転職のやり方がわからない人必見!転職活動の方法を初めての人向けに解説

いざ転職をしようとしたときに「そもそも転職ってどうやるんだろう?」「何から始めればいいいんだろう?」と悩んでしまうことってありませんか?

takeda
takeda
特に転職が初めての場合、どうやって取り組めばいいのかわからずに最初からつまずいてしまうことがあるんです。

そこでこの記事では、おすすめな転職の方法や転職の成功率を上げる方法についてお伝えします。

転職活動中は次の職場が決まるかどうかがわからず不安になりやすいもの。なので一つずつ自分がするべきことを明確にし、できる限りスムーズに進めていけるようにまとめています!

ぜひチェックしてみてくださいね!

目次

主な転職活動の方法と流れ5STEP!

主な転職活動の方法と流れ5STEP
  1. 自己分析のやり方を知って準備
  2. 徹底した情報収集で求人をチェック
  3. 企業研究のやり方を知って徹底リサーチ
  4. 徹底した面接対策
  5. 内定~円満退職の準備

まずは転職の主な流れをお伝えします。大きく分けると上記の5ステップです。それぞれ詳しくお話ししますね。

【転職活動STEP1!】自己分析のやり方を知って準備!

自己分析の項目
  • 転職する理由を明確にする
  • 転職先に求める待遇を明確にする
  • 自分の経験やスキル、実績を棚卸ししておく

まずは本格的な転職活動にとりかかる前に、事前準備をしておくのがおすすめです。事前準備というのは、自己分析をして自分自身を知るということです。

そして自己分析に必要なことが上記の3つ。

takeda
takeda
もう少し詳しくお伝えしますね!

転職する理由を明確にする

まずは転職の理由を自分自身で明確にしておくことが重要です。

というのもなぜ転職したいのか自分でわからないと、どんな職場に転職すればいいのかもわかりづらくなるからです。

takeda
takeda
待遇がいい職場がいいのか、スキルアップしたいのか、人間関係を改善したいのかによって、求める条件がかわりますよね。

そのため、転職したい理由をまずは明確にすることが非常に重要です。

転職先に求める待遇を明確にする

転職したい理由を再確認したら、転職先に求める待遇を明確にしておくことも重要です。年収はいくらなのか、残業の有無、休暇はじゅうぶんにとれるのかなどですね。

ですが一方的に高待遇を求めても、自分の市場価値が企業の求める人材とかけ離れていては転職は難しくなります。

takeda
takeda
即戦力を必要としている企業で実績がないのに高待遇を求めても、採用される可能性は低いですからね…!

そのため自分の市場価値を把握したうえで、それに見合う待遇を求めるのがおすすめですね。

自分の経験やスキル、実績を棚卸しておく

自分の経験やスキル、実績を棚卸し、自分の強みを再確認しておくことも非常に重要です。

転職したい企業が決まったら、その企業に対して自分がどんな価値を提供できるのか、どんな利益をもたらせるのかを伝える必要があるからです。

takeda
takeda
自分の強みを把握しておくことで、履歴書や面接でも伝えやすくなりますね。

これらはすべて自分の過去にヒントがあります。前職での実績以外にも、誰かに褒められたこと、評価されたことが自分の強みになるんです。

そういった過去の経験を細かく洗い出すことで、自分がアピールできる強みを見つけやすくなるということです。

takeda
takeda
「協調性」や「リーダーシップ」なども、職種によっては重要なアピール要素になることもあります。

小さなことでもいいので、探してみてくださいね♪

【転職活動STEP2!】徹底した情報収集で求人をチェック!

求人情報を探す方法
  • ハローワーク
  • 職業訓練校
  • 転職サイト・転職エージェント
  • SNS
  • 知人の紹介

応募したいと思うような求人を見つけるには、情報収集が欠かせません。ただ「そもそも求人ってどうやって見つけるの?」といった疑問を抱えることもあると思います。

求人の主な探し方は上記の5つです。それぞれ詳しくお伝えしますね。

ハローワーク

ハローワークというのは、厚生労働省が運営する職業紹介機関のこと。正式には公共職業安定所と称されます。

求職者だけでなく、企業側も登録が無料。そのため求人数もそれなりに多く見つけられる可能性が高いです。

takeda
takeda
ですが大手企業や高待遇の求人を探したい場合、ハローワークは向かないこともあります。

企業側が無料で登録できるということは、比較的予算が少ない企業でも登録できるということ。そのため、大手企業や高待遇な求人は少ない可能性があります。

反対に予算に余裕がある企業では、たとえ有料でも転職エージェントや転職サイトに登録していることが多いです。

takeda
takeda
信頼できる転職サイトや転職エージェントのほうが、実績や専門スキルを持った人材が見つかることが多いからですね。

そのため「まずはとにかく求人を探したい」「多くを求めないから早く転職先を決めたい」という場合にはハローワークがおすすめです。

職業訓練校

職業訓練校の多くは、求職者が無料で新たなスキルや資格を取得するための学校です。資格やスキルを取得しながらも就業のサポートもしてくれます。

学校とはいっても普通の大学や専門学校のような長期間で通うものは少なく、数ヵ月~1年ほどの期間がほとんど。

takeda
takeda
ですが取得できる資格は、Web系や簿記検定など幅広くあります。

資格やスキルが何もなくて不安が大きい場合は選択肢にいれてみるのもアリですね。

転職サイト・転職エージェント

転職サイト・転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントには明確な違いがあります。

転職サイトは、自社サイト内で求人情報を公開しているだけであり、転職に関するアドバイスなどのサポートは基本的にはありません。

求人も自分自身で探すことになります。

一方で転職エージェントの多くは、エージェント側が求人を探してくれます。また、面接のアドバイスや日程調整など、幅広くサポートしてくれることが多いです。

転職経験があり、特にサポートがなくても転職できる場合は転職サイトの利用がおすすめです。

takeda
takeda
求人を探すのも応募するのもすべて自分のペースでできるため、マイペースな転職活動が可能です。

反対に転職経験がほとんどなく、不安が大きい場合は転職エージェントがおすすです。手厚いサポートを受けられる可能性が高いため、転職成功率を上げやすくなります。

SNS

TwitterやFacebookのようなSNSを利用する方法もあります。SNSを見ていると、多くはありませんがまれに企業が人材を募集していることがあります。

takeda
takeda
中小企業やスタートアップなどでは会社のトップみずからが募集していることもあるんです。

求める人材とマッチしていればスムーズに転職が決まる可能性もあるんですね。

その代わり、SNSは利用者も多く、応募者も多数いる可能性が高いです。そのため、SNSで挑戦したい求人情報を見つけた場合は、素早く行動に移すのがおすすめです。

知人の紹介

知人の紹介という方法もありますね。知人が働く職場で人手が足りていなかったり、その知人が退職することから人手を探している場合もあります。

紹介ということは、その知人が職場での信用が厚い場合、転職もスムーズに進みやすいといったメリットがあります。

takeda
takeda
「〇〇さんの紹介ならきっと仕事も安心して任せられるだろう」と、紹介される側も信用されやすいからですね!

ですが、一度紹介で入社してしまうと、その環境や業務が合わなくても辞めづらいといったデメリットもあります。

takeda
takeda
紹介してくれた知人の顔を立てなければと思い、必要以上に気を使ってしまうこともあるんですね…!

そのため紹介で転職する場合は、業務内容や待遇、職場の雰囲気など詳しく話を聞いておくのがおすすめです。

【転職活動STEP3!】企業研究のやり方を知って徹底リサーチ!

応募したい企業を見つけたら、その企業についてしっかりと情報を集める必要があります。

企業研究のやり方としては、インターネットで検索したり、SNSによる情報収集などがありますね。

takeda
takeda
転職エージェントを利用している場合は、担当者に気になる企業について細かく質問してみるのもポイントです!

どんな業務なのか、どんな歴史や実績があるのかなどは必ずチェックしておきたいところ。

こういった企業に対する情報や認識が不十分だと、自分がなぜその企業を選んだのか、自分がどうその企業において有用なのかも曖昧になります。

takeda
takeda
雇う側として考えたときに、自社の企業について何も知らない人より、詳しく認識している人の方が印象はいいですよね。

そのため、企業に関する情報はできる限り入念にしておくのがおすすめです!

【転職活動STEP4!】徹底した面接対策!

実際に企業に応募し、書類審査が通ればいよいよ面接です。徹底した面接対策で確実に内定をゲットしたいところ。

takeda
takeda
面接対策としては、できるなら転職エージェントで面接対策サービスを利用するのがおすすめです。

インターネットで質問例や回答例を調べて自分なりの回答を準備しておくのも重要ですね。どんな質問がきても自信をもって答えられるようにしておくことが重要です。

【転職活動STEP5!】内定~円満退職の準備!

見事内定がきまれば、あとは退職して入社するのみですね!退職に関してはできるだけ円満退職ができるように準備を進めておくのがおすすめです。

takeda
takeda
できるだけ早めに退職の意を伝え、業務の引継ぎをしておく期間が必要なんですね。

余裕をもって退職するには、遅くても1ヵ月前には退職の意思を会社に伝えておくのがおすすめです。

転職に関する具体的な流れは以下の記事でもお伝えしています。より細かい転職の進め方がわかるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

関連記事
転職活動の準備と内定までの流れ|失敗しない進め方をまるっと解説!転職を考えたとき、特に転職経験があまりない場合「転職ってそもそも何から始めればいいんだろう…?」と悩んでしまうことはないでしょうか。 ...

【おすすめ】転職成功率を上げる5つの方法

転職成功率を上げる5つの方法
  1. スケジュールに余裕をもった転職活動を心がける
  2. 可能なら在職中に転職活動をする
  3. 転職希望先のリサーチは細かくする
  4. 転職の理由を明確にしてポジティブに伝える
  5. 転職エージェントを利用する

次に、どうすれば転職の成功率を上げられるのかをお伝えします。具体的には上記の5つ。それぞれお話ししていきます。

スケジュールに余裕をもった転職活動を心がける

まず一つ目は、スケジュールに余裕をもった転職活動を心がけるということです。なぜなら、転職活動にかかる時間を想定することが難しいからですね。

数日~数週間で転職先が決まることもあれば、数ヵ月以上かかることもあります。

takeda
takeda
急いですぐに転職したいと思っても、スムーズに進まず、収入が途切れて生活が苦しくなるリスクもありますね。

転職にかかる平均的な期間は2~4ヵ月ほどです。また、仮にすぐ転職決まったとしても、退職がスムーズにできるとも限りません。

そのため、余裕を持ちつつ、どのくらいで転職したいのかを明確にしておくのがおすすめなんですね。

可能なら在職中に転職活動をする

もし可能なら、転職活動は在職中にするのがおすすめです。というのも、離職中では収入源がなくなる可能性が高いからです。

仮に数ヵ月仕事が決まらなくても、生活できるほどの資金や他の収入源があれば問題ありません。ですがそうでない限り、在職中の方が資金がなくなるリスクもなく、安全です。

takeda
takeda
仮に資金があったとしても、離職中に転職活動に時間がかかると、ブランク期間ができてしまう可能性があります。

多少は問題ありませんが、数ヵ月単位でブランクができてしまうと、例えば技術職の場合は技術力の維持も難しくなりますね。

そのため、在職中に転職活動をするのがおすすめといえます。

転職希望先のリサーチは細かくする

転職先のリサーチは細かくするのも忘れてはいけません。なぜなら、求人票に記載してあることと実際に職場の雰囲気が異なる可能性があるからです。

「残業ナシと聞いていたけどそのかわり業務が激務すぎてついて行けない」「人間関係が前職以上に悪い」など、転職後に後悔することにもなりかねません。

takeda
takeda
そのため、まずは興味のある求人を見つけたら、業務内容や職場環境を詳しく調べる必要があります。

方法としては、まず転職エージェントを利用している場合は、どんな職場なのか積極的に質問して確認するのがおすすめです。

他にもインターネットで評判を調べるなど、自分で動けることはできるだけしておくといいですね。

転職の理由を明確にしてポジティブに伝える

転職の理由を明確にしてポジティブに伝えるということも重要です。転職理由を明確にする重要さは記事の前半でもお伝えしました。

takeda
takeda
自分自身が転職先にどんなことを求めるのか、どんな転職先を選ぶべきかがわかりやすくなるからですね。

そして面接においては、転職理由をポジティブに伝えることも必要になります。

たとえば転職理由が「人間関係が悪かったから」「年収が低かったから」という場合「ではウチで採用してもまた同じ状況になったら辞めるのでは…?」と疑われかねません。

takeda
takeda
企業側としては、やはり長く働いてくれる人のほうがありがたいですからね!

そのため、転職の理由は「御社で〇〇に挑戦したい」「自分の持つスキルが御社の〇〇の業務や事業でより活かせるから」などポジティブに伝えるのがおすすめなんですね。

転職エージェントを利用する

強くおすすめしたいのが、転職エージェントを利用するということです。

転職エージェントでは、求人を紹介してくれることはもちろん、場合によっては面接対策や書類添削、条件交渉なども行ってくれます。

takeda
takeda
在職中の転職活動でも効率よく進めやすくなるんですね!

また、転職エージェントはこれまでに多くの転職をサポートしてきています。

ということは、たとえば自分が転職したい企業に、実際に転職した人のリアルな評判を聞いている可能性もあります。

どんな人が採用されやすいかなどの情報を教えてくれることもあるんです。

takeda
takeda
さらには登録することで一般的には公開されていない非公開求人も検索可能!

自分一人で転職活動をするよりも多くの情報を得られることから、転職エージェントの利用はおすすめといえますね。

【目的別】おすすめな転職活動のやり方

【目的別】おすすめな転職活動のやり方
  • 第二新卒で転職を成功させるためには実績以上に今後の伸びしろをアピールする
  • 大手企業への転職方法なら徹底した自己分析と企業研究が重要
  • 公務員への転職方法は試験に向けた準備が必須!
  • 海外への転職方法なら語学力と行動力が必須!

それでは、いくつかの目的別の転職活動の方法をお伝えします。自分の目的に近いものがあればぜひチェックしてみてくださいね。

第二新卒で転職を成功させるためには実績以上に今後の伸びしろをアピールする

第二新卒の場合は、実績以上に今後の伸びしろをアピールすることが非常に重要となります。

なぜなら第二新卒はまだ、大きな実績や実力がないことが多いからですね。そのため、会社にとっていまの実力以上に、今後の活躍にも期待してもらうことがポイントです。

takeda
takeda
熱意や意欲、その会社でどんなことに挑戦し、どんな存在になりたいのかなどのキャリアプランを伝えるのがおすすめですね。

もちろんすでに実績やスキルがあるなら積極的にアピールしたいところ。学生時代の経験から培った特技や趣味でも、活かせそうなものはどんどん伝えたいですね。

大手企業への転職方法なら徹底した自己分析と企業研究が重要

大手企業に転職したい場合は、徹底した自己分析と企業研究が大きなポイントです。

大手企業といっても様々な業界があるため、その企業や業界が求める人材を把握する必要があるからです。

takeda
takeda
そして自分自身が、転職したい企業の求める人材に見合うのかどうかを知る必要があります。

ということは、まずは自己分析をして自分の性格、強み、長所や短所、スキルをすべて洗い出さなければいけません。

そのうえでさらにその企業で本当に自分が貢献できるのか、理念には共感できるか、社風は合うのかなど徹底的に調べるのも重要なポイントです。

公務員への転職方法は試験に向けた準備が必須!

公務員へ転職する場合は公務員試験を受ける必要があります。そのため、まずは試験に向けた準備をしなければいけません。

ですが、注意点もあります。公務員の試験は年齢制限が設定されている場合もあるため、転職したいと思った時にはできない可能性もあるんです。

takeda
takeda
そのため、公務員へ転職したい場合はどの業種なのか、条件はどんなものがあるのかを必ず確認する必要があるんですね。

公務員への転職については、以下の記事でも詳しくまとめています。公務員の仕事についてや仕事探しの方法など具体的にお伝えしているので、ぜひチェックしてみてください!

関連記事
【完全ガイド】民間企業から公務員に転職するための全知識!民間の企業から公務員に転職したい!だけど... そもそも公務員ってどんな仕事? 公務員に転職するにはどんな準備が必要? ...

海外への転職方法なら語学力と行動力が必須!

海外に転職を考える場合は、語学力と行動力が必須です。

たとえ日系企業で職場のスタッフがほとんど日本人だったとしても、生活する上で現地の語学は必要です。

takeda
takeda
採用の条件にもTOEIC△点以上のような基準が設けられている可能性もあるんです。

海外で働く方法としては、日系の企業に転職して駐在員として渡航したり、現地の企業に応募して採用してもらったりすることが挙げられます。

また、年齢制限はありますがワーキングホリデーを利用する方法もあります。ワーキングホリデーを利用して渡航し、現地でワークビザを取得するという流れですね。

takeda
takeda
どの選択肢を選ぶにしても、語学を学び、積極的に求人をチェックするなど行動力も必須といえますね。

また、未経験でも転職できるのか、海外に転職するメリットは何があるのかなどを以下の記事で詳しくまとめています。ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事
【未経験OK】海外に転職する方法まとめ!就職前に知っておくべき全知識海外旅行が好きな方や海外に憧れている方だと、海外に転職して仕事をしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。 近年、グローバル...

【年代別】転職活動のやり方

【年代別】転職活動のやり方
  • 20代は若さとポテンシャルの高さをアピール
  • 30代はこれまでの強みやスキルをアピール
  • 40代以上はスキルだけでなくマネジメント能力や徹底した情報収集が必須!

それでは、年代別における転職活動のやり方をお伝えしていきます。上記のように、20代・30代・40代にわけてお話ししますね。

20代は若さとポテンシャルの高さをアピール

20代は、第二新卒ともかぶりますが若さやポテンシャルの高さをアピールすることが重要です。理由はまだアピールできるような実績や強みがない可能性が高いからですね。

takeda
takeda
もちろんスキルや実績があったほうが有利になることは事実です!なにかあれば積極的にアピールしたいですね!

実績がないときのアピール内容としては、今後どんなことに挑戦したいのか、いまから行動していることや学んでいることはあるのかなど、意欲や熱意が重要です。

どれだけこの職場で働きたいのか、どんなふうに貢献できるのか、しっかり伝えるのがポイントです。

30代はこれまでの強みやスキルをアピール

30代であれば20代で培った経験や実績、スキルをアピールするのが重要です。30代以降になると、未経験よりも経験値を期待され、即戦力が求められることが多くなります。

takeda
takeda
そのため、どんなスキルがあり、そのスキルでどんな実績を出し、今後どう活かしていけるのかを伝えるのがポイントです!

未経験でも業界によっては転職も可能ですが、選択肢は狭まってしまいます。そのため、できるだけ自分の経験や強みを活かせる企業への転職がおすすめです。

40代以上はスキルだけでなくマネジメント能力や徹底した情報収集が必須!

40代以上の場合は、スキルだけでなく、マネジメント能力や業界の情報収集が重要です。

というのも、40代以上になるとスキルがない限り転職が厳しくなってきます。さらに業界によっては40代以上でも可能な求人が少ない可能性も高くなるからです。

takeda
takeda
ですが、決して転職が無理なわけではありません。

40代以上でもスキル以上のものをアピールできれば転職できる可能性があります。

それが部下を教育してまとめられるマネジメント能力やリーダーシップなどですね。

スキルももちろん重要ですが、長く社会経験を積んだことで培った人柄の部分を評価されることもあるんです。

takeda
takeda
20代や30代に勝てる大きな武器の一つが、社会経験・人生経験の長さなんですね!

ただ、前述したように40代以上では求人が少ない可能性があります。一人で求人を探しても、どこなら転職できるのかがわかりづらいことが多いんです。

そのため転職エージェントを利用し、徹底的に情報収集をするのがおすすめです!

自分に合う転職の方法を見つけて理想の転職を実現させよう!

転職の方法まとめ!
  • まずは転職活動全体の流れを確認!
  • 転職理由の確認や経験の棚卸など事前の準備が大事!
  • 転職に不安があれば転職エージェントの利用がおすすめ!
  • 年代や転職の目的によってアピール方法も違う

転職活動を始めるにあたり、まずは全体の流れを把握しておくことがおすすめです。

転職活動全体の流れを把握し、いつまでに転職したいのか目安の期間を決めて逆算することで、いま自分が何から始めればいいのかがわかりやすくなります。

takeda
takeda
求人を探して応募書類を作成、退職の準備…と、転職ですることはいくつもあります。

なのでダラダラと進めるよりも、目安の期間を決めて行動したほうがスムーズなんですね。

また、転職でどんなところを意識したほうがいいのかは、転職の目的や年代によっても異なります。

ですが重要なことは、転職先がどんな企業でも自分が何歳だとしても、どうすれば企業側に「一緒に働きたい」と思わせられるかということ。

takeda
takeda
今回お伝えしたのはそのための方法です!

自分自身の分析をおこない、転職したい企業や業界の情報収集をして理想の転職を実現させましょう!