「転職すべきか迷う…」後悔せず決断するための5つのチェックポイント!

「転職しようか考えているけど、本当にいま転職するべきなんだろうか…」と、迷ってしまうことはありませんか?

ただ、一言で「転職に迷う」と言っても、その理由は様々です。そのため、まずは自分がなぜ転職に迷っているのか、本当に転職が必要かどうかを考える必要があります。

そのため、この記事では転職するか迷ってしまうパターンや、迷ったときに確認したいチェックポイントなどを中心にまとめました。

honda
honda
「せっかく転職を決意したのに失敗してしまった…」となってしまわないようにお伝えしていきます。

ぜひチェックしてみてください!

目次

転職するか迷うパターン10選!

転職に迷った時は、まず自分がなぜ転職に迷っているのかを明らかにし、本当に転職が必要なのかを知ることが重要です。

そこで、転職するか迷う主な10パターンについて、ぞれぞれお伝えしますね。

転職の目的が自分でも不明確で迷ってしまう

まずは「転職の目的が自分でも不明確で迷ってしまう」ということです。

漠然と「環境を変えたいな…」と思ってはいても、年収を上げたいのか、職種を変えたいのかなど、自分自身ではっきりわかっていないことがあるんですね。

honda
honda
新卒で入社して数ヶ月〜一年くらい経つと、他の環境で働いてみたくなり、なんとなく転職を考えることもあります。

転職の目的が不明確であるため、どんな職場に転職したいのかが結局わからず、転職するかどうか迷ってしまうということなんですね。

自分がしたい仕事がわからず迷ってしまう

自分がしたい仕事がわからず迷ってしまうこともあります。

仕事に対するやりがいが感じられなかったり、自分でもどんな仕事が向いているのかがわからなかったりするということですね。

honda
honda
転職して環境を変えたいとは思っても、したい仕事がわからなければどんな職場に転職すればいいかもわかりませんよね。

ただ、いまの職場で結果を出して認められることで、やりがいを感じられるようになることもあります。

そのため、迷って答えが出ないときはまず目の前の仕事に集中して結果を出してみるのがおすすめ。

それでもやりがいが感じられなければ、少しでも興味がある職場に環境を変えてみるという選択肢もあります。

転職先に求める条件が不明確で迷ってしまう

「転職先に求める条件が不明確で迷ってしまう」ということもあり得ます。

人間関係を重視したいのか、リモートワークが可能なのか、年収はいくらなのかなど、自分の中で条件を明確にできていないことで転職先が選べなくなってしまうんですね。

honda
honda
そのため、いま不満に思っていることや悩みをまずは自分で再確認することが必要です。

そしてそのうえで転職先に求める条件を明確にし、もっとも合う職場を探すようにするのがおすすめです。

転職して環境が変わることが怖くて迷ってしまう

「転職して環境が変わることが怖くて迷ってしまう」ということもあります。

もちろん転職することで状況が改善し、環境にも恵まれて居心地のいい職場で働けるようになる可能性はあります。

ですが反対に、かえって激務になってしまったり、人間関係が悪化したりと状況が改悪するリスクもあるんです。

honda
honda
「転職することで必ずしも状況が良くなるとは限らない」ということを、あらかじめ理解しておく必要がありますね。

そのため、転職する際は「本当に環境を変えることが必要か」をまずは考えるのがポイント。

自分の行動や意識を変えるところから始め、それでもどうにもならない場合には転職を決めるのがおすすめです。

複数の内定があり、どこを受諾するか迷ってしまう

複数の内定があり、どこを受諾するか迷ってしまうパターンもありますね。迷うということは、自分にとって転職の目的が明確になっていない可能性があります。

honda
honda
転職先に何を求めるのかがはっきりしていれれば、それにもっとも合う職場を選べばいいだけ。

ですが、環境を変えたいだけで複数社受け、内定があったとしても、選ぶ基準がないので迷ってしまいます。

そのため、内定の受諾で迷わないためにも、前述したように転職の目的は明確にしておいたほうがいいということです。

転職先で自分の実力が通用するかわからず迷ってしまう

「転職先で自分の実力が通用するかわからず迷ってしまう」ということもありますね。

前職では仕事で結果を出せたとはいえ、新しい環境では業務内容が変わったり、仕事の規模が大きくなったりすることも。

その状況で、前職と同じように結果を出せるという保証はありません。

honda
honda
ですがそういった環境で結果を出せれば成長にも繋がります。

キャリアアップやスキルアップを狙う場合は、不安があっても飛びこんでみることも重要ではありますね。

引き抜きの誘いがあり、受けるかどうか迷ってしまう

引き抜きの誘いを受けるかどうかも、転職を迷ってしまう要因の一つとして挙げられます。特にいまの職場に満足はしているものの、転職先の条件が自分にとっていい場合などですね。

いまの職場でもまだ取り組みたいことがあれば残ってもいいでしょうし、新しく挑戦したいことがあるなら転職するという選択肢もあります。

honda
honda
知人からの引き抜きの場合は断りづらいこともあるかもしれません。

ただ「転職してからやっぱり戻ります」ということも簡単ではないため、自分の目標と照らし合わせて考えるといいですね。

転職先が決まらないリスクがあり、踏み出せずに迷ってしまう

転職先がすぐに決まらず、長期化してしまうことを考えてなかなか踏み出せないこともあります。

自分にとって理想的な職場を見つけても、必ず内定が出るとはかぎりません。そして転職活動が長期化すれば、資金がなくなる可能性もあります。

honda
honda
そういったリスクを考えると、不安でなかなか動けなくなってしまうことがあるんですね。

そのため、できるだけ在職中に転職活動を進めたり、貯金額に余裕を持たせておくのがおすすめです。

会社に引き止められて迷ってしまう

転職の意思を会社に伝えたときに、引き止められてしまうこともあり得ますね。

お世話になった会社から引き止められたり、慌ただしい状況で円満な退職ができそうになかったりすると、転職していいのかどうか、迷ってしまうことがあります。

honda
honda
そのため、転職の意思はできる限り早めに伝え、円満に退職できるように引継ぎができる環境を整えることも重要なんですね。

20代や30代、40代などそれぞれの年齢に不安を感じて迷ってしまう

年齢に不安を感じて転職を迷ってしまうこともありますね。未経験でも受け入れられやすい20代でも、自分の経験値や能力で転職できるのか、不安に思うこともあります。

30代、40代になるにつれて、受け入れてくれる職場があるかどうかくを不安に思うこともあります。

honda
honda
どの年代でも転職できる可能性は充分にあります。ただ、年齢によっては未経験では難しくなる可能性も。

なので30代以上の場合は、経験が活かせる業界のほうが、転職できる可能性は高まるのでおすすめです。

では転職するかどうかで迷った場合、どんなことに気をつければいいのでしょうか。次から詳しくお伝えします。

転職に迷ったときに再確認したい5つのチェックポイント!

転職に迷ったときに再確認したい5つのチェックポイント
  1. 【応募前にチェック】本当に転職が必要かどうか
  2. 転職する理由は明確かどうか
  3. 転職後の目標は明確かどうか
  4. 転職先で活かせる強みが自分にあるかどうか
  5. 新しい環境を自分が受け入れられるかどうか

転職するかどうかで迷ったときに再確認したいポイントが、上記の5つです。

また転職を考えたとき、上記の5つのチェックポイントすべてが○であれば、転職したほうがいい可能性が高いです。

ですが一つでも×がある場合は、すぐに焦って転職せず、明確に○と言えるようになるまで冷静に考えることがおすすめです。

では、5つそれぞれ詳しくお話ししていきますね。

【応募前にチェック】本当に転職が必要かどうか

本当に転職が必要かどうかをまずは考えたほうがいいですね。

というのも、例えばいまの職場に不満がある場合、環境を変えなくても自分の意識や行動を変えるだけで改善する可能性もあるからです。

honda
honda
自分の仕事に対する姿勢を変えるだけで成果が出て、上司にも認められ、やりがいが生まれる可能性があります。

また、苦手な同僚や上司がいた場合でも、自分から積極的にコミュニケーションをとることで仲良くなれることもあるんです。

そのため「自分が抱えている問題を解決するには、本当に転職が必要なのかどうか」というのを、必ず考えたほうがいいですね。

転職する理由は明確かどうか

前述もしましたが、転職する理由が明確かどうかも重要です。

転職する理由が待遇なのか人間関係なのか、もしくは業務内容なのか、が不明確だと、どんな転職先を選べばいいのかもわかりづらくなります。

そのため、転職する理由を自分自身ではっきりさせてから転職活動を始めるのがおすすめです。

転職後の目標は明確かどうか

転職の理由だけでなく、転職後の目標も明確にすることが重要です。

転職してからどんなことに挑戦したいのか、3年後や5年後はどうなりたいのか、目標をしっかり持っているかということですね。

honda
honda
転職後の目標は面接でも聞かれる可能性が高いため、しっかり再確認しておくことが重要です。

そして目標が明確なほうが、自分の目標を実現できる職場を探しやすくなります。転職後のミスマッチも防ぐやすくなるため、転職活動を始める前に明確にしておくのがおすすめです。

転職先で活かせる強みが自分にあるかどうか

「転職先で活かせる強みが自分にあるかどうか」を再確認しておくことも必要です。

完全未経験でも、年齢や業界によっては転職できる可能性はあります。ただ、経験が活かせるほうが、即戦力としてスムーズに転職できる可能性があります。

明確な実績がないにしても、コミュニケーション能力やマネジメント能力など、活かせる強みを自分で再確認しておくことがおすすめです。

新しい環境を自分が受け入れられるかどうか

「新しい環境を自分が受け入れられるかどうか」も重要。環境が変わることで前職での不満がなくなり、居心地が良くなる可能性があります。

ですが前述もしたように、業務がハードだったり、上司や同僚と合わなかったりなど、環境が悪化する可能性もあります。

honda
honda
環境に合わせて無理をする必要はありませんが、環境が必ず良くなるという保証もありません。

そのため「ある程度の環境の変化を受け入れられるかどうか」を予め考えておくことは重要です。

自分に合う環境かどうかは、転職前にネットやSNSなども利用してできる限り細かくリサーチしておくといいですね。

【迷う時こそ再確認!】転職するメリット・デメリット

それでは次に、転職するメリット・デメリットをお伝えしていきます。

転職しようかどうか迷ったときは、もう一度それぞれ再確認し、転職するべきかどうかの判断材料にしてみてくださいね。

転職する3つのメリット

  1. 環境や待遇が改善する可能性がある
  2. 新しい出会いがある
  3. 新しいスキルや知識が身に付く可能性がある

転職する3つのデメリット

  1. 環境が悪くなるリスクがある
  2. 人間関係を一から築く必要がある
  3. 上司が年下になる可能性がある

転職するメリット・デメリットまとめ

転職するメリットやデメリットをまとめると、良くも悪くも「環境が変わる」ということです。

待遇が改善する可能性もありますし、新しい出会いによって自分の交友関係の幅が広がることも期待できます。

ですが反対に、人間関係がうまくいかなかったり、年収が下がるリスクもあります。

honda
honda
デメリットを防ぐには、たとえば転職エージェントで情報を細かく確認したり、ネットで徹底的に調べるのがポイント。

企業の口コミサイトなどもあるので、参考にしておくのがおすすめです。

デメリットを予め理解しておき、どんな職場なら自分にとって最適で、失敗を防げるかを把握しておくことが重要なんですね。

では、転職の失敗を防ぐにはどんなことに気をつければいいのでしょうか。次からそのコツについてお伝えしますね。

【迷うのは不安があるから!?】転職の失敗を防ぐ4つのコツ

転職の失敗を防ぐ4つのコツ
  1. 転職の理由と目的を明確にする
  2. 自己分析を徹底する
  3. 業界や企業の情報収集を徹底する
  4. 転職エージェントを利用する

転職の失敗を防ぐコツは、主に上記の4つです。それぞれ詳しくお伝えしますね。

転職の理由と目的を明確にする

くどいようですが、やはり転職の理由と目的を明確にすることが重要です。

なぜ転職したいのか、転職してどうしたいのかを明確にしておくことで、どんな職場に転職すればいいのかがわかってきます。

そして転職の理由や目的から転職先に求める条件に優先順位をつけることがポイント。

譲れない条件や妥協できる条件をはっきりさせることで、転職後のミスマッチも防ぎやすくなりますね。

自己分析を徹底する

自己分析を徹底することも重要です。自分の強みは何か、どんな実績があるのか、その実績を企業でどう活かせるのかを自分自身で理解するということですね。

特に過去の経験を棚卸しすることで、自分が得意なことや好きなこと、仕事にどんなことを求めるのかなどわかりやすくなってきます。

自己分析ができれば転職後に「ここでは自分の強みが活かせないな…」となってしまうことも防ぎやすくなるのでおすすめです。

業界や企業の情報収集を徹底する

業界や企業の情報収集を徹底することも重要です。業界で必要とされる人材はどんな人材なのか、その企業の環境はどうかなど、詳しく調べるということですね。

方法としては、転職エージェントで相談する、インターネットやSNSを活用するなどです。

求められている人材に自分が当てはまるかどうか、企業の業務内容や環境は自分似合うかどうかを理解するためにも重要なポイントなんですね。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用することも非常に重要です。転職エージェントの多くは、一人ひとりに担当が付き、条件に合う求人があれば紹介してくれます。

自分の市場価値を客観的に判断してくれるため、どんな職場が合っているのかもわかりやすくなるんです。

特に転職の経験が少なくて不安が大きい場合には、できるだけ利用してみるのがおすすめです。それでは、どんな転職エージェントがいいのかを次からお伝えしていきますね。

転職に迷ったときに頼りになる転職エージェントTOP3

← 横にスクロールできます →
項目名リクルートエージェントdoda転職エージェントパソナキャリア
求人数
約20万件

約10万件

約5万件以上
求人の質
多くの職種や条件の
求人を取り扱っており
幅広い年齢層が利用しやすい

未経験可能な求人から
キャリアアップ可能な求人まで
幅広く取り扱っている

年収アップが
期待できる求人が多い
サポート内容
転職業界最大手。
充実したサポートと豊富な実績があり
転職に不安があっても利用しやすい

安心感のあるサポート力で
目的に合わせた
転職がしやすい

オリコン顧客満足度調査
転職エージェント総合第1位
(2019・2020年)

転職に迷ったときにおすすめな転職エージェントは、上記の3社です。次に、この3社についてより詳しく理解できるよう、ランキング形式でお伝えしていきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

項目詳細
総合評価 5.0
転職業界最大手で安定感のあるサポート
求人数 5.0
約20万件
求人の質 5.0
多くの職種や条件の求人を取り扱っており、幅広い年齢層が利用しやすい
サポート内容 5.0
充実したサポートと豊富な実績があり、転職に不安があっても利用しやすい

リクルートエージェントの特徴

  • トップクラスの求人数
    公開求人・非公開求人合わせて約20万件の求人から、目的に合う職場を見つけられる可能性がある
  • 転職業界最大手の充実したサポート
    転職支援実績No.1(※)を誇り、転職初心者から経験者まで幅広く利用しやすい
  • ハイクラスの転職にも対応可能
    ハイクラスの転職に特化したサービスもあり、実績を活かせばキャリアアップも可能!

(※)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェントをおすすめできる人

リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 幅広い求人から転職先を検討したい人
  • 経験を活かしてキャリアアップを狙いたい人
  • ハイクラス専門の転職支援サービスを受けたい人
  • 安定感のあるサポートを望む人

1位は転職業界の中でも最大手と言える「リクルートエージェント」です。求人数がトップクラスであり、自分の目的に合う転職先を見つけられる可能性があります。

キャリアチェンジをするにしても、いまより高待遇を目指すにしても、幅広いニーズに対応できる転職エージェントなんですね。

honda
honda
サポート力も高いので、転職経験が浅くて不安が大きい場合でも利用しやすいのがポイントです。

どの転職エージェントがいいのかわからない場合には、まず登録しておくのがおすすめです。

リクルートエージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

doda転職エージェント

項目詳細
総合評価 4.8
多くの求人数と充実したサポート
求人数 4.8
約100,000件
求人の質 5.0
職種の幅が広く、未経験歓迎な求人から高待遇な求人まで多数アリ
サポート内容 5.0
書類作成や面接対策など手厚いサポート

doda転職エージェントの特徴

  • 多くの求人からニーズに合わせた転職先を紹介!
    経験豊富なアドバイザーによるサポートで、希望に合う転職が実現できる可能性アリ!
  • 業界大手ならではの充実したサポート
    書類作成や面接対策など、サポートが手厚く、転職初心者でも安心して利用しやすい
  • 転職イベントも豊富!
    転職のイベントが多く、転職に関する相談や自己分析の方法など独自のサポートが期待できる

doda転職エージェントをおすすめできる人

doda転職エージェントをおすすめできる人
  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポートを受けたい人
  • 業界トップクラスの求人から転職先を検討したい人
  • 転職イベントなどから積極的に情報収集したい人
  • できるだけ直接対面でカウンセリングしてほしい人

doda転職エージェントも非常に知名度の高い転職エージェントです。求人数も多く、幅広い職種や業種の求人を取り扱っています。

また、面接対策や応募書類の添削などサポートが手厚いのも大きなポイント。不明な点は相談しておくのがおすすめです。

転職したいけど、どんな転職先がいいのかはっきりわからないという場合でも、一度登録して相談してみるといいですね。

doda転職エージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

パソナキャリア

項目詳細
総合評価 4.8
オリコン顧客満足度調査
転職エージェント総合第1位(2019・2020年)
求人数 4.5
約5万件以上
求人の質 5.0
高待遇の求人や管理職などの求人も多数
サポート内容 4.5
書類添削・年収交渉・退職交渉のフォローなど手厚いサポート

パソナキャリアの特徴

  • オリコン顧客満足度調査 転職エージェント総合第1位の実績!(2019・2020年)
    高いサポート力でハイクラスの転職成功率UP!
  • 企業との交渉や模擬面接などフォロー体制も充実!
    年収交渉や面接のテクニック、さらには退職交渉のフォローなど安心感のある転職活動が期待できる

パソナキャリアをおすすめできる人

パソナキャリアをおすすめできる人
  • 転職の際にきめ細かいサポートが欲しい人
  • 転職経験が浅い人
  • 関東圏を中心に転職活動を行なっている人
  • キャリアアップを狙う人

これまでの実績を活かし、より高待遇を目指したい場合にはパソナキャリアがおすすめです。サポート力の高さも好評であり、高い満足度を誇っています。

また、女性の転職に力を入れているのも大きなポイント。キャリアアップしたい場合でも、育休や産休から復職したい場合でも一度登録してみるのがおすすめです。

特に女性に向いている転職エージェントといえますね。

パソナキャリアの口コミ

詳細ページ 公式ページ

転職に迷うときは、落ち着いて自分と向き合って決めよう!

転職に迷ったときのまとめ!
  • なぜ転職に迷っているのか自分自身で確認!
  • 転職してどうしたいのかを明確にするのがおすすめ
  • 転職先の情報収集は徹底的に!
  • 転職エージェントの利用も重要
  • おすすめな転職エージェントはリクルートエージェント

転職に迷ったときは、自分が転職してどうしたいのかを明確にするのがおすすめです。

転職したい理由が不明確だと、転職しても何も変わらず、同じ不満を抱えてしまうリスクもあるからです。

また、転職しても必ず状況が改善するとは限りません。そのため、転職先の情報はできるだけ詳しく調べる必要もあります。

honda
honda
転職の目的を明確にすることで、どんな職場が理想的かわかりやすくなります。

そのうえで、本当に転職が必要なのかを自分で再確認しておくといいですね。

そして転職を決めたら転職エージェントの利用もおすすめです。そして今回もっともおすすめな転職エージェントが「リクルートエージェント」。

求人数も多いため、自分の目的に合わせた求人が見つかる可能性があります。

転職するかどうかで迷っているときでも、自分の強みが活かせる職場を紹介してもらえる可能性もあります。そのため、まずは一度登録して相談してみてはいかがでしょう。

\迷ったらまずは登録して相談!/リクルートエージェントの公式HPを見る