薬剤師転職の面接を完全対策!よくある10の質問&成功のコツ5選!

薬剤師として転職する場合、面接は避けて通れないことがほとんどです。ですが、

  • 薬剤師の面接ってどんなこと聞かれるんだろう…?
  • 薬剤師の面接で失敗しないためにはどんなことに気をつければいいんだろう…?

など、気になるところもあると思います。

そこで、薬剤師として面接を受けるうえで聞かれやすい質問と回答例、さらに気をつけるポイントなどをまとめました!

「面接の本番で緊張して、伝えたいことが全然伝えられなかった…」とならないように、ぜひチェックしてみてくださいね!

目次

事前にチェック! 薬剤師転職の面接で聞かれやすい10の質問例と回答例

面接の質問例
  1. 自己紹介をお願いします
  2. 自己PRしてください
  3. 長所と短所を教えてください
  4. 転職しようと思った理由はなんですか?
  5. 薬剤師としてこの業種を選んだ理由はなんですか?
  6. 弊社を選んだ志望動機は何ですか?
  7. これまでの経歴を教えてください
  8. 今後のキャリアプランを教えてください
  9. 異動や転勤があっても大丈夫ですか?
  10. 【逆質問】何か質問はありますか?

面接に臨む場合、まずは事前によく聞かれやすい質問とその回答を準備しておくのが重要です。

sakurai
sakurai
特に緊張しやすい場合は、事前の準備を怠ると本番で力が発揮しづらくなってしまいます…!

そのため、薬剤師の面接で聞かれやすい質問と回答例をお伝えするので、ぜひチェックしてみてくださいね!

自己紹介をお願いします

回答のポイント
  • 簡潔にまとめて話す
  • 自己PRと混同せずに自分のこれまでの経歴を中心に話す
  • 転職してどうしたいのかという意欲もできれば伝える
タップ/クリックして回答例を見る

〇〇と申します。私は以前ドラッグストア〇〇に勤務していました。調剤併設型のドラッグストアということもあり、販売だけなく調剤業務にも携わりました。

また、人との会話がもともと好きで、接客業務にも力を入れ、売り上げは前年比〇%といった結果も出すことができました。

この経験を踏まえて御社での調剤業務と売上向上に貢献できればと思います。本日はよろしくお願いいたします。

自己紹介の話し方に関しては以下の記事でも詳しくお伝えしています。ぜひ一度あわせて読んでみてくださいね。

関連記事
【回答例文つき】転職の面接で「デキる」と思わせる自己紹介の話し方!「魅力的な自己紹介をして、面接を無事通過したい!」と思う一方、 面接官は自己紹介で何をみているの? 「デキる!」と思って...

自己PRしてください

回答のポイント
  • 自分の強みやスキルを伝える
  • 強みやスキルに説得力を増すために具体的なエピソードを添える
  • その強みやスキルが転職先にどう活かせるのかを伝える
タップ/クリックして回答例を見る

私は前職で3年ほど調剤薬局に勤めていました。さまざまな科の処方箋に触れたこともあり、多くの調剤知識を身につけられました。

また、受付業務を中心に、積極的にコミュニケーションスキルも身につけられるよう意識しておりました。

御社でも患者数や取り扱う医薬品は多いと伺っております。そのためこれまでの経験を活かし、ぜひ即戦力として貢献したいと思っております。

自己PRに関しては以下の記事でもより詳しくお伝えしています。ぜひ読んでみてくださいね。

関連記事
【例文13選】転職を成功させる自己PRの書き方・伝え方!4STEPで準備OK!転職において、自己PRを伝えることは必須事項といえます。自分を転職希望先に知ってもらうチャンスなので、最大限に自分の魅力・価値を伝える必...

長所と短所を教えてください

回答のポイント
  • 具体例も交えて話す
  • 短所はできるだけポジティブに伝える
タップ/クリックして回答例を見る

私はマネジメント能力とコミュニケーション能力に自信があります。前職ではドラッグストアで店長職を任せていただいておりました。

若い薬剤師のスタッフも多かったのですが、自ら積極的にコミュニケーションをとって距離を縮めました。

その結果、職場環境が良くなっただけでなく指示も通りやすくなり、さらにスタッフ同士で協力しあえる環境もつくれました。

御社でもこの経験を活かし、いま以上に働きやすい環境づくりに貢献できればと思っています。

短所としては、慌ただしくなったときに仕事が機械的になってしまうことがありました。

そのため、慌ただしくなった時こそ余裕を持つように心がけ、お客様一人一人に常に誠意をもって接するように意識しています。

転職しようと思った理由はなんですか?

回答のポイント
  • 「その理由なら転職しなくてもいいのでは?」と思われないよう、転職の必要性を明確に伝える
  • 今後の仕事に対する意欲を伝える
タップ/クリックして回答例を見る

私はこれまで調剤薬局に勤めてきました。さまざまな処方箋に触れながら知識も増やせ、やりがいを感じていました。

ですが、様々な患者に関わっていくうちに、今後は病院で臨床医療にも携わり、直接患者と触れ合う機会を増やしたいと感じるようになりました。

これまで身につけた医薬品の知識を活かしつつ、より多くの患者のために貢献したいと思い、病院への転職を決意しました。

薬剤師としてこの業種を選んだ理由はなんですか?

回答のポイント
  • その業種ならではの理由を明確に伝える
  • その業種で何がしたいのか、どんなことに取り組みたいのか、意欲を伝える

調剤薬局

タップ/クリックして回答例を見る

これまではドラッグストアで勤務していました。多くのお客様に医薬品について知ってもらうことにやりがいを感じてはいました。

ですが、調剤併設型でなかったことから、調剤業務に携わる機会が少ないことも事実でした。

そのため、ドラッグストアで培ったコミュニケーション能力を活かしつつ、調剤知識やスキルをもっと身につけたいと思いました。

ゆくゆくは管理薬剤師を目指し、さらに多くの患者の役に立てればと考えています。

ドラッグストア

タップ/クリックして回答例を見る

私はいままで〇〇製薬にMRとして勤務していました。

業績を伸ばしていくことにやりがいは感じつつも、薬剤師としてもっと患者にとって身近な存在でいたいと考えるようになりました。

そこで、MRで培ったコミュニケーション能力を活かし、今度は医薬品についてより多くのお客様に伝えられるようになりたいと思い、ドラッグストアへの転職を決意しました。

病院

タップ/クリックして回答例を見る

私はこれまで約3年間、調剤薬局に勤務してきました。

多くの処方箋に触れながらさまざまな患者と接するうちに、もっと一人一人の患者と向き合う機会を増やしたいと考えるようになりました。

さらに体力にも自信があるため、急性期病院である御院で即戦力として貢献したいと思っています。

弊社を選んだ志望動機は何ですか?

回答のポイント
  • 他の企業や店舗にないような特徴を見つけて伝える
タップ/クリックして回答例を見る

御院を選んだのは、より多くの患者に正しい薬の服用方法を伝えていきたいと思ったからです。

私自身はこれまではドラッグストアで勤務してきましたが、薬剤師としてより多くの患者と向き合いたいという気持ちが強くなりました。

そして御院は、このエリアの急性期病院としてもっとも患者数が多く、忙しくされていると認識しています。

そのため、これまで以上に多くの患者と向き合っていくために御院で貢献したいと考えました。

前職のドラッグストアでは、非常に多くの来店率ということもあり、薬剤の知識はもちろん、体力や忍耐力も身につけました。

その経験から、忙しい環境でも冷静に業務に取り組める自信があります。

経験を活かしつつ、御院の取り組むチーム医療に貢献することで、より多くの患者に正しい薬の服用方法を伝えていけると思ったのが志望の理由です。

これまでの経歴を教えてください

回答のポイント
  • これまでの経験と、その経験から得た強みを伝える
  • 具体的なエピソードがあれば一緒に伝える
タップ/クリックして回答例を見る

私は新卒で調剤薬局に就職し、3年勤務しました。その後、ドラッグストアに転職し、エリアマネージャーの職を任せていただきました。

様々な店舗をみながら入客率や売り上げを把握し、担当エリア店舗の売り上げを前年比〇%以上にまであげられました。

これまでの経験からマネジメント能力には自信があります。今後もこれまでの経験を活かし、御社の利益向上や発展に取り組みます。

今後のキャリアプランを教えてください

回答のポイント
  • 今後の仕事に対する前向きな意欲を伝える
  • 長く働く気があることをアピールする
タップ/クリックして回答例を見る

今後は、まずは管理薬剤師を目指したいと思っています。また、御社のドラッグストアは店舗数も多いため、エリアマネージャーとしても任せていただけるように尽力します。

そしてどのドラッグストアよりもお客様に選んでいただけるような地域に寄り添った店舗つくりを意識したいと考えております。

異動や転勤があっても大丈夫ですか?

回答のポイント
  • 転勤できるのであればそのことをしっかり伝える
  • 転勤できない理由がある場合は正直に伝える
  • 「いまならできる」もしくは「来年以降ならできる」など、時期によって異なる場合も伝えておく
タップ/クリックして回答例を見る

転勤があっても問題ございません。様々な地域で薬剤師として勤務できることは、自分の経験としてもプラスになると考えています。

ただ、家庭などの事情もあり、年内では難しい可能性があります。来年以降であれば可能です。

【逆質問】何か質問はありますか?

回答のポイント
  • 会社への関心度を示すポイントなため「何もありません」は避ける
  • 事前に自分で調べればわかるような質問は避ける
タップ/クリックして回答例を見る

私がこれまでに薬剤師として身につけてきた知識やスキルには〇〇といったことがありますが、御社で貢献するには他に必要なスキルなどはありますでしょうか?

また、いまから準備しておけることはありますでしょうか?

ここまでお伝えしたのはあくまで一例です。重要なのは「一緒に働きたい」と思ってもらえるように自分の有用性や魅力を伝えることです。

事前にこれまでの経験を棚卸し、どんなことを伝えるべきか、しっかり準備しておきましょう!

また、転職の面接でよく聞かれやすい質問例と回答例をより詳しくまとめた記事もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事
【完全対策】転職の面接で聞かれる60の質問例&回答のポイント総まとめ!求人の中から転職希望先を見つけ、書類選考も通過していよいよ面接。ここで重要なのは、よく聞かれやすい質問を把握し、自分なりの回答を準備して...

薬剤師転職の面接の服装は基本的にスーツがおすすめ

薬剤師の転職における面接では、特に指定が無い限りスーツの着用が無難です。

特に薬剤師は薬剤や薬品を扱う仕事。「清潔感を意識できない」というのは大きなマイナス評価につながりかねません。

sakurai
sakurai
たとえスーツを着ていても汚れが目立ったり、しわが多かったりするのも評価が下がる可能性があるので要注意ですね。

男女問わず黒や紺色、グレーなど落ち着いた色味のスーツがおすすめです。

sakurai
sakurai
ただ、まれに「私服で来てください」のような指定をされることもあります。

そのような場合でも、大事なのは清潔感を意識することです。

男性ならシャツにジャケット、チノパンのようなラフ過ぎない服装がいいですね。

女性の場合でも指定がなければスーツ、私服の場合は落ち着いた色味のジャケットに無地のワンピースやスカートを合わせれば特に問題ありません。

sakurai
sakurai
また、サイズ選びもポイントです。

明らかにズボンの丈が短いものや、ジャケットがガバガバだったりすると、不自然かつだらしなく見えることもあります。

体型の変化によって多少合わなくなることはありますが、できるだけ体型に合うサイズを着るようにしたいですね。

薬剤師転職の面接で成功率を上げる5つのコツ

面接の成功率を上げる5つのコツ
  1. 質問の答えを事前に準備する
  2. 質問には簡潔にまとめて答える
  3. 転職先の情報をしっかり調べておく
  4. 面接後には必ずひとこと挨拶をする
  5. 転職エージェントで面接対策を受ける

薬剤師の面接において、成功率をできるだけ上げられるコツを上記の5つに分けてお伝えします。「面接が苦手だな…」と感じている場合は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

質問の答えを事前に準備する

「質問の答えを事前に準備しておく」というのは非常に重要です。いざ面接となると、緊張してうまく自分の言葉で伝えづらいこともあるからですね。

そのため、よく聞かれるであろう質問を中心に、はっきりと答えられるようにしておくのがおすすめです。

sakurai
sakurai
ただ、自分の言葉で伝えることも重要です。典型文を暗記しただけのような言葉では面接官には刺さらないこともあります。

回答例を参考にしつつ、自分の場合に置き換えて自分の言葉で伝えられるように練習しておくのがポイントですね。

質問には簡潔にまとめて答える

質問には簡潔にまとめて答えるのも大きなポイント。あれもこれもとダラダラと長くなってしまうと「結局何が言いたいの?」と思われかねません。

特に自己PRや自己紹介は、できるだけたくさんアピールしようとつい長くなってしまうことがあります。

sakurai
sakurai
事前に自分の経験を棚卸し、もっともアピールしたいポイントをまとめておくと、答えやすくなるのでおすすめです!

転職希望先の情報をしっかり調べておく

転職希望先の情報をしっかり調べておくのも怠ってはいけません。転職希望先がどういう職場なのかが曖昧だと、志望動機も答えづらくなります。

sakurai
sakurai
なぜそこに転職したいのか、その職場ならではの魅力や特徴を見つけておく必要がありますね。

業務内容や社風、会社情報や待遇面など細かく調べ、どんな質問にも答えられるようにしたいですね。

面接後には必ずひとこと挨拶をする

面接が終わったあとには挨拶も重要です。面接が終わったらかならず椅子の横に立ち「ありがとうございました」と伝えましょう。

そして退出前に「失礼いたします」のひと言も忘れないように要注意です。

sakurai
sakurai
「そんなの当たり前でしょう」と思うかもしれません。

ですが、緊張しているとそういったことも忘れてしまうこともあり得ます。

面接の時間を作っていただいたことに対し、ひと言お礼を伝えるといった感じですね。

面接官は最後まで見ています。挨拶自体が合否に関わるというより、礼儀正しさを見せることで好印象を与えやすくなるということです。

転職エージェントで面接対策を受ける

一人では面接対策も難しいため、転職エージェントを利用するのもポイントですね。

転職エージェントでは面接対策をしてくれるところもあります。いざ本番を迎えると、自分でも思った以上に緊張してしまうこともあるため、人との面接練習は効果的です。

sakurai
sakurai
転職エージェントは多くの面接事例も知っています。

心配な点も質問し、面接に関する不安をできるだけ取り除いた状態で本番に臨みたいですね。

薬剤師転職で面接対策に力を入れている転職エージェント3選

薬剤師向け転職エージェント3選
  1. 面接同行や書類添削などサポートが充実したマイナビ薬剤師
  2. 調剤薬局に強く、面接同行サービスもあるファルマスタッフ
  3. 大手ならででのサポート力が期待できるリクナビ薬剤師

面接対策に力を入れてくれている転職エージェントを3つお伝えしていきます。多くの転職エージェントのサポートは無料なので、積極的に利用してみるのがおすすめです!

面接同行や書類添削などサポートが充実したマイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は面接対策はもちろん、応募書類の添削もしてくれます。

また、面接に同行してくれることもあるため、転職活動に不安が大きい場合でも安心感があります。

sakurai
sakurai
拠点も全国的に展開しています。対面での面談も可能なため、悩みを事前に相談しておくこともできるんですね。

面接で不安な点や悩みがある場合は、一度登録しておきたい転職エージェントです。

詳細ページ 公式ページ

調剤薬局に強く、面接同行サービスもあるファルマスタッフ

ファルマスタッフは調剤薬局の転職に強い転職エージェントです。さらに面接同行サービスもあります。

sakurai
sakurai
つまり「調剤薬局への転職を希望しているけれど面接への不安がある」という場合はぜひ登録したい転職エージェントといえますね!

さらに、転職相談満足度96.5%(日本マーケティングリサーチ機構調べ:2019年7月)という実績もあります。

登録は無料なので一度相談してみるのがおすすめです。

詳細ページ 公式ページ

大手ならででのサポート力が期待できるリクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は転職業界大手の「リクルートグループ」が運営しています。

大手ならではの実績とノウハウをもった薬剤師専門のキャリアアドバイザーが対応してくれるのが魅力です。

sakurai
sakurai
面接日程の調整から面接のアドバイスもしてくれるので、不安があればどんどん相談するのがおすすめです!

素早い転職活動ができるところも大きな特徴でもあります。「できるだけ早く転職したいけど面接が怖いな…」という場合は一度登録してみてはいかがでしょう♪

詳細ページ 公式ページ

薬剤師転職の面接に関するQ&A

ここでは、薬剤師転職の面接に関してよくある疑問とその回答をお伝えしていきます。

転職回数が多いと面接では不利?

転職回数自体は転職の成否に大きく影響しないことが多いです。ただ、転職回数が多いと「この人はウチでもまたすぐに辞めるのでは…?」といった不安を与えかねません。

sakurai
sakurai
そのため、転職の理由をはっきり伝え、長く働けることをアピールする必要があります。

また、転職の理由もできるだけ前向きに伝え、仕事への意欲もアピールするのがポイント。理由さえしっかりしていれば理解してくれることが多いです。

薬剤師の転職回数に関する記事もあるので、あわせて読んでみてくださいね♪

関連記事
薬剤師は転職回数よりも"転職理由"にフォーカスせよ!転職成功4つのコツ 薬剤師って転職回数が多いと転職に不利なのかな… 不利だとしたらすでに何回か転職している自分は転職しづらいのかな… ...

面接時の必要な持ち物は?

まず面接時に伝えられた連絡事項をメモできるように、筆記用具とメモ帳は必須です。また、面接前に履歴書を見返せるように、あらかじめコピーを一部用意しておくのもポイントです。

sakurai
sakurai
面接のタイミングで履歴書を提出する場合は原本でも大丈夫ですね。

あとはいつでも身だしなみを整えられるような小物も持っておくといいですね。

薬剤師の面接における必要事項をチェックして、余裕のある転職活動をしよう!

薬剤師の面接まとめ!
  • 面接でよく聞かれやすい質問は事前にチェック!
  • 質問に対する答えはできるだけ簡潔にまとめる
  • 服装は基本的にはスーツ。黒や紺、グレーなど落ち着いた色がおすすめ!
  • 面接の前後にはひと言挨拶を忘れずに!
  • できれば転職エージェントで面接対策するのもおすすめ!

面接は、準備をしてもいざ本番となると緊張して頭が真っ白になってしまうことがあります。

sakurai
sakurai
私自身、面接の答えを事前に準備していたものの、緊張でうまく伝えられずに悔しい思いをしたことがあります…!

そのため、面接の準備はできるかぎり万全にして取り組むのがおすすめです。聞かれやすい質問を事前にチェックし、自分の言葉で答えられるように準備しましょう。

sakurai
sakurai
準備はどれだけ徹底しても損をすることはありません。あとで「もっと準備していれば…」とならないようにしたいですね!

また、転職エージェントでは面接対策に力を入れているところもあります。なので積極的に利用するのがおすすめです!

転職活動において、面接はほぼ避けては通れません。理想の転職を実現できるよう、まずは準備を徹底して臨むようにしたいですね♪