転職エージェントのメリット・デメリット9選!利用すべきはこんな人!

転職エージェントを利用して転職活動を行う方もたくさんいるかと思いますが、初めて使う場合だと、

  • どんなメリットがあるの?
  • デメリットはないの?
  • どんな流れで転職活動を進めるの?

など、使う前に知っておきたいことがあるのではないでしょうか。

kudou
kudou
どんなサービスも、利用前にメリット・デメリットは把握しておきたいですよね!

本記事では、転職エージェントのメリットとデメリットから効果的に使うコツまでご紹介しています。

ぜひご一読いただき、転職エージェントを効果的に利用して転職活動を成功させましょう!

目次

転職エージェント6つのメリット

転職エージェント6つのメリット
  1. プロのアドバイスを受けて転職活動ができる
  2. 面接対策や書類添削などのサポートが充実している
  3. 非公開求人から紹介を受けられる
  4. アドバイザーが転職活動を代行してくれるので効率が上がる
  5. 求人票からは見えない情報が得られる
  6. 内定後の給与などを代わりに交渉してくれる

転職エージェントを利用することで得られるメリットをご紹介していきます。

プロのアドバイスを受けて転職活動ができる

転職エージェントのアドバイザーは、転職に関する情報やノウハウをたくさん持っています。

そんなアドバイザーによる転職アドバイスが受けられることは、転職エージェントを利用する大きなメリットですね。

実際に利用した口コミでも、転職エージェントのアドバイザーからアドバイスをもらえて助かった、という声も挙がっています。

また、一人で転職活動を進めていると情報収集に限界があったり、進め方が非効率になったりしてしまいがちです。

アドバイザーのフォローによって転職活動の効率も上がるので、利用するメリットは大きいといえますね。

面接対策や書類添削などのサポートが充実している

応募書類の添削や面接対策をサポートしてくれるのも大きなメリット。

どう書けば転職先に魅力を伝えられるか、どう話せば面接での印象がよくなるか、採用担当の目線でしっかりサポートしてくれます。

  • 応募書類をどう書いていいか分からない
  • 面接が苦手

そういった場合でも安心して転職活動が進められますよ。

kudou
kudou
書類選考と面接は内定をもらうための大きなハードルなので、しっかりアドバイスを活かしたいですね。

非公開求人から紹介を受けられる

転職エージェントで扱っている求人の多くは、一般に公開されていない非公開求人です。例えばパソナキャリアの場合は、約80%が非公開求人とされています。

転職活動では、自分の条件に合う求人情報をどれだけ得られるかがポイントとなるので、非公開求人も含めて情報を得ることで、転職成功の確率が上がるかもしれませんね。

アドバイザーが転職活動を代行してくれるので効率が上がる

現職に在籍しながら転職活動を行う場合、転職活動に割ける時間は限られるので、転職活動が非効率になりがちです。

しかし、転職エージェントを利用することで、以下のような活動を代行してくれます。

  • 求人の検索から紹介
  • 応募書類の作成アドバイス
  • 書類の応募
  • 面接日程の調整
  • 面接対策

アドバイザーが主導してくれるので、効率良く転職活動が進められます。

求人票からは見えない情報が得られる

アドバイザーは、求人企業に実際に足を運んで職場の環境や労働環境をチェックしています。

そのため、求人票からは見えにくい実際の労働条件や職場環境などをアドバイザーから得ることができます。

kudou
kudou
転職してみたけど、実際の労働環境が違って失敗した、なんていうミスマッチが起こりにくくなっていますね。

実際の労働環境は、転職先を決定するための大切な情報なので、転職エージェントを利用する価値は大きいといえます。

内定後の給与などを代わりに交渉してくれる

無事に内定をもらった後、労働条件や給与面など、一人では交渉しにくい内容もしっかり交渉してくれます。

希望する労働条件や待遇は、内定後、長く働けるかどうかを左右する大切な条件です。

給与や待遇について代わりに交渉を行ってくれるので、内定後も安心して転職手続きを済ませられます。

転職エージェント3つのデメリット

転職エージェント3つのデメリット
  1. 短期間での転職を迫られることもある
  2. せっかく登録したのに求人を紹介してもらえない場合もある
  3. アドバイザーとの相性が悪いと効率が下がる可能性もある

次に、転職エージェントを利用することのデメリットを確認していきましょう。

短期間での転職を迫られることもある

転職エージェントでは、内定までの契約期間が3ヶ月と定められています。そのため、エージェントから短期間での転職を迫られることもあります。

エージェントによって契約期間に差はありますが、3ヶ月を目安に転職活動を進めるようにしてみてください。

kudou
kudou
3ヶ月を区切りとしていますが、内定の可能性が高い案件や進展する可能性があれば、3ヶ月以上のサポートが受けられます。

せっかく登録したのに求人を紹介してもらえない場合もある

転職エージェントでは「ハイクラス向け」や「20代向け中心」など、扱っている求人に特徴があります。

そのため、登録した転職エージェントで扱っている求人案件では、希望に合った求人を紹介できない場合もあります。

そのようなリスクを回避するためにも、転職の目的に合った転職エージェントを選ぶことが大切です。

kudou
kudou
転職エージェントには得意分野がありますので、転職の目的に合わせて選ぶと良いですね。

アドバイザーとの相性が悪いと効率が下がる可能性もある

アドバイザーも人間です。話を進めてみると

  • 相性が合わない
  • 価値観が合わない

といったことも起こる可能性があります。

相性が悪いことで「希望条件が伝わらない」「希望と違う求人を紹介される」などの原因にもつながります。

コミュニケーションのズレによるデメリットといえますね。

kudou
kudou
相性が合わない場合の対処方法を「転職エージェントを効果的に使う4つのコツ!」でご紹介しているので、参考にしてみてください。

転職エージェントをおすすめできる人・できない人はズバリこれ!

転職エージェントをおすすめできる人!
  • 効率的に転職活動を進めたい人
  • 短期間で転職を実現したい人
  • 面接に自信がないのでしっかり対策をたてたい人
  • 初めて転職する人
  • プロの意見が欲しい人
転職エージェントをおすすめできない人
  • 自分のペースで転職活動を進めたい人
  • 転職時期が明確に決まってない人

転職エージェントでは、アドバイザーと一緒に効率的に転職活動が進められます。

そのため、自分で求人を探しつつ自分のペースで転職活動を進めたい人には向かないかもしれませんね。

また、契約期間が決まっているので、転職時期が明確でないと転職を急かされる印象を受けるかもしれません。

転職時期を決めて「効率的に転職活動を進めたい」「プロのサポートを受けたい」場合はおすすめです。

転職活動が初めての場合も、書類の書き方などをサポートしてくれるので、利用するメリットは大きいですね。

kudou
kudou
仕事をしながら時間を割くのは大変なので、転職を決意したなら転職エージェントを利用した方が効率は良いですよ。

登録から内定まで!転職エージェントの利用の流れを紹介!

転職エージェントの利用の流れ
  1. 公式サイトから登録
  2. 面談
  3. 求人紹介
  4. 書類対策・面接対策
  5. 内定

ここでは、転職エージェントに登録して内定をもらうまでの大まかな流れを確認していきます。どの転職エージェントも、基本的な流れは変わりませんので参考にしてください。

①公式サイトから登録

まずは、公式サイトから会員登録をします。主な入力項目としては、以下のようなものになります。

  • 連絡先
  • 年齢
  • 学歴
  • 直近の職歴
  • 転職の希望条件

    会員登録後、履歴書や職務経歴書の入力にすすむエージェントもあるので、臨機応変に手続きしてください。

    ②面談

    Webからの登録が完了すると、担当者から電話やメールで面談の案内が届きます。アドバイザーは、面談で確認した内容をもとに転職先を紹介してくれます。

    希望の求人を紹介してもらうためにも、自分の職歴やスキルはすべて伝えるようにしてください。

    kudou
    kudou
    遠方に住んでいて訪問できない場合には、電話での面談に対応してくれるエージェントもあるので相談してみてくださいね。

    ③求人紹介

    面談の内容を踏まえて、担当のアドバイザーはあなたに合う求人を紹介してくれます。給与面や待遇面についても、担当アドバイザーを通じて確認できるので安心です。

    kudou
    kudou
    求人を紹介してもらえない場合もあるので、複数の転職エージェントの併用がおすすめです!

    ④書類対策・面接対策

    転職活動での最大のハードルは、書類と面接での選考です。

    マイナビエージェントのデータによると、書類選考の確率は30%、そのうちの50%が最終面接の通過率となっています。

    書類選考や面接の通過率を上げるためにも、転職のプロからもらえるアドバイスは大切なので、しっかり活用し、書類選考・面接の通過率を上げましょう!

    ⑤内定

    内定をもらった後は、転職先で問題なく働けるように、以下のような手続きや内容の確認が必要です。

    • 雇用条件・労働条件の確認
    • 入社日の決定
    • 雇用契約の手続き
    • 現職の退職手続き

    これらの手続きについては、担当のアドバイザーがしっかりフォローしてくれるので安心です。

    また、現職を円満に退職するためのアドバイスももらえます。アドバイザーとしっかりコミュニケーションをとって進めてください。

    転職エージェント選びを失敗しないための4つのポイント

    転職エージェント選びを失敗しないための4つのポイント
    1. 転職エージェントのタイプを理解しておく
    2. どんなサービスに強いエージェントか把握する
    3. 求人数だけで判断しない
    4. 口コミを参照する

    転職エージェント選びを失敗しないためのポイントをご紹介していきます。どういう点に注目して転職エージェントを選ぶと良いか、参考にしてみてくださいね。

    転職エージェントのタイプを理解しておく

    転職エージェントにはいくつかのタイプがあるので、登録する前に理解しておくと選ぶ際の基準になります。

    転職エージェントは、総合型と専門型に大きく分けられます。

    種類 特徴 メリット デメリット
    総合型 大手の転職エージェントが中心。
    企業担当者と求職者の担当者が分かれている
    求人数が多い。
    良い意味で想定外の求人を紹介してもらえる可能性が高い
    情報が広い分、専門性が乏しい
    専門型 業界や地域などが特化されているので専門性が高い 特化された業界や地域の
    深い情報やサポートが得られる
    求人数が少なく選択肢が狭い

    転職エージェントの特徴を踏まえて、自分に合った転職エージェントを選ぶようにすると良いですね。

    どんなサービスに強いエージェントか把握する

    転職エージェントでは、それぞれ得意とするサービスが異なります

    • 求人数が豊富
    • 若い世代の実績が豊富
    • ハイキャリア向けの転職に特化している

    など、どのような強みを持つ転職エージェントなのかも、利用を判断する際の大切な情報です。

    転職することで何を達成したいのか、転職する目的によっても利用すべき転職エージェントは異なってきます。

    登録する際は、どんな特徴がある転職エージェントなのかを把握して登録するのがおすすめですね。

    求人数だけで判断しない

    上述したとおり、転職エージェントにはそれぞれ特徴があります。

    そのため、求人数だけで登録すべき転職エージェントを判断せず、自分の条件に合っているかどうかで判断することが大切です。

    転職の目的を明確にし、その目的を達成するために利用できる転職エージェントはどこか、そのような視点で登録を検討すると良いですね。

    口コミを参照する

    実際に利用したことのある人の口コミを参照にするのも大きなポイントです。最近では多くの口コミサイトが存在します。

    口コミは実際に利用した人のリアルな声なので、公式サイトなどでは得られない生の情報が得られます。

    口コミサイトの情報をもとに、登録すべき転職エージェントかどうか判断するのも良いですね。

    転職エージェントを効果的に使う4つのコツ!

    転職エージェントを効果的に使う4つのコツ
    1. 過去のキャリアは全て正直に伝える
    2. アドバイザーとの連絡はこまめにとる
    3. 担当アドバイザーと相性が合わない場合ははっきりと伝える
    4. 複数の転職エージェントを併用する

    ここでは、転職エージェントを効果的に使うためのコツをご紹介していきます。

    転職エージェントをどのように使うかによって転職活動の効果は違ってきますので、ポイントを押さえて転職活動を効果的に行っていきましょう!

    過去のキャリアは全て正直に伝える

    これまでのキャリアや職歴は、全て正直に伝えてください

    担当のアドバイザーは、これまでのキャリアや職歴を踏まえて、あなたに合った転職先を検討します。

    偽って伝えてしまうと、転職先とのミスマッチにも繋がりかねません。ミスマッチを防ぐためにも、正直に伝えるようにしてくださいね。

    アドバイザーとの連絡はこまめにとる

    アドバイザーとの連絡をこまめにとることも、転職エージェントを効果的に使うポイントです。

    ほとんどの転職エージェントでは、一人のアドバイザーが複数の求職者を担当しているため、アドバイザーも頻繁にコミュニケーションをとる人を優先しがちです。

    コミュニケーションをとることで、転職意欲をアピールできるので、フォローの質も上がりやすいですね。

    kudou
    kudou
    進捗状況などを含めて、最低でも2週間に1回は連絡をとるようにすると良いですね。

    担当アドバイザーと相性が合わない場合ははっきりと伝える

    デメリットの箇所でもお伝えしたとおり、担当アドバイザーとの相性が合わない場合、転職活動の効率が下がる可能性があります。

    「アドバイザーと合わないな…」と感じたら、遠慮せずに担当を変更してもらうように依頼しましょう。

    kudou
    kudou
    担当アドバイザーの変更は、どの転職エージェントでも割と一般的です。

    担当変更も、転職エージェントを活用する上で大切な判断です。

    メールを送るだけで担当者変更に対応してくれるので、必要な使い方と考えて遠慮せず依頼してください。

    複数の転職エージェントを併用する

    一つの転職エージェントに拘らず、複数の転職エージェントを併用することも効果的な使い方です。

    転職成功者は、平均で4.2社の転職エージェントを利用しているというデータもあります。

    複数のエージェントを併用することで、複数のアドバイザーから意見が聞けたり、求人の幅が広がります。

    複数の転職エージェントをうまく併用し、効果的に転職活動を進めていきましょう。

    おすすめの転職エージェントTOP5はコレ!

    おすすめの転職エージェントTOP5
    1. リクルートエージェント
    2. リクナビNEXT
    3. LiBzCAREER
    4. パソナキャリア
    5. MS-Japan

    おすすめの転職エージェントをランキング形式でご紹介していきます。

    それぞれの転職エージェントの特徴もご紹介していきますので、希望する条件に合わせて選んでみてください。

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴
    • 業界No.1の求人数
    • エージェントの交渉力が高く給与アップが狙える
    • 転職実績が豊富なので転職が初めてでも安心

    リクルートエージェントの特徴は、なんといっても扱っている求人数の多さで、約25万件の求人数は、業界でもNo.1の求人数を誇ります。

    また、大手転職エージェントとして実績豊富なアドバイザーが在籍しているので、企業との交渉力も高く、給与アップも期待できますよ。

    初めての転職からキャリアアップまで、幅広い転職者におすすめできる転職エージェントです。

    関連記事
    リクルートエージェントの評判から分かる利用すべき人&活用のコツ4選! 項目 詳細情報 求人の年収 4.7 350万円〜 求人数 5.0 約15万件以上 ...

    リクナビNEXT

    リクナビNEXTの特徴
    • 掲載されている求人の約85%がリクナビNEXT限定求人
    • 登録することで企業からオファーが届く
    • 定期的に企業説明会を開催しているので、最新の情報が手に入る

    リクナビNEXTは、転職者による認知度の高さがトップクラスの転職サイトです。転職を考えたら、まず最初に登録する転職サイトとも言われています。

    掲載されている求人の約85%がリクナビNEXT限定なので、他のサイトでは見つからなかった希望の求人に出会えるかもしれません。

    登録しておくだけでオファーも届くので、転職を検討したら最初に登録すべき転職サイトですね。

    関連記事
    リクナビNEXT100人の評判からわかった利用すべき人&効果的な活用方法! 項目 詳細情報 求人数 5.0 約42,000件 登録会員数 5.0 約900万人 ...

    LiBzCAREER

    LiBzCAREERの特徴
    • 女性の転職サポートに特化している
    • リモートワーク可能などの多様な働き方の求人を多く扱っているので
    • アドバイザーも女性の転職実績豊富なので転職相談がしやすい

    LiBzCAREER(リブズキャリア)は、女性の転職サポートに特化した転職サービスです。

    女性の働き方を支援するための求人を多数扱っており、在宅可能やリモートワーク可能、託児所完備などの条件で求人検索が可能です。

    また、アドバイザーも女性の転職実績が豊富なので、女性ならではの悩みなども相談しやいのが魅力です。

    「キャリアアップを目指したい」「プライベートと仕事を両立させたい」など、様々なニーズに応えてくれる転職サービスです。

    関連記事
    リブズキャリアの評判は?口コミから分かった利用すべき人&活用のコツ! 項目 詳細情報 求人の年収 4.0 200万円〜1,200万円 求人数 2.0 約1,10...

    パソナキャリア

    パソナキャリアの特徴
    • アドバイザーのレスポンスが早くサポートが丁寧
    • パソナキャリア独占求人が多い
    • 女性の転職サポートにも力を入れている

    パソナキャリアは、人材派遣大手のパソナが運営する転職エージェントです。

    アドバイザーからのレスポンスの速さとサポートの手厚さに定評があり、転職エージェントを初めて利用する場合でも安心です。

    また、パソナキャリア独占の求人も多数あるので、他のエージェントでは紹介されなかった求人に出会える可能性も高いですね。

    女性の活躍推進に特化したチームも形成されており、女性の転職サポートにも力を入れています。

    転職エージェントの利用が初めてでしっかりとしたサポートを希望するなら、おすすめの転職エージェントです。

    関連記事
    パソナキャリアの評判からわかった利用すべき人&効果的な活用方法3選! 項目 詳細情報 求人の年収 4.0 200万円〜1,400万円 求人数 3.0 約4万件以...

    MS-Japan

    MS-Japanの特徴
    • 扱っている求人は管理部門、士業に特化している
    • ハイクラスの求人を扱っているのでキャリアアップが狙える
    • アドバイザーも業界に特化しているのでサポートの質が高い

    MS-Japanは、経理や財務などの管理部門や士業の求人に特化した転職エージェントです。

    業界や職種が限定されているため、求人数はあまり多くありませんが、質の高い求人を扱っています。

    在籍するアドバイザーも、扱っている業界や職種に関する知識が豊富で、質の高いサポートを提供しています。

    企業の管理部門や士業への転職でキャリアアップを狙うなら、ぜひ登録したい転職エージェントですね。

    関連記事
    MS-Japanは誰が利用すべき?評判や強み&弱みなど完全まとめ! 項目 詳細情報 求人の年収 4.0 350万円〜1,200万円 求人数 3.0 約5,30...

    転職エージェントのメリットを把握して有効に活用しよう!

    転職エージェントのメリットまとめ
    1. プロのアドバイスを受けて転職活動ができる
    2. 面接対策や書類添削などのサポートが充実している
    3. 非公開求人から紹介を受けられる
    4. アドバイザーが転職活動を代行してくれるので効率が上がる
    5. 求人票からは見えない情報が得られる
    6. 内定後の給与などを代わりに交渉してくれる

    転職活動を効率的に進めるなら、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用する際は、以下のようなコツを押さえておくと良いですね。

    1. 過去のキャリアは全て正直に伝える
    2. アドバイザーとの連絡はこまめにとる
    3. 担当アドバイザーと相性が合わない場合ははっきりと伝える
    4. 複数の転職エージェントを併用する

    本記事を参考に、転職エージェントを有効に活用して、理想的な転職を実現させましょう!