Uターン転職ってあり?おすすめな人と失敗しないための5つのポイント

「Uターン転職を成功させて、仕事もプライベートも充実した地元ライフを送りたい!」と思う一方、

  • Uターン転職の手順や成功させるポイントを知りたい
  • Uターン転職のメリット・デメリットは?
  • Uターン転職でキャリアを棒に振りたくない

と悩んでいませんか?

ここではUターン転職活動経験者かつ情報を調べ尽くした私が、以下について紹介します!

  • Uターン転職とは
  • Uターン転職の5つのメリット・デメリット
  • Uターン転職をおすすめできる人・できない人
  • Uターン転職で希望条件通りの転職を成功させるためのポイント5つ
  • Uターン転職の5つの手順・やり方

takeda
takeda
この記事で紹介する内容を実践すれば、誰でもきっと納得のいくUターン転職を実現できますよ!

【最近増加中】Uターン転職とは

Uターン転職の定義

地方で生まれ育った人が都心の学校を卒業→就職。その後、新しい職を求めて、地元に転職すること。

就職を機に都心へ。その後、地元で転職する場合も含まれる。

例えば「青森で育った人が東京の大学へ入学。その後、東京で就職し、数年後に青森の企業に転職する」場合は、Uターン転職に当てはまりますね。

Uターン転職者は年々増加中です。地元に帰って仕事がしたい人やしないといけない人がいるためです。

  • 家庭の事情(親の介護、子育て)
  • 都会の生活に疲れた
  • キャリアチェンジ

家族や友人が近くにいることや土地勘があるので暮らしやすいことも、Uターン転職を後押しする要因の一つですね。

優秀な人材を採用したい地方の企業や地域活性化の取り組みを強化する地方自治体が増えています。そのため、Uターン転職の制度を導入する企業も珍しくありません。

Uターン希望者の増加は地元に帰りたい人が一定数いることを証明しています。

通常の転職との相違点:仕事と共にライフスタイルまで変化する

通常の転職は会社や職種を変えるものです。しかし、Uターン転職は仕事共にライフスタイルも変化します。

都会から田舎へ生活基盤を移すので、大きく価値観が変わる場合が多いですね。

  • 子育ての価値観
  • 金銭感覚
  • 地方特有の文化

例えば、都会では電車移動がどこでもいけますよね?しかしですね。地方では車がないとやっていけません…。

そのため、都会の生活から地方の生活へ馴染めるかどうかが、Uターン転職が上手くいくかに関わってきます!

地方ならではの魅力?Uターン転職の5つのメリット!

Uターン転職の5つのメリット

<ライフスタイル編>

  • 都心部より物価が安く、生活コストを大幅にカットできる
  • 両親の近くで暮らせる安心感がある
  • 地域コミュニティに属することで子育てにも良い影響がある

 

<仕事編>

  • 専門性の高いスキルを評価してもらえるチャンスがある
  • 通勤ラッシュに巻き込まれることがほぼない

都会の生活は便利ですが、出費や制限の多さがネックですよね。

一方、地方は便利さで都会に劣ります。ただですね。地方ならではのゆとりを持った生活は人の心を掴むこともあるんです。

ここではライフスタイル編と仕事編に分けて、Uターン転職のメリットをお伝えします!

ライフスタイル編

Uターン転職をすると、都心部に勤めていた頃より給与は下がりやすいです。しかしですね。地方には給与を差し引いてもメリットになる生活への影響があります。

takeda
takeda
Uターン転職を決意する決め手にもなりやすいので、検討している人は必見です!

都心部より物価が安く、生活コストを大幅カットできる

都心部より物価の安さから生活コストが抑えられるのもメリットですね。特に家賃には大きく差がつくので確認しておきましょう。

東京の全体家賃相場は8.6万円(※)です。一方、地方なら8万円もあれば、ファミリータイプのマンションが借りられます。

似たような価格で広い家が借りられるのは魅力的ですね。地方に住めば、戸建て住宅やマンションの価格も低いので、若いうちから理想の住まいを実現できますよ!

(※)参照:ハウスコム

両親の近くで暮らせる安心がある

両親の近くに住むことや同居できることも、Uターン転職のメリットですね。両親の老後の面倒を見やすいためです。

事実、厚生労働省の調査によると、平成31年3月時点で要介護認定者は658万人と増加の一途を辿っています。

やはり、将来のことを考えると両親の近くで暮らしたい人もいるのではないでしょうか?実家の近くで仕事ができれば、いざという時に駆けつけやすくなり、心配が減りますよ!

地域のコミュニティに属することで子育てにも良い影響がある

地方は子供を育てる最適な環境なんです!地方は都会と比較して、幼稚園や保育園に入園しやすいためです。

都会では待機児童問題もあり、保育園の定員が一杯になってしまい、仕事と子育てが両立しにくいのが現状ですよね。

地方は都会よりご近所付き合いが親密です。地域の子供を集めてイベントを行ってる地方もありますよ。

地域の子供を対象したイベントの例
  • お祭りの太鼓を叩く
  • 日帰り旅行(レジャー施設など)
  • クリスマス会(ケーキ作りやプレゼント交換)

近所の友達もできやすく、子供としても良い経験になりますよ。

仕事編

地方の仕事に打ち込めるか心配…。という方もいますよね。

ただですね。今は地方からでも新しいことに挑戦でき、余計なストレスを感じずに仕事に集中できるんです。

そこでここでは、Uターン転職の仕事でのメリットをお伝えします。

専門性の高いスキルを評価してもらえるチャンスがある

地方でも専門性が高いスキル人材を欲しています。政府が「地方への人材の流動化」を戦略として打ち出しているためです。

  • 地方自治体:地域活性化のため
  • 地方企業:事業を継承していくため

例えば、地元企業のHP制作・デザインやWebを使った販促活動など地方の弱点を補い、地域活性化や事業の繁栄させることが狙いです。

地方から新しい事業を生み出すためにも、専門性の高いスキルを持った人材が求められています。

通勤ラッシュに巻き込まれることがほぼない

都会では満員電車で通勤するのが当たり前の人もいますよね?しかしですね。地方では通勤ラッシュに巻き込まれることもありません。人が少ない+車通勤できるためです。

精神的に余裕を持って通勤できれば、仕事へのストレスが軽減されやすいです。満員電車に乗ると、職場に到着する前に疲弊し、仕事の質が下がってしまいます。

そのため通勤ラッシュを避けられるのはサラリーマンにとって、大きなメリットですね!

未発達だからこその不満?Uターン転職の5つのデメリット!

Uターン転職の5つのデメリット!

<ライフスタイル編>

  • 引越しのコストがかかる
  • 車移動が必須になる


<仕事編>

  • 求人数が少なく、希望職種の募集がない
  • 人手不足により、条件の悪い会社が多い
  • セミナーやスクールが開かれることがほぼない

地方は都会と比べると、お金がかかりません。ただですね。Uターン転職は通常の転職より新生活の始める際のコストが大きくかかってしまうんです。

takeda
takeda
Uターン転職は準備段階でのデメリットが多いので、対策を立てておくことが大切ですね。

ライフスタイル編

Uターン転職は遠く離れた地元に帰る分、多くのお金と時間を消費する可能性が高いです。転職の前にコストがかかることを認識しておきましょう…。

ここではUターン転職の生活面のデメリットをお伝えします。

引越しのコストがかかる

引越しのコストは大きな出費になりますね。特に実家暮らしをせず、新しい住居に住む場合は引越し費用+家賃や初期費用など諸々が一気にかかるので要注意です。

引越し費用の例
  • 東京〜新潟間:約300km
  • 引越しの荷物量:家族3人分
  • 平均引越し費用:121,000円
以上が300km圏内の引越しの平均額です。ただですね。荷物量が多い場合や繁忙期の場合はもっと高額になるので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

車移動が必須になる

地方では仕事でもプライベートでも車移動がメインになります。地方は交通網が未発達なためです。

どこでも電車で行ける都会と違い、公共交通機関を利用した方がかえって、時間や交通費がかかることもあるんです…。

また、自家用車の購入や駐車場付きの家に引っ越す必要があります。地方へ引っ越す際は、車関係のコストがかかることも念頭に置いておきましょう!

仕事編

仕事探しに苦労するのもUターン転職のデメリットの一つです。

「学力も職歴にも自信があるし、大丈夫でしょ!」と思っている人こそ注意してくださいね。地方の企業では部下としてオーバースペックと敬遠される可能性があるためです。

ここではUターン転職の仕事探しのデメリットを確認しておきましょう。

求人数が少なく、希望職種の募集がない

地方では自分が求めている条件の企業に巡り合えないかもしれません…。都会より人口や企業数が少ないためです。

都心では仕事を分業しますが、地方の場合は分業せずに業務内容が多義に渡ります。つまり、職種もまとめられている場合が多いんです。

例えば、都心の広告会社はマーケター・営業職・メディア担当など職種が豊富ですが、地方では企画営業と一つの職種になっています。

そのため、地方ではスペシャリストよりゼネラリストが求められる傾向がありますね。

人手不足により、条件の悪い会社が多い

地方にはブラック企業が多いとされています。外からの刺激がない分、体質を改善する機会があまりないためです。

例えば、転職組がいれば、会社がおかしいことに気付き、何かしらのアクションを起こせます。

しかしですね。新卒入社の社員が多い会社やワンマン社長タイプの企業は、ブラックな労働体制に疑問を抱かないようになりやすいです。

ブラック企業の見極め方
  • 求人サイトに常に求人が掲載されている
  • 口コミサイトの評判が異常に悪い
  • 会社の離職率が30%以上(または表記なし)

以上のどれかに当てはまっていれば、ブラック企業の可能性が高いので避けましょう!

セミナーやスクールが開かれることがほぼない

地方は都会と比べて、情報が少ないのが現状です。最新のノウハウや技術は都会に集まっていくためです。

やはり、セミナーや勉強会も都心部で開かれることが多く、仕事のスキルを伸ばしていきたい人には物足りないかもしれません。

しかしですね。今はオンラインサロンで学べる時代です!また、リモートワークで都会の人に負けないくらい仕事で結果を出している人もいるので、様々な方法を試してみましょう。

【結論】Uターン転職をおすすめできる人・できない人

Uターン転職をおすすめできる人
  • 年収が下がっても生活に満足感を得られる人
  • 地元に働きたい企業や職種がある人
  • 親の介護などで地元に帰らないといけない人
Uターン転職をおすすめできない人
  • 地元に働きたい企業や職種がない人
  • 車通勤を苦手とする人
  • 都会暮らしが染み付いてしまっている人

地方では企業数が少ないため、企業や職種の選択肢が狭まってします。

そのため、特定の職種を極めたい人や企業のネームバリューを気にする人には向いていないかもしれません。

一方、地元で働きたい仕事がある人や業界や職種にこだわりがない人にはUターン転職はおすすめです。

また、会社によっては車通勤を強制にしているところもあります。社用車を運転する人などはマニュアル免許が必要になる会社も…。ペーパードライバーにはキツい条件ですね。

レジャー施設やお店が少なく、都会暮らしになれている人には物足りないかもしれません。

現在はECサイト(Web通販)で何でも購入できる時代ですが、店舗で実物を見ないと購入しにくいものあるので、都会の便利さは魅力的です。

Uターン転職で希望条件通りの転職を成功させるためのポイント5つ

Uターン転職で希望条件通りの転職を成功させるポイント
  1. 地元に拠点のある転職エージェントを利用する
  2. 地域特化型の転職エージェントも併用する
  3. 地方自治体が主宰するUターン転職フェアに参加する
  4. Uターン転職にベストな年齢は30代前半
  5. 転職理由より志望動機に注力して話す

地方の企業は中小企業が大半なので、求人が出るタイミングを逃さないことが大切です。募集人数が少ないのですぐに埋まってしまうためです。

そこで、ここではベストなタイミングを逃さないためにもUターン転職を成功させるためのポイントをお伝えします。

地元に拠点がある転職エージェントを利用する

利用する転職エージェントがUターン先に拠点を持っているを確認しましょう。地元の求人がほとんどなく、サービス対象外の可能性もあるためです。

例えば、総合転職エージェントでも関東を中心に求人を紹介していて、東北や四国などの求人がほとんどないことも多いんです。

また、拠点がないと企業への調査ができないので、優良企業の情報を得ることができません。そのため、転職エージェント選びでは拠点があることが大前提です!

地域特化型の転職エージェントも併用する

ある程度の規模の都市には地域特化型転職エージェントがあるので、地元にあるか確認してみてください。

地域特化型エージェントを使用するメリット
  • 地元企業とのコネクションがある
  • 地元の企業情報に精通している
  • 地域の環境について聞くことができる

電話やWeb面談で対応してもらえるので、都心部にいながらサポートを受けることができますよ!

地方自治体が主宰するUターン転職フェアに参加する

地方自治体はUターン転職をサポートしています。若い人材を地元に戻して、地域活性化を図るためです。

地方自治体の取り組み
  • 自治体の公式サイト:Uターン支援制度の説明や求人も見られる
  • Uターン転職フェア:地元企業を都心に招いて説明会を行う

特にUターン転職フェアは企業の説明を都心で聞けるチャンスなので、ぜひ参加してみてくださいね!

Uターン転職にベストな年齢は30代前半

Uターン転職にベストな年齢は30代前半です。20代のうちは首都圏で働いた方が、地方では味わえない経験を積むことができるためです。

一般的にUターン転職はキャリアダウンや年収が下がりやすいイメージですよね…?実際、東京と同じ仕事内容でも年収が下がってしまうことがあるんです。

しかしですね。30代前半の場合は年収が3分の2程度に下がっても、子育ての面でメリットがあります。

例えば、都会だと大学進学などを考えると、私立高校に入学させたい親御さんもいるのではないでしょうか。しかしですね。地方では公立の方が偏差値が高い傾向があります。

事実、みんな高校情報(※)によると、福島県では偏差値70前後のほとんどが公立校です。一方、東京都では私立校の割合が圧倒的に多いのが分かります。

そのため、地方なら教育費を節約しつつ、質の高い教育を受けることができるんです。都会と比べて倍率が低いので、入学しやすいのもメリットですね。

転職理由より志望動機に注力して話す

志望動機では「なぜその会社を希望するのか?」が明確に分かる内容を話すことが重要です。

転職理由(Uターンのきっかけ)が志望理由になってしまうと「別の会社でも良いのでは?」と疑問を持たれてしまうためです。

そのため、転職理由は「地元に貢献したい」など軽く概要を伝える程度で構いません。

志望理由は裁量権が大きい+地元で働きたいことをアピールすると納得感が出やすいです。地方は中小企業が多く、縦割りの部署の分業制ではないからです。

志望動機の例

広告会社の営業職で培った経験を活かして、企画営業職を希望しています。

前職は分業制で広告枠の受注までが仕事でした。私としてはもっと裁量権の大きい仕事を担当したいと思っています。(裁量権の大きさ)

そこで地元企業の商材の販促に、仕事の受注から広告案まで企画できる御社を志望いたしました。(地元で働きたい)

現職を辞めてから動き出すべき?Uターン転職の5つの手順・やり方

Uターン転職の5つの手順・やり方
  1. 転職エージェントに登録する
  2. 求人・地域の情報収集する
  3. 現職を続けながら、選考に挑む
  4. 内定獲得後、引継ぎ+退職
  5. 引越しの準備して、移住する

先ほどのポイントを抑えれば、Uターン転職は成功できる可能性は高まります。

しかしですね。求人や地域の情報取集が怠ったり、現職を辞めてから転職活動に挑んだりすると、後悔する結果になってしまうかもしれません。

takeda
takeda
正しい手順通りにUターン転職活動を行えば、転職成功に近づけますよ!

転職エージェントに登録する

複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。手に入る求人情報が増える+優先的に求人を紹介してもらえるためです。

転職エージェントのビジネスモデル

求職者が転職した際に、紹介した企業から紹介料をもらう成果報酬型。

自社から転職してもらわないと、転職エージェントには報酬が入りません。

そのため、複数の転職エージェントに登録していることを伝えると、優先的に求人を紹介してもらえる可能性が高まるんです!

求人・地域の情報収集をする

転職エージェントだけでなく、様々な手段を組み合わせて情報収集することをおすすめします。地方は求人数が少ないので、チャンスを狭めないためです。

  • ハローワーク
  • 求人サイト
  • 転職エージェント
  • 知り合いからの紹介

仕事の情報へのアンテナは高くしておき、希望の求人が出たら、すぐに応募しましょう!

  • 移住相談会
  • 移住に関するセミナー

以上に参加してみると、地域の情報を得ることができますよ。また、自治体の地域情報サイトで家賃や通勤時間、物価を調べておくことをおすすめします。

現職を続けながら、選考に挑む

仕事が決まってから現職を辞め、引越しをすることをおすすめします。転職先が決定するまで無収入の状態で出費がかさむと、生活費が厳しくなるためです。

そうは言っても、企業の選考は平日に行われることが多いので有給を取る必要があります。

また、一次面接は交通費が出ない場合もあるので、帰省するだけでもかなりの出費ですよね…。

ただですね。転職エージェントに相談すれば、1日に複数企業の面接をいっぺんに受けられるように日程調整ができるんです。

そのため、現職を続けながら転職活動しましょう!

内定獲得後、引継ぎ+退職

退職は就業規定では2週間前に申し出る必要があります。しかしですね。余裕を持って、1ヶ月以上前には申し出た方が良いかもしれません…。

退職を早めに申し出た方が良い理由
  • 退職の交渉が長引く可能性があるため
  • 引継ぎが上手く進めないことがあるため

会社から退職を引き止められることや取引先の担当者不在など引き続きがスムーズに行かない場合も考慮して行動すべきですね。

そのため、内定が出る前から並行して、引継ぎ資料を作るなどできる範囲で退職の準備を進めておくことをおすすめします。

引越しの準備をして、移住する

内定獲得後、実家に住む場合以外は住む場所を探しましょう。

自治体がUターン転職者を優遇する制度もあり、住居が無償で提供される場合もあるので確認しておくことをおすすめします。

Uターン転職を成功させるためのノウハウまとめ

Uターンで希望条件通りの転職を成功させるためのポイント5つ
  1. 地元に拠点のある転職エージェントを利用する
  2. 地域特化型の転職エージェントも併用する
  3. 地方自治体が主宰するUターン転職フェアに参加する
  4. Uターン転職にベストな年齢は30代前半
  5. 転職理由より志望動機に注力して話す

Uターン転職は通常の転職と異なる点が多いです。都心より求人が少ないので、アンテナを高くしておくことが転職成功の鍵を握ります。

求人の情報は

  • ハローワーク
  • 求人サイト
  • 転職エージェント
  • 知り合いからの紹介

などのネットワークを駆使して、集めるしかありません。

Uターン転職を成功させるためにも、上記の5つのポイントを意識して、地元で自分の理想の生活や仕事ができるように行動しましょう!