薬剤師が製薬会社に転職する難易度が高い理由と成功率を上げる3つの方法

薬剤師における転職先のひとつとして、製薬会社が挙げられます。ですが、

  • そもそも製薬会社ってどんな仕事をするの?
  • 製薬会社への転職は自分でもできるんだろうか…?
  • 製薬会社の求人をどうやって探せばいいかわからない…

など、製薬会社への転職に関する悩みや不安もいくつかあるのではないでしょうか。

製薬会社への転職は決して簡単ではありません。ですが、業務内容や製薬会社で働くための条件を理解して対策を考えれば、転職成功率を上げることは可能です。

sakurai
sakurai
そのためのノウハウや、心強い味方となってくれる転職エージェントについて、この記事ではお伝えしていきます!

製薬会社への転職が少しでも成功に近づくようにお伝えしていますので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね!

【どんな仕事?】薬剤師における製薬会社の業務内容を解説!

← 横にスクロールできます →
職種主な業務内容
MR病院に出向き、自社の医薬品の情報を提供して使ってもらうように営業する仕事。
医薬品の効能や安全性など幅広い知識が求められる。
管理薬剤師品質管理や在庫管理に携わる業務。薬事申請のような行政対応にも携わる。
研究・開発職新薬の研究や開発やに携わる業務。
深い知識や博士号の取得が必要であることも多く、未経験での転職は難しい。
治験治験の場で自社開発の治験薬を取り扱う際に、データの収集や治験の進捗管理を行う。
品質管理自社の医薬品が厚生労働省によって定められた一定の基準(GMP)を満たしているかを確認する。
DI(Drag Information)医薬品の情報を収集し、提供する業務。
自社の医薬品はもちろん、新薬の情報も随時収集する。ときにはMRに情報を提供するなど、幅広い知識が求められる。

薬剤師における製薬会社での業務は、主に上記のように分けられます。

sakurai
sakurai
ただ、細かい業務内容は企業によっても異なります。

そのため、転職希望先でどんな業務があるかは求人票や転職エージェントで必ず確認が必要です。

また、製薬会社の業務についての詳しい情報は以下の記事でさらに詳しくお伝えしています。

業務内容だけでなく、製薬会社で働くメリットやデメリットまでまとめているので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね!

関連記事
薬剤師が企業に転職するための全ノウハウ!未経験でも目指せる唯一の方法薬剤師の転職先の一つに、企業があります。比較的高い収入も期待できるため、薬剤師のなかでも人気が高い職種でもあります。 ですが、 ...

【なぜ?】製薬会社への転職難易度が高い3つの理由

製薬会社への転職難易度が高い3つの理由
  1. 全体的な求人数が比較的少ないから
  2. 即戦力が求められることが多いから
  3. 人気が比較的高いから

製薬会社への転職は、ドラッグストアや調剤薬局と比べると難易度が高いとされています。その理由は上記の3つ。

どういうことか、それぞれもう少し詳しくお伝えしますね。

全体的な求人数が比較的少ないから

まずは「全体的な製薬会社の求人数が少ないから」ということがあげられます。

sakurai
sakurai
もちろん時期やエリアによっても求人数は異なりますが、それでも他業種と比べると少ない傾向にあります。

理由としては、製薬会社の数がドラッグストアなどの店舗数と比べて少ないことや、年収と充実した福利厚生による離職率の低さなどが考えられます。

そのため、理想の求人を見つけるには常にアンテナを張り、情報収集に力を入れる必要があるんですね。

即戦力が求められることが多いから

次に「即戦力が求められることが多いから」ということも理由の一つです。

研修制度が充実していれば、未経験でも転職できる場合があります。ですが他に即戦力が期待できる応募者がいれば、そちらが優先されてしまう可能性は高いです。

sakurai
sakurai
なので未経験で挑戦するには、外資系に挑戦できる英語力や病院で身につけた調剤スキルなど、自分だけの強みが必要。

つまり製薬会社へ転職したい場合は、ライバルと差別化できるような強みを身につけることが重要なポイントといえますね。

人気が比較的高いから

製薬会社の人気が高いことも理由の一つですね。

前述しましたが、製薬会社は比較的年収が高く(目安は約500万円~700万円)、土日休みで各種保険や育休・産休など福利厚生が整っていることが多いです。

sakurai
sakurai
ドラッグストアでは人手が足りずに土日も休めないこともあります。

また、病院では夜勤で時間が不規則になることもありますからねっ…!

このようなことから、求人があってもライバルも多くなってしまいやすいんですね。

では、どうすれば製薬会社への転職成功率を上げられるのでしょうか。そのコツについて、次からお伝えしていきますね。

製薬会社への転職成功率を上げる3つのコツ!

製薬会社への転職成功率を上げる3つのコツ!
  1. 情報収集をこまめにする
  2. 焦らずにスキル取得や経験の積み上げを優先する
  3. 製薬会社の求人を取り扱う薬剤師向け転職エージェントを利用する

製薬会社への転職成功率を上げるコツは上記の3つです。それぞれもう少し具体的にお伝えしますね。

情報収集をこまめにする

まずは情報収集をこまめにするということです。前述したように、製薬会社の求人は比較的少なく、人気も高いです。

つまり求人が出ても、すぐに他の応募者が応募して採用が決まってしまう可能性があるということ。したがって、理想の求人を見つけたときにはできるだけ早めに応募する必要があります。

sakurai
sakurai
他のライバルよりも早く求人を見つけて行動することが重要なので、常に情報収集を怠らないことがポイントですね。

まれに人手が足りなくて急遽募集が出るという可能性もあるため、転職エージェントを利用してこまめに求人をチェックしておくのがおすすめです。

焦らずにスキル取得や経験の積み上げを優先する

こちらも先にお伝えしたように、製薬会社では即戦力が求められやすいです。そのため、他のライバルと差別化を図るためにもスキルの取得や経験の積み上げが重要です。

たとえば調剤薬局での調剤経験やドラッグストアでのマネジメント能力、病院で身につけた医薬品に関する深い知識などですね。

sakurai
sakurai
さらに英語が話せれば外資系の製薬会社へ転職できる可能性も高まります。

簡単なことではないですが、焦らず自分なりの強みを身につけることが、転職成功への近道になるということですね。

製薬会社の求人を取り扱う薬剤師向け転職エージェントを利用する

製薬会社の求人を取り扱う薬剤師向けの転職エージェントの利用も必須といえます。

転職エージェントはの多くは、転職希望者の内定が決まると担当エージェントに報酬が入る仕組みになっています。

sakurai
sakurai
つまり、エージェント側も転職を成功させるために努力してくれるということなんですね。

さらに転職希望者の良さや強みを企業側にアピールしてくれることもあり、心強い味方となってくれることも期待できます。

ただでさえ少ない求人を自分一人で探すのは難しいもの。

ですが転職エージェントに「製薬会社へ転職したい」と伝えておけば、求人が出たときに教えてもらえる可能性もあります。

sakurai
sakurai
転職エージェントを有効に利用することが、転職を成功させるには非常に重要なポイントなんですね!

【薬剤師特化】製薬会社へ転職するためにおすすめな転職エージェントTOP5!

← 横にスクロールできます →
マイナビ薬剤師薬キャリファルマスタッフリクナビ薬剤師薬剤師転職ドットコム
求人数
約59,000件以上

約30,000件以上

約60,000件以上

約35,000件以上

約10,000件以上
求人の質
収入や待遇が良い求人多数。
製薬会社の求人も業種ごとに探せる

業種や収入面など
幅広いニーズから求人を探しやすい

調剤薬局や派遣薬剤師の転職に強いが、
製薬会社の求人もある

高年収の大手企業の求人も
取り扱っている場合アリ

高待遇の求人が見つかる場合アリ
サポート内容

  • 全国15拠点での
    対面サポートが可能
  • 希望の条件を細かく
    聞き入れてくれる
  • 応募書類の添削や
    面接の同行など充実したサポート

  • 対面サポートがないが
    丁寧な対応
  • レスポンスが早く
    スピーディな転職がしやすい

  • 全国12拠点での
    対面サポートが可能
  • 派遣向けの教育研修制度や
    スキルアップ講座アリ

  • 大手ならではのノウハウで
    丁寧なサポート
  • 対応が早く”最短3日で転職”
    が実現できる可能性アリ

丁寧な対応が好評

今回お伝えする、製薬会社への転職でおすすめな薬剤師向け転職エージェントは上記の5社です。それぞれ特徴があるので、ランキング形式でもう少し詳しくお伝えしていきますね。

マイナビ薬剤師

項目詳細
総合評価 5.0
求人数、求人の質、サポート内容すべてバランスが良い
マイナビ薬剤師の求人数 5.0
59,000件以上
求人の質 4.5
収入や休日など待遇の良い求人も多数
サポート内容 5.0
全国15拠点での対面サポートが可能
面接対策や応募書類添削などきめ細かいサポート

マイナビ薬剤師の特徴

  • 全体的な求人数が比較的多い
    全体的な求人数が多いため、製薬会社の求人を見つけられる可能性が高い
  • キャリアアドバイザーが持っている情報量が多い
    キャリアアドバイザーが直接企業でヒアリングしており、待遇や労働環境などリアルな情報を得られる可能性がある
  • 全国15拠点での対面サポートが可能
    対面で悩みや自分の状況を伝えやすい。的確にニーズをくみ取って求人を提案してくれる可能性が高い。

マイナビ薬剤師は、薬剤師向け転職エージェントの中では求人数・求人の質・サポート内容のすべてにおいてバランスがいいところがポイントです。

求人数が多く、幅広い職種も取り扱っているため、その中から製薬会社の求人を見つけることも可能。

sakurai
sakurai
また、対面で直接相談もできます。なのでアドバイザーに製薬会社に転職したい旨を必ず伝えるようにしましょう。

そして求人が出たら紹介してもらえるように関係性を作るのがおすすめです!

さらにマイナビ薬剤師は、アドバイザーが実際に企業に出向いてヒアリングをすることで職場のリアルな情報を集めています。

「製薬会社に転職したいけど、職場の雰囲気がわからないし不安…」という場合でも一度相談してみるといいですね。

sakurai
sakurai
求人数はもちろん、転職希望者に合わせた情報やサービスが期待できるため、今回はマイナビ薬剤師を1位としました!

マイナビ薬剤師の口コミ

30代/男性

面接の時にマイナビのスタッフの方が同行してくれました。

そのため希望する会社の面接時に、私が聞きにくい質問をスタッフの方が代わりに聞いていただけだので、安心して面接を終えて就職を決めることができました。

すごく良かったです。

30代/男性

派遣で働くことも考えていたので、派遣の求人がなかったことはちょっと惜しかったかなという思いでした。

派遣の求人もちゃんとあったとしたら、非常に満足していただろうなといったサービスでしたね。

20代/女性

自分が提示した条件を満たす働き口を探してくれます。福利厚生、住宅補助など自分が重きをおくところをキチンと把握した内容の働き口を提示してくれました。

担当の方がついてくださり、相談や連絡が取りやすいです。こまめに連絡やメールをくれ、転職の後押しをしてくれます。

詳細ページ 公式ページ

薬キャリ

項目詳細
総合評価 4.5
高いサポート力が好評
薬キャリの求人数 4.0
30,000件以上
求人の質 5.0
業種や収入面など幅広いニーズから求人を探しやすい
サポート内容 4.0
対面サポートがないが、丁寧な対応でレスポンスが早い

薬キャリの特徴

  • 他社の求人も検索が可能
    他社の求人も検索できるため、薬キャリに登録するだけで幅広い情報収集が可能
  • 対応の早さと丁寧さが好評
    対面サポートはないものの、対応が早く丁寧なので早めに転職したい人にはおすすめ

薬キャリは、他の転職エージェントが取り扱う求人も検索できるところが大きなポイントです。そのため、一度に閲覧できる求人も多く、製薬会社の求人が探しやすいという特徴があります。

sakurai
sakurai
情報収集のためにも登録しておきたい転職エージェントといえますね。

丁寧でスピーディな対応も好評なため、できるだけ早めに転職したいという場合はチェックしてみてくださいね!

薬キャリの口コミ

30代/男性

求人が多かったことも良かった印象ですが、それよりも求人に対しての質が魅力的で年収の高い求人も豊富に扱っていたので大変良かったですね。

また、コンサルタントの丁寧で迅速な対応があったのもこのサービスの良いところでしたので、満足して利用することができました。

30代/男性

面談がなかったぶん仕方ないことではあるのですが、電話の数、メールの数がちょっと多いかなといった印象がありました。

昔からしつこいのが苦手なタイプでありましたので、そういったのは少しだけ好感が持てなかったなと思っていました。

40代/女性

転職サービスをいくつか利用したのですが、その中でも採用までの時間がダントツ早いです。

この日までに仕事をきめたいと希望していた日があったのですが、それよりも早く決定しました。

また、早さだけでなく対応も丁寧です。

詳細ページ 公式ページ

ファルマスタッフ

項目詳細
総合評価 4.0
豊富な求人と対面による安定したサポート
ファルマスタッフの求人数 5.0
約60,000件以上
求人の質 4.0
調剤薬局への転職に強いが、製薬会社の求人も取り扱っている
サポート内容 4.5
全国12拠点での対面サポート

ファルマスタッフの特徴

  • 全国12拠点での対面サポート
    対面で転職の相談がしやすく、より希望に近い求人を紹介してもらいやすい
  • 全体的な求人数も多い
    多くは調剤薬局の求人だが、製薬会社の求人も探しやすい

ファルマスタッフは日本調剤グループが運営しており、本来は調剤薬局への転職に強い転職エージェントです。

ですが取り扱う全体的な求人数が多く、その中には製薬会社の求人もあります。

sakurai
sakurai
ファルマスタッフならではの求人が見つかる可能性があるため、一度チェックしておく価値はありますね。

製薬会社への転職だけでなく、調剤薬局への転職を少しでも視野に入れている場合は、まず登録しておくのがおすすめです。

ファルマスタッフの口コミ

40代/男性

薬剤師としての私のスキルを多く引き出してくれるエージェントとお付き合いできたことが、全てに対して良かったと感じることであります。

そのエージェントのスキルの高さは他の転職サイトに比べて一段上という風に感じる次第でありました。

20代/女性

電話やメールなどの細かい対応が遅いと感じました。

他のサイトに比べると「スピーディな対応」ができていない側面があるようですが、一方スピーディな対応が売りのサイトは「強引すぎる」といった感じもあります。

ゆっくり転職を検討したい方には、逆にメリットになるかもしれません。

30代/男性

初回面談が担当エージェントと直接会っての対面でした。顔を合わせて話ができたので、転職のパートナーとして安心して任せることができました。

また、実際に転職先との面接の際にも、担当エージェントが同行し面接に同席してくれました。聞きにくい質問などに対応して頂き、非常に心強かったです。

詳細ページ 公式ページ

リクナビ薬剤師

項目詳細
総合評価 4.0
大手ならではのノウハウがあり、サポート力が高い
リクナビ薬剤師の求人数 4.0
約35,000件以上
求人の質 4.0
大手企業の求人を取り扱っている場合がある
サポート内容 4.5
対応が早く、丁寧なサポート

リクナビ薬剤師の特徴

  • 積極的に求人を紹介してくれることが多い
    対応が素早く、求人の紹介も積極的なため、素早く転職できる可能性が高い
  • 大手企業の求人を取り扱っている場合アリ
    転職業界大手だからこそ取り扱っている求人もあるため、希望の転職先が見つかる可能性がある

リクナビ薬剤師は、転職業界大手の「リクルートグループ」が運営する転職エージェントです。

長年の歴史によって積み重ねた独自のノウハウや実績により、企業からの信頼を得ています。そのため、幅広い求人を探しやすいのがポイントですね。

sakurai
sakurai
薬剤師専任のアドバイザーがサポートしてくれるので、転職経験が浅くても利用しやすいのもポイント!

自分の条件に近い製薬会社の求人が見つかる可能性があるため、ぜひチェックしてみてくださいね。

リクナビ薬剤師の口コミ

30代/男性

希望する条件が叶えられればその他へのこだわりはなかったため、選択の幅を広げ、条件内で複数の企業をご紹介いただきました。

その中で、企業風土も含めて興味を持った数社と面接を設定していただきました。

管理薬剤師のキャリアと患者さんへのホスピタリティが評価され、すべての企業から数日で内定をいただけました。

これにより希望条件を備えた企業の中から自分に合う職場を選ぶことができ、年収も480万→600万円にアップという、嬉しい結果となりました。

リクナビ薬剤師の退会方法をご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

しょっちゅう電話がかかってきて困るので退会したいのですが、公式サイトに登録方法はあっても退会方法が見当たりません。

よろしくお願いします。

30代/男性

実情を知るためには、勤務条件をチェックすることに加え、実際に「企業の方と会ってみること」が大切だとアドバイスをいただきました。

そこで、キャリアアドバイザーの方に私の志向に合いそうな企業をいくつかピックアップしていただき、できる限り詳細な情報を教えていただきました。

興味を持った企業は、すべて面接を受けてみました。複数の企業から内定をいただきましたが、中でも最も自分に合うと思われた企業を選択しました。

年収もアップし、入社後もストレスなく、前向きに仕事ができています。

詳細ページ 公式ページ

薬剤師転職ドットコム

項目詳細
総合評価 3.5
サポート力は比較的高い
薬剤師転職ドットコムの求人数 3.0
約10,000件以上
求人の質 3.0
高待遇の求人も見つかる場合アリ
サポート内容 3.0
基本的には丁寧だが担当者によって差がある

薬剤師転職ドットコムの特徴

  • 全国6拠点で対面サポートが可能
    場所によっては拠点以外でも担当者が面談に来てくれる可能性があり、自分の要望を伝えやすい
  • 積極的に求人を紹介してくれることが多い
    人によっては強引に感じる場合もあるが、素早く転職を実現できる可能性がある

薬剤師転職ドットコムは、基本的には調剤薬局の転職に強い転職エージェントです。ですが製薬会社の求人も取り扱っているため、一度チェックしておくのがおすすめです。

sakurai
sakurai
製薬会社の求人は貴重なので、複数の転職エージェントをチェックしておくのがポイント!

サポート力も評判が良いので、まずは一度登録して相談してみてもいいですね。

薬剤師転職ドットコムの口コミ

30代/男性

求人の数も多く、質も高いものが多かったので利用して良かったと思っています。

サポート体制もとても充実していて、面接の指導や、職務経歴書の書き方などを丁寧に指導してくれました。

担当者の方もしっかりとした方だったので相談しやすかったです。

30代/男性

薬剤師転職ドットコムでは全体的に見ると求人が少なめなのがデメリットです。薬剤師転職サイトとして大手のサイトに比べると、公開求人数が半分程度しかありませんでした。

そのため候補が限られてしまうので、少ないなかからじっくり見極める必要があります。

40代/女性

担当のコンサルタトさんがとても親切に対応してくださったので、転職活動をスムーズに行うことができたと感じています。

いろいろな求人情報や現在の業界の動向なども教えてくださったので、勉強にもなったと思っています。

詳細ページ 公式ページ

薬剤師が製薬会社へ転職する際のQ&A

薬剤師が製薬会社に転職する際のQ&Aをまとめました。気になるポイントがあればぜひチェックしてみてくださいね!

製薬企業に転職するには大学の卒業は必須?

そもそも薬剤師になるためには大学の卒業が必須条件です(2020年現在)。そのため「薬剤師として」製薬会社で働くには大学の卒業は必須といえます。

ただ、MRなどは薬剤師の資格がなくてもできるため、営業スキルや英語などの語学力があれば転職できる可能性はありますね。

製薬会社の年収はどのくらい?

製薬会社の年収は平均500万円~700万円ほどです。ただ、職種や地域、経験などでも変わってきます。なので必ず転職する際にはチェックしておく必要がありますね。

募集を見つけたら自分で応募してもいい?

自分で応募することももちろん可能です。ですが転職エージェントを通せば、自分のことを応募先の製薬会社に売り込んでくれる可能性が高いです。

その結果書類選考率も高くなることがあるため、転職エージェントはぜひ利用するのがおすすめですね。

転職エージェントを活用して製薬会社への転職を成功させよう!

今回のまとめ
  • 製薬会社への転職難易度は比較的高い
  • 製薬会社の求人数は比較的少ない
  • 製薬会社に転職するには常に求人をチェック!
  • 転職エージェントを利用して効率よく求人を探すのがおすすめ!

製薬会社への転職は、求人数の少なさや即戦力が求められやすいことから、決して簡単とはいえません。

ですが、アンテナを張って求人情報を常に集め、実績を積み上げていくことで転職できる可能性は高くなります。

sakurai
sakurai
転職エージェントにも製薬会社に転職したい旨をしっかり伝えることがポイントですね!

転職エージェントは自分の代わりに求人を探してくれます。なので、希望に合う求人が出たときに教えてくれる可能性もあるんですね。

今回の記事を参考に、自分に合う転職エージェントを見つけ、製薬会社への転職が実現できるチャンスを掴んでいただければ幸いです!