薬剤師は転職回数よりも”転職理由”にフォーカスせよ!転職成功4つのコツ

  • 薬剤師って転職回数が多いと転職に不利なのかな…
  • 不利だとしたらすでに何回か転職している自分は転職しづらいのかな…

といったことでお悩みを抱えたことはないでしょうか。結論からお伝えすると、転職の回数よりも「なぜ転職したのか」といった理由のほうが重要です。

sakurai
sakurai
とはいえ、転職回数の多さが不利になる場合や、転職回数が増えることによるデメリットも存在します。

そこでこの記事では、転職回数が不利になる理由やデメリットについてお伝えし、そしてどんな対策をとればいいのかをまとめました!

転職回数で悩んでいる場合はぜひチェックしてみてくださいね!

目次

【結論!】薬剤師の転職において、重要なのは回数よりも理由!とはいえ…

冒頭でお伝えしたとおり、薬剤師の転職において重要なのは「何回転職したか」よりも「なぜ転職したのか」という転職の理由です。

というのも薬剤師の場合、特に調剤薬局やドラッグストアなどでは、人手が足りていないところも多くあります。

sakurai
sakurai
そのため、年間を通して求人数が比較的多く、転職の難易度が低い場合が多いんですね。

つまり2~3回ほどの転職回数であれば、転職の成否に大きく影響しない可能性が高いです。

年齢にもよるので注意!

たとえば20代で2~3回転職しているのと、40代で2~3回転職しているのでは印象が異なります。

sakurai
sakurai
短期間で数回転職していると「すぐに辞めすぎでは…?」とマイナスな印象を与えやすくなります。

そのため、2~3回とはいえ短期間で転職している場合は、しっかりと納得させられるような理由が重要です。

また、年代問わず転職を5回以上繰り返している場合は、どうしても「なぜこんなに転職しているんだろう」と疑問に思われやすくなってしまいます。

そのため、転職回数が多すぎる場合は不利になる可能性も踏まえたうえで、転職希望先に納得してもらう理由を準備する必要があるんですね。

では、なぜ転職回数が不利になるのかを具体的にお伝えしていきますね。

転職回数が多いと薬剤師の転職が不利になる3つの理由

転職が不利になる3つの理由
  1. 「またすぐに辞めるのではないか」と信用されづらい
  2. 仕事への姿勢やスタンスに問題があるのではないかと思われやすい
  3. キャリアの一貫性が疑われやすい

転職回数が多くなると不利になる理由は、上記の3つが挙げられます。それぞれ詳しくお伝えしていきますね。

「またすぐに辞めるのではないか」と信用されづらい

転職回数が多くなると、転職希望先から「この人は採用してもまた辞めてしまうではないか」と疑われやすくなります。

雇う側からすれば、雇った以上はできるだけ長く働いて成果を出してほしいもの。すぐに辞めてしまう可能性が高い人は雇いづらくなります。

sakurai
sakurai
辞められてしまうとまた新たに募集をかけなければならず、手間も増えますからね!

そのため、転職回数が不自然に多くなると、どうしても信用が下がりやすくなってしまうんですね。

仕事への姿勢やスタンスに問題があるのではないかと思われやすい

転職を繰り返していると、仕事への姿勢やスタンスに問題があるのではないかと思われてしまう可能性があります。

たとえば人間関係を理由に何度も転職しているのであれば、コミュニケーション能力に問題があると思われかねません。

sakurai
sakurai
もちろん本当に環境がツラくて辞めてしまっていることもあると思います。

ただ、雇う側からすれば「ウチでも嫌なことがあったらすぐに辞めてしまうのかな…?」と思われやすくなってしまうんですね。

そのため薬剤師としての仕事に対しての姿勢や意欲はしっかり伝えつつ、それでも転職する必要があったという流れが理想ですね。

キャリアの一貫性が疑われやすい

何度も転職していると、キャリアの一貫性が疑われやすいというリスクもあります。

たとえば理由もなく調剤薬局やドラッグストア、病院など異なる業種への転職を繰り返していると「結局薬剤師としてどうしたいの?」と思われかねません。

sakurai
sakurai
どんな薬剤師になりたいのかというキャリアプランがないと、仕事を継続していくのかどうかすら疑われやすくもなります。

結果として転職で不利になる可能性があるんですね。

そのため「より専門的な調剤スキルを身につけてさらに多くの患者の役に立ちたい」のような、転職の理由と今後のキャリアプランを結びつけるのがおすすめです。

では次に、転職回数が多くなることで薬剤師としてどのようなデメリットがあるのかもチェックしてみましょう!

薬剤師の転職回数が多くなることのデメリット3選

デメリット3選
  1. 年収が上がりにくい
  2. すぐに転職するクセがついてしまう可能性がある
  3. 退職金が少なくなる可能性がある

薬剤師として転職回数が増えることのデメリットは、大きく分けると上記の3つです。こちらもそれぞれお伝えしますね。

年収が上がりにくい

まずは年収が上がりにくいということです。

なぜかというと、まずは役職に就きにくいからというのが理由の一つです。一つの職場でコツコツ経験を積んだほうが信用も得やすく、役職には就きやすいんですね。

sakurai
sakurai
役職に就くこと自体にはあまり関心がない場合もあるとは思います。

ただ、転職すると信用も一からつくりあげることになります。そのため、すぐに年収を上げるのは難しい可能性が高くなってしまうんですね。

すぐに転職するクセがついてしまう可能性がある

すぐに転職するクセがついてしまう可能性もデメリットの一つです。もちろん転職自体が悪いわけではありません。

ただ、逃げるように転職を繰り返している場合は要注意!

sakurai
sakurai
職場で嫌なことがあったときに「辞めればいいや」と安易に考え、すぐ転職してしまうといったパターンですね。

これを繰り返していると、逃げグセがついてしまうリスクがあります。

転職したからといって必ずしも状況が改善するとは限りません。転職以外の方法で問題を解決する能力を養うことも重要です。

環境に馴染めなかったり不満があったりしても、少し時間をおいてみると環境が改善していくこともあります。

sakurai
sakurai
精神的にあまりにツラいときは転職をしたほうがいいこともありますが、慎重に考えて行動するようにしたいですね!

退職金が少なくなる可能性がある

退職金が少なくなるというデメリットもあります。というのも、退職金は勤続年数によって変わることが多いからですね。

そのため、一つの職場に長く勤めていたほうが退職金は高くなる可能性が高いです。

sakurai
sakurai
とはいえ、退職金だけを理由にツライ職場に長くいるのは精神衛生上おすすめはできません。

転職することでスキルアップをし、年収を上げられれば経済的には満足できる可能性もあります。

そのため、退職金についてはあくまで頭に入れつつ、自分に最適な選択肢を選べるのが理想的ですね。

【業種別で違う?】薬剤師の転職回数と転職難易度の関係性

転職回数と転職難易度の関係性
  • 【難易度★】調剤薬局・ドラッグストア
  • 【難易度★★】病院
  • 【難易度★★★】企業

実は業種によっても転職回数と転職難易度の関係性が多少変わってきます。それぞれもう少し詳しくお伝えしますね。

【難易度★】調剤薬局・ドラッグストア

調剤薬局やドラッグストアは、薬剤師のなかでも比較的転職の難易度が低い業種です。

というのも、人手を必要としている店舗も多く、企業や病院と比べると求人数が多い可能性が高いからなんですね。

sakurai
sakurai
なので転職回数が多くなってしまっても、理由さえしっかりしていれば転職の難易度自体は低いといえます。

もしも転職回数が多くて不安が大きいのであれば、調剤薬局やドラッグストアの求人を優先的に探してみるのがおすすめです。

【難易度★★】病院

病院に関しては、実は転職回数が多くなると不利になる可能性が高いです。なぜなら病院の求人数自体が全体的に少なく、そもそも転職の難易度が高いからですね。

sakurai
sakurai
病院は薬剤師のなかでも人気があります。

求人があっても応募者も多くなりやすいため、最終的には安定して働いてくれそうな薬剤師を選ぶ可能性が高いんですね。

そのため、病院に転職したい場合でも、なぜ転職の回数が多いのか納得できる理由を準備しておく必要がありますね。

【難易度★★★】企業

企業もまた、病院と同様に転職回数が多いと不利になる可能性があります。理由も病院と同じく、求人自体が少ないからです。

即戦力を求められていることも多く、企業での勤務経験がないとさらに難易度は上がります。

sakurai
sakurai
ただ、英語のようなアピールできるスキルがあれば話は別です!

たとえば英語を話せるのであれば薬剤師でも外資系企業へ転職できる可能性があります。

つまり、転職回数の多さをカバーできるスキルがあれば、転職できる可能性が上がるということですね。

sakurai
sakurai
実は他にも、転職回数が多くても転職成功率を上げるコツがあります!

転職回数が多くても転職を成功させる4つのコツ

転職を成功させる4つのコツ
  1. 転職の理由はできるだけポジティブに伝える
  2. 転職してどうしたいのかを明確に伝える
  3. これまでの転職で得たものをアピールする
  4. 転職エージェントで相談する

それでは、転職回数が多くても転職成功率を上げるための方法を上記の4つに分けてお伝えしますね。

転職の理由はできるだけポジティブに伝える

まず転職の理由はできるだけポジティブに伝えるということです。

たとえば「人間関係がうまくいかなかった」というようなネガティブな理由だと、また人間関係に馴染めなかったらすぐに辞めるのでは…?」と思われやすくなります。

sakurai
sakurai
嘘をつく必要はありませんが、ネガティブな印象を与える理由は伝えない方がいいですね。
  • 自分のスキルをより活かせる環境に挑戦したいから
  • お客様や患者と触れ合う機会を増やしたいから

のようにポジティブに伝えられるのが理想的です。

転職してどうしたいのかを明確に伝える

転職して自分がどんなことに挑戦したいのかを伝えるのも重要です。

「いまよりも多くの科に触れて幅広い知識を身につけたい」「臨床医療に携わりたい」など、転職しなければできないことを伝えることで理解されやすくなります。

sakurai
sakurai
「それは転職しなくてもできるのでは?」と思わせないことが重要ですね!

また、5年後、10年後どうしていたいのかといったキャリアプランも伝えられると、より好印象になる可能性があるのでおすすめです。

これまでの転職で得たものをアピールする

転職を経験したことでなにを得たのかを伝えるのもポイントですね。

  • さまざまな科の処方箋に触れて調剤スキルを磨いた
  • 複数のドラッグストアの店長職を経験してマネジメント能力を身につけた

など、転職したからこそ得られたものをアピールできるのが理想的です。

sakurai
sakurai
転職回数が多いことをメリットにするといった考え方ですね!

どんな職場でも得られるものはあると思います。一度自分の経験を棚卸してみたうえで、アピールポイントを探してみましょう♪

転職エージェントで相談する

転職回数の多さをカバーするには、転職エージェントの利用が効果的です。転職エージェントに相談し、転職回数が多くても転職できた前例を聞いてみるのもポイント。

自分が転職したい職場は転職回数を重視するのかどうかなどの情報も得られる可能性があります。

sakurai
sakurai
必ずしも明確な答えが返ってくるとは限りません。

ですが、転職エージェントは多くの事例を見ているため、情報を持っている可能性は十分にあります!

転職回数が多くて不安だなと思う場合は、一人で悩むよりも相談してみるのがおすすめですね!

転職回数の多さをカバーしやすいオススメな転職エージェント5選

転職エージェント5選
  1. 面接同行サービスで安心感があるマイナビ薬剤師
  2. 幅広い情報を集めやすい薬キャリ
  3. 転職のハードルが比較的低い”調剤薬局”を狙うならファルマスタッフ
  4. 大手ならではのサポート力で相談しやすいリクナビ薬剤師
  5. 派遣で経験を積むならファルメイト

前述したように、転職回数に関して不安がある場合は転職エージェントの利用が効果的です。そこで、おすすめな転職エージェントを5つお伝えします!

面接同行サービスで安心感があるマイナビ薬剤師

マイナビエージェントは、全国的に拠点を構えていることから対面で面談できる可能性が高いです。

そのため、転職回数に関しての不安はもちろん、その他転職全体に関する悩みを直接相談できます。

sakurai
sakurai
取り扱う求人数も、薬剤師向け転職エージェントの中ではトップクラスです。

なので多くの求人から自分の条件に合う転職先を探しやすいという特徴もあるんですね。

面接対策&同行サービスもあるため、転職回数の多さもフォローしてくれる可能性もあります。心強いパートナーとしての役割も期待できるため、ぜひ一度登録してみてはいかがでしょう♪

詳細ページ 公式ページ

幅広い情報を集めやすい薬キャリ

薬キャリは情報収集におすすめです。対応が素早いことも好評なため、いくつか転職先候補を挙げて積極的に行動もできます。

sakurai
sakurai
仮に転職回数の多さが不利になったとしても、すぐに次の転職先候補にチャレンジしやすいんですね。

「転職回数が多く不安もあり、できるだけ多くの転職先候補を考えておきたい」という場合は要チェックです。

詳細ページ 公式ページ

転職のハードルが比較的低い”調剤薬局”を狙うならファルマスタッフ

ファルマスタッフは調剤薬局への転職に強い転職エージェントです。前述しましたが、調剤薬局は薬剤師の業種でも比較的転職しやすい業種です。

そのため、転職の理由さえ納得できるように伝えられれば、回数自体は不利にならない可能性が期待できます。

sakurai
sakurai
取り扱う求人数も薬剤師のなかでは多いため、いくつか候補もあげておくこともできます!

「転職回数に不安があるけれど、調剤薬局へ転職したい」という場合はぜひ登録してみてくださいね!

詳細ページ 公式ページ

大手ならではのサポート力で相談しやすいリクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、転職業界大手の「リクナビグループ」が運営しています。これまでの実績から独自のノウハウも確立し、高いサポート力が特徴的です。

sakurai
sakurai
転職回数の多い薬剤師による転職事例の有無も相談してみるのがおすすめです!

取り扱う業種の幅も広いため、自分がどんな業種が合っているのかハッキリしない場合でも、一度相談してみるのもアリですね。

詳細ページ 公式ページ

派遣で経験を積むならファルメイト

ファルメイトは派遣薬剤師の転職に強い転職エージェントです。そのため、派遣で働いてみたい場合は登録がおすすめです。

仮に転職回数の多さが不利になり正社員での採用が難しくなったとしても、派遣から経験を積むことで転職先の幅を広げられる可能性もあります。

sakurai
sakurai
関東圏や関西圏では最低時給2,800円を保証しています。まずはチェックだけでもしてみてくださいね!

詳細ページ 公式ページ

薬剤師の転職回数に関するQ&A

薬剤師の転職回数に関するQ&Aをまとめました。疑問に思う点があればチェックしてみてくださいね!

薬剤師の平均転職回数はどのくらい?

薬剤師の平均転職回数は、約2回ほどです。

厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、全国の薬剤師における平均年齢が約39歳、勤続年数は7.6年です。

sakurai
sakurai
つまり20代~39歳までで考えると、平均的な転職回数は2回ほどになりますね。

また、厚生労働省の「平成27年 転職者実態調査の概況」では、薬剤師を含む「医療、福祉」の転職者は、11.3%となっています。

これは1位である「不動産業、物品賃貸業:12.6%」そして2位である「サービス業(他に分類されないもの):12.1%」に次いで第3位です。

sakurai
sakurai
薬剤師限定の数ではありませんが「医療、福祉」に携わる人の転職者数も比較的多いといえます。

つまり転職した人、または転職を考えている人や悩んでいる人は自分だけではありません。

本気で転職を考えているのであれば、一度行動してみてはいかがでしょう。

他の薬剤師がどんな理由で転職してるのか知りたい!

薬剤師の転職理由として多いのは、人間関係の悩みやライフスタイルの変化などが挙げられます。

sakurai
sakurai
薬剤師は女性も多いので、結婚や出産によるライフスタイルの変化も多いんですね!

その他薬剤師の転職理由については以下の記事でも詳しくまとめています。ぜひ一度読んでみてくださいね!

関連記事
薬剤師の転職理由あるある6選!履歴書&面接での効果的な伝え方も公開!薬剤師として勤務をしているうちに「他の職場でも働いてみたいな」「今の職場には正直あまり満足できないな…」と感じたことはありませんか? ...

やむを得ない理由で転職して回数が多くなった場合は正直に伝えてもいい?

たとえば結婚や出産など、やむを得ない理由であれば正直に伝えても問題ないことがほとんどです。

sakurai
sakurai
転職の理由を伝えるうえで、もっともいけないのは嘘をつくことです。

転職せざるを得ない状況で転職したのであれば、理由を正直に伝えましょう!

薬剤師としての転職回数はポジティブに伝えるのが成功への近道!

薬剤師の転職回数まとめ!
  • 重要なのは転職回数よりも転職の理由!
  • 5回以上とあまりに多いと不自然に感じられ、不利になることもある
  • 転職の理由はポジティブに伝えるのがおすすめ!
  • 転職で得たものをアピールして転職回数の多さをメリットにするのもアリ!
  • 転職エージェントの有効活用も大事!

薬剤師において、転職活動で重要なのは回数よりも理由です。とはいえ、あまりに多いと「なぜこんなに転職しているんだろう…?」と不審がられることもあります。

そのため、転職回数の多さに不安がある場合は、転職希望先が納得してくれるような理由を事前に準備しておくのが重要です。

sakurai
sakurai
本当に重要なポイントなので、時間をかけてでもここは慎重に準備したいところですね!

一人でなかなか進められないときは転職エージェントで相談してみるのもポイント。特に対面サポートがあるところが相談しやすくておすすめです。

なぜ転職する必要があったのか、自分のなかで明確にしてポジティブに伝えられるように意識してみてくださいね♪