転職先の内定保留で失敗しないための全注意点!保留理由別の例文付き

「保険として内定先を手放したくないから、内定保留をしたい!」と思う一方で、

  • 内定保留で人事からの印象は悪化するの?
  • 内定保留期間の平均ってどれくらい?
  • 内定保留期間を伸ばす方法は?

と悩んでいませんか?

ここでは内定保留について調べ尽くした転職活動経験者の私が以下について紹介します!

  • 転職で内定保留はできる!保留する際の注意点3つ
  • 内定承諾の返事を待ってもらえる期間
  • 転職の内定保留で印象が悪化しない理由づけ3選
  • 転職の内定保留期間を伸ばすための伝え方のポイント
  • 転職で内定保留期間を延長するための例文3選

takeda
takeda
この記事で紹介する内容を守れば、誰でもきっと好印象を与える内定保留の伝え方を身に着けられますよ!

転職で内定保留はできる!保留する際の注意点3つ

内定保留する際の注意点3つ
  1. 保留する際はメールより電話でいち早く伝える
  2. 第二志望だと思われないようにする
  3. 内定保留により、内定取り消しのリスクもある

転職活動では、内定を保留することは珍しくありません。

企業側も転職者が複数の会社を受けていることは、売り手市場の現状から当然のことだと思っています。ただですね。内定保留にも多少のリスクはつきものです。

そこでここでは企業側の意図を汲み取り、最悪の結果を招かないよう、内定保留する際の注意点をチェックしていきましょう!

保留する際はメールより電話でいち早く伝える

内定を保留することを決めたら、すぐに電話で企業へ連絡しましょう!企業側は内定を出した段階で入社に向けた準備を始めてしまっており、辞退の際に迷惑がかかるためです。

企業側で入社前に準備するもの
  • 名刺
  • 座席
  • 研修
  • 契約書

複数の採用者がいる場合は、職場案内や研修を同時に進めようとします。しかし、内定保留の連絡が遅いと入社日がズレてしまい、効率的な教育ができなくなってしまいます。

そのため、受け入れ部署からの印象が悪くなる可能性があるんです···。

「怒られるのが怖い」「内容が内容だけに口頭で伝えにくい」という人もいるかもしれません。ただですね。内定保留の内容をメールで送ることはおすすめできません。

「ミスの報告や謝罪する時もメールで済ませるかもしれない」というレッテル貼られてしまう可能性があるためです。

そのため、内定保留の連絡は以下の時間を避けつつ、早めに電話でしましょう!

  • 始業時・退勤時間前後:比較的忙しい時間帯のため。
  • 昼休み:採用担当者が席を外している場合が多いため。

第二志望だと思われないようにする

「第一志望の企業からの選考結果を待ってから返答します」など、明らかに滑り止めであるような言い回しで伝えてはいけません!

入社すれば、一緒に働く会社の一員になるためです。不用意な発言をしてしまう「空気の読めない人」という印象がついてしまいます。

会社は思った以上にすぐ噂が広がる場所です···。働きやすい環境を作るためにも、入社後のこともきちんと考えた発言をしましょう。

内定保留により、内定取り消しのリスクもある

多くの企業は入社意欲の高さも考慮して内定を出しています。内定保留後に辞退されると、選考にかけた時間やコストが無駄になってしまうためです。

事情は企業によって様々ですが、内定保留が内定取り消しにつながる可能性も0ではありません!

  • いち早く人員を補充しないといけない企業
  • 採用を一からやり直す資金も時間もない企業

すぐに内定承諾できない場合は内定取り消して、他の入社意欲のある人を採用した方が効率が良いですよね?

特に急募の求人や人員補充を急いでいる企業の場合は、内定保留が断られたり、内定取り消しされる可能性が高いので注意してくださいね。

意外と短い?内定承諾の返事を待ってもらえる期間は1週間

入社意思の確認としてもらえる回答期限は数日〜1週間程度与えられます。内定保留を断られる場合は少ないですね。企業側もきちんと検討して入社してほしいためです。

むしろ、検討せずに決めて入社後のミスマッチを感じて、早期退職された方が採用コストの無駄です。しかしですね。新卒の時より回答期限が短いと思いませんか?

  • 新卒就活:内定から入社の期間が長い
  • 転職活動;内定から入社までの期間が短い

転職活動の方が入社日が差し迫っており、企業側でも「当落線上にいる人への内定を出すべきかどうか」など事情があるんです。

そのため、内定承諾の期限は長くても1週間程度ですね。

転職の内定保留で印象が悪化しない理由づけ3選

転職の内定保留で印象が悪化しない理由づけ3選
  1. 他社から内定をもらったので比較したい
  2. 家族と相談してから入社するか決めたい
  3. 御社の具体的な仕事内容を確認したい

転職の保留理由は、採用担当者の印象を左右する重要なポイントです。

理由次第では、内定保留が成功しても「同じ会社で働く人として信用できないかも」と悪い印象がついてしまうこともあります。

そこでここでは印象が悪化しない理由を3つ紹介します。

takeda
takeda
嘘をつくと面接時の回答を矛盾が生じるので、自分に近い理由があった場合のみ活用してみてくださいね!

他社からも内定をもらったので比較したい

「正直、他社と迷っている」と伝えることに抵抗がある人もいますよね?しかしですね。企業側も転職活動は、内定者の人生がかかっていることを承知しています。

そのため、比較することに理解を示してくれる場合が大半です。

現在は他社と並行して転職活動することは当たり前なので、複数社の内定を獲得している転職者も多いです。

また、選考の時点で企業側から他社の選考状況を質問されることも。例えば「A社と御社、両方内定が出た場合はどうしますか?」など際どい質問をしてくる企業もあります。

そのため、他社から内定が出ていることを隠す必要はありません!

家族と相談してから入社するか決めたい

家族関係の理由は、企業から納得されやすい傾向があります。企業側も家族の理解は大切だと思っているためです。

  • 子供がまだ小さく、給料は下げられない
  • 現職で出張が多く、話し合う時間がない
  • 共働きで生活時間のすれ違いがある

それぞれの家庭の状況は異なるので深堀されたり、内定承諾を急かされたりしません。

しかしですね。これは既婚者の向けの理由です。独身の人の場合「良い歳して親に相談するのか···。」と判断能力を疑われてしまう可能性があります。

そのため、既婚者の方におすすめの内定保留理由です。

御社の具体的な仕事内容を確認したい

企業研究の情報や説明を受けても、本当にこの会社に転職していいのか、迷っている人もいますよね。

入社後にミスマッチを起こす不安が拭えない場合は「実務について詳しく確認させてほしい」と、連絡することをおすすめします!

他部署の実務について表面的にしか知らないので、採用部署の上司と面談や見学を設けてくれることもあります。日程調整に時間がかかる場合、内定保留期間も伸びるんです。

例えば、求人では30〜40万円など幅のある給与面など相談もすると、条件面の不安の解消につながります。

回答期限ギリギリになってから伝えると、日程調整が難しく、マイナスイメージにつながってしまう可能性が高いです。相手の負担を減らすためにもなるべく早く伝えましょう!

転職の内定保留期間を伸ばすためのポイント

転職の内定保留期間を伸ばすためのポイント
  • 第二志望だと思われないように入社意欲を見せる
  • 保留理由に一貫性を持たせる
  • 返事の期限+保留期間を短縮する取り組みを伝える

指定された内定承諾の回答期限を伸ばす際は、注意が必要です。企業も慎重に回答するのは当然だと思っているので、基本的に評価が大きく下がることはありません。

しかしですね。内定保留期間の延長は企業に迷惑をかけることになりやすいです···。入社後に一緒に働く相手だからこそ、印象の悪化は避けたいですよね。

ここでは印象を下げずに、内定承諾期間を伸ばすためのポイントをお伝えします!

第二志望だと思われないように入社意欲を見せる

印象の悪化を防ぐには、入社意欲を見せる必要があります。内定保留期間の延長は「自社が第一希望じゃないのか···。」と企業側にハッキリ伝わってしまうためです。

最悪の場合、選考を急いでいる企業は内定取り消しをして、他の候補者を採用するシフトされる可能性もあります。

入社意欲が伝わりやすい言い回し
  • 入社したい気持ちはあるが、他社の選考結果も踏まえて回答したい。
  • すぐにでも返答したいが、人生を左右する選択なのでじっくり検討したい。

入社に対して前向きな印象になるように、交渉することが内定保留期間を伸ばす鍵になりますよ!

保留理由に一貫性を持たせる

面接で伝えた内容と矛盾が出てしまうと、企業側の印象が悪くなってしまうためです。

例えば、面接で「他社の選考は受けてない」と回答したとします。しかし「他企業と比較検討したい」という保留理由だった場合、嘘をついていたことになりますよね?

入社後は一緒に働くメンバーです。大切な場面で嘘をつく人は信用にかけてしまいます。面接も保留理由も正直に伝えることを心がけておけば、矛盾が生じることはありません。

返事の期限+保留理由を短縮する取り組みを伝える

「○月◯日まで回答いたします」と期限を必ず伝えましょう!内定保留の返事が遅いと、他の候補者に内定を出してしまう可能性もあるためです。

また、企業側の事情を汲んで、内定保留期間を短縮している努力が伝えると、延長してもらえる可能性がグッと上がりますね。

  • 他社の面接日を早めてもらった
  • 家族と話し合うために有給を取った

採用側へ配慮ができる人材は貴重なので、入社後も重宝されるかもしれません。

困ったら真似しよう!転職で内定保留期間を延長するための例文3選

転職で内定保留期間を延長するための例文3選
  1. 他社と比較したい場合
  2. 家族と比較したい場合
  3. 仕事内容を確認したい場合

内定保留は、内定取り消しのリスクや伝え方次第で入社後にも印象にも影響を及ぼします···。そのため、企業側の信用が得られる内容を話す必要があるんです。

内定保留を交渉する際には、

  • 入社意欲
  • 保留理由
  • 回答期限

を提示して、待ってもらえるか確認することを確認しましょう!ここでは、前述した保留理由を軸に、内定保留の延長が成功しやすい例文を紹介します。

takeda
takeda
例文の内容を会話中で過不足なく伝えることができれば、内定保留の延長が成功しやすくなりますよ!

他社と比較したい場合

この度は内定のご連絡ありがとうございます。

今回は入社のお返事をお待ちいただたくご連絡いたしました。面接の際にもお伝えした通り、他の企業からも内定をいただいております。(保留理由)

御社には魅力を感じており、すぐにお返事をしたいのですが、十分に比較検討し、納得した上で決断したいと考えています。(入社意欲)

誠に勝手なお願いで恐縮なのですが、○月○日までお返事を待っていただけないでしょうか?(回答期限)ご検討をよろしくお願いいたします。

家族に相談したい場合

この度は内定のご連絡ありがとうございます。今回は入社のお返事をお待ちいただたくご連絡いたしました。

御社には魅力を感じており、すぐにでもお返事をしたいのですが、家族に詳細の説明し、慎重に判断したいと考えております。(入社意欲+保留理由)

共働きの妻とは、今週末に有給を取って転職について話し合おうと考えています。(保留期間を短縮する取り組み)

誠に勝手なお願いで恐縮なのですが、○月○日までお返事を待っていただけないでしょうか?(回答期限)ご検討をよろしくお願いいたします。

仕事内容を確認したい場合

この度は内定のご連絡ありがとうございます。今回は入社のお返事をお待ちいただたくご連絡いたしました。

御社で働きたい気持ちは強いため、入社前により具体的な配属先の仕事内容を知っておきたいと考えていました。(入社意欲)

新規プロジェクトの人員として採用ということで、プロジェクト完遂後の働き方はどうなっていくのか気になっております。

入社後の双方の認識のズレを防ぐために教えていただけないでしょうか?その情報をいただいてから、改めて検討させていただきたいと考えております。(保留理由)

誠に勝手なお願いで恐縮なのですが、○月○日までお返事を待っていただけないでしょうか?(回答期限)ご検討をよろしくお願いいたします。

転職の内定保留に関するQ&A

転職の内定保留はマナーが曖昧です。転職回数は多くても2〜3回ですから、人に聞いても問題が解決しないことが多いですよね。

そこで転職の内定保留についてよくある質問をまとめたので、お伝えしていきます!

保留先の企業へ早く返答するために面接結果を催促しても良い?

基本的に連絡が遅れている場合を除き、催促することはおすすめしません。企業側にも採用スケジュールがあるためです。

保留先の企業への返答期限が迫っている場合、相談してみる価値はあります。

ただですね。担当者次第で選考結果に影響出ることも覚悟してください。人数が多いと選考に時間がかかるので、無理強いはしない方が良いですね···。

内定承諾後に辞退することはできるの?

内定を一旦受けておいて、他社の内定が出てから辞退することはおすすめしません。直前の内定辞退は損害賠償を請求される可能性があるためです。

また、入社承諾後に辞退することはマナー違反でもあります。例えば、あなたがマナー違反をした企業が同業他社や取引先になる可能性もありますよね?

取引打ち切りなど今後の会社員生活に影響を及ぼしかねません。そのため、社会人として正しい振る舞いを心がけましょう。

内定保留を受け入れてくれた場合のお礼はどう伝えれば良い?

「ご無理なお願いにも関わらず、ご了承いただき恐れ入ります。」がおすすめです。特に「ご無理なお願いにも関わらず〜」はお礼表現でよく活躍します。

今回の場合は相手に負担をかけてしまったので「感謝」より「謝罪」のニュアンスを強調するために「恐れ入ります」の方が心境が伝わりやすいですね。

転職で企業からの印象を悪化させずにないて保留するノウハウまとめ

転職の内定保留期間を伸ばすためのポイント
  • 第二志望だと思われないように入社意欲を見せる
  • 保留理由に一貫性を持たせる
  • 返事の期限+保留期間を短縮する取り組みを伝える

転職の内定保留は伝え方次第で印象を大きく左右します。そのため、入社意欲が低いとみなされれば、内定取り消しになる可能性も0ではありません。

以下のように納得されやすい内定保留の理由があると、採用担当者も保留に応じてくれやすいです。

  1. 他社から内定をもらったので比較したい
  2. 家族と相談してから入社するか決めたい
  3. 御社の具体的な仕事内容を確認したい

内定保留で企業からの印象を悪化させないためにも、上記の3つのポイントを抑えて、検討期間を伸ばし、納得のいく転職先を選択しましょう!