【初心者向け】転職エージェントとは?仕組み・使い方・選び方等の全知識

転職エージェントとは

求職者の経験やスキルをもとに求人を紹介してくれる「転職エージェント」ですが、次のような疑問を持っている人もいると思います。

  • 転職エージェントって安心して使えるの?
  • 転職エージェントを使うと何がいいの?
  • 転職エージェントを使うときに注意すべきことは?

そこでこの記事では、実際に転職エージェントを利用したことがある私の経験を踏まえて、以下について紹介します。

  • 転職エージェントの特徴・仕組み
  • 転職エージェントのメリット・デメリット
  • 転職エージェントを使う5つのコツ
  • 転職エージェントを利用する際の注意点
  • 自分に合う転職エージェントの選び方
kudou
kudou
転職エージェントは、転職活動の成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。

転職活動を納得したものにするためにも、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

目次

転職エージェントとは?仕組みと他サービスとの違いを知って、転職を優位に進めよう

転職エージェントとは?

転職エージェントとは?

転職先を探している求職者と人材を必要としている企業の架け橋的存在

転職エージェントを納得して利用するために、まずは転職エージェントの仕組みを押さえておきましょう。

転職エージェントとは、求職者と企業の架け橋のような存在です

転職先を探している求職者の特徴や経歴を把握した上で、人材を必要としている企業とマッチングさせるのを主な仕事としています。

また、ほとんどの転職エージェントは、無料で利用することができます。これは転職エージェントが企業から紹介報酬を得ているからです。

「紹介料をもらっているなら、人材を適当に紹介しているのでは?」と不安に思う場合もあるかもしれませんが、そんなことはありません。

kudou
kudou
というのも、転職エージェントは良い人材を継続的に提供しなければ企業との付き合いが終わり、事業を続けることができないからです。

つまり転職エージェントが存在することで「求職者は自分に合う仕事を見つけられ、企業は有望な人材を見つけられる」という双方が得をする仕組みになっているんです。

kudou
kudou
これが理解できれば、より安心・納得して転職エージェントを利用できるのではないでしょうか。

転職エージェントと派遣会社・ハローワークの違い

転職エージェントとは

転職エージェントと派遣・ハローワークの違いがよくわからないという場合もあるのではないでしょうか?

それぞれの違いを簡単に表現すると次のようになります。

転職エージェントと派遣会社・ハローワークの違い

<転職エージェント>
→人材を企業に「紹介」する
特徴:企業と社員として契約する

<派遣会社>
→人材を企業に「派遣」する
特徴:派遣先企業との直接契約はしない

<ハローワーク>
→求職者に「職業を紹介」する場所
特徴:あくまで自分自身で仕事を探す場所

転職エージェントは、人材を企業に「紹介」するのが仕事です。

転職エージェントを利用して転職した場合は、その企業の正社員・契約社員となって働くことがほとんどなので、社員として働ける職場を見つけたい場合に最適です。

一方、派遣会社は人材を企業に「派遣」するのが仕事です。派遣会社から派遣された場合、企業と雇用契約を結ぶことはありません。

kudou
kudou
あくまでも雇い主は派遣会社となるので、数ヶ月単位で更新をしたり、職場や職種を変更したりすることがほとんどです。

派遣会社を使えば、雇用形態に捉われず様々な職場や職種を経験できますが、安定性に欠けるのがデメリットです。

さらに、ハローワークはあくまで自分自身で仕事を探す場所として提供されている「職業紹介所」です。

転職エージェントや派遣会社のように担当者がマンツーマンで付いてくれるわけではありません。

なので、自分のペースで仕事を探したいという場合や、地元の求人を中心的に探したいという場合に向いているといえるでしょう。

kudou
kudou
以上のようにそれぞれ特徴は異なりますが、効率的に社員として転職したいのなら、やはり転職エージェント一択ということがわかると思います。

エージェントに登録してから就業までの流れ

エージェントに登録してから就業までの流れ
  1. 転職エージェントに登録する
  2. 面談・スキルチェックを受ける
  3. 求人を紹介してもらう
  4. 書類審査を経て選考に進む
  5. 選考に内定すれば就業

上記は、エージェントに登録してから、就業するまでの大まかな流れです。転職エージェントは、登録情報や面談内容から、求職者の経験・スキルを客観的に見極めます。

その上で最適な求人を紹介してくれるので、自分では思いもしなかった業界・業種の仕事を紹介してもらえることもあるんです。

kudou
kudou
ちなみに、登録から就業までの期間は使用するエージェントによって異なります。ちなみに私の場合は概ね2ヶ月くらいで転職できました。

中には「最短1月で転職可能!」と謳っているエージェントもあるので、就業までは最短で1ヶ月かかると考えておくのが良いですよ。

転職エージェントを利用するメリット・デメリット

転職エージェントを利用するデメリット
  • 担当者によって対応が異なる場合がある
  • エージェントからの連絡が増えるため、メールの返信・処理に時間がかかる
転職エージェントを利用するメリット
  • 無料で利用できる
  • 多くの求人から自分に合うものを探してくれる
  • 経験・スキルを客観的に評価した上で合う求人を紹介してくれる
  • 非公開求人から他社にない優良案件を紹介してもらえる
  • 業界情報をゲットできるから、書類選考・面接に有利
  • 企業とのやりとりを代行してくれるから、企業とのやりとりが苦手でも安心

転職エージェントの仕組みや存在は知っているもの、具体的なメリット・デメリットは知らないという場合もあると思います。

そこでここからは転職エージェントを使うメリット・デメリットを紹介します。

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントを利用するデメリット
  • エージェントからの連絡が増えるため、メールの返信・処理に時間がかかる
  • 担当者によって対応が異なる場合がある

転職エージェントを利用すると、メールや電話でエージェントと連絡を取り合うことになります。

エージェントからの連絡はおすすめ求人情報をはじめ、転職活動の役に立つものばかりですが、仕事をしながら返信していくのが手間だと感じてしまう場合もあります。

kudou
kudou
ちなみに、仕事が忙しくてメール・電話の処理が追いつかない場合には、連絡頻度を下げて欲しい旨伝えることができます。

自分の状況をしっかり伝えれば、エージェントさんも対応を変えてくれるので安心してくださいね。

また、転職エージェントは、担当者によって対応が異なる場合があります。

稀に、相性が悪い担当者さんに当たってしまうこともあり、転職活動が思ったように進まないなんてことがあるのもデメリットと言わざるを得ません。

kudou
kudou
ただ、実際に転職エージェント使ったことがある私の所感だと、担当者さんは親切な方がほとんどです。

もしも、担当者さんとの相性が悪いと感じた場合は、担当を変更してもらうこともできるので、相談してみましょう。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリット
  • 無料で利用できる
  • 多くの求人から自分に合うものを探してくれる
  • 経験・スキルを客観的に評価した上で求人を紹介してくれる
  • 非公開求人から他社にない優良案件を紹介してもらえる
  • 業界情報をゲットできるから、書類選考・面接に有利
  • 企業との連絡を代行してくれるから、企業とのやりとりが苦手でも安心

転職活動は、多くの場合、働きながら進めていくことになると思います。

働きながら、ネットに掲載されている求人情報を一つひとつ自分で吟味していくのには、とても時間がかかりますよね。

kudou
kudou
そこで転職エージェントの出番です。転職エージェントを利用すれば、世の中に数多くある求人の中から、自分に合う求人をピックアップしてもらうことができます。

しかも、各エージェントしか保有していない非公開求人を紹介してもらうこともでき、普通に求人を探しているだけでは出会えない求人が見つかるのもメリットです。

さらに、実績がある転職エージェントほど、各業界のトレンドに詳しく、どんな人材が必要とされているかどうか把握しているものです。

kudou
kudou
そのため、転職エージェントを使用すれば、業界情報をゲットできるので、書類選考・面接を有利に進めることもできます。

なお、転職後の年収や入社時期などの交渉も代わりに行ってくれるので、企業とのやりとりが苦手な場合でも安心して利用できます。

メリット・デメリットからみる転職エージェントをおすすめできる人の特徴!

転職エージェントをおすすめできる人の特徴
  • 効率よく転職活動を進めたい人
  • 自分の強みを生かせる職場に転職したい人
  • 他では見つけられない優良求人に応募したい人
  • 書類選考・面接をより確実に突破したい人
  • 応募企業とのやりとりをスムーズに進めたい

転職エージェントは、転職活動をスムーズに進めるためには必須のサービスといえます。

なので、自分の強みを発揮できる職場をより効率よく見つけたい場合には、転職エージェントがおすすめです!

また、書類選考や面接に自信がない場合にも転職エージェントは最適です。

kudou
kudou
業界に精通している転職エージェントを利用すれば、業界情報を教えてもらえる上に、書類の書き方・面接対策講座を受けることもできます。

さらに「企業とのやりとりが苦手」「仕事が忙しくて企業への返事をする時間が取れない」という場合でも、応募企業とのやりとりを代行してもらえば安心です!

なお、より詳しく転職エージェントのメリットを知りたい場合は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事
転職エージェントのメリット・デメリット9選!利用すべきはこんな人!転職エージェントを利用して転職活動を行う方もたくさんいるかと思いますが、初めて使う場合だと、 どんなメリットがあるの? ...

転職エージェントを使って、転職を効率的に成功させる5つのコツ

転職エージェントとは

転職エージェントの使い方5つのコツ!
  1. 自分の希望条件や、紹介された求人への感想は素直に伝える
  2. 転職希望時期は最短で転職する場合の時期を伝える
  3. エージェントからの連絡には早めに返信する
  4. 相性が悪い担当者に当たった場合は、変更してもらう
  5. 複数のエージェントを活用する

利用することで効率よく転職活動を進められる転職エージェントですが、いくつかコツを押さえることで、より転職を成功に導くことができます。

そこでここでは、転職エージェントを使って、転職を効率的に成功させる5つのコツを紹介します!

自分の希望条件や、紹介された求人への感想は素直に伝える

転職エージェントに登録したり面談を行ったりする際、希望の条件を聞かれます。その際、転職先の条件は自分が正直に思っている条件を伝えるようにしましょう。

kudou
kudou
中には「自分なんかがこんな条件出していいのかな」と思う場合もあると思いますが、遠慮してはもったいないです。

自分が持っている条件を正直に伝えれば、そのぶん理想的な求人をピックアップしてもらうことができます!

また、エージェントを利用していると、自分の希望条件には合わない求人を紹介されることがあります。その際も、紹介された求人に対する感想を正直に伝えるのが良いです。

「年収がちょっと低いです」「勤務地が遠いですね」など、求人内容と自分の条件の何がどう合わなかったのか伝えれば、より自分に合う求人を紹介してもらいやすくなりますよ!

転職希望時期は最短で転職する場合の時期を伝える

転職エージェントは、企業に人材を紹介するのが仕事です。

そのため、直近で転職する可能性が高い求職者に、求人をより多く紹介し、企業の人材不足を解消したいという考えを持っています。

kudou
kudou
実際に私も、転職時期が近くなるにつれて、エージェントから紹介される求人数が増えていったという経験があります。

なので、転職先をいち早く見つけたい場合には、最短で転職する場合の時期を伝えるのがおすすめです。

より多くの求人を比較検討できるので、納得して転職先を決めることができますよ。

エージェントからの連絡には早めに返信する

エージェントからの連絡に早めに返信するのも、転職エージェントを使いこなすコツのひとつです。

先述の通り、エージェントは企業の人手不足を解消するべく「転職意思が高い求職者に求人を提案したい」と考えています。

エージェントからの提案に早く返信すれば、それだけ「早く転職したい」という意思をアピールすることができ、より多くの求人を提案してもらいやすくなるんです。

なので、転職エージェントからの連絡には、できれば翌日までに返事をするようにしましょう

kudou
kudou
ちなみに私は、エージェントからの連絡に早く返信していたことで「工藤さんはすぐに返信してくれるので、仕事がしやすいです!」と担当者さんと良い関係を築くこともできました。

担当者さんと良い関係を築ければ、それだけ自分の本音も言いやすくなります。

自分自身が転職エージェントを使いやすい環境を作るためにも、エージェントからの連絡には早めに返信しましょう。

相性が悪い担当者に当たった場合は、変更してもらう

転職エージェントを利用していると、稀に相性が悪い担当者さんに当たってしまうことがあります。

担当者との相性が悪いと、提案された求人に対して正直な感想を言いにくかったり、転職活動へのモチベーションが下がってしまったりします。

結果的に、転職エージェントを使っているにもかかわらず、転職活動の効率が下がってしまうことも…。

そのため、もしも相性が悪い担当者さんと当たってしまったら、担当を変更してほしい旨、転職エージェントにお願いしてみましょう。

kudou
kudou
ちなみに、転職エージェント側も、担当者変更の連絡については慣れっこだそうです。

なので、自分の転職を成功に導くためにも、相性が悪い担当者さんと出会ったら、遠慮せずに担当者変更のお願いをしましょう。

エージェントを2〜3社同時に活用する

転職エージェントには、さまざまな種類があり、各エージェントによって扱う求人が異なります。

そのため、より効率よく転職活動を進めたい場合には、エージェントを2〜3社同時に活用するのがおすすめです。

エージェントを2〜3社同時に活用すれば、1つのエージェントではカバーしきれていない業界の求人もチェックすることができます。

その結果、より自分の経験・スキル・条件に合う求人に巡り合いやすくなるんです!

kudou
kudou
なお、複数のエージェントを利用することは全く問題ありません。

ただし、トラブルを避けるためにも、複数の転職エージェントに登録する際は、他のエージェントを併用していることは伝えましょう

転職エージェントを利用する際の3つの注意点

転職エージェントを利用する際の3つの注意点
  • 希望業界の求人が少ないと、求人を紹介してもらえない場合がある
  • エージェントのサポートの質が低いと、転職後のミスマッチが起きてしまう
  • 取り扱い求人が少ない/質が低いと希望に沿わない求人を紹介される

転職エージェントは、転職活動をスムーズに進めるパートナーのような存在です。ただ、利用する際は、注意しておかなければならないことがあります。

上記について、それぞれ詳しく解説しますね。

希望業界の求人が少ないと、求人を紹介してもらえない場合がある

転職エージェントによって、扱っている求人の種類は様々です。

そのため、自分が利用している転職エージェントが扱う求人の中に、希望の業界の求人が少ない場合、求人を紹介してもらえない場合があるので注意しておきましょう。

kudou
kudou
そのため、転職エージェントを利用する際は、取り扱い求人にどんな業界の求人が含まれているのかをチェックするのが重要です。

エージェントのサポートの質が低いと、転職後のミスマッチが起きてしまう

転職エージェントは、業者によって求職者へのサポート内容が異なります。

実績・ノウハウがあるエージェントほど、サポート内容が充実している傾向があり、求人の提案の質も高いので、転職後も安定して働ける職場に出会える可能性が高くなります。

一方、サポートの質が低い転職エージェントを選んでしまうと、経験・スキルを正確に理解してもらえないことがあるので注意が必要です。

kudou
kudou
転職した後に「こんな職場に転職したかったわけじゃないのに…」と後悔してしまう可能性があります…。

誰しもせっかく転職するなら、誰しも後悔なく満足できる転職にしたいと思うはずです。そのため、転職エージェントを選ぶ際は、サポートの内容・質もチェックしておきましょう。

取り扱い求人が少ない/質が低いと希望に沿わない求人を紹介される

転職エージェントによっては、求人の数や質も異なります。

求人数が少ないエージェントを利用する場合、ある特定の業界に特化していない限りは、自分に合う求人を見つけにくいでしょう。

また、求人数が多くても、求人の質が低ければ、希望条件に合う求人に巡り合えないどころか、的外れな求人を紹介されてしまうかもしれません。

そのため、転職エージェントを利用する際は、求人の数や質も確認しておく必要があります。

kudou
kudou
このように、転職エージェントは、正しく選ばなければ効果的に利用できません。

そこで次では、転職エージェントの選び方を紹介します!

後悔しない!転職エージェントの選び方5つのポイント!

転職エージェントとは?

転職エージェントの選び方5つのポイント!
  1. 求人数
  2. 求人の質
  3. サポート内容
  4. 実績
  5. 転職先業界

転職エージェントは、それぞれ扱っている求人数・求人の質・サポート内容・実績・取り扱い業界の種類が異なります。

そのため、上記のポイントを押さえつつ各転職エージェントを比較してはじめて、自分に合う転職エージェントを見つけることができます。

ただ、すべての転職エージェントをかたっぱしから調べるのはとても大変な作業ですよね。

そこで、以下の記事では、転職エージェントを利用したことがある私の経験をもとに、転職エージェントのおすすめ比較ランキングを紹介しています。

kudou
kudou
「自分に合う転職エージェントを見つけたい」「転職を成功させたい」場合は、ぜひ参考にしてみてください。
関連記事
【2020年最新版】本当におすすめの転職エージェント比較ランキング15選!転職エージェントは効率よく、そしてより確実な転職をサポートしてくれる存在です。 一方で、転職エージェントには様々な種類があるため、...

転職エージェントを利用して、転職活動を成功に導こう!

転職エージェントをうまく使うコツ!
  1. 自分の希望条件や、紹介された求人への感想は素直に伝える
  2. 転職希望時期は最短で転職する場合の時期を伝える
  3. エージェントからの連絡には早めに返信する
  4. 相性が悪い担当者に当たった場合は、変更してもらう
  5. 複数のエージェントを活用する

転職エージェントは、転職先を探している求職者と人材を必要としている企業の架け橋的存在

利用することで、効率的に自分に合う求人を見つけ出すことができるので、転職活動をスムーズに進めたい場合に最適です。

kudou
kudou
なお利用時は、転職先の希望条件を正直に伝え、なるべく返信を早くすることで、自分に合う求人を紹介してもらいやすくなります。

ただし、利用するエージェントによっては、そもそも求人を紹介してもらえなかったり、転職後に「こんな職場に転職したかったわけじゃない」と後悔してしまう恐れもあります。

なので、転職エージェントは、正しい比較基準をもとに選ぶのが重要です。

以下の記事では、転職エージェントを利用したことがある私の経験を踏まえて、転職エージェント15社を比較しランキング形式で紹介しています。

kudou
kudou
「自分に合う転職エージェントはどこか知りたい!」という場合は、ぜひチェックしてみてください。
関連記事
【2020年最新版】本当におすすめの転職エージェント比較ランキング15選!転職エージェントは効率よく、そしてより確実な転職をサポートしてくれる存在です。 一方で、転職エージェントには様々な種類があるため、...