薬剤師が高収入を目指せる転職先ランキング&年収を上げる6つのコツ!

薬剤師として転職を考えているけれど「どう転職すればいまよりも高収入を目指せるんだろう…?」と思うことはないでしょうか。

sakurai
sakurai
収入がすべてということではないにしても、やはり収入が高いに越したことはないですよね。

薬剤師の給料を決めるのは、能力や経験値だけではありません。

企業や調剤薬局など、どんな職場に転職するかによっても得られる収入の目安が変わってくるんです。

そのためこの記事では、

  • どんな職場に転職すれば高収入が期待できるのか
  • 転職で高収入を目指すために押さえておきたいポイント

を中心にまとめました。

sakurai
sakurai
高収入な求人の注意点についても触れているので、要チェックです!

収入が高くなれば、生活もより豊かにできる可能性が高まります。ぜひこの記事を読んで、高収入を実現させる転職に挑戦してみてくださいね!

薬剤師が転職で高収入が期待できる業種ランキング!メリット・デメリットも大公開

高収入が期待できる業種ランキング
  • 1位:企業
  • 2位:ドラッグストア
  • 3位:調剤薬局
  • 4位:病院

薬剤師のなかで、高収入が期待できる業種をランキング形式でまとめました。あらかじめお伝えすると、上記のようになります。

ただ、高収入が期待できるとはいえ、それぞれにメリットやデメリットが存在します。本当に自分に合う業種はどれなのかを見極めるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

sakurai
sakurai
年収についてはエリアや店舗によっても変動するため、あくまで目安の金額となります。

企業

年収の目安 5.0
約700万円以上
転職のしやすさ 2.0
求人が比較的少ない
メリット
  • 営業職や開発職など、業務の幅が広い
  • 家賃補助や福利厚生が充実している可能性大
デメリット
  • 求人が少なく転職の難度が高い
  • 直接的に患者と関わる機会が少ない

まず薬剤師のなかでもっとも高収入が期待できるのが企業です。企業での業務は、営業職や新薬を開発する開発職、治験に携わる業務など様々あります。

sakurai
sakurai
営業で成果を出したり新薬を開発して商品化されたりと、企業ならではのやりがいを感じられのが特徴です!

企業のなかで働くので、福利厚生が充実している可能性が高いです。さらに長期休暇も比較的取りやすいというのがメリットでもありますね。

その反面、求人自体が比較的少ないため、転職のハードルが薬剤師の中では高くなってしまいます。

sakurai
sakurai
即戦力が求められることも多く、未経験だとさらに難しくなる可能性もあるんですっ…!

また、患者と直接的に関われる機会も多くありません。そのため、接客をしたい場合や患者との交流にやりがいを感じる場合は、ドラッグストアや調剤薬局、病院のほうがおすすめです。

sakurai
sakurai
企業に転職したい場合は、収入だけでなくその企業でどんなことがしたいのかを明確にしておく必要がありますね。

ドラッグストア

年収の目安 4.0
約500万円以上
転職のしやすさ 3.5
求人数は比較的多め
メリット
  • 患者と直接関われる
  • 調剤併設型なら調剤スキルもUP
デメリット
  • 薬剤師以外の業務も任されることがある
  • プライベートが安定しない可能性がある

店舗にもよりますが、ドラッグストアは比較的年収は高めです。店舗数の多いエリアではそれだけ人手も必要になるため、求人も見つけやすいことが多いです。

sakurai
sakurai
さらに、店長のような役職に就ければより収入アップも期待できますね!

ドラッグストアの収入が比較的高い理由としては、OTC医薬品を取り扱えるところも理由の一つです。

sakurai
sakurai
OTC医薬品というのは、処方箋を必要としない医薬品のこと。

ドラッグストアで一般の方が気軽に買える医薬品のことをいいます。

他にも日用品を取り扱っているのもポイントです。取り扱える商品の種類が多く、利益を出しやすいんですね。

利益を薬剤師への人件費として還元できることから、年収が比較的高いという傾向があります。

sakurai
sakurai
直接お客様と交流する機会もあるため、接客が好きな場合はおすすめです!

デメリットとしては、レジ打ちや品出しなど薬剤師以外の業務を任される可能性があることです。

また、多くのドラッグストアは土日関係なく営業しています。つまり人手が足りなければ休日やプライベートな時間が確保しづらくなるんですね。

sakurai
sakurai
慌ただしい環境でも楽しめる場合は問題ありません。

ですが場合によっては心身ともに大きく消耗してしまう可能性があるんですね。

そのため、業務内容をしっかり理解したうえで転職に臨むことが重要です。

調剤薬局

年収の目安 3.0
約500万円以上
転職のしやすさ 4.0
メリット
  • 調剤の知識やスキルを得られる
  • 役職に就けば更なる年収UPも期待できる
デメリット
  • 人間関係の影響を受けやすい
  • 調剤の知識やスキルがかたよる可能性がある

調剤薬局は、基本的に薬剤師の中では収入が高いほうではありません。

理由の一つとしては「調剤薬局が薬剤師の中では比較的人気職だから」ということが挙げられます。

sakurai
sakurai
人手が足りない職場では、待遇面を好条件にして人材を確保することがあります。

ですが調剤薬局は、店舗にもよりますが人気が高いことから人材確保に悩むことがあまりありません。

そのため、給与に関しては高くないことが多いんですね。

ただ、人手不足に悩むことが多い地方では話が変わります。

地方では薬剤師自体が少ないこともあり、その分収入が高く設定されてある場合があるんですね。

sakurai
sakurai
なので、調剤薬局で高収入を狙う場合は都心から離れたところに目を向けてみるのもおすすめです。

意外な穴場が見つかる可能性もあるので、都心部にこだわりがなければ一度チェックしてみてくださいね。

また、規模が小さい店舗では注意点もあります。規模が小さめな店舗では、常に同じ環境、同じスタッフで働くことが必然的に多くなります。

その結果、人間関係の影響を受けやすいといった側面があるんです。

sakurai
sakurai
「苦手だな」と思う人とでも、ほぼ毎日顔を合わせなければいけないのは精神的にキツいものがありますよねっ…!

さらに、店舗によっては近所に小規模の診療所しかないという場合もあります。

その場合、同じ医師の処方箋をもとに調剤することが多くなりやすいんです。そのため、調剤のスキルや知識がかたよりやすいといったこともありますね。

sakurai
sakurai
つまり調剤薬局に転職する場合は、職場の環境をできる限り細かくチェックしておく必要がありますね。

病院

年収の目安 2.0
約400~~500万円
転職のしやすさ 3.0
人気職なので早めの行動が◎
メリット
  • 医療に最前線で携われる
  • 幅広い薬の知識が学べる
デメリット
  • 年収が薬剤師のなかでもっとも低くなりやすい
  • 勤務時間が安定しづらい

病院は、薬剤師のなかでもっとも収入が低くなりやすい職場です。その理由の一つとしては、調剤薬局と同様に病院の人気も高いからということが挙げられます。

sakurai
sakurai
病院勤務を希望する薬剤師が多く、人手が足りていることから、給与は低めに設定されているんですね。

病院では医師や看護師と連携を取り、薬剤師として医療に最前線で取り組めます。そして専門的な知識やスキルが身につくとともに、患者とも直接触れ合うこともできるんです。

sakurai
sakurai
薬剤のプロとして医師に頼られることもあるため、やりがいも感じやすいのが人気の理由といえますね。

ですが、夜勤もあるため勤務時間が安定しづらいといったデメリットもあります。

勤務時間で安定を求める場合は、派遣薬剤師として働くことを選択肢に入れてみるのもおすすめです。

薬剤師の転職で高収入を実現させる6つのコツ!

高収入を実現させる6つのコツ
  1. 昇給・昇格しやすい業種に転職する
  2. 転職の難易度を考慮する
  3. 自分の能力と給与の相場を客観的にみる
  4. 派遣薬剤師として高時給の求人を探す
  5. 人手の少ない地方への転職を意識する
  6. 転職エージェントを利用する

薬剤師として高収入を得らえる転職を実現させるうえで、意識しておきたいことは上記6つです。

どういうことか、それぞれ詳しくお伝えしていきますね。

昇給・昇格しやすい業種に転職する

まず一つ目は、昇給、昇格しやすい業種に転職するということです。

採用されるタイミングでの収入が希望より低かったとしても、長期的にみれば昇給する可能性があります。反対に、あまり昇給が期待できない職場もあるんですね。

sakurai
sakurai
たとえばドラッグストアなら店長職やエリアマネージャー、調剤薬局なら管理薬剤師といったポジションがあります。

役職に就ける職場を選ぶことで、収入を上げていけるということですね。

転職した直後の収入にとらわれず、経験や能力に応じて昇給、昇格できる職場なのかを確認することがポイントです。

sakurai
sakurai
昇給や昇格が期待できそうな職場かどうかは、転職エージェントで相談してみるのがおすすめ。

過去に転職して昇格した事例を把握している可能性もあるため、ぜひ一度確認してみてくださいね。

転職の難易度を考慮する

次に転職の難易度を考慮するということです。どんなに条件がいい求人を見つけても、転職が難しく実現できなければ意味がありません。

求人数が十分にあるのか、未経験でも転職可能かどうかなど、自分の状況に合わせて転職先を選ぶのがポイントです。

sakurai
sakurai
ちなみに求人数が比較的多く、高収入で転職しやすいのはドラッグストアですね。

ただ、業務内容が合わない可能性もあるため、誰でもドラッグストアがおすすめということではありません。

業務内容と収入面、そして転職の難易度を確認しながら転職活動を進めるのがおすすめです。

自分の能力と給与の相場を客観的にみる

自分の能力と収入の相場を客観的にみるということも重要です。

高い収入を求めていても、自分の経験や能力がその求人に見合っていなければ転職は難しくなります。

sakurai
sakurai
反対に、自分の能力に対していまの職場の収入が明らかに低いという場合もありますね。

ですが自分の能力と給与の相場がわかっていないと、自分の収入が低いことにも気づけません。

そのため自分の能力と収入の相場を把握したうえで、転職できるのかを判断するのがおすすめです。

sakurai
sakurai
そこからさらに経験を積めば、さらに高収入を目指せる可能性もありますね!

派遣薬剤師として高時給の求人を探す

正社員にこだわらず、派遣薬剤師として働くという選択肢もあります。

特に薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアなど派遣で働ける環境が多くあるんですね。時給で働くことにはなりますが、時給3,000円以上と高時給が期待できる職場もあります。

sakurai
sakurai
ただ、派遣の場合は働ける期間が職場によっても変わってくるため、注意も必要です。

派遣のメリットは時間に融通がききやすいところでもあります。収入に加え、自分のライフスタイルと合わせて求人を探してみるといいですね。

人手の少ない地方への転職を意識する

人手の少ない地方へ転職するといった方法もあります。

薬剤師は、都市部では人手が足りている職場も多い反面、地方では人手不足に悩んでいるところも多くあります。

sakurai
sakurai
人手が少ない職場は、人材を確保するために待遇面が整っている可能性が高いんですね。

そのため、都市部で働きたいといった強いこだわりがなければ、選択肢の一つとして地方への転職を取り入れてみるのもおすすめです。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用するのも、転職するうえでは重要です。

sakurai
sakurai
一人でもできないわけではありませんが、得られる情報量には大きな差があります。

自分の能力ではどれだけの収入が見込めるのか、今後昇給する可能性はあるのかなど、しっかり相談しておくのもポイント。

sakurai
sakurai
薬剤師向けの転職エージェントは、求人数が多かったり派遣に特化していたりと特徴がそれぞれ異なります。

相性の問題もあるため、いくつかの転職エージェントを利用してみるのもおすすめです。

【求人の罠⁉】薬剤師として高収入を目指す転職で失敗しないための2つの注意点

転職で失敗しないための2つの注意点
  1. 常に求人が出ている職場には要注意!
  2. 求人票の年収はあくまで目安として考える

薬剤師として高収入を得られる転職を目指すうえで、押さえておきたい注意点もあります。それぞれお伝えしていきますね。

常に求人が出ている職場には要注意!

高収入とはいえ、常に求人が出ている職場は要注意。それだけ慢性的に人手が足りていない可能性があります。

sakurai
sakurai
労働環境の悪さが原因で離職率が高いといった背景も考えられるんです…!

とはいえ、受け入れられる人材の数に余裕があることから常に募集をかけている可能性もあります。

このような求人の裏事情はなかなか一人では情報を得られません。転職エージェントを有効活用して情報を聞き出してみるのがポイントですね。

求人票の年収はあくまで目安として考える

求人票の年収は、あくまで目安と考えるのがおすすめです。

というのも、多くの求人には年収が「△△万円~◯◯万円」のように、おおよその範囲が記載されいています。

sakurai
sakurai
これをみて「おっ、年収◯◯万円なら好条件だからここにしよう!」と考えてしまうのは要注意!

求人票に記載されてある額、特に最高額を初めから受け取れるとは限りません。まずは最低年収からのスタートになる可能性もあります。

もちろん能力や経験によっては初めから高い年収を得られる場合もあります。ですが思っていたよりも低くなることも考慮しておいたほうがいいですね。

sakurai
sakurai
先にお伝えしたように、長期的にみて昇給できそうかどうかもチェックしておきましょう!

高収入の転職を後押ししてくれる転職エージェント5選!

高収入の転職を後押ししてくれる転職エージェント5選
  1. 求人数とサポート力が好評なマイナビ薬剤師
  2. 情報量が多い薬キャリ
  3. 企業の求人を取り扱うリクナビ薬剤師
  4. 調剤薬局で役職を狙うならファルマスタッフ
  5. 派遣で高時給を狙うならファルメイト

ここからは、高収入な転職を目指すうえでおすすめな転職エージェントを5つお伝えしていきます!

それぞれに特徴があるため、自分に最適な転職エージェントを見つけてみてくださいね。

求人数とサポート力が好評なマイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、求人数、サポート力に優れたバランスのいい薬剤師向け転職エージェントです。

高収入が期待できる企業も含め、多くの求人を取り扱っています。

sakurai
sakurai
「どの転職エージェントを選べばいいかわからない」という場合は、まず登録しておきたい転職エージェントですね。

全国的に拠点を展開しており、直接対面での相談も可能です。いまの自分がどんな転職先を選べば収入を上げていけるのか、一度相談してみるのもおすすめです!

詳細ページ 公式ページ

情報量が多い薬キャリ

薬キャリは、独自の求人を抱えつつ、他社の求人も一括で検索できるといった特徴があります。

そのため、情報収集には最適です。

sakurai
sakurai
高収入な転職だけでなく、勤務時間やエリアなど多くの面から求人を探したい場合はおすすめです。

まずはどんな転職先があるのか情報だけでも集めてみるのもアリですね。

詳細ページ 公式ページ

企業の求人を取り扱うリクナビ薬剤師

薬剤師向け転職エージェントの中には、企業の求人をほぼ取り扱っていない場合もあります。ですが、リクナビ薬剤師では企業の求人も取り扱っています。

sakurai
sakurai
調剤薬局やドラッグストアなど取り扱う業種の幅も広いのもポイント。

情報収集のためにも登録しておきたい転職エージェントですね。

転職業界大手のリクルートグループが運営しているところや、薬剤師専任のキャリアアドバイザーがいるところも、安心感が持てるポイントです。

詳細ページ 公式ページ

調剤薬局で役職を狙うならファルマスタッフ

ファルマスタッフは、調剤薬局への転職に強い転職エージェントです。調剤薬局自体は全体的に高収入な職場ということではありません。

sakurai
sakurai
ですが、エリアや役職によっては収入を上げられる可能性は十分にあります。

調剤薬局への転職を少しでも考えている場合は、ぜひ登録しておきたい転職エージェントといえますね。

詳細ページ 公式ページ

派遣で高時給を狙うならファルメイト

ファルメイトは、派遣に特化した薬剤師向けの転職エージェントです。

時給3,000円以上の高時給な求人もあるため、派遣薬剤師としてで働きたいと思っている場合にはおすすめです。

派遣薬剤師は時間や勤務日数など、柔軟な働き方が期待できるところが魅力的なポイントといえますね。

詳細ページ 公式ページ

高収入な薬剤師転職を実現させて生活をより豊かにしよう!

薬剤師で高収入を得られる転職のまとめ
  • 薬剤師で高収入が期待できる業種は企業>ドラッグストア>調剤薬局>病院
  • 収入だけでなく転職の難易度もチェック
  • 長い目で見たときの昇給の可能性も考える
  • 同じ業種でもエリアによっては高収入の場合がある
  • 転職エージェントを有効利用する

薬剤師としてもっとも高収入が期待できるのは「企業」です。ただ、求人自体が少なく、転職の難易度は高めです。

また、収入だけにとらわれ、業務内容や職場の環境をないがしろにしてしまうのは要注意!予想以上の激務や人間関係に悩まされてしまうリスクもあるんですね。

sakurai
sakurai
そのため、収入を意識しつつも各職場のメリット、デメリットを把握しておくことが重要です。

採用されるタイミングでの収入に満足できなかったとしても、長い目で見たときに昇給していくこともあります。

また、経験を積むことでより高収入な職場に転職できる可能性も広がります。

sakurai
sakurai
チャンスが訪れたときにすぐに飛びつけるよう、転職エージェントで情報収集もしっかりしておくのもおすすめです。

収入を上げることも含め、自分がより生活を豊かにしていけそうな職場を探すのがポイントですね♪