ホワイト企業へ転職しよう!優良求人の見つけ方と成功率を上げるコツ4選

  • 転職を考えており、できればホワイト企業がいい
  • ホワイト企業かどうかを見極める方法がわからない
  • ホワイト企業への転職を成功させる方法を知りたい

など、ホワイト企業に転職したいけれど悩みや迷いも多く、なかなか行動できないということもあるのではないでしょうか。

そこでこの記事ではホワイト企業への転職に関する情報を中心にまとめました。

honda
honda
ホワイト企業への転職成功率ができるだけ上がるようにお伝えしていくので、ぜひチェックしてみてください!

【解説!】「ホワイト企業」の定義は明確に決められているわけではない

一般的なホワイト企業の特徴
  • 福利厚生が整っている
  • 休暇が取りやすい
  • 残業時間が少ない(残業があっても残業代が必ず支払われる)
  • 土日出勤が少ない
  • オフィスが快適
  • セクハラ・パワハラがない
  • 産休・育休制度が整っている
  • 社員の教育・研修制度が整っている
  • リモートワークやフレキシブル出勤など柔軟な働き方ができる
  • 社内の風通しが良い(意見を聞いてくれる環境がある)

一般的にホワイト企業と言われる職場には、上記のような特徴があります。ただし、ホワイト企業の定義というのは、明確に決められているわけではありません。

そのため、上記の条件がすべて当てはまっていなければいけない、というわけでもありません。重要なのは上記の特徴の中で自分がどこを重視するのかということ。

honda
honda
上記すべてが当てはまる企業の求人を探すとなると、選択肢が狭くなり、なかなか見つからない可能性もあるので要注意です。

一般的なホワイト企業の特徴と、自分が思うホワイト企業の特徴を照らし合わせながら求人を探すのがポイントですね。

では、どうすれば自分にあうホワイト企業を見つけられるのでしょうか。その方法を次からお伝えしていきます。

転職におけるホワイト企業の見つけ方5選!

ホワイト企業の見つけ方5選
  1. 求人票を細かく調べる
  2. 企業の口コミサイトを見る
  3. 産休や育休制度が整っているか確認する
  4. 教育制度が整っているかを確認する
  5. 転職サイト・転職エージェントで確認する

ホワイト企業の見つけ方は、上記の5つです。どういうことかそれぞれ詳しくお話ししますね。

求人票を細かく調べる

まずは「求人票を細かく調べる」ということです。

当たり前の話にも聞こえるかもしれません。ですが転職に慣れていなかったり、焦っていたりすると、細かい条件や業務内容などを見落としてしまうことがあるんです。

年収が良くて選んだものの、業務内容は激務である場合や、雰囲気が良さそうと感じたものの、自分がやりたい仕事ができる環境ではなかった、ということもあり得ます。

honda
honda
そのため、求人票を細かくチェックし、待遇や環境、業務内容についてもれなく調べておくことが重要なんですね。

企業の口コミサイトを見る

企業の口コミサイトを見ておくのもいいですね。その企業で働いた人だけが知っているような、リアルな情報を得られることがあります。

ただし、口コミを投稿した人の価値観はそれぞれ異なるため、すべて信じてしまうのは要注意です。

honda
honda
忙しい環境が苦手な人もいれば、慌ただしい環境のほうがやりがいを感じる人もいます。

そのため「業務がハードでこの会社はブラック」と書いてあったとしても、他の人にはそう感じない場合もあるということ。

つまりあくまで参考程度にしつつ、ホワイト企業かどうかの判断材料にするのがおすすめです。

産休や育休制度が整っているか確認する

「産休や育休制度が整っているか」を確認しておくのもいいですね。

必ずしも「産休や育休が整っている=ホワイト企業」ということではありません。ですが産休や育休が整っている企業は、それだけ社員のことを考えてくれている企業である可能性が高いです。

honda
honda
判断の基準として見ておくといいですね。

教育制度が整っているかを確認する

「教育制度が整っているか」を確認することも重要です。教育制度が整っている企業は、社員の成長について本気で考えてくれている可能性があります。

ですがこれも、育休や産休と同じくホワイト企業であるかどうかを確定するものではありません。そのため、判断材料の一つとして考えておくのがおすすめです。

どのような研修があり、どのくらいの期間あるのか、前述した企業の口コミサイトやSNSなども活用しながら調べておくといいですね。

転職サイト・転職エージェントで確認する

転職サイトや転職エージェントで確認するのもおすすめです。

特に転職エージェントの場合は、一人ひとりに担当が付きます。そのため、担当のアドバイザーに自分が働きたい職場の雰囲気などを伝えておくといいですね。

honda
honda
過去に転職した事例や、実際に勤務した人の声を聞いている可能性もあるので、参考になる情報を得られることがあります。

担当がつかない転職サイトでも、求人票からホワイト企業かどうかを見分けられる場合があります。

特に常時求人が出ている企業は要注意。人の出入りが激しいブラック企業である可能性があるからです。

ただし、事業拡大や企業規模拡大などで人手が足りていないだけの可能性もあるため、しっかりと求人票やインターネットで情報を集めておくといいですね。

ではホワイト企業へ転職するうえで、特に気をつけておくべきポイントはどんなところでしょうか。次からお伝えしていきますね。

ホワイト企業に転職する際に気をつけたい3つのポイント!

ホワイト企業に転職する際に気をつけたい3つのポイント!
  1. 待遇や環境だけを重要視しない
  2. ライバルが増える可能性がある
  3. ホワイト企業だからといって必ずしも自分に合うとは限らない

ホワイト企業に転職する際に気をつけたいポイントは、上記の3つです。それぞれもう少し詳しくお話しします。

待遇や環境だけを重要視しない

まず「待遇や環境だけを重要視しない」とうことです。

理由としては、ホワイト企業を探すことだけに意識を向けてしまい、業務内容や仕事に対するやりがいを無視してしまう可能性があるからです。

honda
honda
年収が良くても、業務内容がハードで体力的にもツラい職場かもしれません。

残業時間が少なく福利厚生も整っているけれど、自分の強みやスキルが活かしづらい職場である可能性もありますね。

そのため、待遇や環境だけに意識を向け過ぎないように注意したほうがいいんですね。

ライバルが増える可能性がある

ホワイト企業で待遇も良ければ、当然他にも多くの転職希望者がいる可能性が高いです。つまり、ライバルが増えるということですね。

そのため、その転職先で自分が活かせる強みは何か、他の転職希望者とどう差別化できるのかを考えておくことが必要です。

honda
honda
その企業が求めている人材を把握し、どうアピールすれば伝わるのか、前もって準備をしておくといいですね。

ホワイト企業だからといって必ずしも自分に合うとは限らない

「ホワイト企業であることが必ずしも自分に合う職場であるとは限らない」というケースもあります。

その企業の社風や事業内容が、自分とは合わない可能性もあるからです。また、中には完全なホワイト企業よりも、多少厳しい環境のほうが自分を成長させられるというタイプの人もいます。

honda
honda
「ホワイト企業だから」という理由だけでなく、その企業全体を把握するのがポイント。

そのうえで自分と合うのかを考え、応募するかどうかを決めることも重要ですね。

では、ホワイト企業への転職成功率を上げるには、どのようなことを意識すればいいのでしょうか。そのコツについて、次にお伝えします。

ホワイト企業への転職成功率を上げる4つのコツ

ホワイト企業への転職成功率を上げる4つのコツ
  1. 転職の理由を明確にする
  2. 希望条件に優先順位をつける
  3. 余裕を持って転職活動をする
  4. 転職エージェントを利用する

ホワイト企業への転職成功率を上げるコツは、上記の4つです。それぞれもう少し詳しくお話しします。

転職の理由を明確にする

まずは「転職の理由を明確にする」ということです。当たり前と思うかもしれませんが、ただ漠然と環境を変えてみたいと思い、勢いで行動に移してしまうこともあります。

honda
honda
その結果、転職の理由が曖昧になっていると転職先に求める条件もわかりづらくなります。

そうなると、何を求めてホワイト企業へ転職したいのかもわかりません。

そのため転職の理由を明確にし、どんな条件を職場に望むのかを自分で再確認しておくのがおすすめです。

希望条件に優先順位をつける

希望条件に優先順位をつけることも重要です。優先順位をつけないと、どんな企業に応募すればいいのかわかりづらくなるからです。

転職先に求める条件が明確にあったとしても、待遇や業務内容、勤務地などすべてに当てはまる企業を探すことは簡単ではありません。

年齢や業界によってはそもそもの求人が少なく、応募できる職場がなくなってしまう可能性もあります。

honda
honda
「ホワイト企業」に限定すると、より選択肢が狭くなる可能性もありますね。

そのため、どうしても譲れない条件から順位をつけていくと、転職先が探しやすくなるということです。

余裕を持って転職活動をする

余裕をもって転職活動をすることも重要です。急いで転職活動をしてしまうと、冷静な判断ができず、条件面で必要以上に妥協してしまう可能性があるからです。

ホワイト企業への転職を希望していたものの、結局条件に合う求人が見つからず「時間がないから妥協して決めてしまう」となってしまう可能性も。

そのため、精神的にも余裕をもって転職先が選べるように、転職に費やす期間も余裕をもって取り組むのがおすすめです。

転職エージェントを利用する

ホワイト企業かどうかを判断するには、転職エージェントの利用もおすすめです。

前述もしたように、転職エージェントは一人ひとりに担当がつきます。そして対面で面談できることもあるため、ホワイト企業で働きたい旨を伝えるのがポイントです。

honda
honda
ただ、冒頭でもお伝えしたように、ホワイト企業の定義は決められていません。

そのため、ホワイト企業の中でもどんな条件を優先的に求めているのかを、はっきりと伝えることが重要です。

そのうえで、実績や経験も考慮し、適切な求人を紹介してもらえる可能性があるため、転職エージェントの利用はおすすめなんですね。

とはいえ「どんな転職エージェントを選べばいいかわからない」ということもあるのではないでしょうか。

そこで次に、ホワイト企業を探すうえでおすすめな転職エージェントについてお伝えします。

ホワイト企業の求人探しに役立つ転職エージェントTOP3

← 横にスクロールできます →
項目名リクルートエージェントdoda転職エージェントパソナキャリア
求人数
約20万件

約10万件

約1,000件
求人の質
多くの職種や条件の
求人を取り扱っており
幅広い年齢層が利用しやすい

未経験可能な求人から
キャリアアップ可能な求人まで
幅広く取り扱っている

女性向けの求人を
中心に取り扱っている
サポート内容
転職業界最大手。
充実したサポートと豊富な実績があり
転職に不安があっても利用しやすい

安心感のあるサポート力で
目的に合わせた
転職がしやすい

女性の転職に心強い
味方となってくれる可能性が高い

ホワイト企業への転職におすすめな転職エージェントは上記の3社です。そしてこれら3社についてもう少し詳しく知れるように、次にランキング形式でお伝えしますね。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

項目詳細
総合評価 5.0
豊富な求人数と手厚いサポート
求人数 5.0
約200,000件
求人の質 5.0
未経験可能な求人やハイクラス求人など幅広い求人があり、環境を変えたい場合におすすめ
サポート内容 5.0
実績豊富なアドバイザーによる手厚いサポート

リクルートエージェントの特徴

  • 業界最大手ともいえる転職エージェントで、求人数が豊富
    知名度も高く、実績が豊富で安心して利用しやすい。様々な条件の求人があり、ホワイト企業の求人も探しやすい
  • 対面によるカウンセリングが可能
    各地の拠点で面談をして現状を伝えることで、人間関係や待遇など悩みにあった転職先候補を紹介してもらえる可能性あり
  • 転職支援実績NO.1(※)を誇り、充実したサポート!
    応募書類の添削や面接対策などのサポートが充実し、転職に不安が大きくても利用しやすい

(※)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェントをおすすめできる人・できない人

リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 多くの求人からいまの状況を改善できる環境を探したい人
  • 未経験な職種や業種に挑戦してみたい人
  • 転職に不安があり、安定感のあるサポートを望む人
  • 現在の待遇に不満があり、ハイクラス転職を実現したい人
リクルートエージェントをおすすめできない人
  • 特定分野の特化型転職エージェントを探している人
  • 転職希望が3ヶ月以上先の予定の人

リクルートエージェントは、転職業界では最大手であり、高い知名度と豊富な実績を誇っています。

取り扱う求人数も多く、ベンチャー企業から大手企業まで幅広いの企業の求人を探せるのが大きなポイント。その中から自分が求めるホワイト企業を見つけられる可能性がありますね。

honda
honda
転職支援実績も豊富なので「どんな企業がホワイト企業かわからない」という場合でも、まずは相談してみるといいですね。

転職自体の経験が少なく、不安が大きい場合でも支えてくれる可能性があります。どの転職エージェントがいいか迷ったときにはまず登録しておくといいですね。

リクルートエージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

doda転職エージェント

項目詳細
総合評価 4.8
多くの求人数と充実したサポート
求人数 4.8
約100,000件
求人の質 5.0
職種の幅が広く、未経験歓迎な求人から高待遇な求人まで多数アリ
サポート内容 5.0
書類作成や面接対策など手厚いサポート

doda転職エージェントの特徴

  • 多くの求人からニーズに合わせた転職先を紹介!
    経験豊富なアドバイザーによるサポートで、希望に合う転職が実現できる可能性アリ!
  • 業界大手ならではの充実したサポート
    書類作成や面接対策など、サポートが手厚く、転職初心者でも安心して利用しやすい
  • 転職イベントも豊富!
    転職のイベントが多く、転職に関する相談や自己分析の方法など独自のサポートが期待できる

doda転職エージェントをおすすめできる人・できない人

doda転職エージェントをおすすめできる人
  • キャリアアドバイザーによる手厚いサポートを受けたい人
  • 業界トップクラスの求人から転職先を検討したい人
  • 転職イベントなどから積極的に情報収集したい人
  • できるだけ直接対面でカウンセリングしてほしい人
doda転職エージェントをおすすめできない人
  • 業界について専門的なサポートを希望している人
  • 3ヶ月以上先の転職を検討している人

doda転職エージェントもまた、実績も豊富な大手の転職エージェントです。

面接対策や応募書類の添削などもあり、転職に不安が大きい場合でも利用しやすいのがポイント。まずはホワイト企業への転職についても相談してみるといいですね。

honda
honda
自分一人ではホワイト企業かどうかわかりにくいので、サポート力の高い転職エージェントがおすすめです。

企業に会える転職系のイベントも多く、参加することでホワイト企業を見つけられる可能性もありますね。

doda転職エージェントの口コミ

詳細ページ 公式ページ

LiBzCAREER

項目詳細
総合評価 4.0
女性のための転職サイト
求人数 3.0
約1,000件
求人の質 4.5
女性に特化した求人がほとんど
サポート内容 4.0
女性の転職に特化した転職サイト。女性が使い易いような検索機能など、女性の転職サポートが充実している。

LiBzCAREERの特徴

  • 女性の転職に特化した転職サイト
    女性が活躍している求人を中心に取り扱っているため、転職したい女性はまずチェックするのがおすすめ
  • キャリアップもできる求人あり
    経験を活かせる求人が見つかる可能性があり、待遇の改善も期待できる

LiBzCAREERをおすすめできる人・できない人

LiBzCAREERをおすすめできる人
  • キャリアアップを狙っている人
  • 家庭と仕事を両立させたいと考えている人人
  • 女性管理職を狙っている人
  • リモートワークや在宅勤務を希望の人
LiBzCAREERをおすすめできない人
  • 地方勤務で転職したい人
  • キャリアの浅い人

LiBzCAREERは、女性の転職に特化した転職エージェントです。そのため、女性でホワイト企業への転職を望んでいる場合には利用するといいですね。

女性ならではの転職における悩みを理解したうえで求人を紹介してくれる可能性も高いため、希望の条件をしっかりと伝えてみてください。

ただ、求人数が少なめではあるため、前述した大手の転職エージェントと組み合わせて使ってみるのがおすすめです。

LiBzCAREERの口コミ

詳細ページ 公式ページ

ホワイト企業への転職に関するQ&A

ホワイト企業への転職に関するQ&Aをまとめました。気になるポイントがあればチェックしてみてくださいね。

ホワイト企業に転職する際、2chの情報は参考になる?

すべて信用するのは控えたほうがいいです。

匿名性が高く、誰が書いてあるかもわかりません。念のため確認しておきつつ、あくまで参考にしておく程度にしておくといいですね。

ホワイト企業には未経験でも転職できる?

職種や業種、年齢によっても転職できるかどうかは変わってきます。

求人票を確認し、求めている人材と自分のポテンシャルや目標が合っているようであれば、挑戦してみるのもいいですね。

高卒でもホワイト企業に転職できる?

学歴不問の企業であれば、転職できる可能性は充分にあります。

ただ、経験が求められる場合もあるため、どんな人材を求めているのかを必ず詳しく確認しておくことが重要です。

ホワイト企業への転職を実現して居心地のいい環境を手に入れよう!

ホワイト企業への転職に関するまとめ
  • ホワイト企業の定義は明確に定められているわけではない
  • 自分が求める条件を明確にすることが重要
  • 待遇や職場環境だけを意識してやりがいや業務内容を無視するのは危険
  • 転職エージェントでホワイト企業かどうかを確認することも大事
  • おすすめな転職エージェントはリクルートエージェント

ホワイト企業の定義は、明確に定められているわけではありません。

そのため、漠然とホワイト企業に転職したいと考えるより、まずは自分が求める条件を明確にしたうえで、その条件に合うホワイト企業を探すことが重要です。

honda
honda
ただ、企業について詳しい情報を得るには一人では限界があります。

したがって、転職エージェントも利用しながら転職活動を進めるのがおすすめです。

そして今回もっともおすすめな転職エージェントは、リクルートエージェントです。

求人数も多く、豊富な実績もあるため、どんな企業がホワイト企業なのかといった情報も持っている可能性が高いんですね。

いまの環境を変えて、もっと働きやすい職場に移りたいと考えている場合には、登録して相談してみてはいかがでしょう。

\まずは登録して相談!/リクルートエージェントの公式HPを見る