転職サイトのスカウト機能を使いこなそう!内定獲得までの全ノウハウ

転職を検討しているけど、内定までの道のりが厳しすぎて困っていませんか?また転職をしたくても、現職が忙しくて求人を探すのも大変という人もいるかもしれません。

実は、転職サイトや転職エージェントのなかにはスカウト機能があり、スカウトを利用することで内定をスムーズに得ることも可能です。

この記事では、

  • スカウトメールの仕組み
  • スカウトを利用するメリットやデメリット
  • スカウトを利用して内定をもらうためのポイント

などなど、転職サイトなどのスカウトについて詳しく解説します。

スカウト機能を利用して内定をスムーズに得ることも可能ですので、ぜひ読んでみてください。

目次

転職サイトや転職エージェントに登録後届くスカウトメールの仕組みとは?

転職サイトや転職エージェントの役割は、求人を探したり選考対策のサポートをしてくれたりだけではありません。

大手の転職エージェントを中心にスカウトメールの機能を提供しているサービスもあります。まずは、スカウトメールについて詳しく解説します。

マイナビ転職やエン転職など転職サイトからスカウトメールが届く

転職サイト名 スカウトの種類 特徴
マイナビ転職 5種類 書類選考免除だけでなく、
好条件での求人がある
エン転職 3種類 ・求人情報の案内
・エージェントのスカウト
・企業の直接オファー
などがある
doda 3種類 面談確約のスカウトだけで
なく、一次面接や最終面接
までいきなり参加できる
スカウトもある

マイナビ転職やエン転職などの転職サイトでは、スカウトメールが届く機能を用意しています。

転職サイトや転職エージェントに登録する際に、経歴や自己PRなどをあらかじめ入力しておくことで、あなたのプロフィールを見た企業からスカウトメールが届くのです。

スカウトには様々な種類がありますが、選考に有利に働くスカウトが届くこともあります。

直接ヘッドハンティングより手軽な仕組み

求職者に直接自社への入社を呼びかける方法はスカウトだけでなく、ヘッドハンティングと呼ばれる方法もあります。

ヘッドハンティングとは、ヘッドハンターと呼ばれる人が求職者に対してメールや電話でスカウトを行い、企業に紹介する方法です。

ただ、スカウトとは違い、ヘッドハンターがあなたの経歴やスキルに関心を持たなければ、一切声はかからないため、大きな実績や経験が必要です。

一方スカウトは、あなたが転職サイトなどに登録した情報をもとに、自動配信されたり、転職エージェントや企業の人事担当者から送られたりします。

スカウトは手軽に送ることができるため、スカウトを受け取れる人も多くなる傾向があります。

takeda
takeda
スカウトなら、メールでやり取りするだけなので簡単です。

転職サイトなどから届くスカウトメールの種類は3種類

スカウトメールの種類
  1. 自動配信されるスカウトメール
  2. 転職サイトの担当者から届くスカウトメール
  3. 人事担当者から届くスカウトメール

転職サイトに届くスカウトメールの種類は大きく分けると3種類あります。それぞれ内容が全く異なるので、必ず理解しておきましょう。

自動送信されるスカウトメール

自動送信されるスカウトメールは、職歴・年齢・企業が求める条件などに合致する全員に自動的に送信されます。

そのため、スカウト機能のあるサイトなどに登録をすれば、ほぼ全ての人が受け取れる可能性が高いです。

ただ、条件に合致さえすれば、自動的に送信されるため、内定までつながる確率は通常の選考とほとんど変わりません。

転職サイトの担当者から届くスカウトメール

転職サイトの担当者から届くスカウトメールもあります。自動配信されるスカウトメールよりも企業とのマッチング率は高いです。

というのも、転職サイトの担当者や転職エージェントが企業に変わり、企業側の求めている人物にのみ送っているから。

そのため、転職サイトなどの担当者もスカウトを送る前に、あなたの入力した経歴や自己PR欄などもきちんと見ています。

ただ、企業の人事担当者があなたのプロフィールを見ているわけではないので、内定までつながる可能性が特別高いわけではありません。

人事担当者から届くスカウトメール

スカウトの中で一番獲得したいのが、企業の人事担当者から直接送られてくるスカウトメールです。

人事担当者が直接自分の目であなたのプロフィールを見ているため、ぜひ一度会って話してみたいと思った人にしか送らないスカウトです。

そのため、書類選考が免除され、面接からスタートするケースも多くあります。

内定を獲得しやすいのは、人事担当者から届くスカウト

ここまで3種類のスカウトメールについて解説してきました。この中で一番内定を獲得しやすいのは、人事担当者から届くスカウトです。

なぜなら、自動配信メールや転職サイトの担当者とは違い、直接担当者があなたのプロフィールを見て興味を持っているから。

また、書類選考や一次面接などの選考を免除されることも多いため、通常の応募方法よりも内定までの道のりは短いです。

takeda
takeda
スカウトの中にはいきなり役員や最終面接というケースもあるそうです。

スカウトを利用するメリット・デメリットとは?

ここでは、スカウトを利用するメリット・デメリットについて解説します。

スカウトを利用する4つのデメリット

スカウトを利用する4つのデメリット
  1. 全く興味のない業界や企業からもスカウトが届く
  2. 1日に何十通もスカウトが来ることもある
  3. スカウトが届いても採用確率が高いわけではない
  4. スカウトの利用が会社にバレる可能性がある

スカウトを利用する4つのデメリットをお伝えしていきます。

デメリット①:全く興味のない業界や企業からもスカウトが届く

届くスカウトの全てが魅力的なスカウトというわけではありません。むしろ、全く興味のない業界や企業からスカウトが届くこと多いので注意してください。

全く興味のない業界や企業からのスカウトも多くなるのは、以下の2つの理由があるから。

  • 自動配信メールが条件が合致しているだけで送られてくる
  • スカウトを送ってくる人は、あなたの経歴や実績など限られた情報しかわからない

そのため、あなたが興味のある内容のスカウトだけが送られてくるわけではないことは頭に入れておきましょう。

デメリット②:1日に何十通もスカウトが来ることもある

自動配信のスカウトは、1日に何十通も届くことが珍しくありません。

そのため、登録した情報によっては、メールボックスを開くたびにスカウトメールの多さに驚く人も多いです。

志望業界や職種以外のスカウトを受け取りたくない場合は、あらかじめ届かないように設定できるので、忘れずに行いましょう。

デメリット③:スカウトが届いても採用確率が高いわけではない

届いた全てのスカウトが採用確率が高いわけではありません。特に条件に合致するだけで送られてくる自動配信のスカウトは、通常応募と変わらないです。

自動配信されるスカウトは、他の人にも一斉配信されています。スカウトを見て応募しようか迷った場合は、スカウトの本気度を見てから応募したほうが良いです。

デメリット④:スカウトの利用が会社にバレる可能性がある

スカウト機能のある転職サイトなどに登録するためには、プロフィールを入力します。当然、入力したプロフィールは企業側からも閲覧可能です。

自分が働いている会社の人事担当者があなたのプロフィールを見つけることができるため、もできます。

ただ、多くの転職サイトでは、特定の企業からの閲覧をブロックできるので、安心してください。

忘れないように設定しておきましょう。

スカウトを利用する5つのメリット

スカウトを利用する5つのメリット
  1. スカウト限定求人に応募できるので、公開求人よりも条件が良い案件が見つかる
  2. 面談確約などのスカウトもあり企業の本気度がわかる
  3. 登録してスカウトを待つだけなので、求人を探す手間や時間がかからない
  4. 企業からスカウトを送ってくれるので、自分だけでは探せなかった意外な企業が見つかる
  5. メールの内容を読むことで、企業の自分に対する評価がわかる

スカウトを利用する5つのメリットを解説します。

メリット①:スカウト限定求人に応募できるので、公開求人よりも条件が良い案件が見つかる

スカウトには、転職サイトなどで公開されている求人よりも好条件のスカウトもあります。

特に「プレミアムスカウト」と呼ばれるようなスカウトは、企業側がぜひ一度あなたと会って話を聞いてみたいと考えているため、好条件のスカウトが多いです。

メリット②:面談確約などのスカウトもあり企業の本気度がわかる

企業の本気度が高いスカウト
  • 面談確約
  • 一次面接など選考の一部免除
  • 年収◯万円以上など条件面を確約

スカウトの内容を見れば、スカウトの本気度もわかります。このようなスカウトの多くは、企業の採用担当者が直接あなた宛に送っています。

そのため、あなたの入力した経歴やスキルなどプロフィールをきちんと読んだ上で送っているので、本気度も高いのです。

一方で、自動送信されたスカウトは、企業の本気度は低いです。送る内容も違いがなく、人事担当者もあなたのプロフィールを読んでいません。

メリット③:登録してスカウトを待つだけなので、求人を探す手間や時間がかからない

一般的に転職活動をする際は、転職サイトの中から自分で受けたい会社を探して応募する必要があります。

ただ、現職で働きながらの転職活動となると、求人を探すだけでも多くの時間がかかります。そのため、転職活動をなかなか進められない人もいるかもしれません。

しかし、スカウトであれば、転職サイトに登録して、プロフィールの入力などをしっかり行っていれば、たくさんのスカウトが届くのを待つだけです。

求人を自分から探す必要がないので、忙しい人はスカウトを利用することで、転職活動を進められます。

メリット④:企業からスカウトを送ってくれるので、自分だけでは探せなかった意外な企業が見つかる

多くの求職者は、自分の志望する業界や職種などをもとに、転職サイトで検索して企業を探しています。

ただ、自分の志望する業界や職種への入社=必ず自分の性格や考え方にマッチする会社とは限りません。

スカウト機能のある転職サイトなどでは、様々な企業からスカウトが届きます。

名前を知らない企業でも、実はあなたと相性が良く、あなたの能力を存分に活かせる会社の可能性があるのです。

また、スカウトをもらったときは興味がなかったのに、面接を受けてみると、興味が湧き入社したくなったという事例もあります。

このようにスカウトを利用することで、自分の力だけでは探せない企業に入社できる可能性もあるのです。

メリット⑤:メールの内容を読むことで、企業の自分に対する評価がわかる

企業の人事担当者から直接送られてくるスカウトは、自動配信されるスカウトと比べて、明らかにスカウトの内容が違います。

なぜなら、あなたの経歴などを読んだ上でスカウトを送ってくるから。

当然スカウトの内容にも反映されていて、スカウトには、あなたに魅力を感じた理由や自社の紹介などが丁寧に書かれていることが多いです。

そして、スカウトの内容を読めば、

  • 人事担当者があなたのどんなところに魅力を感じたのか
  • これまでの経験をどんな分野で活かして欲しいのか

などなど、企業の自分に対する評価がわかります。

スカウトのメリット・デメリットまとめ

スカウトを利用するデメリットは、全く興味のない業界や企業からスカウトが届くことがあること。そして、スカウトの全てが採用確率が高いわけではありません。

特に自動配信されるスカウトは、通常の応募方法とほとんど変わらないので、大きなメリットはないです。

一方、スカウトを利用するメリットは、企業の本気度が高いスカウトを受け取れば、通常の応募よりも内定の確率が高いこと。

本気度の高いスカウトを送っている人事担当者は、あなたのプロフィールを見た上でスカウトを送ります。

書類選考や面接が免除されるスカウトもあるため、早く内定を獲得することもできるのです。

スカウトを利用した転職の流れ

スカウトを利用した転職の流れ
  1. 転職サイトや転職エージェントに登録する
  2. 志望動機・職務経歴などを登録する
  3. スカウトメールが届く
  4. 興味があれば、応募する
  5. 面接
  6. 内定

スカウトを利用した転職の流れについて解説します。通常の転職サイトに登録する場合と若干違う点もあるので注意しましょう。

転職サイトや転職エージェントに登録する

まず、スカウト機能のある転職サイトや転職エージェントに登録しましょう。個人情報なども入力します。

大手であればほとんどの転職サイトや転職エージェントにスカウト機能があります。

なお、大手転職サイト及び転職エージェントのスカウト機能の有無については以下のとおりです。

サービス名 スカウト機能の有無
リクナビNEXT
リクルートエージェント
マイナビ転職
マイナビエージェント X
doda ◯※
JACリクルートメント
エン転職
エンエージェント X
パソナキャリア
ビズリーチ

※dodaは転職サイト・転職エージェントの両方のサービスが使える

志望動機・職務経歴などを登録する

次に志望動機や職務経歴などの登録も行います。企業の人事担当者は、登録された志望動機や職務経歴の情報をもとに、スカウトを送るか決めるため、重要な箇所です。

もし、きちんと埋めても、魅力的なスカウトが届かない場合は、何度も修正して反応をみるようにしましょう。

スカウトメールが届く

スカウトメールが届きます。企業の人事担当者からのスカウトは、自動配信メールや転職エージェントからのスカウトに比べると多く届かないことが多いです。

スカウトが届いた際は、内容を確認しましょう。

興味があれば、応募する

届いたスカウトのうち、興味がある求人があれば、応募しましょう。なお、全てのスカウトに返信をする必要はありません。

面接

プレミアムスカウトなど企業の人事担当者から直接送られたスカウトに応募した場合、面接を受けます。

なお、自動配信スカウトなどの場合は、書類選考に通らなければ、面接を受けることができません。

内定

無事面接に通過すれば、内定です。入社の意思を伝えた後は、現職の退職日を決めなければなりません。きちんと引き継ぎを済ませた上で転職先に入社しましょう。

このように、スカウトを利用する場合でも、転職サイトなどを利用する場合と大きな違いはありません。

スカウトを利用して内定をもらうためのポイントは?

スカウトを利用して内定をもらうためのポイント
  1. プロフィールはきちんと埋める
  2. 反応を見てプロフィールを修正する
  3. スカウトの本気度を見極める

スカウトを利用するためには、転職サイトなどにただ登録するだけでは、求めるスカウトが届きません。

スカウトを利用して内定をもらうためには、いくつかポイントがあります。

プロフィールはきちんと埋める

まず、重要なことはプロフィールの欄をしっかりと埋めることです。

あまりにも空白が多いと、企業の人事担当者はスカウトを送っても大丈夫な人なのか不安に感じてしまいます。

企業の人事担当者は、あなたのプロフィールを見てスカウトを送るか判断するので、なるべく多くの情報を伝えるためにも、きちんと空欄がないように埋めておきましょう。

反応を見てプロフィールを修正する

プロフィールの内容は、よく考えて入力しましょう。内容次第で、企業の人事担当者からのスカウトがどのぐらい届くのかが変わります。

スカウトが届かない場合や興味のある業界からのスカウトが届かない場合は、プロフィールに登録する経歴や自己アピールなどを適宜修正します。

また、身の回りに転職について相談できる人がいるのであれば、自分の登録した内容について見てもらっても構いません。

スカウトの本気度を見極める

本気のスカウトの代表例
  • あなたの経歴を読んでいることがわかる文がある
  • 面接についての案内がある

あなたのもとにスカウトが届いても、手放しで喜ぶべきではありません。内定をスムーズに得るためには、より本気度の高いスカウトを見極める必要があります。

本気のスカウトであれば、あなたの経歴を読んだ上での内容になっているはずです。また、本気のスカウトは、書類選考が免除されることが多いです。

スカウトの内容を読むときは、面接についても触れられているのかチェックしましょう。

takeda
takeda
もし、面接についての記述がない場合は、日程などを返信時に確認しましょう。

スカウトが届いた時の返信例を解説

スカウトが来たけど、どのように返信をすればいいか迷っていませんか?

ここからはスカウトが届いたときの返信例を、選考を受けたい場合と断りたい場合に分けて解説します。

企業へのお礼の気持ちを伝えて、選考を受けたい場合

スカウトを受ける場合に伝えておくこと
  • お礼の文章
  • 応募の意思があること
  • スカウトを受けたい理由や志望動機
  • 自己PRや質問したいこと

まず、スカウトを受けたい場合は、必ず伝えるポイントを踏まえて返信を行いましょう。例えば、以下のように返信を行います。

◯◯株式会社
人事担当◯◯様

はじめまして、◯◯と申します。
この度はお忙しい中、スカウトを送っていただきありがとうございます。

貴社の求人内容について拝見させていただきました。

貴社の業務は私が興味のある業界の業務であり、また貴社の年齢に関係なく頑張った人が評価される制度に魅力を感じています。

私がこれまでに営業職での実績だけでなく、多くの部下を指導し、営業成績を向上させてきた経験があります。

貴社では、マネジメントをできる人材が不足しているとのことですので、私のこれまでの営業経験やマネジメント経験を活かせるかと思います。

ぜひ一度面接をさせていただけないでしょうか?また差し支えなければ、面接のスケジュールなど今後の流れについてご教示いただけないでしょうか?

何卒よろしくお願いいたします。

◯◯(氏名)

企業からのスカウトを断りたい場合

スカウトを断りたい場合に伝えておくこと
  • お礼の文章
  • 応募の意思がないこと

次に企業からのスカウトを断りたい場合は、お礼の文章と応募の意思がないことを伝えるようにしましょう。例えば以下のように返信を行います。

◯◯株式会社
人事担当◯◯様

はじめまして、◯◯と申します。
この度はお忙しい中、スカウトを送っていただきありがとうございます。

大変申し訳ございませんが、検討をさせていただいた結果、貴社からのスカウトへの応募は見送らせていただきます

またご縁がございましたら、そのときは何卒よろしくお願いいたします。

貴社のますますのご繁栄心よりお祈り申し上げます。

◯◯(氏名)

 

転職サイトでスカウトを利用する際のQ&A

転職サイトでスカウトを利用する際によくある疑問についてQ&A形式で回答します。

転職サイトのスカウトには詐欺まがいなものはないの?

現実問題詐欺まがいなものもあります。

例えば、求人企業の許可を取らずに求人を送っているケースや転職エージェントなどへの登録を強要されるケースです。

もし、登録を強要された場合は、詐欺の可能性が高いので、誘いに乗らないようにしましょう。

sスカウトメールには必ず返信した方がよいの?無視はだめ?

スカウトの種類によります。自動配信されるスカウトは無視しても問題ありません。

ただ、転職サイトや企業の人事担当者から届くスカウトは、できるだけ返信しましょう。

なぜなら、きちんと返信をすることは社会人としてのマナーを守る上で重要なことだから。

また興味のある企業であれば、できるだけ早く返信をします。通常の選考よりも内定を獲得できる可能性が高いので、きちんと返信をしましょう。

転職のスカウトに応募しても面談で落ちる理由って?

転職のスカウトに応募しても面談で落ちることは珍しくありません。その理由としては、以下のような理由があります。

  • 自社に合わない人材だったから
  • 自社で活躍できるイメージが感じられなかったから

スカウトから応募しても、内定を得られないケースの方が多いので、ショックを受ける必要はありません。

第2新卒でも転職サイトを利用してスカウトは届くの?

第2新卒であっても、スカウトが届く可能性はあります。

なぜなら、これまでの実績や経験よりもポテンシャルを重視して採用を行っている企業も多いから。

ただ、本気度が高いスカウトなのかどうかは見極める必要があります。

転職のスカウトについてのまとめ

この記事についてのまとめ
  • スカウトは自動配信・転職サイトなどの担当者・企業の人事から送られる
  • 企業の人事担当者から送られてくるスカウトが一番本気度が高い
  • 魅力的なスカウトを受けられるかは、経歴などプロフィール欄の内容次第

転職サイトや転職エージェントにはスカウト機能があります。スカウトを利用すれば、面談確約や一次面接の免除などスムーズに内定を獲得できるかもしれません。

ただ、スカウトには本気度の高いスカウトと高くないスカウトがあるので、その見極めは重要です。

また、魅力的なスカウトを獲得するためには、経歴や自己PRなどプロフィールを適宜修正することが大事です。

スカウトを正しく利用できれば、スムーズに内定を獲得できる可能性が高くなります。