「転職したいけど怖い」と感じる10の理由と不安解消法10選

  • 転職したいけど不安で怖い…
  • そもそもなんで転職ってこんなに怖いんだろう…?
  • 転職に対する不安や恐怖はどうすれば解消できるんだろう…?

転職を考えたときに、上記のような悩みを抱えたことはないでしょうか。

koyama
koyama
特に初めての転職や転職経験が少ない場合は、より不安や恐怖を感じることが多いと思います。

そこで、この記事では「転職が怖いと感じる理由とその解消法」を中心にお伝えしていきます。怖いと感じる理由を知り、対処することで転職活動に一歩踏み出しやすくなります。

ぜひチェックしてみてくださいね!

目次

「転職したいけど怖い」と感じる理由と対処法10選

転職が怖いと感じる主な理由には、上記10選が挙げられます。それぞれの理由について詳しくお伝えし、さらに対処法についてもお話しますね。

転職の面接が不安で怖いから

まずは「転職の面接が不安で怖いから」という理由があります。

  • どんな質問をされるかわからない
  • 質問にうまく答えられるかわからない

このような不安が大きく、怖いと感じてしまうんですね。

koyama
koyama
特に緊張しやすい性格の場合はより不安を感じやすいですね。

対処法としては、面接でよく聞かれる質問と、その回答例を参考にして自分なりの回答を準備しておくのが重要です。

koyama
koyama
あらかじめ回答を準備しておけば、気持ち的にも余裕が生まれます。

また、転職エージェントで面接対策をしてもらうのもおすすすめ。転職エージェントはこれまで多くの転職事例をみてきています。

つまりどんな質問をされやすいか、どう答えるのが理想かなど、リアルな情報を持っていることも期待できます。

koyama
koyama
そのため、面接対策に力を入れてくれている転職エージェントを選ぶのがポイントですね。

>>「転職が怖いと感じる場合におすすめしたい転職エージェント3選」に移動する

面接でのよくある質問例とその回答例をまとめた記事もあります。ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

関連記事
【完全対策】転職の面接で聞かれる60の質問例&回答のポイント総まとめ!求人の中から転職希望先を見つけ、書類選考も通過していよいよ面接。ここで重要なのは、よく聞かれやすい質問を把握し、自分なりの回答を準備して...

転職先の上司や同僚との人間関係が不安で怖いから

「転職先の上司や同僚との人間関係が不安で怖いから」という理由もありますね。

転職すれば、イチから人間関係を築かなければいけません。「厳しい上司や気が合わない同僚がいたらイヤだな」と不安になり、結局転職しないまま終わることもあり得ますね。

人間関係におけるおすすめな対処法の一つは、できるだけ自分からコミュニケーションをとってみるということです。

koyama
koyama
仮に苦手だなと思う人がいても、仲良くなってしまえば「実はいい人だった」ということもじゅうぶんにありえます。

上司に関しても、たとえば仕事でわからない部分を積極的に質問して早めに解決するのもポイント。コミュニケーションもとれ、仕事で評価が上がることもあります。

koyama
koyama
わからないままにしておくほうが、後から怒られたり仕事を教えてもらいづらくなったりと、リスクがあります。

そのため、転職してからできるだけ早く人間関係を円滑にしたい場合は、自分からコミュニケーションをとるのがおすすめです。

「転職先がブラック企業だったら怖い…」というリスクがあり不安だから

「転職先が実はブラック企業だったらどうしよう」といった不安から恐怖を抱くこともあります。

求人票には残業ナシや高待遇などの条件が記載されていても、実際に入社してみたらまったく違ったということもあります。

koyama
koyama
なので、必ず職場環境は事前に詳しく調べておく必要があります。

もっとも調べやすい方法は、転職エージェントで担当者に直接聞いてみるということです。

過去に転職した人の声や、実際の職場の雰囲気などリアルな情報を持っている可能性もあります。

koyama
koyama
ネットを使って口コミを調べる方法もあります。ただ、ネットの情報はすべてが正しいとは限りません。

あくまで参考程度にしておくのがおすすめです。

転職エージェント側は、適当なことを求職者に伝えてしまうと評判も落ち、利用されなくなるリスクがあります。

そのため、求める条件と実際の職場環境が見合っているのかどうか、適切な情報を教えてくれることが期待できるんですね。

初めての転職活動で失敗しそうで怖いから

初めての転職の場合、失敗を恐れてしまうこともあり得ますね。

「面接に落ちたらどうしよう…」「転職先がずっと決まらなかったらどうしよう」など、不安を感じやすいんですね。

koyama
koyama
そこで、転職が初めての場合や経験が少ない場合こそ、転職エージェントの利用がおすすめです!

転職エージェントでは、求人を探してくれるだけでなく、前述した面接対策や応募書類の添削、面接同行や日程調整など、細かくサポートしてくれるところがあります。

そのため、一人で活動するよりも安心感を持って転職しやすくなるんですね。

koyama
koyama
転職に関する悩みを相談できることもありますし、積極的に利用してみるのがおすすめです。

求人探しから面接までしっかり事前に準備し、失敗する確率をできる限り下げて臨むといいですね。

おすすめな転職エージェントに関しては記事の後半でまとめているため、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>「転職が怖いと感じる場合におすすめしたい転職エージェント3選」に移動する

転職先が決まらず無職になるのが怖いから

「転職先が決まらず、無職になるのが怖いから」という理由もありますね。

特に離職中に転職活動をし、思うように進まず長引いてしまうと収入だけでなく、貯蓄もなくなる可能性があります。

koyama
koyama
そのため、可能なら在職中に少しずつでも転職活動を始めるのがおすすめです!

また、いつまでに転職したいのかなどスケジュールをしっかりと決め、そのためにはいまから何をすればいいのか逆算して進めていくのがおすすめです!

転職しても状況が改善する保証がなく不安で怖いから

「転職しても状況が改善する保証がなく不安で怖いから」という理由もあります。

たとえば現職または前職において、待遇や人間関係で不満があったとします。ですが、転職したところでその不満が全て解決するという保証はありません。

koyama
koyama
転職先でも人間関係がギスギスしていたり、待遇もそんなに変わらないという場合もあり得るんですね。

そのため、転職前に必ず転職先の環境や待遇は細かく調べておく必要があります。

どんな職場ならこれまで不満に感じていたことが改善されるのかを転職エージェントに相談してもいいですね。

koyama
koyama
なぜ転職したいのか、どのような職場ならそれが改善されるのか、これらは必ず自分で認識しておくのが重要です。

転職後の初出勤が緊張と不安で怖いから

「転職後の初出勤が緊張と不安で怖いから」というのもあります。

初めての環境には不安が付きまといやすいですよね。どんな人がいるかもわからないし、仕事内容もすぐに覚えられるかどうかの不安もあります。

koyama
koyama
ただ、すぐに馴染もうと必死になるのは要注意です。

空回りしたり、緊張しすぎてうまく話せなかったりとネガティブな印象を与えかねません。

そのため、初日から無理に馴染もうとせず、ゆっくり信頼関係を築いていくのがおすすめです。

koyama
koyama
すぐに環境に溶け込める人もいれば、時間がかかる人もいます。

自分のペースでコツコツ信用を得ていければ、自然と馴染めるようになることもあるんですね。

転職が決まっても退職の意思を伝えるのが不安で怖いから

転職先が決まっても、退職の意思を伝えることに不安を感じる場合もあります。

「退職を伝えてイヤな顔をされないだろうか…」「円満退職が難しく、気まずい感じになったらイヤだな…」などで悩んでしまうこともありますね。

koyama
koyama
つまりできるだけ円満退職につながるように準備しておくのが重要です!

円満退職のためには、できるだけ早めに退職の意思を伝えることがポイントです。ぎりぎりになってしまうと業務の引継ぎも難しく、職場に迷惑をかけてしまうリスクがあります。

そのため、遅くても1ヶ月前には伝え、業務の引継ぎや欠員の補充など十分に間に合うようにしたいところ。

koyama
koyama
転職先で気持ちよく再スタートできるように、退職もできるだけスムーズに進めたいですね!

転職先の新しい仕事を覚えられるかどうか不安で怖いから

「転職先の新しい仕事を覚えられるかどうか」も不安に思うことがありますね。

未経験の業界に転職する場合に限らず、会社によってルールや細かい業務内容が異なる可能性もあります。

koyama
koyama
前職との違いに戸惑ったり、予想以上の激務に疲弊してしまうこともあるんですね。

そのため、あらかじめ業務内容はしっかりと確認しておく必要があります。特に未経験の業種であれば、転職エージェントを利用するなどして担当者に聞いておくのがポイントですね。

そしてもし転職先の業務でわからない箇所があれば、上司や同僚に積極的に質問して解決するのも重要です。

koyama
koyama
転職してすぐの状態ならわからないことがあるのも当たり前。もっとも教えてもらいやすい状況でもあるんですね。

フリーターから会社員への転職が可能なのかわからず不安で怖いから

フリーターの場合、会社員へ転職できるのかわからず不安に思うこともあります。

koyama
koyama
年齢によっては受け入れてもらえる企業があるのかもわからず、なかなか行動に移せないこともありますね。

もちろん、フリーターから会社員へ転職すること自体は可能です。ですが、業界によってはスキルが必要だったり、未経験では採用されづらかったりもします。

そのため、フリーター期間に得たものを活かせる業界、もしくはフリーターをしつつも新たな資格やスキルを取得するのがおすすめです。

koyama
koyama
どちらにしても行動が遅くなると、いまの環境に甘えて結局動かずに終わってしまうことがあります。

挑戦したい仕事や転職したい企業がある場合は、いまの自分に必要なことを知るためにも早めに行動に移すのがおすすめです。

ここまでは、転職が怖いと感じる理由を中心にお伝えしました。次に、転職に対する恐怖を乗り越えて成功率を上げていくコツをお伝えします。

転職が怖いと感じても乗り越えて成功率を上げる5つのコツ

転職が怖いと感じても乗り越えて成功率を上げる5つのコツ
  1. そもそも転職活動は怖いものだと認識する
  2. 転職のスケジュールは余裕を持ち、積極的に行動する
  3. 自分の市場価値を把握して自信を持つ
  4. 転職して得られるメリットを想像する
  5. 転職エージェントを利用する

転職が怖いと感じたときにおすすめしたい転職成功のコツは上記の5つです。それぞれお伝えますね。

そもそも転職活動は怖いものだと認識する

まず「そもそも転職活動は怖いものだと認識する」ということです。新しい環境に挑戦するわけですし、どんな人たちが転職先にいるのかもわからないですよね。

さらに、すぐに転職先が決まるかどうかもわかりません。つまり転職活動に対して不安を抱えることはおかしなことではないんですね。

koyama
koyama
転職活動はそもそも不安が大きいものですし、それは誰でも同じです。

「怖いと感じることが自然である」と認識すれば「みんな同じなんだ」と安心感が生まれやすくなります。

そのため、転職を考えたときに「怖いな」と感じた場合は「そもそも転職って怖いものだし、深く考えずにまずは動いてみよう」と考えてみると気持ちがラクになることがあります。

転職のスケジュールは余裕を持ち、積極的に行動する

転職のスケジュールには余裕を持つことも重要です。

前述したように、転職はすぐに決まるとも限らず不安を抱えやすいもの。慌てて転職してもスムーズに進まない可能性があります。

koyama
koyama
気持ちに余裕がなくなるとさらに焦りや不安が強くなり「面接で落ちたらどうしよう」といった不安も大きくなります。

さらに、焦りから適当な転職先を選んでしまい、後悔するリスクもあるんですね。

そのため、まずはスケジュールに余裕を持ち、落ち着いた状態で転職活動を進めるのがおすすめです。

また、転職が怖くなって転職活動を止めると、転職先が決まらない不安から余計に恐怖心が大きくなるリスクもあります。

koyama
koyama
「何も行動しない」よりは何か行動していた方が安心感が生まれやすいもの。

まずは行動してみるのも大きなポイントなんですね!

自分の市場価値を把握して自信を持つ

自分の市場価値を把握して自信を持つことも重要です。いまの自分の実績や実力がわかっていないと、どんな職場に転職できるのかもわかりづらいですよね。

また「いまの自分じゃどうせ転職しても成功しないだろうな…」といった自己嫌悪につながる可能性もあります。

koyama
koyama
そのため、自分の市場価値を把握し「自分の実績があればきっと転職できるはず!」と自信を持つことが重要なんですね!

ただ「市場価値ってどうすればわかるの?」と思うかもしれません。自分の市場価値を知りたいときにもまた、転職エージェントの活用がおすすめです。

第三者目線で自分の実績ならどのくらいのところに転職できるのかを判断してくれる可能性が高いからです。

そのため、転職エージェントを利用している場合は、一度相談してみるのがおすすめです!

転職して得られるメリットを想像する

転職して得られるメリットを想像するのもおすすめです。

転職が怖いと、なかなか行動もしづらくなります。その結果「いまの環境でも別にいいか」となり、結局転職せずに終わることもあります。

koyama
koyama
もちろんそれでも満足できるのであれば問題ありません。

ですが「転職すればもっといい待遇や出会いがあるかもしれない」という可能性もなくしてしまうことにもなります。

特にいま待遇や人間関係で悩んでいる場合はよく考えたほうがいいですね。

転職することで年収が上がり、人間関係も良くなり生活が豊かになる可能性もあります。そういった転職後のメリットを考え、恐怖よりも期待を大きくすれば行動しやすくなります。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用するのも効果的です。

転職活動を一人だけで進めようとしても、スムーズに進まないことが多いです。求人も見つかりにくく、条件交渉なども自分ではしづらいことがあるからです。

koyama
koyama
転職エージェントの多くは、一人一人に担当者が付き、サポートしてくれます。

転職に関する不安な部分も相談に乗ってくれることもあるんです。

より細かいサポートを求める場合は、対面で面談できる転職エージェントがおすすめ。顔を合わせて不安な点や希望条件などを相談することで気持ちがラクになることもあるんですね。

そのため転職が怖いと感じる場合は、まずは転職エージェントに登録して相談だけでもしてみるのがおすすめです。

それでは実際にどんな転職エージェントがいいのか、次にお伝えします。

転職が怖いと感じる場合におすすめしたい転職エージェント3選

転職エージェント3選
  • 大手ならではの充実したサポート!リクルートエージェント
  • 豊富な求人から理想のをチェック!doda
  • 初めての転職にはおすすめ!マイナビエージェント

今回おすすめしたいのは上記3つの転職エージェントです。それぞれもう少し詳しくお伝えしますね。

大手ならではの充実したサポート!リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職業界では大手の「リクルートグループ」が運営しています。求人数が圧倒的に多く、キャリアアドバイザーの質が高いことも好評です。

拠点も全国的に展開しているため、最寄りのオフィスで面談できる可能性も高いです。

koyama
koyama
大手ならではの安心感があるサポートが期待できます。

なので転職に対して恐怖心がある場合におすすめな転職エージェントといえるんですね!

詳細ページ 公式ページ

豊富な求人から理想の求人をチェック!doda

dodaもまた転職エージェントのなかでは非常に多くの求人を取り扱っています。アドバイザーの質も高く、転職経験が少なくても利用しやすいのが特徴です。

また、面接対策として模擬面接をしてくれるサービスもあります。

koyama
koyama
数々の転職事例を見てきたアドバイザーにアドバイスをもらえるのは非常に魅力的ですね!

面接を含め、転職に不安が大きい場合はぜひ登録してみてくださいね!

詳細ページ 公式ページ

初めての転職にはおすすめ!マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代・30代の転職実績が豊富な転職エージェントです。また、第二新卒の転職実績もあり、転職経験が少ない場合には非常におすすめです。

全国的に拠点を展開しているため、対面での面談も可能。応募書類の添削や模擬面接のサポートもあります。

koyama
koyama
20代・30代で転職活動に不安や恐怖を感じている場合は、ぜひ登録したいところですね。

詳細ページ 公式ページ

「転職が怖い」と感じても大丈夫!勇気を出して理想の環境を手に入れよう!

転職が怖いと感じる場合の解決方法まとめ!
  • 転職活動はそもそも怖いもの
  • 気持ちに余裕をもって転職に取り組むのがおすすめ
  • 転職エージェントの利用も重要!
  • 積極的に行動したほうが恐怖心を乗り越えやすい

転職活動は、いつまで続くかもわからず不安が大きいもの。転職先の環境についても実際に働くまでわからない部分もあり、怖いと感じることもありますよね。

そのため、スケジュールにも気持ち的にも余裕を持って取り組むのがおすすめです。

koyama
koyama
いつまでに転職したいのか、ある程度の目安を決めて逆算して予定を組むのがポイントですね。

また転職活動にあまり慣れていない場合、一人で取り組むとわからない部分も多く、余計に不安が大きくなります。そのため、転職エージェントを活用するのがおすすめなんです。

しっかりサポートを受けながら行動することで、精神的にもラクになることがあります。

転職が怖いと感じていても、転職に成功すればより生活が豊かになる可能性もあります。まずは行動に移し、理想の環境を手に入れたいですね!