中小企業に転職したい場合におすすめの転職サイトランキングTOP5!

「中小企業に転職したいけど、どの転職サイトを選べばいいの?」と悩んでいませんか?

適当に転職サイトを選んでしまうと、転職活動が長引いたり、待遇の良い転職先で出会えない可能性もあるんです…。

中小企業を探す際の転職サイト選びは以下の3つのポイントをおさえましょう。

中小企業で良い転職サイトを選ぶ3つのポイント
  • 求人数が多いか
  • 求人の質は良いか
  • サポート内容が充実しているか

ここではランキング形式でおすすめの転職サイトを紹介します!

takeda
takeda
これから紹介するランキングを役立てて、転職サイトを選んでみてくださいね。

\ランキングを今すぐチェック!/中小企業でおすすめの転職サイトを見る

中小企業で口コミや評判の良い転職サイト10社を徹底比較!

エージェント名求人数求人の質サポート内容
リクナビNEXT

約4万5,000件

優良中小企業の非公開求人が豊富

グッドポイント診断やスカウト機能を利用可能
キャリトレ
約8万9,000件
優良中小企業からスカウトあり
プラチナスカウトで面接が確約される
ビズリーチ

約9万5,000件

年収750万以上のハイクラス求人が豊富
スキル・実績次第で企業からスカウトあり
キャリアカーバー
約5万5,000件600万以上のハイクラス求人が豊富
ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ
Green
約1万6,000件IT・Web業界中心に求人を掲載採用担当者と直接やりとりができる
はたらいく
約2,080件地方の中小企業を掲載問い合わせに対しての対応が早い
ミイダス
約3万6,000件優良企業掲載スキルや経歴などを分析・診断できる
マイナビ転職
約1万1,000件待遇の良い求人が多い転職フェア・イベントを多数開催
キャリコネ
29万6,000件優良中小企業を掲載応募書類添削・面接練習あり
はたらこねっと
2万6,000件
大手企業が中心なので、中小企業は少なめ
情報コンテンツが豊富
※上記の情報は2020年10月時点のものです。

このように、転職サイトはそれぞれ求人数やサポート内容が異なります。

上記の表だけでは「どのサイトが使いやすいのか」が分かりません。そこでここからは、中小企業の転職サイトおすすめランキングを見ていきましょう!

中小企業の転職サイトおすすめランキングTOP5!

ランキングの基準
  • 求人数が多いか
  • 求人の質は良いか
  • サポート内容が充実しているか

ここからは、上記の基準を元におすすめの転職サイトTOP5をお伝えします。

takeda
takeda
各サイトの特徴や口コミも紹介しているので、転職サイト選びの参考にしてみてくださいね!

リクナビNEXT

項目詳細
総合評価 5.0
総合力No.1の転職サイト
求人数 4.0
約4万5,000件
求人の質 5.0
優良中小企業の非公開求人が豊富
サポート内容 5.0
グッドポイント診断やスカウト機能を利用可能

リクナビNEXTの特徴

  • 求人が多いので、待遇の良い中小企業を探しやすい
    より多くの求人を比較検討できるので、理想の転職先が見つかる可能性が高い!
  • スカウト機能で求人を探す手間が省ける
    在職中の転職活動の負担を軽減し、仕事にも転職活動にも集中できる!
  • 自己分析ツールにより、自分の強み・弱みを発見できる
    業務の得意分野が分かるので、自己PRの内容に困まらない!

リクナビNEXTをおすすめできる人・できない人

リクナビNEXTをおすすめできる人
  • これから転職活動を始める人
  • 知名度の高いサイトを利用したい人
  • たくさんの求人情報から転職先を吟味したい人
  • 自分の強み・弱みを把握して転職活動に活かしたい人
リクナビNEXTをおすすめできない人
  • 新卒で就職活動を行っている人
  • 転職先が絞れている人

リクナビNEXTは転職者の8割が利用している転職サイトで、業界トップクラスの求人数を誇ります。

求人サイトの掲載費用の例として、A社は5,000円から掲載可能ですが、リクナビNEXTの場合は最低でも20万以上かかるんです。

つまり、掲載できる企業は財政基盤が安定しているので、安定した給与や福利厚生が期待できますよ!

スカウト機能により、中小企業の求人を探す手間が省けるので、転職活動と仕事を両立させたい人にはもってこいのサービスですね。

グッドポイント診断は適性のある仕事や業務が分かるので、自己PRや企業選びの際にも役立ちますよ!

takeda
takeda
転職活動を始めるか迷っているなら、まずはリクナビNEXTを利用してみるのをおすすめします!

リクナビNEXTの口コミ

詳細ページ 公式ページ

キャリトレ

項目詳細
総合評価 4.8
キャリアアップに最適な20代向けの転職サイト
求人数 4.8
約8万9,000件
求人の質 4.5
優良中小企業からスカウトあり
サポート内容 4.5
プラチナスカウトで面接が確約される

キャリトレの特徴

  • 他のサイトより20代向けの求人が多い
    利用者の約7割が20代なので、ターゲット層なら満足のいく転職を実現できる!
  • 面談確約のスカウトが来れば、書類選考が免除される
    職歴やスキルを登録しておき、企業とマッチすれば、内定に早く近ける!
  • 求人の質が高いので、キャリアップも期待できる
    レコメンド機能で求人紹介の精度が上がり、自分好みの企業の情報だけゲットできる!

キャリトレをおすすめできる人・できない人

キャリトレをおすすめできる人
  • 自分の強みややりたいことが明確でキャリアアップしたい人
  • 20代で未経験の業界や職種に挑戦したい人
  • 転職するかはわからないけど、企業の求人を見たい人
  • 自分で情報を集めて転職先を決めたい人
キャリトレをおすすめできない人
  • 30代前半よりも年齢が高くハイクラスな実績がある人
  • キャリアアドバイザーから選考のためのサポートを受けたい人
  • 実績がなく、自分の強みがわからない人

キャリトレは20代をターゲット層にしているので、20代向けの求人が多いですね。キャリアアップや異業種へ転職希望などやりたいことが明確な人に向いています!

ただですね。30代向けの求人が少ないので、実績がある人は後に紹介するビズリーチやキャリアカーバーを利用するのをおすすめします。

レコメンド機能により、気になっている企業にチェックするだけで求人紹介の精度も上昇します。そのため、求人を選択の手間もかかりません。

キャリトレの口コミ

詳細ページ 公式ページ

ビズリーチ

項目詳細
総合評価 4.5
厳選した求人を掲載するハイクラス向け転職サイト
求人数 4.8
約9万5,000件
求人の質 4.5
年収750万以上のハイクラス求人が豊富
サポート内容 4.0
スキル・実績次第で企業からスカウトあり

ビズリーチの特徴

  • 優良中小企業の掲載が多い
    質の高い求人のみ掲載しているので経験とスキルがあれば、キャリア・年収アップは確実
  • 厳正な審査を突破したヘッドハンターが自分に合う求人を紹介してくれる
    転職のプロに任せるだけで、効率良く転職活動を進められる!
  • スカウトメールによって、自分の市場価値を判断できる
    自分がどんな企業から需要があるか分かるので、転職活動のモチベーションにもつながる

ビズリーチをおすすめできる人・できない人

ビズリーチをおすすめできる人
  • 年収750万円以上を狙っている人
  • キャリア・年収アップしたい人
  • 優良中小企業に転職したい人
  • 効率よく転職活動を進めたい人
  • 自身の職務経歴に自信がある人
ビズリーチをおすすめできない人
  • 経験年数が浅い人
  • 自分のスキルにまだ自信がない人

ビズリーチは、年収750万以上を狙うハイクラス向けの転職サイトです。十分な職歴や実績があれば、中小企業で幹部クラスに転職できる可能性もあります!

一方、スキルや経験年数が浅いとスカウトされにくいので、あまりおすすめはできません。

takeda
takeda
ヘッドハンターも厳正な審査を突破した優秀な人のため、スカウトメールで自分の市場価値を測ることもできますね。

他の転職サイトと違い、ヘッドハンターが求人の提案や企業の連絡をしてくれるので、効率的に転職活動を進められますよ!

ビズリーチの口コミ

詳細ページ 公式ページ

キャリアカーバー

項目詳細
総合評価 4.3
ヘッドハンターを選べるハイクラス向け転職サイト
求人数 4.5
約5万5,000件
求人の質 4.5
600万以上のハイクラス求人が豊富
サポート内容 4.0
ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ

キャリアカーバーの特徴

  • ハイクラスの求人を主に取り扱っている
    実績とスキルがあれば、スカウトを待つだけで高年収の企業の転職活動をスタートできる
  • 入会審査が必要ない
    ハイクラス向けサービスを無料で利用でき、自分の実績でスカウトが届くのか試せる!
  • 相談するヘッドハンターを選べる
    相性の良いヘッドハンターなら相談もしやすいので、転職で自分の要望が叶いやすくなる

キャリアカーバーをおすすめできる人・できない人

キャリアカーバーをおすすめできる人
  • 転職で年収アップを狙っている人
  • ヘッドハンターに優良な求人を紹介してもらいたい人
  • 担当のヘッドハンターを自分で選びたい人
  • 現職が忙しく転職活動にあまり時間を割けない人
キャリアカーバーをおすすめできない人
  • 年収が最重要ではない人
  • キャリアが浅い人
  • 自分で転職先を探して活動を進めたい人

キャリアカーバーは、転職で高収入を目指す人におすすめの転職サイトです。

求人の最低年収が600万円なので、キャリアが浅い人には求人紹介を後回しにされてしまうかもしれません。

自分が選んだ相性の良いヘッドハンターが優良中小企業の求人を紹介してくれます。キャリアアップや年収アップを狙うなら、おすすめですね!

ハイクラス向けサービスを無料で利用できるので、キャリアに自信がある人は一度登録してみる価値がありますね。

キャリアカーバーの口コミ

詳細ページ 公式ページ

Green

項目詳細
総合評価 4.0
IT・Web業界を狙うなら最適な転職サイト!
求人数 3.5
約1万6,000件
求人の質 4.0
IT・Web業界中心に求人を掲載
サポート内容 3.5
採用担当者と直接やりとりができる

Greenの特徴

  • 書類選考なしで面談できる可能性もある
    企業によってはカジュアルな面談を望んでいるので、面接で緊張してしまう人も安心
  • 未経験歓迎求人も多い
    未経験者を育成できる環境が整っている企業が多く、知識やスキルがなくても大丈夫!
  • 採用担当者とメッセージ機能で手軽にやりとりできる
    採用に積極的な企業が多く、人事から返答が早いので、転職活動が早く進む!

Greenをおすすめできる人・できない人

Greenをおすすめできる人
  • IT・Web業界に転職したい人
  • 直接採用担当と連絡を取って転職を進めたい人
  • かしこまった面接ではなくカジュアルに面接したい人
  • 関東で転職先を探している人
  • 応募する企業の雰囲気をよく見てから応募したい人
Greenをおすすめできない人
  • IT・Web業界以外で転職先を探している人
  • サポートをしてもらいながら転職を進めたい人
  • 地方で転職を検討している人

Greenは、IT・Web業界に特化している転職サイトなので、IT・Web業界以外で転職を希望している人にはおすすめできません。

採用担当者と直接やりとりができ、カジュアルな雰囲気で面談ができる企業も多いですね。

応募する企業の詳細が詳しく書かれているので、社内の雰囲気や企業が求めている人物像、社風を知ることができます。

中小企業はネットに出回っている情報が少ない傾向があるので、ありがたいですね!

Greenの口コミ

詳細ページ 公式ページ

中小企業でおすすめの転職サイトはリクナビNEXT!

リクナビNEXTのおすすめポイント
  • 自己分析ツールにより、自分の強み・弱みを発見できる
  • 履歴書・職務経歴書をダウンロードしてそのまま利用できる
  • スカウト機能で求人を探す手間が省ける
  • 求人数が多いので、中小企業を探しやすい
  • 広告掲載費用が高いので、掲載できる中小企業は財政基盤が安定している

求人数・質・サポート内容を加味した結果、おすすめの転職サイトはリクナビNEXTでした。

リクナビNEXTの業界トップクラスの求人数と質も高い求人が魅力的なサービスです。

広告掲載費用が高く、広告出稿できる企業は財政基盤が安定しています。つまり、安定した給与や福利厚生が期待できる企業が多いんです!

また、転職者の8割が利用している転職サイトのため、周りに利用したことがある人が多いという大手ならでは安心感がありますね。

スカウト機能で企業からより多くのオファーをもらうポイントは、

  • これまでのキャリアを具体的に記載する
  • 自己PRは狙っている企業が求めている人物像と一致させる
  • 現在の状態と希望する条件を明確にする

リクナビNEXTではグッドポイント診断により、約30分で18種類の特性から5つの強みを知ることできます。

takeda
takeda
自己分析・面接の自己PRに使える客観的なデータが、無料で取得できるのは魅力的ですね。

履歴書・職務経歴書のテンプレートが用意されており、書き方の見本もあるので、転職活動初心者でも安心!

以上から「中小企業に転職したいけど、どの転職サイトを選べばいいの?」「転職活動を失敗したくない!」場合には、リクナビNEXTを活用することをおすすめします!

\リクナビNEXTを今すぐチェック!/リクナビNEXTの公式HPを見る

中小企業で良い転職サイトを選ぶ3つのポイント!

転職サイトの選び方3つのポイント
  • 求人数が多いか
  • 求人の質は良いか
  • サポート内容が充実しているか

中小企業を探す際に転職サイトを選ぶ場合は、まずは求人数を確認しましょう。求人数が多いサイトは中小企業の求人も多く、比較検討できるためです。

同業他社で同じ仕事内容でも給与や待遇に差があることが多いので、理想の転職先を探すには必要な作業ですね。

優良企業など質の求人を扱う転職サイトでは「高年収」「残業なし」「福利厚生の充実」など待遇の良い企業が多い傾向があります。

ただですね。サポート内容がお粗末な転職サイトでは、効率の良い転職活動ができません。そのため、スカウト機能の充実度合いなどを事前にチェックしておきましょう!

転職サイトの中小企業の求人を吟味する方法4選

転職サイトの中小企業の求人を吟味する方法4選
  1. 口コミサイトを利用する
  2. 求人票でチェックするポイントを心得ておく
  3. 同業他社や同じ業界の人に話を聞いてみる
  4. 職場見学を申し出る

質の良い転職サイトでも、自分と相性の悪い企業は必ずあります。そのため、入社後のミスマッチですぐに辞めてしまわないよう、事前に情報を確認しておく必要があるんです。

そこでここでは、転職サイトの中小企業の求人を吟味する方法を4つ紹介します。

口コミサイトを利用する

求人の良し悪しを知るには、口コミサイトを利用してみましょう!口コミサイトには、入社後にしか分からない社風や仕事の実態が書き込まれているためです。

代表的な口コミサイト

口コミサイトは在職中or退職した社員が書いており、本音を知ることができます。

例えば「残業はほとんどないが、仕事はガッツリ振られるので持ち帰って仕事をしている人も多い」など入社してみないと、分からない情報を得られるんです。

そのため、応募する前に企業の評判を調べておくのをおすすめします!

求人票でチェックするポイントを心得ておく

求人票には待遇面で大切な情報が記載されているので、しっかり確認してください。求人票の時点で、怪しい会社は見抜けるためです。

求人票でチェックすべき項目
  • 固定残業代か:固定残業代の場合は基本給に一定時間の残業代が含まれている。
  • 離職率は高くないか:離職率が高い会社は何かしら理由がある。
  • 福利厚生は充実しているか:手当の充実していると、その分の生活費が浮く。
  • 会社の業績は右肩上がりか:会社の業績によって、賞与額が左右される。
  • 賞与は出るか:給与と違い、賞与は支払いの義務がない。

入社後にブラック企業だと気づいた場合は、我慢するorすぐに辞めるしかありません。しかしですね。短期離職は履歴書に傷がついてしまい、今後の転職が不利なります。

そのため、入社後に後悔しないよう、最低限これらの項目は確認しておきましょう!

同業他社や同じ業界の人に話を聞いてみる

応募する企業の評判を同業他社や同じ業界の人に聞いてみることをおすすめします。面接や企業説明会では、採用担当者はオブラートに包んだ発言をするためです。

採用担当者の仕事は人員補充なので、自社のマイナスイメージがつくようなことは言えないですよね?

そこで同業他社や同じ業界の人に話を聞いてみましょう!評判の悪い会社は同じ業界内ではあまり良くない噂が流れている場合が多いです。

そのため、業績や労働環境などの確信に迫る質問相手は採用担当者ではなく、同業他社や同じ業界の人が適任ですね。

職場見学を申し出る

入社を決める前に、職場見学で転職先を雰囲気をチェックしておきましょう。採用担当者の印象より、実際に働く場所や人の雰囲気の方が重要なためです。

例えば、採用担当者は社交的で温和な人が多く、面接の印象で雰囲気が良い会社だと感じることは多いですよね。

しかしですね。実際に働く職場は実力主義でピリピリしていたなんて場合もあるんです。そのため、職場見学をしてから入社するか決めることをおすすめします。

中小企業の転職サイトに関するQ&A

ここでは中小企業の転職サイトに関する質問に答えていきます!

転職サイトとハローワークならどちらがおすすめ?

転職サイトがおすすめですね。ハローワークにはブラック企業が多い傾向があるためです。

ハローワークは求人の掲載を無料で行っているので、どんな企業でも求人を出せてしまいます。使い捨て前提で人材を採る企業も少なくありません。

一方、転職サイトは広告掲載型と成果報酬型のビジネスモデルをとっています。

  • 広告掲載型:転職サイトに求人を掲載する際に料金を支払う。
  • 成果報酬型:転職サイト経由で転職が決まると、企業から転職サイトへの報酬が発生する。報酬額は転職者の年収の数十%。

転職サイトを利用する企業は財政基盤が安定していることが多いので、安心ですね。

地方への転職の場合は地域特化型の転職サイトも利用すべき?

地域特化型の転職サイトを利用することはおすすめできます。地域特化型転職サイトには「地元企業特集」などで大手にはない求人もあるためです。

ただですね。大手転職サイトはスカウト機能や転職フェア、自己分析ツールなど利用できる機能が豊富です。

そのため、地域特化型と大手転職サイトは併用して使うことをおすすめします。

転職サイトと企業のHPから直接応募するのはどっちがいい?

転職サイトから応募した方が良いですね。応募数の多い企業の場合は、採用率が下がるためです。

もちろん、基本的には企業の求めている人物像に合致している人やスキルのある人が優先されます。

しかしですね。特に飛び抜けた人材がいない場合は、広告掲載費用を払っている転職サイト経由の応募者からチェックする場合もあるんです。

結果的に採用順が遅くなり、採用率が下がる可能性があります。

中小企業でおすすめの転職エージェントまとめ!

今回のまとめ
  • 中小企業でおすすめの転職サイトはリクナビNEXT
  • 転職サイトを選ぶポイントは「求人数」「求人の質」「サポート内容」
  • リクナビNEXTはこれら3つすべてにおいて高評価!

自分に合った転職サイトを見つけることは理想とする職場へ転職する第一歩です。見つけ方は「求人数」「求人の質」「サポート内容」を踏まえて選んでみてください!

今回は中小企業への転職におすすめな5つの転職サイトを紹介してきました。

takeda
takeda
中でもおすすめなのが「リクナビNEXT」です。

豊富な求人数やスカウト機能、自己分析ツール、どれをとっても活用しやすく、必ずあなたの転職活動に役立ちます!

ただですね。自分に合った転職サイトが一つとは限りません。そのため、他の転職サイトも試しに使ってみることをおすすめします!

中小企業でおすすめの転職サイトをもう一度チェックする!