うつ病からの転職は不利?成功率を上げるおすすめの転職方法とは

  • うつ病を治してまた元気に働きたい…!
  • でも転職を成功させるにはどうしたらいい?

このような悩みはありませんか?

honda
honda
うつ病を診断されたものの、自分に合う職場を見つけて現状を変えたい気持ちはあると思います。

この記事では「うつ病の転職活動で不安に感じること」「うつ病が再発しにくい転職先」「うつ病の転職活動におすすめの方法」についてまとめました。

長く働ける職場を見つけるヒントがあるはずなので、ぜひ最後まで読んでみてください。

うつ病と診断された人が抱える不安

うつ病と診断された人が抱える不安
  • 休職ってできるのかな?
  • 退職しなくちゃいけない…?
  • そもそも転職したからって解決する?
  • だれに相談したらいいんだろう?
  • 上司や家族に怒られそうで正直に言えない…
  • 相談はしたいけど、本音をさらけ出しにくい
  • 貯金なくならないかな?
  • 生活していけるのか心配…

うつ病と診断されたとき、いろいろな不安を感じると思います。

今後の生活や仕事について考えると、生きているのがつらい瞬間もあるのではないでしょうか。

honda
honda
うつ病は、日常生活は送れるのに仕事だけ行けないケースもあります。

そのため「もしかしたら自分が怠けているだけかもしれない」と、葛藤を続ける人もいるんです。

ですが、まずは健康を取り戻すことがなによりも大切です。では療養するために、仕事をどうすればいいのでしょうか。

休職?退職?うつ病になったらどっちがいいの?

休職?退職?うつ病になったらどっちがいいの?

うつ病と診断された場合、仕事の休職と退職どちらを選べばいいのか悩むかもしれません。

honda
honda
病状によって判断がわかれるため、基本的にはかかりつけの医師の判断に従いましょう。

うつ病になったときの選択①休職する

まず、仕事を休職して療養する場合についてお伝えします。

休職した場合に受けられる公的支援は、公的医療保険(健康保険)から「傷病手当金」をもらえること。

傷病手当金は、病気やケガで休職している間、標準報酬月額の3分の2の金額が支給される制度です。

支給開始した日から最長1年6ヵ月もらえるので、お金の不安を減らせます。

honda
honda
ただ傷病手当金をもらうためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

また会社によって休職期間の規則があるので、勤務先に相談してみてくださいね。

うつ病になったときの選択②退職する

病状によって、退職が必要なケースはあります。

うつ病になった原因が職場にかかわることなら、環境を変えることで回復につながる場合があるからです。

honda
honda
私の職場には、休職と復職を繰り返している同僚がいました。

彼の復職が決まるたびに、仲間同士でサポートを決意したんです。でも毎回、数日で職場に来られなくなってしまって…。

彼は医師の判断で退職することになったんですが、数年後に会ったとき、元気な姿を見せてくれましたよ!

ただ療養のために退職しても、ちゃんと再就職できるのか不安だと思います。そこで転職を考えたとき、どんな職場を選べば再発しにくいのか調査してみました。

うつ病になったときに再発しにくい3つの転職先

ここで、うつ病になったときに再発しにくい3つの転職先を紹介します。

正社員ではなくパート(アルバイト)で働く

ひとつ目に、正社員ではなくパートで働く選択肢があります

働く時間が少ないうえ覚えやすい作業を任される傾向があるため、少ない負担で働けるメリットがあるんです。

また病気の状況によっては、いきなり一般求人の正社員を目指すとなるとハードルを高く感じることもあると思います。

ですが正社員に比べて負担が少ないパートなら、一般の求人へ応募するハードルが下がり、転職にチャレンジしやすいかもしれません

honda
honda
また、未経験の業種に挑戦しやすい良さもあります。

新しい環境で体調に合わせて少しずつ働いているうちに、自分に自信がついてくこともありますよ。

精神障害者に理解のある職場で働く

うつ病をオープンにし、精神障害者に理解のある職場で働いてみるのもおすすめです。

じつは平成30年4月に改正された「障害者雇用促進法」では、精神障害者の雇用が義務化されています。

「障害者雇用促進法」とは、障害者の雇用を安定させるための法律。改正とともに、精神障害者の雇用を受け入れる企業が増えているんです。

同時に企業で精神障害についての認知度が高まっているため、うつ病患者の不安な気持ちに耳を傾けてもらえることがあります

honda
honda
ただ注意が必要なのは、精神障害者の雇用を受け入れている企業でも社員全員に理解を得られるわけではないこと。

見極めは難しいので、入社前に企業の採用担当者とじっくり相談する必要があるかもしれません。

就労移行支援を利用して働く

最後におすすめするのが、一般企業への就職を目指す障害のある方を支援してくれる「就労移行支援」。

就職先を紹介してもらうことはできませんが、就職に必要な知識やスキル向上のためのサポートを受けられます。

さらに実際の企業で働く体験ができるため、少しずつ段階を踏んで社会復帰できます

honda
honda
就労移行支援は、原則2年間利用できます。

他のサービスで就職先を決めた後もサポートしてもらえるため、復職後や転職後も心強いですよ。

バレるのがこわい!転職したいときはうつ病を隠すべき?

「うつ病は第三者から理解を得にくいのでは?」

こんな不安から、転職先へうつ病を正直に伝えるべきなのか、判断に迷うことがあると思います。

もし就職後に不安があるのなら、最初に伝えてしまう方が楽かもしれません。万が一仕事に出かけるのがつらくなってしまったとき、休みをもらいやすいからです。

ですがすでに病状が安定しているのであれば、伝えない選択をしても大丈夫。ここまで努力を積み重ねたありのままの自分で、これからがんばってみましょう!

honda
honda
ただうつ病を申告しないことで「自分はウソをついているのでは?」と悩んでしまうケースもあります。

申告しないことで自分の心に負担がかかってしまうのであれば、伝えてみるのもひとつの手ですよ。

とはいえ「うつ病を抱えての転職は不利かも…?」と不安がふくらむかもしれません。そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

うつ病の転職は不利!?転職活動で不安に感じる5つのこと

ここで、うつの転職活動で不安に感じることをお伝えしていきます。

転職したらうつ病は治る?

うつ病になった原因によって、転職により病気が治る場合と治らない場合があります

勤めていた職場での過労や人間関係が病気の原因であれば、自分に合った新しい環境で回復していく期待ができます。

ですが職場に原因がなければ、職場を変えたところで回復の見込みがないこともあるんです。

honda
honda
なにが回復につながっていくのかは、かかりつけの医師と相談が必要になります。

自己判断はせずに、専門家に相談してみましょう!

うつ病の場合、退職理由はなんて伝える?

勤めていた会社の上司や仲間にうつ病を告白するとなると、勇気が必要かもしれません。

ですが、うつ病を会社に伝えて退職することで「失業給付金(失業手当)」を早くもらえることがあります。

失業給付金は、転職や自己都合で退職する場合、約3カ月の待機期間をへてから給付されます。

ですがうつ病を会社に伝えて休業し「傷病手当金」を受給していたのであれば、待機期間なしで失業給付を受給できることがあるんです。

honda
honda
退職後に心配なお金の不安を減らせます!

もしできるのであれば、うつ病を会社に告白することを検討してみてくださいね。

正社員・パート(アルバイト)のどちらがいい?

正社員かパートのどちらを選択するかは、状況によって変わってきます

うつ病がどれぐらい回復しているのか、養う家族がいるかなどによっても判断に迷うのではないでしょうか。

honda
honda
ただなにより大切なのは、体調第一ということ!

せっかく回復してきたうつ病が、社会復帰を焦ったために悪化してしまうと悲しいものです。

早く仕事に付きたい気持ちはあると思いますが、まずは体調の回復を考えて、かかりつけの医師や専門家と一緒に決めていきましょう。

面接で前職の退職理由を聞かれたらどうしよう!

面接で退職理由を聞かれることは、よくあるケースです。

もし「残業ができない」「疲れやすくて休憩が必要」など、会社に配慮してほしいことがあれば伝えたほうがいいかもしれません

なぜなら自分の病状を職場で理解してもらえれば、働きやすくなることがあるからです。

honda
honda
病気への配慮が必要な場合、理由がわかれば周囲が協力しやすいケースはあります。

自分に合う職場を見つけるために、転職先に病気を伝えるのも一つの手段かもしれませんね。

うつ病だと転職を繰り返すと思われない?

うつ病を告白すると、企業に「この人はすぐに転職してしまうかも…」とマイナスなイメージを与えてしまうかもしれません。

ですが、うつ病は少しずつ回復していくもの。トライ&エラーを繰り返しながら、自分のベストな働き方を探して回復を目指す人はいます。

せっかくうつ病から回復するために、努力を重ねているんです。マイナスなイメージを払拭するために、企業へのアピール方法を工夫してみましょう!

honda
honda
うつ病になってから回復まで、どんな努力をしてきたのか経緯を説明してみるのがおすすめです。

ただ、そもそも大切なのは転職の回数ではありません!少しずつ回復しているかどうかが重要なので、自分を必要以上に責めないで大丈夫ですよ。

うつ病で転職を成功させるには転職エージェントを頼るのがおすすめ

うつ病で転職を成功させるには、転職エージェントの利用がおすすめです

転職エージェントは、うつ病を抱えて転職を目指す人がどんな悩みを抱えるのか熟知しているため、あなたの不安に寄り添ってくれます。

また転職に成功した人が、どんな失敗を繰り返して成功にいたったのか、多くの体験談を知っているのも心強いポイントです。

honda
honda
いろいろな体験談を知っている人からもらえるアドバイスは、安心感が違います。

転職のプロによるサポートで、自分に自信がつくこともありますよ!

とはいえ、どの転職エージェントを利用したらいいのかわからないときのために、おすすめのサービスを紹介していきます。

うつ病で転職するときにおすすめの転職エージェント

ここで、うつ病で転職するときにおすすめの転職エージェントについて紹介します。

事務職が充実している「dodaチャレンジ」

転職業界でも大手企業が運営する「dodaチャレンジ」は、求人件数が豊富な転職エージェント。

公開されている求人だけでも1,000件以上あるため、選択肢が多く自分に合う職場を見つけやすいのが特徴です。

とくに事務職の求人情報に強く、就労移行支援と連携しながら少しずつ社会復帰できるサポートを受けられます

honda
honda
障害の特性に合わせて専門チームで支援しているため、精神障害の転職に詳しい担当者からアドバイスを受けられますよ。

\豊富な求人数から選べる!/dodaチャレンジの公式HPを見る

うつ病専門の就労支援サービスがある「アットジーピー」

転職成功者の定着率が90%あり、マッチング率の高い転職エージェントが「アットジーピー」です。

うつ症状専門の就労支援サービス「シゴトライ」を利用できるため、同じ悩みを持つ仲間と出会えることもあります。

ストレスマネジメントの研修や企業実習などを受けることにより、職場復帰がイメージしやすくなるのも魅力です

honda
honda
「面接が苦手」「対人関係に自信がない」という場合でも、長く働ける転職を支援してくれますよ。

\定着率90%の転職支援が受けられる/アットジーピーの公式HPを見る

年収アップが期待できる「ランスタッド(障害者求人)」

世界39の国と地域4,700以上の拠点をもつ、世界最大級の総合人材サービス「ランスタッド」。

転職を成功させた約60%が年収300万円以上を叶えており、年収アップが期待できます。

ただ求人のほとんどが正社員のため、直近に2~3年以上のフルタイム勤務の経験がないと紹介が厳しいかもしれません。

honda
honda
もしかしたら、応募のハードルが高そうに感じるかもしれません。

ですが、専任コンサルタントの親身なサポートが好評なため、チャレンジしたい気持ちがあるのなら相談してみてもいいかもしれませんよ!

\正社員を目指して年収アップ!/ランスタッド(障害者求人)の公式HPを見る

うつ病になっても転職を成功させてもう一度元気を取り戻そう!

うつ病になってからの転職は、悩みが尽きないかもしれません。ですが何度も失敗を繰り返しながら、転職に成功させる人はいます

まずはうつ病と向き合ってしっかりと療養することからはじめ、少しずつステップアップしていきましょう。

honda
honda
社会復帰するためには、サポートしてくれる人の存在が大切です。

ひとりで抱え込まないために、よければ家族や友だちなど信頼できる人に相談してみてくださいね。

うつ病の転職に詳しいプロは、実際の体験談からさまざまなノウハウを持っています。

きっと不安な転職活動の心強い支えになってくれますので、よかったら相談してみてくださいね。