「人間関係が辛くて転職したい…」と思ったときの失敗を避ける判断基準

  • 職場の人間関係がうまくいかない…。
  • 顔を合わすのがツライから、もう転職したいな。

こんな悩みはありませんか?

職場の人間関係の悩みを抱えると、仕事へ出かけるのが憂うつになるもの。ガマンを続けると、体調に影響が出る場合もあります。

kouno
kouno
私は職場の先輩との関係がうまくいかず、体調を崩した経験があります。

当時は朝が憂うつで「会社がなくなればいいのに!」なんて考えることもありました。

この記事では「人間関係に疲れて転職を考えるきっかけ」「転職で失敗を避ける判断基準」「職場の人間関係を改善するポイント」などをまとめています。

人間関係で悩む毎日を終わらせて、人目を気にせず仕事ができる環境を手に入れるためにも、ぜひご一読ください!

逃げじゃない!人間関係が理由で転職を考える人は約53%いる

2018年にエン転職が行った1万人に聞く「職場の人間関係」意識調査によると「人間関係が転職のきっかけになった」という人は53%です。

調査の結果から、転職した人の半数以上は人間関係で悩みを抱えていたと言えます。

kouno
kouno
ちなみに「きっかけになったのは誰との人間関係でしたか?」という問いに対しての回答は、下記の通りです。

全体の45%が「先輩」と回答しています。職場の先輩は、一緒に仕事をしたり指導を受けたりすることもある身近な存在です。

kouno
kouno
先輩は職場での距離が近いだけに、関係が悪化するとけっこうしんどいものです…。

では転職を考えた人が人間関係がうまくいかないと感じるのは、どんなきっかけからなのでしょうか?

人間関係に疲れて転職を考える場合によくある7つのきっかけ

人間関係に疲れて転職を考える場合によくある7つのきっかけ
  1. パワハラ・セクハラなどのハラスメントがあった
  2. 先輩に無視された
  3. イジメにあった
  4. 上司と意見が合わない
  5. 同僚と性格が合わず馴染めない
  6. 社内恋愛がこじれた
  7. うつになり体調を崩した

人間関係に疲れて転職を考えるきっかけには、上記の7つがよくあります。

とくに上司・先輩など目上の人からハラスメントを受けると「仕事ができない自分のせい…?」と、悩んでしまうことがあるかもしれません。

kouno
kouno
私は、ガマンを続けて体調を崩してしまいました。

わけもなく涙があふれたり食事をとっても味がよくわからなかったりと、つらかったです。

どの理由も自分がツライと感じるのであれば、十分な転職のきっかけになります。体調を崩して深刻な状態になる前に、状況を変える対策について考えましょう。

では転職を考える場合は、なに基準にすれば失敗しないのでしょうか?

「退職していいのか不安…」転職すべき?思いとどまるべき?失敗を避ける判断基準とは

転職すべき?思いとどまるべき?失敗を避ける判断基準

「人間関係を理由に退職して本当にいいのかな…?」このように不安を感じるとき、失敗を避けるための判断基準を紹介します。

転職を思いとどまった方がいい場合

転職を思いとどまった方がいい場合
  • 相手の良いところを見ようとしていないとき
  • 自分に非がある可能性を考えたことがないとき
  • 仕事にやりがいを感じているとき

人間関係がうまくいかないと、相手と顔も合わせたくない気持ちになることはあると思います。

ですが、人はだれでも長所と短所の両方を持っているもの

視点を変えてみれば、仕事のスピードが早かったり取引先からの評判がよかったりと、相手の良いところが見つかることはあります。

kouno
kouno
私の先輩は、仕事が正確で早くこなせる方だったんです。

仕事のクオリティを上げるために後輩である私に厳しくしているのかもしれないと思い直し、少しだけ気が楽になりました。

人間関係の悩みは、自分と相手の問題でもあります。それなのに相手だけのせいにしてしまうと、転職しても同じ悩みを抱えてしまうかもしれません

転職すべき場合

転職すべき場合
  • 体調を崩しているとき
  • ハラスメントを受けているとき
  • 職場の労働環境に問題があるとき

人間関係の悩みが原因で体調を崩してしまったときは、健康を取り戻すことを第一に考えましょう。

無理をすると体調が悪化し、うつ病のように回復まで時間がかかる病気にかかってしまうことがあるからです。

とくに目上の人からハラスメントを受けた場合は「止めてほしい」と言いにくいもの。体調を崩すだけででなく、トラウマになって長い期間苦しむこともあります。

kouno
kouno
過度な残業のように、過酷な労働環境によって社員がストレスを抱えてしまいハラスメントが起こるケースもあります。

労働環境は個人の努力で改善できないこともあるので、転職を視野に入れましょう!

とは言え深刻な問題がなければ、転職ぜずに状況を改善したいことはあると思います。転職する前に人間関係の改善のためにできることには、なにがあるのでしょうか?

転職する前に知っておきたい人間関係を改善する3つのポイント

転職する前に知っておきたい人間関係を改善する3つのポイント

ここで転職する前に知っておきたい、人間関係を改善するポイントを3つお伝えします。

信頼できる人に相談する

家族や友人など、信頼できる人に相談してみましょう。人に相談することで、自分の気持ちを整理できるからです。

kouno
kouno
私は先輩との関係がうまくいかなかったとき「自分が仕事をできないせいなのでは?」と悩み、だれにも相談できませんでした。

ですが思い切って同僚に相談したところ、他にも同じ悩みを抱えている人がいるとわかったんです!

職場の人間関係で悩みを抱えることは、誰にでもあります。

相談するには勇気が必要ですが、思い切って相談することで共感してもらい、気持ちが軽くなる場合もあるのでおすすめです。

相手に期待をしない

次のポイントは、相手に期待をしないことです。会話を仕事に影響がでない最小限にとどめ、必要以上にかかわらないようにしてみましょう。

kouno
kouno
「って言われても…それができないから悩んでる!」と、思うかもしれません。

ですが、人には相性があるもの。家族内で食べ物の好みが合わないこともあるように、努力しても合わない場合あります。

自分と合わない人に無理に合わせても仕方ないと割り切ってみると、過度に期待せず楽になるかもしれません!

思い切って部署異動を申し出る

思い切って異動を申し出るのもおすすめです。苦手な人に対しては、同じ部署にいると思うだけで憂うつになることはあると思います。

少しでも会う機会を減らせれば、相手のこと考える時間を減らせます。

kouno
kouno
私の勤務先は小さな職場だったので、部署異動は叶いませんでした。でも苦手な先輩がお休みの日は、ちょっぴりのびのびしている自分がいたかも…!

顔を合わせずに過ごせるのであれば、心の負担を減らす期待ができそうです。

ただいくら努力をしても人間関係が改善されないことはあります。そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

「どうしてもつらい…」人間関係をリセットしたいなら転職を考えてみよう

「できる努力はしたけど、やっぱりつらい…」

こんなときは、思い切って転職を考えてみましょう!人間関係の悩みは、相手が存在する問題です。

相手がいるだけに、自分で努力を重ねて解決できない場合はあります。どうしてもツライのであれば、転職して人間関係のリセットを考えるのもひとつの方法です。

とはいっても「転職活動ってなんだか不安だな…」と心配になるかもしれません。

そこで求職者の不安に寄り添いサポートをしてくれるサービスが、転職エージェントです。

kouno
kouno
次で、おすすめの転職エージェントを紹介しますね!

転職を考えた場合におすすめの転職エージェント3選

転職を考えた場合におすすめの転職エージェント3選

ここで、人間関係で悩んで転職するときにおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、登録者が125万名を超える人材ビジネス大手の転職エージェントです。

最大の特徴は、扱っている求人情報が多いこと。独自の調査では、他社の求人件数は多くても約10万件でした。

ですがリクルートエージェントでは、約15万件という群を抜いて豊富な求人件数を扱っています。

求人件数が多いと、応募先をとことん比較できます。つまり「他に自分に合う転職先があるんじゃないかな?」という不安を減らせるんです。

さらに業界ごとに、専門のキャリアアドバイザーが在籍しているのもポイント。各業界に向いている人材を熟知しているので、より高いマッチングを叶えられます

kouno
kouno
キャリアアドバイザーは、求職者の強み・弱みを引き出してくれるんです。

しっかり自己分析してから転職先を決めるので、ミスマッチが少なくなりますよ!

\しっかり自己分析をして転職を成功させる/リクルートエージェントの公式HPを見る

doda転職エージェント

doda転職エージェントは、人材派遣業界で大手のサービスです。求職者の認知度が高く、2020年6月には会員数が約561万人になっています。

人気の理由は、求職者の悩みを解決するコンテンツが充実していること。

適した働き方や企業風土が簡単にわかる「キャリアタイプ診断」のように、求職者にとって利用しやすいコンテンツがそろっています。

さらに、親身なキャリアアドバイザーのサポートも好評です。専任の担当者が、ヒアリングから採用決定までじっくりサポートしてくれます。

ヒアリングでは求職者の不安に寄り添ってくれるので、人間関係で悩んだ経験を生かして転職先を紹介してもらえます

kouno
kouno
自分に合う転職先がかわからず悩んでいる求職者にとって、心強い助けになるはずですよ!

\親身なサポートで悩みを解決する!/doda転職エージェントの公式HPを見る

パソナキャリア

パソナキャリア

大手の人材派遣会社である株式会社パソナによって運営される転職エージェントが、パソナキャリアです。

おすすめのポイントは、キャリアアドバイザーのサポートが丁寧なこと。

利用者からの評判が良く、2020年オリコン顧客満足度調査では転職エージェントで1位を獲得しています。

求職者の希望に合わせて求人情報を厳選してくれるため、納得できる転職先に出会えます

kouno
kouno
さらに、サポート時のレスポンスが早いことも好評です!

求職活動で抱え込んでしまいがちな不安にさっと寄り添ってくれるので、安心につながります。

\オリコン1位の高いサポート力で安心!/パソナキャリアの公式HPを見る

人間関係で転職を考えた際にとるべき行動まとめ

人間関係で転職を考えた際にとるべき行動まとめ
  • 人間関係の悩みは、転職を考える十分なきっかけになる
  • 転職せずに人間関係を改善する選択肢はある
  • 努力しても問題が解決しなければ転職を考えてみよう!

職場の人間関係で悩んだ場合、さまざまなストレスを抱えてしまうものです。

ストレスを抱えると、人によっては体調を崩してしまうことがあるため、問題を解決する必要があります

kouno
kouno
私が人間関係で悩んだとき、転職せずに時間が解決するのを待ちました。

ただ振り返ってみると、体調に影響が出ていたのならガマンせずに仕事を辞めてもよかったんじゃないかと思うことがあります。

ですが転職すれば本当に悩みから開放されるのかわからず、踏み出せないことはあると思います。

そんなときに頼りになるのが、転職のプロのサポートです。

とくにリクルートエージェントは、豊富な求人数とキャリアアドバイザーの高いサポート力に定評があります。

求職者の自己分析からしっかりサポートしてくれるので、人間関係の悩みを解決したいのであればよかったら相談してみてくださいね!

\プロのサポートで悩みから開放される!/リクルートエージェントの公式HPを見る