント

転職活動で複数の内定をもらい、どの企業がいいのか迷ったときは、まず希望の条件を満たせるかどうかが重要です。

「それは当たり前では?」と思うかもしれません。

しかし現状に不満を抱えたうえでの転職の場合、早く環境を変えたいという思いから焦ってしまう可能性も。その結果。転職先に求める条件が曖昧になっていることがあるんです。

honda
honda
つまり、転職する際はできる限り転職先に求める条件を明確にしておくことが重要です。

そのうえでなぜ転職しようと思ったか、それはどんな職場なら解決できるのかを転職エージェントと一緒に相談しながら進めていくのがおすすめです。

そして今回もっともおすすめな転職エージェントは、リクルートエージェントです。求人数が圧倒的に多く、サポートにも安定感があります。

「できるだけ転職後の後悔を防ぎたい」という場合は、一度登録して相談してみるといいですね。

\まずは登録して相談!/リクルートエージェントの公式HPを見る