Webエンジニアの転職の落選理由&おすすめの転職エージェントを紹介!

Webエンジニアの仕事に興味があるけど、未経験だと転職ができないのではと悩んでいませんか?

また面接を受けてみたけど、落選続きでどうすれば転職できるのか悩んでいる人もいるかもしれません。

そこでこの記事では、

  • Webエンジニア未経験の人が転職しようとして落選する理由
  • 転職を成功させるための7つのポイント
  • おすすめの転職エージェント

について解説します。

この記事を読めば、Web業界への転職活動が上手くいっていない理由や転職活動を成功させるためのポイントが理解できるため、内定に近づくことができます。

ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

Webエンジニア未経験の人が転職しようとして落選する7つの理由

未経験の人が転職しようとして落選する7つの理由
  1. 結論から話していない
  2. 転職理由に納得がいかなかった
  3. 技術に対する意欲が足りていない
  4. 自分で一から考えたポートフォリオを提出していない
  5. 業界知識が不足している
  6. 将来どのようになりたいのかが明確化できていない
  7. 転職理由がネガティブ

Webエンジニア未経験の人は、Webエンジニアに転職をしたくてもどうすれば内定をもらえるのかわからないですよね?

実は、多くの人が面接をする際にある間違いを犯しているため、面接を受けても、落選ばかりということが起きるのです。

この章では、転職時の面接でよくある7つの落選理由について解説します。特に初めて転職活動をする場合は、これから挙げる7つのことに気をつけて面接を受けましょう。

結論から話していない

Webエンジニアといえども、一人ではなく、チームで仕事をすることが多いです。

そのため、短い時間で要点を上手く伝えられなければ、仕事をする際にコミュニケーションがきちんと取れるのか?という印象を与えかねません。

短い時間で面接官に要点を伝えるためには、結論から話すことが大事です。

なぜなら、結論以外のことから会話を始めると、話が長くなり、自分の伝えたいことが上手く伝えられないから。

結論を話した後は、その理由や具体例なども加えて話せば、面接官にも自分のことが上手く伝わります。

転職理由に納得ができなかった

よくある落選理由は、面接官があなたの転職理由に納得ができなかったこと。例えば、転職理由が、

  • 給料や条件に不満があった
  • やりたい仕事をさせてもらえなかった
  • 残業が多すぎてきつかった

など退職理由で止まっている事例です。

このような転職理由の伝え方をすると、面接官に「採用しても同じ不満を抱えるのだろう」「単に自己責任がなかったりするだけでは?」という印象を与えてしまいます。

面接官が転職理由を聞く理由は、あなたが転職後に何をしたいのかであって、前職の不満を聞きたいわけではありません。

採用しても前職で抱えた不満を持ったら、辞めるのではという印象も与えてしまうので、面接に落選する可能性が高くなります。

技術に対する意欲が足りていない

面接時の受け答えで、技術に対する意欲が足りていないと判断されれば、落選する可能性が高くなります。

なぜなら、エンジニアの技術は日々発展しており、その技術で新しいものを生み出すことが必要だから。

そのため「どんなスキルを学びたいのか?」「実際になにか勉強をしているか?」という質問に対して、具体的な答えを得られなければ、意欲がなさそうだと判断されます。

特に、Webエンジニアの仕事が未経験の人は、現在のスキルよりも、潜在能力ややる気が問われます。

したがって、興味のある技術について勉強したり、技術をもとに開発の練習をしたりしておくことが必要です。

自分で一から考えたポートフォリオを提出していない

ポートフォリオを見ると、その人の持っているスキルだけでなく、

  • どんな技術を勉強したのか
  • どんな考えでそのポートフォリオを作ったのか

などがわかります。

しかし、プログラミングスクールなどを卒業して転職活動をしている人の中には、スクールで提供されているようなポートフォリオをそのまま提出している人も多いです。

面接官は、他の人と似たようなポートフォリオを見ると「この人のスキルや思考が見えない…」などの印象を持ってしまいます。

したがって、ポートフォリオは、自分で一から考えたものを提出するようにしましょう。

業界知識が不足している

面接官は未経験者であっても、面接を受ける前にどのぐらい業界について調べているかを見ています。

もし、業界の基本的な知識が不足していると、なぜWebエンジニアの業界を受けたのか疑問に思われるでしょう。

以下のように、様々なものから情報を得て、業界についての最低限の知識や応募した企業がどのような技術を持っている会社なのかぐらいは調べておきましょう。

  • 転職エージェントに相談して業界知識や企業についての話を聞く
  • 本やネットで業界知識を調べる
  • 知り合いにWebエンジニアがいれば相談してみる

将来どのようになりたいのかが明確でない

面接官は、採用後に長く働き続けてくれる人を採用したいと考えています。

そのため、

  • 新しいプログラミング言語の技術を身につけて、幅広いものを作れるようになりたい
  • 将来的に開発プロジェクトの責任者になりたい

といった採用後の将来像が明確な方ほど採用されやすいです。

将来像が明確であれば、自分のやりたいことが明確になり、転職先の会社でどのような貢献ができるかなどもアピールしやすくなります。

その結果、面接官にも採用したあなたが自社で活躍できているイメージを与えることができ、内定につながるのです。

転職理由がネガティブ

ネガティブな転職理由の代表例
  • 給料が低い
  • 残業が多い
  • やりたいことができなかった
  • 人間関係が苦手だった

転職理由がネガティブな場合、面接に通る可能性は低いでしょう。なぜなら、ネガティブな転職理由の多くは他の会社でも起きやすい理由だから。

また、自社でも同じようにネガティブな理由でやめるという印象を与えることもあります。

採用しても、前職と同じ理由で早期退職されては、採用に掛けた時間や費用が無駄になってしまうので、落選される可能性が高くなります。

したがって、ネガティブな転職理由はポジティブな転職理由に切り替えて説明する必要があります。例えば、給料が安いから転職したい場合は、以下のように切り替えましょう。

転職理由をポジティブにする
  1. 前職は給料が安い
  2. 給料を上げるために、新たなスキルを学んだり仕事の効率化を図った
  3. ただ、前職には若い人が頑張っても評価される仕組みがなかった
  4. 応募先の企業なら自分の頑張りが認められる風土がある
  5. これまで学んできたスキルや、仕事のやり方はエンジニアの仕事でも活かせると思って志望した

このケースでは、給料が安いから転職をしたのではなく、自分の頑張りを認めてもらえる会社で働きたいことをアピールしています。

上手くエンジニアの仕事と結びつけて説明できれば、面接官に与える印象が大きく変わるのです。

takeda
takeda
この章で取り上げた落選理由に気をつけていれば、面接で落ちまくる可能性は減ります。

未経験からでもWebエンジニアの転職を成功させるための7つのポイント

未経験からでもWebエンジニアの転職を成功させるための7つのポイント
  1. 転職理由や将来どんな業務をしたいのかなど頭の整理をしておく
  2. ポートフォリオを用意する
  3. Webエンジニアの転職に強い転職エージェント会社を利用する
  4. 転職エージェントは複数登録する
  5. アドバイザーとはこまめに連絡を取る
  6. アドバイザーとの相性が悪い場合は、すぐに変更する
  7. 未経験なら転職前にスクールで勉強することも検討する

Webエンジニアの経験がない人はどのように転職活動を進めれば、転職を成功させられるのかわからず悩んでいるかもしれません。

これから解説する7つのポイントをもとに転職活動を行えば、Webエンジニア未経験の人でも転職を成功させることができます。

転職理由や将来どんな業務をしたいのかなど頭の整理をしておく

Webエンジニア未経験の人が転職を成功させるためには、エンジニアの経験以外の強みをアピールできなければなりません。

そのためには、

  • なぜ応募先の企業に転職したいのか?
  • どんな技術に興味があり、どんなことを勉強しているのか?
  • 将来的にどんな業務をしたいのか?

などを事前に整理しておくことが重要です。

もし、自分だけで考えてもわからない場合は、転職エージェントを利用すれば、担当者が一緒に考えてくれるのでぜひ利用してみてはどうでしょうか?

ポートフォリオを用意する

面接で上手く面接官にアピールするためにはポートフォリオが欠かせません。

ただし、応募先の企業に見せるからといって、必ずしもレベルの高いものを完成させる必要はないです。

なぜなら、完成度の高いポートフォリオを作ることだけに時間を取られると、選考対策など転職活動の時間が取れないから。

応募先の企業も未経験者であるあなたが、いきなり完成度の高いポートフォリオを提出することまでは期待していません。

あなたの勉強している技術を含めたシンプルなものを提出できれば十分です。

Webエンジニアの転職に強いエージェント会社を利用する

未経験でWebエンジニアになりたい人が選ぶべき転職エージェントの特徴
  1. Webエンジニアに特化している
  2. 未経験者でも採用実績がある
  3. Webエンジニアの業界に詳しい担当者が在籍している

未経験者がWebエンジニアとして転職するために重要な点は、どの転職エージェントを利用するかにかかっています。

転職エージェントの選択を誤ると、自分の希望通りの企業に転職できないばかりか、1社も内定をもらえないかもしれません。

Webエンジニアに特化している転職エージェントを選べば、担当者もWebエンジニアの業界に詳しいので安心して相談できます。

そのため、転職活動全般の相談だけでなく、どの技術が流行しているのか、自分のポートフォリオがどのように評価されるのかなど業界についての相談もできます。

また、未経験者は未経験者でも採用実績が多い転職エージェントを利用すべきです。そのような会社であれば、より具体的に内定をもらうためのアドバイスがもらえます。

転職エージェントは複数登録する

転職エージェントを複数登録するメリット
  1. 相性の良い担当者と会える
  2. 各社の非公開求人をカバーできる
  3. 同時に複数社に応募できる

転職エージェントを選ぶ際に最も注意しなければならないのが、担当者との相性です。

良い転職エージェントでも担当者との相性が悪ければ、魅力的な求人に出会えないだけでなく、内定がもらいにくくなります。

ただ、相性の良い転職エージェントを探すのは大変です。まずは、2、3社登録してみて、相対的にどの転職エージェント会社や担当者と相性が良いのか探しましょう。

また、転職エージェントによっては、求人の多いエンジニアが違っていたり、受けられるサポートの質が違います。

相性の良い担当者がいる転職エージェント会社を利用しながら、サポートの質が高かったり、求人数が多かったりする転職エージェントなども併用すると良いでしょう。

アドバイザーとはこまめに連絡を取る

アドバイザーが求職者に求人を紹介する流れ
  1. 求人が入ってくる
  2. アドバイザーがデータベースを確認する
  3. データーベースの上から順番に、条件に当てはまりそうな人に連絡する

求人を多く紹介してもらうためには、アドバイザーとこまめに連絡を取ることが大事です。

というのも、求人を紹介するアドバイザーは紹介できる求人が入ってくると、まずこまめに連絡を取っている求職者に紹介するから。

アドバイザーが利用している求職者のデータベースは、連絡を取る人ほどデータベースの上に表示される仕組みです。

そのため、アドバイザーとあまり連絡を取っていなければ、あなたのデーターベース上の順位はどんどん下がり、もう転職活動を終えたととられかねません。

普段からアドバイザーに、転職活動の相談をしたり、新たな求人が入っていないか確認をとったりして、こまめに連絡を取ることが大事です。

アドバイザーとの相性が悪い場合は、すぐに変更する

アドバイザーとの相性が悪い場合は、転職活動が長引いたり、良い求人を紹介されないこともあります。

したがって、アドバイザーとの相性が悪いと感じたら、すぐにアドバイザーの変更をしましょう。

アドバイザーの変更をする時は、電話や以下のようなメールをホームページの問い合わせフォームなどから送ります。

◯◯様

転職活動でお世話になっております、〇〇と申します。現在、〇〇様に担当していただき、様々なアドバイスをいただき大変助かっております。

ただ、〇〇様からご紹介いただく求人が若干私の希望する求人とずれていると感じています。

また、転職活動についても様々なアドバイスをいただいていますが、もう少し別の視点からアドバイスをしていただきたいなと感じました。

他のアドバイザーの方の意見も参考にしたいので、可能であれば、他のアドバイザーの方に担当を変更していただくことはできますでしょうか。

お忙しいかと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

実際に転職活動についての口コミを見ても、最初のアドバイザーはいまいちだったけど、違うアドバイザーに変更したら転職活動がやりやすかったという意見もあります。

アドバイザーの変更を申し出るのは勇気がいるかも知れませんが、転職活動を成功させるためにも、合わないと感じたら、すぐに変更してもらいましょう。

未経験なら転職前にスクールで勉強することも検討する

プログラミングスクールで主に学べること
  1. プログラミング言語の勉強
  2. 誰かの作ったアプリをもとに基礎的なアプリの開発をやってみる
  3. オリジナルアプリの開発のやり方
  4. ポートフォリオの作り方

Webエンジニアが未経験の場合、やる気はあっても何から始めたらわからないのか悩んでいませんか?

そのような場合は、プログラミングスクールなどのスクールで勉強することを検討してみてはどうでしょうか?

スクールによっては、卒業生に転職先を紹介してくれたり、面接など選考対策をしてくれたりすることもあります。

Webエンジニアにおすすめの転職エージェント5選!

← 横にスクロールできます →
エージェント名 Webエンジニアの求人数※ 求人の質 サポート内容
マイナビエージェントIT

33,227件

IT・Web業界に特化
した求人

選考対策があり
面接通過率が高い
ワークポート

24,374件

IT・Web業界の中
でもベンチャー企業
が多い

プログラミング学習が
できるツールもある
ギークリー

6,799件

未経験者向けの
求人も紹介

アドバイザーの連絡
頻度がとても多い
ギークスジョブ

1,531件

高単価案件が豊富

担当制を敷くことで
きめ細やかな
サポートが可能
テックキャンプ


非公開

有名なIT企業の
求人が多い

未経験者でも有名
IT企業への転職実績
多数

※2020年6月現在

Webエンジニアの仕事を探す際におすすめの方法は転職エージェントを利用することです。

しかし、どの転職エージェント会社を利用すれば、Webエンジニアの仕事を探しやすいのかなやんでいませんか?

ここからは、Webエンジニアの仕事を探してる人におすすめの転職エージェントを5つ紹介します。

マイナビエージェントIT

項目 詳細
総合評価 4.5
IT・Webエンジニアの求人が他社よりも多く未経験者向けの求人もある
Webエンジニアの求人数※ 4.0
33,227件
求人の質 5.0
IT・Web業界に特化しており大手からベンチャーまで幅広い
サポート内容 5.0
アドバイザーの知識が豊富で面接通過率が高い

※2020年7月現在

マイナビエージェントITは、IT・Web業界に特化した転職エージェント。

求人数が33,277件以上と他社よりも多く幅広い求人があることから、マイナビエージェントITを1位に選びました。

また、未経験者向けの求人も多く保有しているので、未経験者でWebエンジニアになりたい人にもおすすめです。

そのため、既にWebエンジニアの経験がある人だけでなく、未経験からWebエンジニアの仕事を探したい人にもおすすめです。

また、ITやWeb業界の知識と経験が豊富なキャリアアドバイザーが多く在籍しており、企業毎の面接対策や履歴書の添削も行ってくれます。

したがって、Web業界への転職を狙っている人は登録しておいて損がない転職エージェントです。

takeda
takeda
求人数が多いので、Webエンジニア経験者にもおすすめです。


詳細ページ 公式ページ

ワークポート

項目 詳細
総合評価 4.5
未経験者向けの求人が多く20代で転職を狙っている人におすすめ
Webエンジニアの求人数※ 5.0
24,374件
求人の質 4.0
IT・Web業界の求人が多く中小やベンチャー企業を多く紹介される
サポート内容 4.5
選考対策だけでなくキャリア相談やプログラミング学習も可能

※2020年7月現在

ワークポートは、Webエンジニア未経験者におすすめの転職エージェント。全体的な求人数が5,000件以上あり、未経験者向けの求人も多くあります。

また、20代であれば、ワークポートが運営しているみんスクと呼ばれる無料のサービスを利用できます。

みんスクを利用すれば、以下のサービスが受けられるので、Webエンジニアへの転職が初めての人でも転職しやすくなります。

みんスクで提供されるサービス
  1. 面接対策
  2. キャリア相談
  3. プログラミング学習
  4. 応募書類の添削
  5. 提携企業を紹介してもらえる

そのため、未経験からWeb業界への転職に不安がある場合は、プログラミングについての学習もできるので、利用する価値はあります。

詳細ページ 公式ページ

ギークリー

項目 詳細
総合評価 4.0
紹介される求人が多く早く転職したい人にぴったり!
Webエンジニアの求人数※ 4.0
6,799件
求人の質 4.0
経歴や人柄をもとに様々な求人を多く紹介してくれる
サポート内容 5.0
アドバイザーの連絡頻度が多いので、平均内定期間が1ヶ月とスピーディー

※2020年7月現在

ギークリーは、東京23区内に特化した転職エージェントです。ギークリーの一番の特徴は、内定が出るまでのスピードが他社よりも早いこと。

他社の平均内定期間2ヶ月に対して、ギークリーなら平均内定期間は1ヶ月です。ここまで内定までのスピードが早いのは、担当者からの連絡頻度がとても多いから。

未経験者向けの求人もあり、面接対策や履歴書の添削も行ってくれるので、未経験だけど早く内定が欲しい人はぜひ利用してみてはどうでしょうか?

詳細ページ 公式ページ

ギークスジョブ

項目 詳細
総合評価 4.5
仕事を探しているフリーランスエンジニアにおすすめ
Webエンジニアの求人数※ 3.0
1,531件
求人の質 4.0
東京・大阪・名古屋・福岡の常駐案件が多い
サポート内容 4.0
商談時には担当者が同席してくれるので、フォローも受けやすい

※2020年7月現在

ギークスジョブは、フリーランスエンジニア向けの転職エージェントです。

既にWebエンジニアの経験がある人におすすめの転職エージェントで、他社とは違ったサービスが受けられます。

ギークスジョブで受けられるサービス
  1. 請求書の作成などの事務作業を代行してくれる
  2. 人間ドッグなどの優待サービスを受けられる
  3. 商談に担当者が同行してくれる
  4. 入社後も専任の担当者から定期的にフォローの連絡が入る

面談前には、担当者から職場環境や企業風土などを教えてもらえるだけでなく、商談にも担当者が同行してくれます。

そのため、営業力に不安があるフリーランスエンジニアでも、仕事を得やすいのでおすすめの転職エージェントです。

詳細ページ 公式ページ

 

テックキャンプ

項目 詳細
総合評価 4.5
ほぼ未経験者にも関わらず
IT企業への転職ができる
Webエンジニアの求人数※ 2.0
非公開
求人の質 4.0
有名な大手IT企業や
ベンチャー企業の求人が多い
サポート内容 5.0
エンジニアについての技術を学べ
企業の人事と直接会うことも可能

※2020年7月現在

テックキャンプは、転職エージェントというよりプログラミングスクールですが、未経験者が99%にも関わらず、卒業後は大手やベンチャーのIT企業に転職をしています。

万が一、転職できなければ、なんと全額返金をしてくれるのです。学べる内容も実務的なものが多く、個人だけでなくチームで開発を行うこともできます。

また、プロのメンターへ質問できたり、企業の人事に会うこともできるため、Webエンジニア未経験者でも、転職活動をしやすいでしょう。

takeda
takeda
キャリア相談などもやってくれるので、エンジニアになった後に何を目指せば良いのかわからない人にもおすすめです。

詳細ページ 公式ページ

Webエンジニアの転職でよくあるQ&A

Webエンジニアの転職でよくある疑問や悩みについてQ&A形式で回答してみました。ぜひ参考にしてみてください。

未経験者がWebエンジニアに転職する場合は、何歳まで可能なの?

年齢については企業次第です。ただし、エンジニアの仕事は座ってできる仕事と言っても、ずっと椅子に座ってパソコンにコードを打つ仕事。

そのため、40代以上になると体力的にも厳しいため、できるだけ若い時期に転職をするのが現実的です。

Webエンジニアの転職には転職サイトと転職エージェントのどっちがおすすめ?

未経験者の場合は、転職エージェントを利用すべきです。

なぜなら、転職エージェントを利用すれば、業界の知識や面接のアドバイスなどが無料で受けられ、内定を獲得しやすくなるから。

経験者の場合でも転職エージェントを利用することで魅力的な非公開求人を多く紹介されます。

※非公開求人とは、企業が他社にプロジェクトをバレてはまずいなどの理由で、公開されていない求人のこと。

Webエンジニアの仕事は残業が多いの?

Webエンジニアの残業が多いかどうかは企業次第ですが、Tech総研のアンケート調査によると、以下のような結果になりました。

平均退社時間 割合
定時から19:00 28%
19:00〜21:00 41%
21:00〜23:00 28%
23:00以降 3%

(データ引用元:エンジニア的残業生態図鑑

エンジニアは特別残業が多いというわけではないようです。特に23時以降が退社時間の割合は、わずか3%です。

19時までに帰れる企業も3割近いので、必ずしも残業が多い業界とはいえません。

Webエンジニアの仕事の平均年収は?

厚生労働省発表の令和元年賃金構造基本統計調査によると、令和元年のシステムエンジニアの平均年収は584.1万円でした。

国税庁が平成30年に発表した民間給与実態調査結果からわかる平均年収が441万円なので、平均年収よりも高い水準です。

Webエンジニアへの転職は未経験者でも可能!

今回のまとめ
  1. 面接での落選理由は、転職理由に納得ができない、技術への意欲が足りないなど
  2. 転職活動を成功させるためには、未経験者でも転職実績があるエージェントを選ぶ
  3. おすすめの転職エージェントは、マイナビエージェントIT

この記事では、Webエンジニア業界が未経験の人が見落としがちな落選理由や転職活動を成功させるためのポイントについて解説してきました。

未経験はスキルで採用の合否が決まるのではなく「技術に対する意欲がある」「どの技術に興味があり、どんな勉強をしているのか説明できる」などで決まります。

Webエンジニアは未経験だからといって採用されにくいわけではありません。やる気や将来の目標が明確であれば、未経験者でも採用されるのです。

そして多くの転職エージェントでも、マイナビエージェントITは求人数が多く、業界に精通しているアドバイザーから転職を成功させるためのアドバイスが受けられます。

転職活動に行き詰まって悩んでいる人は無料で相談だけでも可能なので、ぜひ利用してみてはどうでしょうか?

マイナビエージェント ITの公式HPを見る