転職エージェントの効果的な使い方!登録~転職までステップ別活用のコツ

転職エージェントを利用しようと考える方は多いと思いますが以下のように「使い方がわからない」という方もいるのではないでしょうか?

  • 効果的に使って転職を成功させたい!
  • 使い方のコツを知りたい!

そこで本記事では、転職エージェントの効果的な使い方を、利用の流れに沿ってご紹介していきます。

転職エージェントを効果的に活用して理想的な転職を実現させましょう!

目次

転職エージェントに登録してから転職するまでの流れ

まずは、転職エージェントの利用の流れについて確認してみましょう。転職エージェントの基本的な利用の流れは、次のようになります。

  1. 会員登録
  2. アドバイザーと面談
  3. 求人紹介
  4. 書類・面接対策
  5. 企業との面接
  6. 内定

いずれの転職エージェントであっても、大きな流れは変わりませんので、利用イメージの参考にしてみてください。

なお、次の項ではこの流れに沿った使い方のポイントをご紹介していきます。

【ステップ別】転職エージェントの効果的な使い方!

【ステップ別】転職エージェントの効果的な使い方
  1. 【会員登録】転職エージェントの効果的な使い方
  2. 【アドバイザーとの面談】転職エージェントの効果的な使い方
  3. 【求人紹介】転職エージェントの効果的な使い方
  4. 【求人への応募】転職エージェントの効果的な使い方
  5. 【企業との面接】転職エージェントの効果的な使い方
  6. 【内定後】転職エージェントの効果的な使い方

転職エージェントの効果的な使い方を、ステップ別にお伝えしていくので、ステップごとのポイントを把握してみてください。

STEP1:【会員登録】転職エージェントの効果的な使い方

まずは、転職エージェントを利用するための会員登録が必要です。登録に必要な項目は、主に以下のような情報が必要です。

  • メールアドレス
  • 学歴
  • 職務経歴
  • 現在の年収
  • 転職に求める条件
  • 希望する年収

転職エージェントは、それぞれ得意とする求人やサポートに特徴があります。

そのため、一つのエージェントだけでは情報が偏ってしまう可能性がありますので、3〜4社程度を併用するのがポイントです。

転職成功者の転職エージェント利用社数は、平均4.2社というリクナビNEXTのデータもあります。

複数エージェントを併用することで、情報が増えたり、複数のアドバイザーからサポートが受けられるので、転職エージェントを併用して効率をあげましょう。

STEP2:【アドバイザーとの面談】転職エージェントの効果的な使い方

会員登録後はアドバイザーと面談を行い、会員登録では分からない職歴や条件などについて、直接アドバイザーに伝えます。

アドバイザーとの面談では、次のようなポイントを踏まえて臨むことが大切です。

  • 転職する意思をしっかり伝える
  • 希望する条件を明確に伝える
  • 転職時期をはっきり伝える
  • キャリアや職歴を偽らない

それぞれについて詳しくご紹介していきますね。

転職する意思をしっかり伝える

アドバイザーとの面談で、転職する意思をしっかり伝えることが大切です。

アドバイザーは、複数の転職者を一人で担当することもあるので、転職にあまり意欲的でない転職者は後回しにされてしまいます。

nakata
nakata
転職エージェントにもよりますが、一人で100人単位の転職者を担当することもあるようです。

転職に意欲的であることをしっかりアピールすることも、転職エージェントを効果的に使うポイントです。

希望する条件を明確に伝える

まずは給与や福利厚生、休日、勤務地など、転職にどのような条件を求めているのか明確に伝えてください。

最低限伝えるべきこと
  • 転職する理由
  • 転職で実現したいこと
  • 最低限確保したい年収
  • これまでの職歴とキャリア

ただし、希望する条件に完全に一致する企業を見つけることは非常に困難なので、こだわりすぎると紹介できる企業がなくなってしまいます。

転職に求める条件については、まず希望する条件を全て伝えつつアドバイザーと相談しながら妥協点を探っていくことがポイントです。

転職時期をはっきり伝える

いつまでに転職するのか、転職時期をはっきり伝えることも大切です。

ほとんどの転職エージェントでは、アドバイザーとの契約期間が3ヶ月程度と決まっているので、3ヶ月以内での転職を想定しています。

nakata
nakata
紹介できる求人や現在手続きを進めている案件があれば、3ヶ月を超えてサポートしてくれます。

3ヶ月以内に転職できるように、前もって自分でもスケジュールを立てておき、アドバイザーにはっきり伝えられるように準備しておくと良いですね。

転職時期を自分で決めておくことで、具体的な転職のイメージを掴むこともできますので、転職活動に対する意識を高める効果もありますよ。

キャリアや職歴を偽らない

これまでのキャリアや職歴を偽ることなく、正直に伝えることも大切です。

アドバイザーはこれまでのあなたのキャリアや職歴をもとに転職先を検討するので、偽ったキャリアや職歴を伝えてしまうと、

  • 紹介された転職先への転職がうまくいかない
  • 転職が実現しても長続きしない

    といった事態にもなりかねません。

    nakata
    nakata
    アドバイザーとの間の信頼関係にも支障が生じるので、これまでのキャリアや職歴は偽ることなく正直に伝えてください。

        STEP3:【求人紹介】転職エージェントの効果的な使い方

        求人紹介の段階では、基本的にはアドバイザーから紹介されるのを待つこととなりますが、次のようなポイントは押さえておくと良いです。

        • アドバイザーと2週間に1回は連絡をとる
        • 求人を紹介されたら返事をする
        • アドバイザーと相性が合わない場合は変更してもらう

        それぞれについて、以下で詳しくご紹介していきますね。

        アドバイザーと2週間に1回は連絡をとる

        求人の紹介を待っている段階でも、現在の進捗状況の確認など、定期的にアドバイザーと連絡をとりましょう。

        最低でも2週間に1回は連絡するようにしてくださいね。

        nakata
        nakata
        2週間に1回は目安なので、進展があったりしたときは積極的に連絡してみてください。

        アドバイザーは求職者の転職サポートが仕事なので、複数の求職者を抱えていても平等にサポートするのが本来の姿です。

        しかしアドバイザーも人間なので、転職意欲の高い人のサポートを優先することもあります。

        求人の紹介を後回しにされないように、定期的にコミュニケーションをとって転職意欲をアピールするようにしてください。

        求人を紹介されたら返事をする

        求人を紹介されたら、希望に沿っているかどうかを問わず返事をするようにしましょう。

        何の返事もないと、気に入らなかったのかどうか、どこが気に入らなかったのか、その後の求人紹介にも影響が出てきます。

        定期的な連絡と同様に、求人紹介されたら返事を返しアドバイザーとしっかりコミュニケーションを取ることが大切です。

        アドバイザーと相性が合わない場合は変更してもらう

        アドバイザーとの間では、コミュニケーションのズレだけでなく、相性や価値観のズレが起こることもあります。

        • 希望の求人を紹介してもらえない…
        • 伝えている希望がいまいち伝わらない…

        などと感じた場合は、アドバイザーの変更を申し出てください。

        アドバイザーの変更は、転職エージェントを効果的に利用するうえで必要な判断であり、利用者の間では一般的な使い方の一つです。

        nakata
        nakata
        基本的にはメールで申し出るだけで対応してくれるので、相性が合わないと感じたら、気兼ねすることなく申し出てくださいね。

        STEP4:【求人への応募】転職エージェントの効果的な使い方

        応募する転職先が見つかったら選考の準備を進めます。

        プロのアドバイザーによるアドバイスをもらいながら選考の準備が進められるので、有効に活用したいですね。

        求人への応募の段階では、

        • 書類作成時のアドバイス
        • 書類の添削、面接対策

        が大きなポイントです。

        それぞれについて以下でご紹介していきますので、転職成功のため効果的に活用してください。

          書類作成時もアドバイザーに確認

          応募書類を作成する段階でも、しっかりとアドバイザーに相談しつつ作成するようにしてください。

          アドバイザーは、応募する企業や業界に合わせて以下のようなノウハウを持っています。

          • 応募書類の書き方
          • 書くべき内容のポイント

          応募書類の書き方や書くべきポイントなどを確認しつつ書類作成を進めることで、アドバイザーとのコミュニケーションも深まります

          nakata
          nakata
          書類作成など応募の準備段階でも、アドバイザーとコミュニケーションをとり、相談をしながら進めることが大切なポイントですね。

          書類・面接対策をしっかり行ってもらう

          作成した書類は、アドバイザーにしっかり添削してもらってください。

          応募する業界や企業に合わせて、記載しておくと良い情報や不要な情報など、書類選考の通過率を上げるためのアドバイスがもらえます。

          また、書類選考と並行して面接対策も進めておきましょう。

          • 印象の良い話し方
          • 伝わりやすい話し方
          • 説得力ある自己PRの仕方
          • アピールの仕方

          など模擬面接を通じてアドバイスがもらえます。

          nakata
          nakata
          通過率を上げるためにも対策をして臨むことがポイントです。

          STEP5:【企業との面接】転職エージェントの効果的な使い方

          書類選考を通過し企業との面接の段階に進んでも、転職エージェントをしっかり活用して面談に臨みましょう。

          企業との面接では、以下のようポイントを押さえて転職アドバイザーを効果的に利用してくださいね。

          • 都合の良い日程で調整してもらう
          • 面接時の情報をアドバイザーに確認
          • 面接後のフィードバックをもらう

          それぞれについて詳しく解説していきます。

          都合の良い日程で調整してもらう

          面接の日程は、転職先を訪問できる日をアドバイザーと相談しつつ調整してください。

          現在の仕事を続けながら転職活動する場合

          nakata
          nakata
          企業から提示された日程では訪問できない!

          なんていう事態が起こる可能性もあります。

          アドバイザーが代わりに交渉してくれるメリットを活かし、面接で訪問するのに都合の良い日程で調整できるよう相談することが大切です。

          面接時の情報をアドバイザーに確認

          面接前に、面接官や人事担当者の情報などを確認しておくことも大切です。

          具体的には、

          • 想定される質問の確認
          • 面接官のタイプ
          • 面接時に重要視されるポイント

          などを事前にアドバイザーに確認しておくと、面接前に準備しておくべきことが分かりやすくなります。

          面接後のフィードバックをもらう

          面接が終わったら、合否に関係なくアドバイザーから面接後のフィードバックを確認しておくのがおすすめです。

          面接後のフィードバックでは、以下のような情報を教えてもらえます。

          • 面接時の印象
          • 通過した場合は何が良かったのか
          • 通過できなかった場合は何が良くなかったのか

          実際の面接結果について得られるフィードバックの情報は、面接に通過できなかった場合、次の転職活動に活かすことができます

          面接官に確認した情報はアドバイザーを通じないと確認できず、転職エージェントを利用することで得られる貴重な情報です。

          nakata
          nakata
          しっかりフィードバックをもらい、活用したいポイントですね。

          STEP6:【内定後】転職エージェントの効果的な使い方

          無事に内定をもらった後も、以下のような様々なが手続きが必要になりますので、アドバイザーのフォローを有効に活用していきましょう。

          • 内定通知書の確認
          • 労働条件の確認
          • 入社日の決定
          • 現職の退職手続き

          これらの手続きでもアドバイザーはしっかりフォローしてくれますので、内定後の手続きがスムーズに進められますね。

          内定後は希望条件をきちんと伝える

          内定後は、労働条件や給与などが希望通りの条件となっているかを確認する必要があります。

          内定通知書はアドバイザーのもとに届きますので、希望する条件をきちんと伝え、希望の条件で働けるかを確認してください。

          転職を失敗と感じる主な要因には、以下のようなケースが挙げられます。

          • 就業時の条件が内定時と違う
          • 社風に馴染めない
          • 職場環境に問題があった

          仮に希望条件と異なる場合、アドバイザーを通じて交渉する必要があります。

          転職先で長く働けるかどうかに影響しますので、希望条件をきちんと伝えるようにしましょう。

          入社前に不明点をアドバイザーに確認する

          アドバイザーを通じて、入社前に不明な点はきちんと確認してください。

          特に待遇や福利厚生などは、契約書などに記載されている文面からは不明瞭な箇所も出てきます。

          入社前にアドバイザーを通じてきちんと確認し、入社後に「こんなはずじゃなかった…」とならないようにしましょう。

          現職の退職フォローをお願いする

          現職を円満に退職するためにも気をつけるポイントがありますが、このポイントについてもアドバイザーはしっかりフォローしてくれます。

          どうすれば円満に退職手続きが進められるか、アドバイザーからアドバイスをもらえるので、退職手続きについても相談してみてください。

          円満な退職が難しい場合、転職エージェントによっては退職手続きを代行してくれる場合もあります。

          nakata
          nakata
          転職手続きがスムーズに進むように、アドバイザーと相談しながら退職手続きを進めるのがおすすめです。

          転職エージェントで失敗しないために知っておくべき4つのマメ知識

          転職エージェントの4つのマメ知識
          1. 転職エージェントには種類がある
          2. アドバイザーとの間には契約期間がある
          3. 転職エージェントによって得意分野と不得意分野がある
          4. 希望条件と異なる求人を紹介されることもある

          次に、転職エージェントを利用するにあたって知っておくべきマメ知識をご紹介していきます。

          効果的に活用するためにも、次のような内容を把握しておいてください。

          転職エージェントには種類がある

          転職エージェントは、扱っている求人の種類や得意とするサービスによって次のような種類に分けることができます。

          ← 横にスクロールできます →
          種類 特徴 メリット デメリット 代表的な転職エージェント
          特化型 絞られた対象者向けの
          求人やサービスに特化している
          対象向けの求人が見つけやすく
          質の高いサービスが受けられる
          一部の業界や職種に求人が限定される。
          求人数があまり多くない
          LiBzCAREER
          MS-Japan
          総合型 多くの転職者を対象に
          幅広い求人やサービスを展開している
          幅広い職種や業界の求人情報から
          転職先を探せる
          専門的な業界や業種の
          求人が見つけにくい
          リクルートエージェント
          パソナキャリア

          どのような業界や職種への転職なのか、転職にどのような条件を求めるのか、あなたの転職活動に合わせて転職エージェントの種類を選んでみてください

          nakata
          nakata
          どのエージェントが良いか迷ったら、まずは種類で絞って検討すると良いですね!

          アドバイザーとの間には契約期間がある

          アドバイザーによるサポート期間には、期限があることを知っておいてください。

          ほとんどの転職エージェントではアドバイザーの契約期間を3ヶ月と設定しており、3ヶ月以内の転職を目指します。

          nakata
          nakata
          契約期間があることを知らないと「転職を急かされる!」といった印象を、アドバイザーに対して抱いてしまうことになります。

          転職活動を進めるにあたり、期限を切ることは非常に大事なので「3ヶ月以内に決める!」といった気持ちで登録すると、効率が上がると思いますよ。

          転職エージェントによって得意分野と不得意分野がある

          転職エージェントの種類の箇所でも触れていますが、転職エージェントによって得意・不得意の分野があることも知っておくと良いですね。

          特化型の転職エージェントでは、対象となる転職者向けの求人やサービスを得意としますが、幅広く求人を紹介することは不得意です。

          また、求人数を多く扱う総合型でも、

          • 高年収の案件を得意としている
          • 地方での転職サポートが得意
          • 管理職以上のハイキャリア案件が得意

          など、それぞれの転職エージェントごとに得意・不得意の分野が異なっています。

          どのような特徴なのかを踏まえ、あなたの転職活動に効果的な転職エージェントを選ぶようにしてください。

          希望条件と異なる求人を紹介されることもある

          転職エージェントでは、あなたの希望条件に沿った求人を中心に探して紹介してくれますが、紹介された求人が希望に沿っていないという場合もあります

          そのような場合は、きちんとお断りして問題はありません。

          断る際には、断る理由を担当アドバイザーに具体的に伝えてあげてください。その理由を踏まえて、アドバイザーは次の求人を探してくれます。

          希望と異なる求人が紹介される場合があることも事前に認識しておくことで、冷静に対処することができますよ。

          nakata
          nakata
          希望条件と違う案件でも、自分では気づけなかった転職先かもしれないので、紹介した理由をアドバイザーに確認してみても良いですね!

          転職エージェントの誤った使い方3選

          転職エージェントの誤った使い方3選
          1. 担当のアドバイザーに任せきりにしてしまう
          2. アドバイザーからの連絡を無視する
          3. 転職時期が不明瞭なまま登録する

          ここでは、転職エージェントの誤った使い方をご紹介していきます。

          転職エージェントの使い方によっては、転職活動が非効率になってしまうので、誤った使い方をしないように注意してくださいね。

          担当のアドバイザーに任せきりにしてしまう

          転職エージェントでは担当のアドバイザーが代わりに転職活動を進めてくれますが、任せきりにはせず、自分でできることを進めてください

          自分で探した求人をアドバイザーに相談することで、そこから転職活動が進展するケースもありますし、転職に対する意欲をアピールできます。

          積極的な転職者に対してはアドバイザーも手厚くサポートしてくれますので、任せきりにすることなく転職活動を進めてくださいね。

          アドバイザーからの連絡を無視する

          アドバイザーからの連絡に対して、何かしらの返事をするようにしてください。

          「転職エージェントの効果的な使い方」でもお伝えしましたが、担当アドバイザーとのコミュニケーションは非常に大切です。

          積極的にコミュニケーションをとっていかないと、求人紹介など後回しにされてしまう可能性があります。

          アドバイザーからの連絡は無視することなく、できる限り早く返事を返して転職活動への積極性をアピールしてください。

          転職時期が不明瞭なまま登録する

          いつまでに転職するのか、転職時期が不明瞭の転職者も、アドバイザーによる優先度は下げられてしまいます。

          アドバイザーの契約期間が3ヶ月の転職エージェントが多いので、時期が不明瞭だと3ヶ月以内の転職が困難です。

          また転職時期が決まっていないと、本当に転職する気があるのか疑問に思われてしまいます。

          いつまでに転職するのかしっかりとスケジュールを立てておき、その時期までに転職を成功させる意思をアドバイザーにしっかりと伝えてくださいね。

          初めて利用する人におすすめの転職エージェントTOP5!

          初めて利用する人におすすめの転職エージェントTOP5
          1. リクルートエージェント
          2. リクナビNEXT
          3. LiBzCAREER
          4. パソナキャリア
          5. MS-Japan

          利用が初めてでもおすすめできる転職エージェントをご紹介していきます。

          ランキング形式でご紹介しますので、転職エージェントの利用を検討する際には参考にしてみてください。

          リクルートエージェント

          リクルートエージェントの特徴
          • 取り扱い求人数は業界でNo.1
          • 経験豊富なアドバイザーによる質の高いサポート
          • 交渉力が高く年収アップが期待できる

          リクルートエージェントは取り扱い求人数が業界No.1を誇り、様々な業界や職種の求人情報が得られます。

          在籍する転職エージェントも経験と実績が豊富で、転職エージェントの利用が初めてからキャリアアップを狙う転職まで、幅広く対応可能です。

          アドバイザーの交渉力も高いので、内定率アップや年収アップが期待できます。

          リクルートエージェントの詳細や評判については、以下の記事で詳しくまとめています。詳しく知りたい場合は、こちらの記事をチェックしてみてください!

          関連記事
          リクルートエージェントの評判から分かる利用すべき人&活用のコツ4選! 項目 詳細情報 求人の年収 4.7 350万円〜 求人数 5.0 約15万件以上 ...

          リクナビNEXT

          リクナビNEXTの特徴
          • 国内最大級の転職サイト
          • リクナビNEXT限定の求人を多数扱っている
          • スカウトメールで効率的な転職活動が可能

          リクナビNEXTは、転職を検討したらまずリクナビNEXTに登録するといわれるくらい知名度の高い国内最大級の転職サイトです。

          リクナビNEXT限定求人も多数扱っているので、リクナビNEXTに登録しないと見つけることのできない求人もあります。

          登録者数も国内トップクラスで、転職者の8割が利用しているデータもあるので、転職を検討したらまずは登録しておくことがおすすめです。

          関連記事
          リクナビNEXT100人の評判からわかった利用すべき人&効果的な活用方法! 項目 詳細情報 求人数 5.0 約42,000件 登録会員数 5.0 約900万人 ...

          LiBzCAREER(リブズキャリア)

          LiBzCAREER(リブズキャリア)の特徴
          • 女性の転職サポートに特化している
          • 転職エージェントと求人サイトを運営している
          • ママ社員活躍などのこだわり検索が可能

          LiBzCAREER(リブズキャリア)は、女性の転職サポートに特化した転職サービスで、転職サイトと転職エージェントを運営しています。

          女性の働きやすさを重視した求人を多数取り扱っており「在宅勤務OK」「キッズルームあり」「ママ社員活躍」などのこだわり検索が可能です。

          在籍するアドバイザーも女性の転職実績が豊富なので、気軽に相談できることも魅力の一つですね。

          仕事とプライベートを両立したい場合やキャリアアップを目指したいなら、おすすめの転職サービスです。

          関連記事
          リブズキャリアの評判は?口コミから分かった利用すべき人&活用のコツ! 項目 詳細情報 求人の年収 4.0 200万円〜1,200万円 求人数 2.0 約1,10...

          パソナキャリア

          パソナキャリアの特徴
          • オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」1位
          • アドバイザーのレスポンスが早く丁寧なサポート
          • 女性の転職活動にも力を入れている

          パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」1位の転職エージェントで、アドバイザーの丁寧なサポートに定評があります。

          2016年に「女性活躍推進コンサルティングチーム」を立ち上げており、女性の活躍支援にも力を入れており、女性にもおすすめです。

          アドバイザーからのレスポンスも早いので、初めて転職エージェントを利用する場合でも安心して利用できる転職エージェントですね。

          関連記事
          パソナキャリアの評判からわかった利用すべき人&効果的な活用方法3選! 項目 詳細情報 求人の年収 4.0 200万円〜1,400万円 求人数 3.0 約4万件以...

          MS-Japan

          MS-Japanの特徴
          • 企業の管理部門や士業の転職に特化している
          • 業界に詳しいアドバイザーによる質の高いサポート
          • ハイクラスの求人を豊富に扱っている

          MS-Japanは経理や人事、経営企画などの企業の管理部門、公認会計士や弁護士などの士業の転職に特化している転職エージェントです。

          業界や業種を特化してサポートしているので、アドバイザーのサポートの質は非常に高く、知識も豊富。

          管理部門や士業の転職を検討しているなら、質の高い転職サポートが受けられるのでおすすめの転職エージェントです。

          関連記事
          MS-Japanは誰が利用すべき?評判や強み&弱みなど完全まとめ! 項目 詳細情報 求人の年収 4.0 350万円〜1,200万円 求人数 3.0 約5,30...

          転職エージェントの使い方をマスターして希望の転職を成功させよう!

          転職エージェントの効果的な使い方!
          <登録時>
          • 複数の転職エージェントを併用する

           

          <面談〜応募>
          • 面談では条件などを明確に伝え偽らない
          • アドバイザーとは定期的にコミュニケーションをとる
          • 書類添削や面接対策を利用して準備する

           

          <面接>
          • 面接前にアドバイザーを通じて情報を集めフィードバックももらう

           

          <内定後>
          • 内定後もアドバイザーを通じて不明点を解消し退職手続きのアドバイスももらう

          一人で進める転職活動では、時間の確保や情報収集の面で不利になるので、転職エージェントを利用する人の割合は増えてきています。

          しかし、転職エージェントに登録しても、効果的に利用しないと転職活動がうまくいかず、転職に失敗するなんてことにもなり兼ねません。

          本記事で紹介した使い方で転職エージェントを効果的に活用し、ぜひ希望の転職を実現させてください!

          初めて利用する人におすすめの転職エージェントをもう一度チェックする!