第二新卒に本当におすすめの転職サイトTOP5!好評10社を比較して厳選!

「第二新卒で転職する際はどんな転職サイトを選ぶべき?」と悩むことはありませんか?

第二新卒の場合は、特化型転職サイトが充実しています。ただですね。第二新卒特化型転職サイトを選べば、どこでも良い訳ではありません。

自分に合わない転職サイトを選んでしまうと、待遇の良い転職先を見つけられなかったり、予想より転職活動が伸びてしまったりするんです。

そこで第二新卒の転職サイト選びは次の3つのポイントをおさえましょう。

第二新卒で良い転職サイトを選ぶ3つのポイント
  • 第二新卒での求人数が多いか
  • 求人の質は良いか
  • サポート内容が充実しているか

takeda
takeda
自分に合った転職サイトを選ベば、納得のいく転職活動になりやすいです。

第二新卒での転職のチャンスを無駄にしないよう、この記事で紹介する転職サイトランキングを役立ててください!

\ランキングを今すぐチェック!/第二新卒でおすすめの転職サイトを見る

第二新卒で口コミや評判の良い転職サイト10社を徹底比較!

サイト名第二新卒の求人数求人の質サポート内容
キャリトレ

約1万5,000件

大手企業からベンチャー企業まで幅広い

レコメンド機能により、求人紹介の質が上がっていく
リクナビNEXT
約5,900件優良企業の求人を多数保有している自己分析ツールやスカウトメールにより転職成功率アップ!
エン転職
約3,700件中小企業から大手企業まで求人が豊富徹底した企業への取材により、求人情報の質が高い
はたらいく
約540件地元企業を中心に求人を保有している問い合わせ対応にはスピード感がある
Green
約450件IT業界の大手・ベンチャー企業の求人が中心採用担当者から直接スカウトあり
マイナビ転職
約8,800件他のサイトに掲載されていない求人もある転職セミナーを行っている
Re就活
約800件案件の98%が第二新卒向けで大手企業も多数掲載就職イベントを開催しており、入社前に社風をチェックできる
いい就職ドットコム
約4,600件第二新新卒に特化しており、人気企業の求人も充実
キャリアドバイザーが転職を支援してくれる
転職ナビ
約2,200件全国の幅広い業界・職種が網羅されている事前に内定の可能性が高い求人が分かる
type転職
約1,500件優良求人を多数掲載サイトが若干使いにくい
※上記の情報は2020年10月時点のものです。

このように、転職サイトはそれぞれ求人数やサポート内容が異なります。

これだけ見ると、どれを選ぶべきか分かりにくいと思います。そこでここからは、上記のデータをもとに、第二新卒の転職サイトおすすめランキングを見ていきましょう!

第二新卒の転職サイトおすすめランキングTOP5!

ランキングの基準
  • 第二新卒での求人数が多いか
  • 求人の質は良いか
  • サポート内容が充実しているか

ここからは、上記を基準におすすめの転職サイトを紹介します。

takeda
takeda
各エージェントの特徴や、向いている人・向いていない人を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

キャリトレ

項目詳細
総合評価 5.0
効率的に求人を探したい人におすすめ
第二新卒の求人数 5.0
約1万5,000件
求人の質 4.8
大手企業からベンチャー企業まで幅広い
サポート内容 4.8
レコメンド機能により、求人紹介の質が上がっていく

キャリトレの特徴

  • 登録した職歴や希望条件をAIが分析して、マッチする求人を探してくれる
    求人への興味を学習し、求人紹介の精度を高めていくため理想の求人が見つかりやすい!
  • 面接確約のプラチナスカウトなら、書類選考が免除される
    企業とマッチングすれば、面接からスタートできるので内定獲得の可能性も上がる!
  • 第二新卒や未経験歓迎求人が豊富(登録者の7割が20代)
    第二新卒を求めている企業が多いので、実績不足で選考落ちになる機会が減る

キャリトレをおすすめできる人・できない人

キャリトレをおすすめできる人
  • 自分の強みややりたいことが明確でキャリアアップしたい人
  • 20代で未経験の業界や職種に挑戦したい人
  • 転職するかはわからないけど、企業の求人を見たい人
  • 自分で情報を集めて転職先を決めたい人
キャリトレをおすすめできない人
  • キャリアアドバイザーから選考のためのサポートを受けたい人

キャリトレは20代の転職に特化しており、キャリアアップを目指す第二新卒におすすめですね。業界大手のビズリーチが提供しているので、安心感もありますね。

第二新卒向けの求人数はトップクラスの1万5,000件。業界・職種を問わず幅広い求人があるので、異業種への応募にも困りません!

第二新卒や未経験者歓迎求人を出している企業は、教育体制が整っている傾向があります。そのため、入社後の研修やOJTも充実しており、徐々に仕事に慣れていけるんです。

隙間時間に求人をチェックして、帰宅後に応募するなど時間を有効活用して、転職活動ができるのも魅力の一つですね。

キャリトレの口コミ


詳細ページ 公式ページ

リクナビNEXT

項目詳細
総合評価 4.5
第二新卒に力を入れている大手転職サイト
第二新卒の求人数 4.5
約5,900件
求人の質 4.8
優良企業の求人を多数保有している
サポート内容 4.8
自己分析ツールやスカウトメールにより転職成功率アップ!

リクナビNEXTの特徴

  • 経歴や条件を登録するだけで、企業からスカウトメールが届く
    自分の条件に合うスカウトに応募すれば良いので、自分のペースで転職活動ができる!
  • 自己分析ツールにより、自分の強み・弱みを認識できる
    発見した強みとその強みを発揮したエピソードを紐付けるだけで、自己PRを作成可能
  • 「第二新卒の特集」があり、他の転職サイトより求人が探しやすい
    大量の求人から第二新卒の求人だけを探す余計な手間が省ける!

リクナビNEXTをおすすめできる人・できない人

リクナビNEXTをおすすめできる人
  • これから転職活動を始める人
  • 知名度の高いサイトを利用したい人
  • たくさんの求人情報から転職先を吟味したい人
  • 初めての転職活動で不安な人
  • 自分の強み・弱みを把握して転職活動に活かしたい人
リクナビNEXTをおすすめできない人
  • 転職先が絞れている人

リクナビNEXTは転職者の8割が使っている転職サイトで、第二新卒の求人数も豊富です。たくさんの求人情報から転職先を選びたい人におすすめですね。

ただですね。求人のジャンルも多種多様なので、転職先を絞っている人は業界特化型を使用した方が効率が良いかもしれません。

「職務経歴書」や「履歴書」をツールで簡単に作成できたり、転職活動の流れや退職交渉など転職ノウハウのコンテンツが充実していたりするので、初めての転職でも安心です!

リクナビNEXTの口コミ

詳細ページ 公式ページ

エン転職

項目詳細
総合評価 4.0
サイトの充実が高く、利用しやすい転職サイト
第二新卒の求人数 4.0
約3,700件
求人の質 4.0
中小企業から大手企業まで求人が豊富
サポート内容 4.5
徹底した企業への取材により、求人情報の質が高い

エン転職の特徴

  • 未経験歓迎や学歴不問の求人が多く、第二新卒からの転職のハードルが低い
    企業側も教育に力を入れている企業が多いので、実績がなくても安心!
  • 転職後に研修など支援プログラムがあり、入社後の不安を解消できる
    転職後にも研修への参加やサポートメールが届くなど献身的な支援を続けて受けられる
  • 求人情報の質が高い
    企業への直接取材により、求人情報が詳細に記されており、求人を吟味しやすい!

エン転職をおすすめできる人・できない人

エン転職をおすすめできる人
  • 応募する企業を詳しく見てから転職したい人
  • やりがいで仕事を探したい人
  • 社員の口コミも見ながら転職先を決めたい人
  • 学歴や経歴に自信がないけど転職を成功させたい人
  • 履歴書や職務経歴書の書き方に不安がある人
エン転職をおすすめできない人
  • サポートを受けながら転職を進めたい人
  • 営業・事務以外の職種を希望している人

エン転職は、求人を掲載企業への取材力に長けているので、応募する前から集まる情報が他のサイトより充実しています。

口コミサイトの「en Lighthouse」も運営しており、社風や福利厚生など入社後に知る内容まで知れるんです!慎重に応募企業を決めたい人におすすめですね。

一方、求人が営業職・事務職に偏っているので、他の職種を受けたい人には不向きかもしれません。

経験・学歴を問わない求人も多いので、1年未満の職歴の人や学歴に自信がない人でも優良企業へ転職できる可能性が十分にありますよ!

転職前後で献身的なサポートを受けられるので、初めての転職の不安が払拭できる転職サイトですね。

エン転職の口コミ

詳細ページ 公式ページ

はたらいく

項目詳細
総合評価 3.8
人物評価メインの地域密着型転職サイト
第二新卒の求人数 3.0
約540件
求人の質 4.0
地元企業を中心に求人を保有している
サポート内容 4.0
問い合わせ対応にはスピード感がある

はたらいくの特徴

  • 各都道府県内に本社がある地元企業の求人が多く掲載されている(限定求人が93%)
    地域密着型の優良企業の求人が多いので、転勤したくない人にもおすすめ!
  • 地元に詳しい人を集めるために社会人歴が浅い人でも人柄で採用している
    実績より企業との相性が重視されるので、第二新卒でも不利になりにくい
  • 「せきらら求人」により、企業の本音が分かる!
    企業のメリット・デメリットを公開しており、入社後のギャップを防げる!

はたらいくをおすすめできる人・できない人

はたらいくをおすすめできる人

<転職先にこだわりたい人>

  • 地元で働きたい人
  • 転職先の良いところ・厳しいところを知っておきたい人

 

<経歴以外をアピールポイントにしたい人>

  • 自分の長所に自信が持てない人
  • 経歴ではなく人柄で勝負したい人

 

<新卒など社会人経験が浅い人>

  • 転職活動をあまりしたことがない人
  • 未経験の職種にチャレンジしたい人
はたらいくをおすすめできない人
  • 大企業で働きたい人
  • すでに社会人経験が豊富な人
  • 高収入を目指している人

はたらいくは、地元に密着した転職サイトです。Uターン就職希望者や地元から離れたくない人におすすめですね。

一方、都会でキャリアップしたい人には向きません。

地域に密着した中小企業を中心に、未経験や第二新卒向けの求人が多いのが特徴。また、経歴より人柄を評価するスタンスの企業が多いんです。

人柄をアピールするエントリーシートを採用しており、書き方が分からない時は「レジュメのちかみち」を利用すれば、簡単に記載できます。

そのため、転職活動の経験がない第二新卒でも安心ですね!

はたらいくの口コミ

詳細ページ 公式ページ

Green

項目詳細
総合評価 3.5
未経験からIT業界へ転職したい人向け
第二新卒の求人数 2.8
約450件
求人の質 4.0
IT業界の大手・ベンチャー企業の求人が中心
サポート内容 4.0
採用担当者から直接スカウトあり

Greenの特徴

  • 採用担当者が直接スカウトしてくる
    IT業界は人手不足なので積極的なスカウトにより、未経験でも内定を獲得しやすい!
  • 企業への返信用のメールテンプレがある
    面接の日程交渉や内定辞退の文章を考える必要がないので、ストレスがかかりにくい
  • 求人に「気になるボタン」を押すだけで、企業とつながれる
    マッチ後は手軽に採用担当者とやりとりできるので、転職がスムーズに進む

Greenをおすすめできる人・できない人

Greenをおすすめできる人
  • IT・Web業界に転職したい人
  • 直接採用担当と連絡を取って転職を進めたい人
  • かしこまった面接ではなくカジュアルに面接したい人
  • 応募する企業の雰囲気をよく見てから応募したい人
Greenをおすすめできない人
  • IT・Web業界以外で転職先を探している人
  • サポートをしてもらいながら転職を進めたい人

Greenは第二新卒でも内定を獲得しやすいIT特化型転職サイトです。未経験者を求めている求人を多数保有しているためです。

しかしですね。ほとんどがIT業界の求人なので、他の業界を希望している人にはおすすめできません。

企業とマッチ後の採用担当者の面談はカジュアルな雰囲気で行われることが多く、転職先の雰囲気を知れるのが特徴。

加えて、求人情報が詳細に記されているので、入社前に雰囲気や求める人物像が分かりやすいんです。そのため、入社後にミスマッチを起こす可能性はほぼありません。

Greenの口コミ

詳細ページ 公式ページ

第二新卒におすすめの転職エージェントはキャリトレ!

キャリトレのおすすめポイント
  • 登録して職歴や希望条件をAIが分析して、マッチする求人を探してくれる
  • 面接確約のプラチナスカウトなら、書類選考が免除される
  • レコメンド機能により、求人紹介の精度が上がっていく
  • 第二新卒向けの求人数が業界トップクラス!
  • 一問一答形式で簡単に登録できる

    求人の数・質・サポート数など全てを考慮した結果、第二新卒におすすめの転職サイトは「キャリトレ」でした。

    キャリトレは主な利用層が20代ということもあり、第二新卒向けの求人数はトップクラスの1万5,000件!

    takeda
    takeda
    業界大手のビズリーチが提供しているので、安心感もありますよね。

    職歴や希望条件を入力するだけで、企業とのマッチ度判定ができる+企業からのスカウトがたくさん送られてきます。

    takeda
    takeda
    特に企業が求めている人材にはプラチナスカウトが届き、書類選考免除で面接に進めるので、内定の可能性がグッと上がります!

    興味を示した企業を学習する「レコメンド機能」により、応募企業を選定する時間を短縮できるのも魅力的ですね。

    キャリトレの登録は一問一答形式で簡単に終わります。求人の情報収集に優れているので、いずれ転職を希望しているなら登録しておいて損はありませんよ!

    \第二新卒向けの求人をチェック!/キャリトレの公式HPを見る

    第二新卒で良い転職サイトを選ぶ3つのポイント!

    転職サイトの選び方3つのポイント
    • 第二新卒の求人数が多いか
    • 求人の質は良いか
    • サポート内容が充実しているか

    転職サイトを選ぶためには、まず第二新卒向け求人数を確認してみてください。求人数が多い方が比較・検討できるためです。

    また、第二新卒特集や第二新卒向けの検索項目があると、納得できる求人に出会える可能性がグッとアップしますね。

    第二新卒向けの優良求人が多いどうかも見ておくべきポイントです。優良企業は業界内でシェア率の高い商材があったり「無借金経営」と会社のHPに表記されていたりします。

    今後も生き残っていける強みのある企業や倒産のリスクの低い企業の求人を見つけたら、応募すべきですよ!

    takeda
    takeda
    質の高い求人が多くでも、ハイキャリア向けなど実績重視の求人では、スキル・実績不足の第二新卒は採用されにくいんです…。

    スカウト機能は内定獲得に近づくだけではなく、転職先の視野を広げてくれます。異業種への転職も可能な第二新卒とっては人生の転機になるかもしれません。

    そのため、特に各サイトのスカウト機能の充実度を確認しておきましょう!

    採用担当者が第二新卒を評価する基準は入社意欲の高さ・社風とのマッチ度合い!

    第二新卒は入社意欲の高さや社風とのマッチ度合いが重要視されます。第二新卒はスキルや実績があまりなく、評価するポイントが通常の中途採用と異なるためです。

    志望動機や自己PRで企業側が評価するポイント
    • 仕事へのモチベーションが高いか(キャリアビジョンの有無+業務内容を念入りに調べている)
    • 企業が求める人材か(将来的に利益に貢献できる+一緒に働くメンバーとの相性)

    そのため、事前に企業研究をして、社風や事業内容は確認しておくことがマストですね。

    不利になるのを防げる?第二新卒の転職活動で注意すべき4つのポイント

    第二新卒が転職活動で注意すべき4つのポイント
    1. 転職活動は在職中に行う
    2. 退職理由は前向きな内容にする
    3. 企業選びで譲れないポイントを決めておく
    4. 応募企業の情報は口コミサイトを利用して調べる

    第二新卒向けの転職サイトを見つけられても、転職活動の方法を間違っていれば、理想の企業の内定を獲得することはできません。

    そこでここでは、第二新卒の転職活動で注意すべきポイントを4つ紹介します!

    転職活動は在職中に行う

    転職活動はできれば、在職中に行いましょう!無収入の期間が続くと、精神的にも金銭的にも追い込まれてしまうためです。

    雇用保険の失業手当を受け取るにも、退職から3ヶ月経つまで給付されません。また、1年未満で退職した場合は失業手当の受給資格すらないんです…。

    金銭的な余裕がないと、正常な判断ができなくなり、前より待遇の悪い会社へ入社してしまうかもしれません。そのため、安定収入を得ながら転職活動するのをおすすめします。

    ただですね。事情によっては無理をせず、退職や休職をしてから転職活動をしてくださいね。

    在職中に転職活動を行うべきではない場合の例
    • 長時間労働で転職活動をする余裕がない
    • 職場でセクハラやパワハラを受けている
    • 心身不調or体調不良を起こしている、または起こしそう

    退職理由は前向きな内容にする

    退職理由は前向きな内容にするのをおすすめします。会社や上司のせいにする退職理由だと「ストレス耐性がないから、うちもすぐに辞めそう」と判断されてしまうためです。

    「会社に対する不満」ではなく「前職では実現できないことがあるため、別の職場を探している」ことを退職理由にすると、前向きな印象になりやすいです。

    退職理由の例
    • 前職では部署異動がなかなか通らないので、希望職種の希望した
    • 前職は業務内容が細分化されていたので、裁量権の広い仕事に挑戦したい
    • 作業をこなすのではなく、実力主義の会社で自分の力を試したい

    前職の感謝を述べてから、退職理由に伝えた方がさらに良い印象になりやすいですよ!

    企業選びで譲れないポイントを決めておく

    転職活動をするなら企業選びで譲れないポイントを決めておきましょう。前職の不満(条件)を解消できれば、満足の行く転職活動になるためです。

    例えば、前職の不満が「労働時間が長すぎること」の場合は「月の残業時間は20時間未満の会社を選ぶ」といった具合です。

    しかしですね。高給・残業なし・内勤・福利厚生の充実など条件が多すぎると、応募できる企業が狭まってしまいます…。

    そのため、自分が理想とする働き方にはどんな条件が必要なのかをしっかり把握した上で、譲れない条件を取捨選択してみてくださいね!

    応募企業の情報は口コミサイトを利用して調べる

    応募する前に企業の情報を口コミサイトで調べておきましょう!企業の社風や価値観を事前に知っておくことで、入社後のミスマッチを防げるためです。

    例えば、年功序列の大企業から実力主義の営業会社に入ると、数字に対する意識や体育会系の雰囲気など会社に馴染めない場合もあります。

    口コミサイトは現職の社員や退職した社員が本音を書いているので、企業の実態が分かりやすいです。

    代表的な口コミサイト

    そのため、事前に口コミサイトをチェックしてみてくださいね!

    第二新卒向けの転職サイトに関するQ&A

    ここでは、第二新卒の転職活動に関する質問に答えていきます!

    第二新卒の転職活動が有利になるタイミングはいつ?

    第二新卒が転職しやすい時期は1〜3月です。新卒社員と同時期に研修が行えるので、教育コストを削減できるためです。

    人員補充の時期を見計って、有利に転職活動を進めましょう!

    第二新卒から大手企業へ転職できる可能性はあるのか?

    第二新卒でも大手への転職は可能です。第二新卒は転職市場の需要が高いためです。

    企業が第二新卒を求める理由
    • 社会人としての基礎スキルを身に付けており、教育コストが低い
    • 若いので長期的に会社へ貢献できる可能性が高い
    • 前職の慣習ややり方に染まっていないので、会社に馴染みやすい

    事実、2016年には広告業界大手の博報堂が第二新卒枠を2倍に増やしています。そのため、転職活動の方法次第で大手への転職も夢ではありません!

    第二新卒の転職活動の平均期間はどのくらい?

    転職活動の平均期間は、3〜6ヶ月ほどですね。転職活動の全体像は以下の通りです。

    • 準備期間(自己分析・企業研究):1〜2ヶ月
    • 選考期間(応募・書類選考・面接):1〜2ヶ月
    • 退職準備(引継ぎ・入社準備):1〜2ヶ月

    転職活動の流れは決まっています。そのため、効率良く内定を獲得するためには、ゴールから逆算して行動することをおすすめします。

    第二新卒でおすすめの転職サイトまとめ!

    今回のまとめ
    • 第二新卒向けの転職サイトおすすめランキング1位はキャリトレ!
    • 第二新卒向けの転職サイトを選ぶポイントは「第二新卒の求人数」「求人の質」「サポート内容」
    • キャリトレはこれら3つ全てにおいて高評価!

    第二新卒は転職の市場価値が高い存在です。しかしですね。自分にあった転職サイトを選ぶことができなければ、待遇の良い企業への転職はできません…。

    自分に合う転職サイトを見つけるためには「第二新卒の求人数」「求人の質」「サポート内容」を踏まえて選ぶのが重要です!

    今回は上記の3つのポイントをおさえ、おすすめの第二新卒向け転職サイトを紹介しました。

    takeda
    takeda
    特にキャリトレがおすすめです。

    求人紹介の質が高く、スカウト機能も充実しており、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

    転職サイトは好みが分かれます。そのため、上記のランキングから自分に合いそうなサイトを実際に使用してみることをおすすめします。

    第二新卒でおすすめの転職サイトをもう一度チェックする!